国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

年会費無料のゴールドカードこの3枚だけ!取得方法や特典を徹底比較

ゴールドカードのお得度をちょっと考えてみる

いま日本で手に入る年会費無料のゴールドカードはイオンゴールドカード、エポスゴールドカード、セブンカードゴールドの3種類です

それぞれのゴールドカードを手に入れるための方法や取得条件、どのくらい手間がかかるのか、また、どのようなサービスを受けられるのか、気になる部分ですよね。本記事をよく読んで年会費無料のゴールドカードの様々なメリットを理解して、お得なサービスが受けられるカードの発行をしてみてはいかがでしょうか。

年会費無料のゴールドカード!希少価値のある3枚をご紹介!

イオンで多く買い物する方が無料になるゴールド

イオンゴールドカード

年会費無料のゴールドカード!保険は最高5,000万円まで補償
評判の年会費無料のゴールドカード!イオンカード利用者だけが招待されます。

詳細を見る

マルイで多く買い物する方が無料になるゴールド

エポスゴールドカード

年会費実質無料のマルイのゴールドカード!旅行保険も充実!
コスパ最強のゴールドカード!招待で年会費が永年無料!

詳細を見る

セブンカードプラスよりお得なゴールドカード

セブンカード ゴールド

年会費無料のゴールドカード!ショッピング保険付き!
年会費永年無料!本会員・家族会員もOK!

詳細を見る

年会費無料のゴールドカード3種類の取得条件を紹介

一般的にグレードの高い特典が付いてくるゴールドカードですが、なんと年会費が無料となるものもあるんです。ではどういうゴールドカードなら年会費が無料になるのでしょうか? 年会費無料のゴールドカードの取得条件を紹介します。

イオンゴールドカード

イオンゴールドイオンゴールドカードが年会費無料のゴールドカードの中では一番有名でしょう。ただし、イオンゴールドカードの取得条件は招待制です。

ゴールドカード入会の「招待制」の条件をクリアする方法ですが、「直近年間100万円以上」イオンクレジットカードの利用があれば、イオンから招待のお知らせが届きます

イオンカードを直近年間100万円以上利用する

年間100万円と言っても月々では8〜9万円程度の金額ですので、食費や光熱費、携帯料金などをまとめると比較的容易に基準額に達するでしょう。イオンゴールドカードは「お客様感謝デー5%オフ」を利用できるので、主婦の方には特におすすめです!

また、イオン銀行の定期預金残高が100万円以上の場合も、ゴールドカードへの招待の対象となります。どちらも条件をクリアしたからといって必ず招待状が届くというわけでは無いのでその点はご注意下さい。

イオンカードゴールドのスペック

発行元 イオン
発行可能ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 0.50%
家族カード
海外旅行保険 3,000万円(死亡)/200万円(障害治療)/100万円(疾病治療)
ショッピング保険 50万円
エアポートラウンジ無料利用 羽田空港
追加できるサービス、電子マネー等 ETC
イオンID
WAON
WEB明細
このカードの特典 イオンお客様感謝デー「20日30日に5%オフ」
イオンラウンジサービス
取得方法 招待制

イオンカード(WAON一体型)

WAON付きのイオンカード!WAON利用でポイント2重取り
ときめきポイントとWAONポイントが両方貯まる!オートチャージも可能!

詳細を見る

取得までの流れ

イオンゴールドカードは発行条件を満たしたお客様だけに発行されるもので、誰でも簡単に発行されるものではありません。公開されている発行条件は、「通常のイオンカードを所有している方で直近年間カードショッピング利用額が100万円以上」になっています。

少なくてもこの条件を満たしており、支払遅延などの金融事故歴が発生していないのであれば、ゴールドカードへの招待状が届くと考えられます。

年間100万円もクレジットカードでお買い物をしないからゴールドカードは難しい…と考える人もいますが、単純にクレジットカードでお買い物をするだけでなく、公共料金などのお支払いも全てクレジットカード払いにすることで、意外と簡単に発行条件を満たせるようになります。

イオンの利用額が少なければ公共料金の支払いなどでも実績を積もう

例えば今まで銀行口座引き落としにしていた公共料金をクレジットカード払いに変更した場合、1ヶ月あたりの家計で考えてみると

  • 電気料金:5,000円
  • ガス料金:5,000円
  • 水道料金:5,000円
  • NHK:2,000円
  • 携帯電話:8,000円
  • プロバイダ料金:5,000円

各家庭によってばらつきはありますが、このように約3万円分をクレジットカード払いに変更できます。更に食費や被服費・保険料など毎月の生活費を全てクレジットカードで支払うようにしたり、自動車税や固定資産税などの税金をクレジットカード払いに変更することで、年間100万円の利用額を超えるのは決して難しい話ではないでしょう。

エポスゴールドカード

エポスゴールド数多あるゴールドカードの中でも、コスパで考えるならこの「エポスゴールドカード」が最強ではないでしょうか。取得条件を見てみましょう、と言っても、エポスカードの取得条件は実は明示されていません。

ただし口コミや評判でだいたいの目安はわかっていて、エポスカードに入会して1年以上経過して、年間50万円以上の利用でゴールドカードのインビテーションが届くケースが多いようです。

エポスカードを年間50万円以上利用する

エポスゴールドカードは自分から申込むことも可能です。初年度の年会費は5,000円+税かかりますが、年間50万円の利用で次年度年会費無料になるので、毎月4〜5万円を利用すると次年度から「年会費無料」にできます。

さらに利用金額に応じた「ポイント還元サービス」もこのエポスゴールドカードならではのものです。規定の金額を超えると必ずボーナスポイントが貰えるので、エポスゴールドカードは最初の年会費を払っても、年間50万円以上使えばお得になる計算です。積極的に申し込むのもありです。

エポスカードを利用していて招待状を貰えば年会費永年無料!

エポスカードエポスカード』(年会費無料/還元率0.5%:200円で1ポイント)を利用していてインビテーション(招待)が届くと、特別な特典が利用できます。それが招待状から入会された方限定で年会費が永年無料になる特典です。

自ら申し込む場合には年間50万円の縛りが発生しますが、招待状からなら一切縛りはありません。年間50万円から100万円ほど利用すればインビテーションが届くと言われているので、まずはエポスカードを所有するのをおすすめします。年会費無料です。

エポスゴールドカードなら空港ラウンジも国内14箇所の空港と多く、海外ではハワイと韓国の2つの空港で無料利用できます。特典の付加価値がかなり高く、こちらもオススメのゴールドカードです。

エポスゴールドカードのスペック

発行元 マルイグループ
発行可能ブランド VISA
年会費(初年度) 無料(年間50万円以上利用時)
通常時5,000円
年会費(2年目以降) 無料(年間50万円以上利用時)
通常時5,000円
還元率 0.50%
家族カード ×
海外旅行保険 1,000万円(死亡)/300万円(障害治療)/300万円(疾病治療)
ショッピング保険
エアポートラウンジ無料利用 国内14箇所の空港、海外2箇所の空港
追加できるサービス、電子マネー等 ETC
楽天Edy
モバイルSuica
スターバックスカード
このカードの特典 有効期限無しの永久ポイント
利用金額によりポイントプレゼント(50万円で2,500円分、100万円で10,000円分)
「マルコとマルオの7日間」の期間中はマルイのショッピングが何度でも10%OFF
リボ払いでポイント最大3倍
取得方法 申し込み

エポスカード

即日審査発行で10%オフ!海外旅行保険も人気のマルイカード
マルイカード会員限定セールですぐ10%割引き!入会キャンペーンもお得!

詳細を見る

インビテーションもらうまでの流れ

エポスゴールドカード券面画像日本で初めてクレジットカードを発行したマルイグループが分社化したことで新たに発行したのがエポスカードです。長年のクレジットカード事業で培ったノウハウを活かし、お客様のニーズに合ったサービスを提供しているのが特徴です。

一般のエポスカードよりワンランク上になる、エポスゴールドカードは通常年会費5,000円で取得できることから、比較的敷居が低いゴールドカードです。充実した付帯サービスが用意されていますが、特にポイントサービスや旅行保険、優待サービスなどが一般カードよりも優位なのが特徴です。

エポスゴールドカードは申し込んでしまうのが早い!

エポスカードエポスゴールドカードを所有する方法は、一般のエポスカードで利用実績を重ねて招待を受けるか、一般のエポスカードを所有していない状態で最初からエポスゴールドカードに申し込む方法があります。

一般のエポスカードを既に所有している場合は、利用実績を重ねて年間50~100万円以上のご利用額があれば、招待を受けてエポスゴールドカードへランクアップできます。この場合は年会費が永年無料になります。

一般のエポスカードで利用実績を重ねるまで待てないという場合は、初年度は年会費5,000円が必要になりますが、年間ご利用金額が50万円以上に達した場合は翌年以降永年無料になります。

いずれにしても年間50万円以上のご利用があれば、年会費無料で充実した付帯サービスが用意されているゴールドカードをフル活用できます。

セブンカードゴールド

セブンカードゴールド

セブンカード ゴールド』は「海外保険」や「空港サービス」など一切のサービスが付与されていません。

ただし「イトーヨーカドー」を利用する場合は、他のゴールドカードに比べて還元率が1.5%と非常に高くなっています。このカードはある種「イトーヨーカドーのショッピング専用カード」と捉えてもいいかもしれませんね。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーでの利用額100万円?

セブンカード』からの招待制となっています。公式発表されていませんが、招待を受けるためには「年間100万円以上の利用」で招待されると言われています。

セブンカードゴールドのスペック

発行元 セブン&アイホールディングス
発行可能ブランド JCB、VISA
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目以降) 無料
還元率 0.5%〜1.5%
家族カード
海外旅行保険 無し
ショッピング保険 100万円
エアポートラウンジ無料利用 無し
追加できるサービス、電子マネー等 ETC
NANACO
WEB明細
このカードの特典 イトーヨーカドーで毎月8日、18日、28日に5%オフ
取得方法 招待制(非公開ですが年間100万円以上の利用とされています)

セブンカード・プラス

セブングループで1.0%還元! ヨーカドーで5%割引あり!
セブングループのカード利用で1.0%の還元率1.0%

詳細を見る

年会費無料ゴールドカードの特典とスペックを比較

ゴールドカードは一般カードよりも充実した付帯サービスが用意されているのが大きな魅力ですが、年会費無料のゴールドカードの付帯サービスはどれぐらいの実力でしょうか? 年会費がかかるゴールドカードと比べてみると付帯サービスの内容の違いがハッキリします。

年会費無料ゴールドカードvs格安ゴールドカードのスペック比較
カード名 イオンゴールドカード エポスゴールドカード MUFGカードゴールド
イオンゴールドカードの券面画像 エポスゴールドカード券面画像 MUFGカード ゴールド(マスターカード)券面
年会費 永年無料 年間50万円以上ご利用で無料
(通常は5,000円)
初年度無料
2年目以降1,905円(税別)
※「楽Pay(リボ払い)」の利用で年会費半額
国内旅行傷害保険 最高3,000万円 なし 最高2,000万円
海外旅行傷害保険 最高3,000万円 最高1,000万円 最高2,000万円
ショッピング保険 年間300万円まで なし 年間100万円まで
空港ラウンジ 羽田空港ラウンジのみ無料で利用可 国内19空港、海外2空港+ラウンジを無料で利用可 国際線利用時に国内主要6空港、ホノルル国際空港を無料で利用可
ポイントサービス ・ご利用額200円毎に1ポイント付与
・対象店舗や対象日のご利用でポイント2倍~付与
・1ポイント=1円相当
・ご利用額200円毎に1ポイント付与(リボや3回払い以上は2ポイント)
・1ポイント=1円換算
・「たまるマーケット」の利用でポイント2~30倍付与
・利用額に応じてボーナスポイント付与
・ご利用額1000円毎に1ポイント付与
・キャッシュバック1ポイント=4円換算
・有効期間:獲得月から24ヶ月
・記念月の利用はポイント1.5倍付与
・利用額に応じてボーナスポイント付与
ステータス性 クレジットカード会社が選んで招待した人しか持てないという特別感がステータス性の高さを引き出します。空港ラウンジの利用については他のゴールドカードと比べると1ヶ所しか利用できないのが残念です。 条件を満たせば年会費無料になりますが、通常は年会費有料なのでステータス性の高さは十分実感できます。無料で利用できる空港ラウンジの数がダントツで多いのも魅力です。 ゴールドカードの中でも格安な金額ですが年会費有料であることと、付帯サービスが充実しているのでステータス性の高さを実感できます。
特典・優待サービス イオンラウンジサービス 海外サポートデスク、国際線手荷物一時預かり、宿泊施設やレストランなどの優待 国内渡航便遅延保険最高2万円

年会費無料ゴールドカードと格安ゴールドカードは互角のスペック

年会費無料のゴールドカードと、比較的安い年会費有料のゴールドカードを比較してみました。ハッキリしているのは、どれも一長一短の特徴があると言うこと。

言い換えれば、年会費無料ゴールドカードと格安ゴールドカードではスペックのハッキリした違いはありません。つまり、年会費無料ゴールドカードは格安ゴールドカードと互角のゴールドカードと言えるのです。

年会費無料ゴールドカードまとめ

年会費無料のゴールドカードをいくつか紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。特典内容を比較し、どこのカードがご自身にとって一番良いサービスを提供してくれるのか、じっくりと考えてみましょう。

おさらいとして、今回紹介したゴールドカードをまとめます。

カード まとめ
イオンゴールドカード 招待制だが、年間100万円の壁は低い。「お客様感謝デー」など、イオングループの様々な特典が受けられる。ゴールドカードの入門として。
エポスゴールドカード 年間50万円の利用で年会費無料。利用額に応じてボーナスポイントが付与される。多くの空港ラウンジが無料利用できる。
セブンカード ゴールド 招待制で、年間100万円といわれている(非公表)。イトーヨーカドーでの還元率が高く、特典サービスもある。
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード ステータスカードの代表。年会費はそれなりに高いが、初年度無料キャンペーンが受けられる。グレードの高い付加サービスが受けられるので、年会費の高さを相殺できる。ハイクラスを求められる方には一番のおすすめのカード。

どのカードも素敵な特典があるので、1枚を選ぶのは難しいですね。どうか楽しみながら、ご自身に合うゴールドカードを選んでみてはいかがでしょうか。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points