空港ラウンジが無料で使えるゴールドカードを持つべき理由・メリット

空港の写真

本記事では、ゴールドカードの付帯サービスである「空港ラウンジ無料利用」に焦点を当てて、徹底解説いたします。

そもそも空港ラウンジとはどんなところなのか、また、どんなサービスを受けられるのか、この記事を読んで、ぜひゴールドカードの付帯サービスを有効利用してください。

旅のベテランが利用する空港ラウンジサービス

空港を頻繁に利用する人にとって、空港ラウンジで寛ぐというのは大きな魅力のひとつとなっています。多少年会費が高くても、空港ラウンジを無料で利用できるのであればそちらを選ぶという人も多くいます。
それほど旅の快適さを左右するのが、空港での過ごし方ということでしょう。

常に利用するものだからこそ快適性にこだわる

旅行であってもビジネスであっても、空港を利用すれば必ず待ち時間が発生します。
ほとんどの人は、待合ロビーで思い思いの時間を過ごしますが、空港ラウンジを利用できればさらに快適に寛ぐことができ、旅のクオリティが上がります
ロビーであればガヤガヤとうるさかったり、ドリンクもお金を出さなければなりません。
しかし空港ラウンジであればドリンクも無料でネットを楽しむこともできますし、なにより騒音に悩まされる必要もありません。

ゴールドカードには空港ラウンジ無料特典が付いてくる!

空港ラウンジを利用するのは基本的に有料です。しかし、空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカード、特に一部の“ゴールドカード”を持っていれば提示するだけで利用できるのです。

ご存知の方も多いと思いますが、ほとんどのゴールドカードの付帯サービスには、国内の空港、ハワイや韓国の空港ラウンジを無料利用できる特典が付いてきます。また、各社ともに徐々に利用できる空港を増やしていますので、飛行機で移動することが多い方には特に便利に利用できますね。

上位の航空会社ラウンジを利用できるクレジットカードもある

ダイナースクラブカード券面一部のゴールドカードには、通常の空港ラウンジよりも上位の、航空会社の特別なVIPラウンジが利用できるものがあります。この代表格はゴールドカード格の『ダイナースクラブカード』(年会費22,000円+税/還元率0.4%:100円で1ポイント=0.4円相当)です。混み合うこともないエグゼクティブなサービスのため、航空会社ラウンジの快適さは一般の空港ラウンジの倍以上と言えるでしょう。

逆に空港ラウンジサービスが付帯しないゴールドカードもある

また後の項目で説明しますが、一部の格安ゴールドカードには、空港ラウンジ付帯サービスが付いてないものもあります。これからゴールドカードの発行をお考えの方で、空港ラウンジを利用したい方は注意が必要です。空港ラウンジは基本的に混み合うことも無く、比較的快適に過ごせるのが魅力となっています。

空港でのトラブル時も快適に過ごせる

特に空港ラウンジの価値が感じられるのは外国で遅延や延期などが起こったときです。

空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカードも多く、ゴールドカードであればほとんどのカードでラウンジを無料で利用できます。ただし、カードによって利用できる空港ラウンジと利用できない空港ラウンジもあるのでその点だけは注意しましょう。

ちなみに、ゴールドカードで利用できるのは国内線に限られますが、それでもゆったりとした時間の中で過ごせるのは魅力です。

人気は「プライオリティ・パス」付帯のクレジットカード

ちなみに、プライオリティ・パスの付帯されているカードであればさらに快適な時間を過ごせます。通常のゴールド・カードでは国内線の空港ラウンジ(カードラウンジ)に限られるという制限がありますが、プライオリティ・パスであれば世界中の空港ラウンジや航空会社ラウンジも利用可能となります。

プライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジ数は、世界100か国以上、1,000ヶ所にも及びますから、ほとんどの主要空港で空港ラウンジの利用が可能です。

プライオリティ・パスが手に入るゴールドカードとは?

楽天プレミアムカードプライオリティ・パスのプレステージ会員券の取得には通常、年間400ドルほどの年会費が必要です。しかし実は無料でこのプライオリティ・パスのプレステージ会員券を取得できるカードもあるのです。

それが『楽天プレミアムカード』(年会費10,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)です。楽天は利用しないけれど、このプライオリティ・パス特典だけを目当てに楽天プレミアムカードに申し込むという人もいるほどです。

当然ながらゴールド・カードなので年会費も一般的なクレジットカードに比べて高めですが、プライオリティ・パスの利用価値を考えれば年会費以上のメリットがあるのです。

アメックスなら年2回無料!割引き条件があるカードも

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード券面アメリカン・エキスプレス・カードにはプライオリティ・パスのスタンダード会員資格が付帯しています。さらに特典として年間2回まで利用料無料で空港ラウンジが利用できます。

またセゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、プライオリティ・パスを割引料金で取得できます。海外の空港でも待ち時間を快適に過ごしたいという場合には、こういったカードを活用するのがおすすめです。

空港は頻繁に利用するけれど、ラウンジのことには関心がなかったという人は、ぜひこれらのカードをチェックしてみてください。

空港ラウンジってどんなところ?

空港ラウンジには2種類あり、ファーストクラスやビジネスクラスの乗客とFFP上級会員(=マイレージポイントを貯めて、ランクアップした人のこと)が利用できる「航空会社が運営するVIPラウンジ」と呼ばれるものと、カード会社がゴールドカード会員向けに空港と契約している「空港が運営する一般向けラウンジ」があります。

また、大都市の国際線を有するような大型空港(羽田空港や関西空港)にはもう一つ特別なラウンジが用意されています。このラウンジは、国会議員や大企業の幹部など、要人と呼ばれるような方々だけが利用でき、一般的には開放されていません。

ゴールドカード会員が無料で利用できるのは「カードラウンジ」

ゴールドカード所有者には、空港が運営する「一般向けラウンジ」が利用できます。では、その空港ラウンジとは何のための施設でしょうか。空港ラウンジとは簡単に言うと、ゆったりとくつろげる休憩スペースです。そこでは複数の接客担当が常駐していて、軽食や飲み物の無料提供が行われています。また、一般向けの空港ラウンジは、保安検査場の外側に位置しています。

空港内の共有スペースにあるような椅子を並べただけの休憩スペースとは違い、空港ラウンジにはソファーが設置されていて、ゴールドカードを所有している人にしか入室できないため、ゆったりとした時間を過ごせます。ただし、飛行機に乗る方にしかラウンジの利用はできませんので、その点だけは注意してください。

空港ラウンジで受けられるサービス

空港ごとに利用できるサービスは異なるのですが、主に下記のようなものがあります。

新聞や雑誌の閲覧サービス 無料
インターネット接続サービス 無料
コピー、FAXサービス 有料
ソフトドリンクサービス 無料
アルコール提供 有料(成田空港、福岡空港、熊本空港はビール1杯目無料)
携帯電話充電サービス 無料
名刺作成サービス 有料

利用する空港によって変わってきますが、主にこれらのサービスが提供されています。
有料のものもありますが、インターネットや雑誌閲覧、ソフトドリンクサービスなど、空港での待ち時間を過ごすには十分のサービスですね。

ソファーがあって、静かな空間の中で、雑誌を読みながらコーヒーを飲んだり、成田空港などではビールを飲めたりするので、上質のくつろいだ時間が味わえることでしょう。

空港ラウンジを有効活用する方法

では実際に、どのようなシチュエーションで空港ラウンジを利用すればいいのでしょうか。いくつか例を挙げてみます。

  • 早く空港に着きすぎて、搭乗時間まで少し時間があるとき
  • 飛行機の乗り継ぎ時間が長いとき
  • とにかくゆったりと贅沢なくつろぎの時間を過ごしたいとき

早く空港に着きすぎて、搭乗時間まで少し時間があるとき

早く空港に着きすぎて、搭乗時間まで少し時間があるとき
これが一番定番の使い方でしょう。特に国際線を利用するときは搭乗時間の2時間前までに座席チケットを発行するように、各航空が乗客へのルールを定めています。空港は都心部から離れていることも多いため、ご自宅から空港のカウンターや、自動発券機までの時間を正確に読むことがなかなか難しいです。初めて利用する空港であれば尚更でしょう。

そのため、余裕を持って空港に向かって結局3時間前に着いた、なんて場合もありますよね。有り余る時間ができた場合は、空港内にある、誰でも利用できる硬い座席で数時間潰すよりも、空港ラウンジを利用する方を絶対におすすめしたいです。空港ラウンジには無料ソフトドリンクもあり、雑誌もあり、さらに無料Wi-Fiもあるので、ソファーでくつろぎながら、あなたの好きな事や、お仕事などをして時間を有効活用できるからです。

飛行機の乗り継ぎ時間が長いとき

飛行機の乗り継ぎ時間が長いとき
トランジット(乗り継ぎ)で空港を使うこともあると思います。スムーズな乗り継ぎであれば問題ないのですが、格安チケットで乗り継ぎ時間が長かったり、飛行機の遅延などで、急に長い空き時間ができたりする場合もあります。

その場合は、迷わず空港ラウンジに直行しましょう。共用スペースで過ごすよりも充実した時間を確保できます。ちなみに筆者も以前に、4時間の待ち時間ができたので、迷わずに空港ラウンジを利用しました。ゴールドカードカードを持っていると、いざというときに重宝できると実感した瞬間でした。

とにかくゆったりと贅沢なくつろぎの時間を過ごしたいとき

とにかくゆったりと贅沢なくつろぎの時間を過ごしたいとき
飛行機をたまにしか使わない方や、初めての海外旅行の方などは、空港そのものを楽しみたい気持ちもあると思います。実際にそういう方が搭乗時間より少し早く来て、空港ラウンジでくつろぎながら、雑誌やWi-Fi経由で旅先の情報を仕入れたりする場合も多いです。色々なシチュエーションでうまく活用できると思いますので、前もってゴールドカードを発行しておくのもいいかもしれませんね。

空港ラウンジを利用できるゴールドカード3枚を厳選してご紹介!

空港ラウンジを利用できるゴールドカード3枚を厳選してご紹介!
先の項目では、空港ラウンジはどのような施設か紹介させていただきました。ではその空港ラウンジ利用ができる、おすすめのゴールドカードを3枚厳選しましたので、紹介していきます。

  • 楽天ゴールドカード
  • アメリカンエキスプレスゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

では一枚ずつ見ていきましょう。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード』(年会費2,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)は、楽天が2016年に発行を開始した比較的新しいゴールドカードです。今までの楽天カードは、後ほど紹介する『楽天プレミアムカード』(年会費10,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)と年会費無料の『楽天カード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)の2枚だけでした。そこで楽天は、もっと幅広い方に自社カードを使ってもらおうと、中間のランクであるこちらのカードを発行しました。

このカードは年会費2,000円(+税)なので、金額の安い部類のゴールドカードにあたります。年会費の安いゴールドカードは格安ゴールドカードなどとも呼ばれています。年会費が安くても、ゴールドカードなので空港ラウンジの利用ができます。年に複数回飛行機を利用する機会のある方は、持っておいて損はありません。

格安ゴールドカードなのに国内主要28空港の空港ラウンジがフルで利用できる!

2,000円程度で複数回空港ラウンジが利用できれば、それだけで元が取れると思いますよ。安くゴールドカードを発行して、空港ラウンジを利用してみたい方は本当におすすめの1枚です。また楽天ゴールドカードでは、お得なポイント還元プログラムがあります。皆さんもよくご存知の「楽天ポイント」ですね。楽天市場でお買い物をすると、必ず5倍ポイントが付きます。また、その他の楽天ポイントプログラムのサービスを併用すれば、7倍ポイントが付きます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税/還元率0.333%:100円で1ポイント=0.333円相当)は、ゴールドカードのパイオニアである、アメリカン・エキスプレスが発行するカードです。こちらは年会費も高く、本当のステータスカードと一般的にも広く認識されています。

ちなみに世界で初めてゴールドカードを発行したのも、このアメリカンエキスプレスです。もちろん審査基準も高く、25歳以上でクレヒスに問題がなく年収500万円以上の方限定、とされ、年会費も29,000円(+税)となります。さてその実力を紹介していきましょう。

アメックスなら同伴者も1名まで無料で空港ラウンジが利用可能!

他のゴールドカード同様に空港ラウンジが利用出来るのはもちろんのこと、同伴者も1名まで無料で空港ラウンジが利用できます。これは家族会員にも適用されるので、無料で発行できる家族カードをお持ちの方も同伴者1名まで無料になります

また通常年会費が99ドルの「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料で加入出来ます。
プライオリティ・パス・メンバーシップに加入すると、国内外700箇所のプライオリティ・パス社が運営する空港ラウンジを1回27ドルで利用できるのですが、アメックスゴールドをお持ちの場合は2回無料利用できるクーポンが配布されます。

プライオリティ・パスの空港ラウンジは、通常のゴールドカードで利用できるラウンジよりも、ワンランク上のラウンジとなっているので、より贅沢な時間が過ごせるでしょう。ゴールドダイニングなどの大変お得なサービスもあるのですが、詳しくは下記のリンク先でご確認ください。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード楽天プレミアムカード』(年会費10,000円+税/還元率1.0%:100円で1ポイント)は、先ほど紹介した楽天ゴールドカードの上位版で、年会費が10,000円(+税)と、少し高額になります。もちろん同じように空港ラウンジの利用ができます。

このカードをおすすめする理由は、ズバリ、プライオリティ・パスのプレステージ会員が付帯されることです。先ほどのアメリカンエキスプレスゴールドカードでは、「プライオリティ・パスの年会費(スタンダード会員)と、年間2回利用のクーポンのみ付与」されていました。こちらのカードではさらに2ランク上の「プレステージ会員」になれます。

プレステージ会員とは、年会費も利用料金も無料利用できる会員のことです。ちなみにクラスと料金は下記のようになっています。

会員クラス 年会費 1回の利用料
スタンダード会員 99ドル 27ドル
スタンダード・プラス会員 249ドル 27ドル(無料利用10回付き)
プレステージ会員 399ドル 無料

このように、年会費10,000円程度で399ドル(約40,000円)の権利が貰えるので、それだけでも超お得ですね。空港ラウンジのさらに上の「プライオリティ・パス 年間無料利用」なのは本当におすすめなので、ぜひみなさんに利用していただきたいです。

ゴールドカードでも空港ラウンジが使えないものもある。

上記3枚のゴールドカードは空港ラウンジや、プライオリティ・パスが利用できますが、ゴールドカードでも付帯サービスがついていないカードがあります。主に「格安ゴールドカード」と呼ばれているようなカードで、「還元率が良い代わりに空港ラウンジが使えない」カードや、「その他のサービス重視のため空港ラウンジが使えない」カードなどがあります。

入会する前には、しっかりと付帯サービスを確認することが大切です。

まとめ:空港ラウンジが無料で使えるゴールドカードを持つべき理由

空港ラウンジを利用してみましょう
さて今回は、ゴールドカード付帯の空港ラウンジ無料利用サービスを徹底解説させていただきました。

この記事でわかること
  • ゴールドカードには空港ラウンジ無料利用特典が付いてくる!
  • 空港ラウンジってどんなところ?
  • 空港ラウンジを有効活用する方法とは?
  • 空港ラウンジを利用できるゴールドカード3枚を厳選してご紹介!

以上のことが確認できたかと思います。

付帯サービスの空港ラウンジをうまく利用して、また、プライオリティ・パスというワンランク上のラウンジを利用して、空港でのお時間をゆったりと過ごしてくださいね。カード選びの際には、どのくらい得になるのか、実際に計算して様々なカードを比較すると分かりやすいと思います。

急がずにじっくり比較検討して、ご自身にあったカードを選び抜きましょう!

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP