国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

クレヒスとカードローンや消費者金融の関係|良いクレジットヒストリーを積む方法

審査が甘いカードローンでクレジットカードの審査落ちは解決!

本記事ではクレヒス(クレジットヒストリー)と、カードローンや消費者金融との関係について紹介していきます。

クレヒスの関係で審査に落ちた場合の対処法なども紹介しているので、当記事を参考に良質なクレヒスを積みつつカードローンや消費者金融を利用して下さい。

クレヒスとカードローンや消費者金融の関係とは

まずクレヒス(クレジットヒストリー)とは、過去のクレジットカードやキャッシングの利用履歴などの総称です。

このクレヒスを元に、貸金業者や金融機関は「いくらお金を貸しても良いか」「そもそも貸して良いのか」か審査をします。

このクレヒスが良好であれば問題なくカードローンや消費者金融を利用することができますし、反対にカード支払いの遅延や債務整理などがあると審査に通りにくくなります。

以下ではクレヒスの関係でカードローンや消費者金融の審査に落ちた場合の対処法を紹介します。

クレヒスが悪い場合は審査が甘いカードローンを利用する

ブラックリストクレヒスが十分であればクレジットカード会社も安心してお金を貸すことができるのですが、クレヒスがなかったり、ブラックリストに載っている、クレヒスに傷がある人は信用できません。

いくら審査が甘いと言われるカード会社もクレジットカードを発行できません。

そのため甘い審査にも落ちる人は、クレヒスに安定した借入と返済の記録を積み上げる必要があります。

クレヒスが改善すれば、クレジットカードの審査に合格する可能性がアップします。たとえば携帯電話の機種代を分割払いにするだけでも、クレヒスを積み上げることは可能です。逆に言えば分割払いを遅延するだけでクレヒスには傷が付くのでご注意下さい。

審査が甘いカードローンのメリット

審査が甘い「カードローン」でも支払いの延滞を起こさずに利用し続ければ「クレヒス」も改善されるので一石二鳥です。

クレジットカードとカードローンやキャッシングサービスは全く別のものと思われるかも知れません。しかしこの2つのサービスは両方とも利用者の「信用(クレジット)」をベースにしています。連動しているのです。

より審査が厳しい「クレジットカード」も、より審査が甘い「カードローン」も、どちらも「信用(クレジット)」をベースに代金の支払いを肩代わりしたり、お金を貸しています。

たとえば審査が甘いクレジットカードに申し込み、カードローンなどでキャッシングを利用することも「クレジット・ヒストリー(信用履歴)」として残り、クレヒスは改善していくのです。

金利を大量に払う必要は無く、少額でも借りて返せば良いのです。それだけでも信用を元にした取り引きの実績となり、クレヒスは多少なりとも改善します。

最も審査が甘いクレジットカードはアコムACマスターカード

アコムACマスターカード

中途半端に審査が甘いカードに申し込んで、これ以上、クレヒスを悪化させるのは絶対に避けなければなりません。

そのためクレジットカードに落ちる人が申し込むべきはアコムカードの『アコムACマスターカード』(年会費無料/還元無し)一択となります。

これは消費者金融のアコムが発行するクレジットカードです。これについては後述します。

以上のように、クレジットカードを利用できない状態から抜け出す方法はいくつかあります。本文で、各方法の詳細を詳しく見てみましょう。

アコムACマスターカード

最短即日発行!審査基準が違うアコムのクレジットカード
最短30分のスピード審査!3秒診断&最短即日審査・回答が魅力です!

詳細を見る

リボ払いカードと比較して金利負担はほぼ同じ

「カードローンは高金利」というイメージをお持ちの方は、少なくないかもしれませんね。たしかにカードローンで50万円以内の少額融資を受けると、年18%程度の金利負担が生じます。

では、クレジットカードでリボルビング払いを行った場合はどうでしょうか。リボルビング払い専用クレジットカードの金利は、以下のようになっています。

クレジットカード名 金利
アコムACマスターカードアコムACマスターカード 年14.6%
ポケットカード P-one Wizポケットカード P-one Wiz 年18%
ファミマTカード(クレジットカード)券面ファミマTカード(クレジットカード) 年18%
三井住友VISAカード「エブリプラス」券面三井住友VISAカード「エブリプラス」 年18%
JCB EIT(ジェーシービー エイト)カードJCB EIT(ジェーシービー エイト)カード 年15%
DCカード Jizile(ジザイル)三菱UFJニコス/DCカード Jizile(ジザイル) 年15%
UCカードFreeBO!(フリーボ!)《セゾン》券面UCカードFreeBO!(フリーボ!)《セゾン》 年15%

以上のデータから、クレジットカードのリボ払い手数料は年15%もしくは年18%を採用するケースが多いことがわかります。意外ですが、どうやら金利は消費者金融よりも甘く無いようです。仮に年15%のリボ払いを利用した場合でも、実質的な金利負担はカードローンとほぼ同じ。

カードローンが特別に高いわけではありません。むしろ限度額が高ければ、審査が甘いと言われるカードローンの金利の方が低金利になるようです。

消費者金融の方が無利息期間がある分リボ払いよりもお得

キャッシング専用アコムカード金利を考えても多くの消費者金融で、新規カードローン利用者に対する無利息期間を設けています。

たとえばアコムカードは30日間無利息です。金利も限度額100万円以上であれば3.00%~15.00%とクレジットカードキャッシングよりも低金利です。この点を踏まえると、リボ払いクレジットカードよりもカードローンの方がお得といえます。

審査が甘いカードローンのデメリット

クレジットカードの代替として役立つカードローンにも、以下のようなデメリットがあります。

  • 基本的にリボ払い
  • 現金払いしかできず基本的にポイントシステムがない
  • 使い過ぎないように自分を律する必要がある

これらのデメリットには、クレジットカードと共通するものもあります。各デメリットの詳細を、以下でチェックしてみましょう。

リボルビング払いなので長引くと大損

カードローンの返済は基本的にリボ払いです。リボ払いとは、借入金を毎月一定額ずつ支払っていく返済方式。月々の返済負担を一定にできることが、この返済方法がもつ最大のメリットです。しかしリボ払いには、返済期間が長引くと金利負担が大きくなってしまうというデメリットがあります。

たとえば10万円を金利18%で借入れたとします。この借入金を毎月5千円ずつ返済した場合の返済回数は24回。最終月のみ返済額が4,429円となり、トータルの金利負担は19,429円にも上ります。10万円の借入に対して2万円近くも手数料を取られては、大損と言わざるを得ません。

ファミマTカード(クレジットカード)券面このように大きな金利負担が生じる可能性がある点は、リボ払い専用クレジットカードも同じです。『ファミマTカード(クレジットカード)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)のように、ポイント還元があっても、リボルビング払いの手数料の方がはるかに高く付くからです。

リボルビング払いのクレジットカードが比較的審査が甘いと感じられるのは、このキャッシング利用を狙ってのことだと言うのが、口コミでの評判です。

お金を借りるならクレジットカードキャッシングよりもカードローン!

アコムACマスターカード同じようにクレジットカードに付帯するキャッシングサービスを利用するときも気をつけて下さい。上記の『ファミマTカード(クレジットカード)』では実質年率14.95%~17.95%です。一方で『アコムACマスターカード』は実質年率10.0%~14.6%。アコムカードの方が低金利です。

とはいえ、金利がかかる点では同じ。リボルビング払いは甘くありません。キャッシングしたお金は余裕のあるときに多めに返済するなどして金利負担を下げるようにしてください。

現金払いしか出来ないのでポイントなどは基本的に無い

カードローンはあくまで現金融資サービスであり、クレジットカードのようなショッピング機能はありません。買い物にカードローンを利用する際も、支払い方法は現金払いのみとなります。

また、ほとんどのカードローンには、クレジットカードのようなポイントシステムがありません。ポイント還元を受けられない点は、カードローンの大きなデメリットといえます。

自己責任で自分を律する必要がある

カードローンでお金を引き出すと、現金をもらったかのような気分になりがちです。しかし、カードローンの借入金はあくまで借金。自分自身を律して、使いすぎを防がなければなりません。

とはいえ自己管理必要な点は、クレジットカードも同じです。カードローンとクレジットカードともに、お金にルーズな人の利用には向きません。

クレヒスが良好で審査に通るなら他のクレジットカードの方がお得

楽天カードポイント還元を考慮すると、『アコムACマスターカード』よりもほかの「審査が甘い」と表がんになっているクレジットカードの方がお得です。

もし審査に合格できるなら、口コミでも人気の『楽天カード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)や『ファミマTカード(クレジットカード)』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)、『ライフカード<年会費無料>』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)などを契約することをおすすめします。

関連記事一覧

よく読まれている記事一覧

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points