クレジットカードごとにゴールドカードの発行条件を比較してみた!

くつろぎながら比較検討する男女

豪華なカードフェイスで、お得な付帯サービスがたくさん付いているゴールドカード。みなさんも一度は所有してみたいと思っていませんか? 本記事では、ゴールドカード初心者へ向けて、審査内容や各カードの発行条件について比較していきます。

いくつかのゴールドカードを例に上げて紹介していますので、ぜひご自身に合う一枚を見つけましょう。近年では審査のハードルも下がっているので、必ずゴールドカードを発行できます。

ゴールドカードの審査内容とは?

喜ぶ男性
では、ゴールドカードの発行時に審査される内容について紹介していきます。各ポイントを抑えて、ゴールドカード取得に向けて対策しておきましょう。

ゴールドカードの審査はここを見られる
  • 年齢
  • 年収
  • 勤続年数
  • クレジットヒストリー

年齢

20歳以上が対象になりますが、国際ブランドが発行するプロパーカードなどは、25歳以上と制限が設けられている場合がある。

国際ブランドとは?

国際的に利用出来るクレジットカードブランドのことです。現在では下記の国際ブランドが世界7大ブランドと呼ばれています。

VISA (ビザ)
American Express (アメリカン・エキスプレス)
MasterCard(マスターカード)
JCB (ジェーシービー)
Diners Club (ダイナースクラブ)
中国銀聯カード (ぎんれん/ユニオンペイ)
Discover Card (ディスカバーカード)

年収

ゴールドカードのランクによって、安定した収入があるだけで取得出来る場合と、年収400万円以上などの制限が設けられている場合があります。年会費が安いものは年収が低くてもOKで、年会費が高いものはある程度の年収が必要になる、と考えておいてください。

勤続年数

こちらも先ほどの年収の項目と同様です。会費が高くなるにつれて勤続年数に制限を設けるカード会社が多いです。

クレジットヒストリー

通称クレヒスと呼ばれるもので、カード利用履歴のことを指します。カード会社ではこのクレヒスも審査の対象とし、厳密な審査が行われます。ただし一般的な利用履歴の場合は、あまり気にする必要はありません。

支払い期日に間に合わなくて滞納した場合や、未納などの履歴が残っている場合は要注意です。カード会社も優良顧客へカードを発行したいので、クレヒスにトラブルがある場合は、審査に受かりにくくなる傾向にあります。

クレジットカードを利用したことがない方は要注意!

困った男性
クレヒスが真っさらな状態でも、気をつけなければなりません。20代でクレヒスが真っさらでもあまり気になりませんが、30代、40代で真っさらな状態の人は注意しましょう。

一般的に考えて、30代以降でクレジットカードを利用したことがない方は、ほぼいないでしょう。ですから実際にクレヒスが真っさらな状態であれば、「なんだか怪しい」と評価されてしまい審査が通らない場合があります。

最も健全なクレヒスの積み方はスマホ分割払い!

債務整理などした場合も、6年〜8年かけるとクレヒスが真っさらな状態になるので、そういう意味で疑われそうですよね。最低2年間は必要ですが、優良なクレヒスを作るのはとても簡単なことです。

スマホ購入時に分割払いを適用させることにより、クレヒスが記録されていきますので、2年間スマホ代金を支払いを続けることで優良なクレヒスが出来上がります。

以上の項目が大きな審査内容ですが、普通に安定した収入を得て生活をしている人であれば、何も難しく考える必要はありません。

ゴールドカードの発行条件を比較してみた

調べる男性
本記事のメインテーマである、ゴールドカード毎の発行条件について、実際のカードを挙げながら説明していきます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード


アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
では、ゴールドカードのランクNo.1と呼び声の高い『アメックス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税/還元率0.333%:100円で1ポイント=0.333円相当)を見てみましょう。

アメックスは日本で初めてゴールドカードを発行した由緒ある国際ブランドです。その上このゴールドカードは年会費も高い為、ステータスカードとして広く知られています。また、クレジットカード会社は審査内容について公表していないので、一般の声を取り入れながら最低ラインの数値を表にまとめました。

アメックス・ゴールドカードの審査は意外に難しくない!
  アメックス・ゴールドカードの審査基準の目安
年齢 25歳以上
年収 350万円
勤続年数 1年以上
その他 信用情報(クレヒス)が重要視される

この数値が最低ラインになり、その他要素によってもプラスやマイナスに作用します。例えば若くても大企業勤務であれば、審査も有利に進むことでしょう。ただし、中小企業勤務だからと言って、マイナスには働きませんので安心してくださいね。あくまでの目安となるので、この数値より低くても審査が通過する可能性も充分にあります。

ブラックカードとプラチナカードの登場で難易度が下がりました

意外と審査基準が低く思ったかもしれませんが、これはアメックスの最上級のカードがゴールドカードからブラックカードへ移行した経緯もあります。ブラックカードは年会費が350,000円と言われており、本当のセレブリティにしか発行していません。

またすでにアメックス・プラチナカードも登場しており、こちらはゴールドカード利用者で、さらにインビテーション(招待状)が届かないと入れません。ですから、ゴールドカードはもう少し一般に間口を広げて顧客を確保する意味で、審査基準を緩めているのです。

また、稀に国内の景気動向によっても審査基準の値に変化が出ますので、クレジットカード関連の情報を日頃から収集しておく必要もあります。審査基準に大きな変化があった際には、本サイトでも情報を提供いたします。

ダイナースクラブカード


ダイナースクラブカード
こちらのカードも「アメックス・ゴールドカード」と同様に高いステイタスがあるカードです。『ダイナースクラブカード』(年会費22,000円+税/還元率0.4%:100円で1ポイント=0.4円相当)は高い年会費から、そのステイタスの高さが分かると思います。

また、国際ブランドの先駆け的存在であり、日本初のクレジットカードを発行したブランドでもあります。付帯サービスもアメックス・ゴールドカードに負けておらず、レストラン優待や世界600箇所以上の空港にあるダイナースクラブラウンジの無料利用、スポーツクラブの割引サービスなどを提供しています。

世界的シェアは高くありませんが、これらのステイタス性と価値のある付帯サービスから、世界中のエグゼクティブ層に人気があります。

ダイナースクラブの入会審査の厳しさはアメックス・ゴールド以上!
  ダイナースクラブカードの審査基準の目安
年齢 27歳以上
年収 500万円以上
勤続年数 1年以上
その他 信用情報(クレヒス)が重要視される

このカードの入会審査の特徴は、年収とクレヒスが重要視されます。「ダイナースクラブは人を選ぶカード」だとよく言われているのは、年収が500万円以上という比較的高い審査基準が理由です。

その反面、勤続年数はあまり考慮されないので500万円以上の収入だと証明できれば、勤続年数が3年未満だとしても問題ないでしょう。審査基準は先ほどのアメックス・ゴールドカードよりも高くなっていますね。審査難易度=ステイタスと言い換えられますので、年会費を抑えつつ良いステイタスを得たいと思うのであれば、このダイナースクラブカードをおすすめします。

審査基準は高いのですが、年会費以上の付加価値があると言えます。

JCBゴールドカード

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)JCBゴールドカード』(年会費10,000円+税/還元率0.5%〜0.7%:100円で1ポイント=0.5円相当)は日本の国際ブランドのJCBが発行する、プロパーカードです。年会費はアメックスやダイナースよりも安い金額に設定されています。

ちなみにプロパーカードとは、国際ブランドが直接発行するクレジットカードのことで、提携カードよりも審査基準が高くなります。また、このカードは、アメックス、ダイナースに次いでステイタスの高いゴールドカードに位置づけられています。

20代向けのヤングゴールドカードからランクアップする方法がベスト
  JCBゴールドカードの審査基準の目安
年齢 30歳以上
年収 400〜500万円
勤続年数 3年以上
その他 信用情報(クレヒス)が重要視される

上記の表から分かるように、このカードの年会費はそれほど高くありませんが、審査の難易度が高いのが特徴です。ただし現在20歳代の人であれば、これらの審査基準を緩める裏ワザがあるんです。それは、ヤングゴールドカードからランクアップさせる方法です。

「ヤングゴールドカード」とは、各カード会社が20代へ向けて、安い年会費で発行しているゴールドカードのことです。このカードの特徴は、年会費が安い上に通常のゴールドカードと同程度の付帯サービスが付いている点にあります。

ではなぜ、カード会社は年会費の安いゴールドカードを発行しているのでしょうか。

若い有望なユーザーにヤングゴールドカードを提供しています

理由は簡単で、今後の優良顧客を獲得するために若い世代に低価格でゴールドカードの提供を実施しています。カードが気に入れば年会費が上がっても継続利用する人が多いので、カード会社も優良な顧客の確保ができて、充分な利益が出せるのです。顧客も安い年会費で良いサービスを受けられ、カード会社も顧客を獲得できるので、双方にメリットがある良い仕組みですよね。

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)JCBゴールドカードは『JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)』(年会費3,000円+税※オンライン入会で初年度無料/還元率0.75%:1,000円で1.5ポイント=7.5円相当)という、ヤング向けのカードを発行しています。

29歳以下で5年間限定ですが、初年度無料で、2年目以降も3,000円(+税)と、格安ゴールドカード並みの価格で所有することができるのです。

20代への発行ですのでもちろん審査基準も低いです。それでは審査基準を見てみましょう。

20代の方であれば、難しい審査を受けるよりもヤングゴールドカードから自動更新を狙う方法がおすすめです。
  JCB GOLD EXTAGEの審査基準の目安
年齢 18歳以上29歳以下限定
年収 300万円前後
勤続年数 1年以上
その他 5年間限定発行。その後は自動的にJCBゴールドカードへ更新される。

さきほどの「JCBゴールドカード」よりも審査のハードルが下がったことが分かると思います。また、「JCB GOLD EXTAGE」を所有し、5年に期間が終われば自動更新されるのですが、その際に「JCBゴールドカード」へランクアップされます。

30代以上で不安ならJCB一般カードから入会しましょう

JCB一般カード【JCB ORIGINAL SERIES】30代以上の方での審査ハードルの下げ方は、JCBの一般カード『JCB ORIGINAL SERIES』(オンライン入会で初年度無料・次年度以降:1,250円+税/還元率0.5% :1,000円で1ポイント=5円相当)に入会し、カード利用を行って良いクレヒスを残していくことです。

同じブランドの一般カードで「優良顧客」をアピールできれば、その後「JCBゴールドカード」の取得申請時の審査が有利に働くので、取得しやすくなりますよ。

各社ともしっかりと支払いを行ってくれる顧客を探している

カード会社はもちろんしっかり支払いを行ってくれる顧客を確保したいので、優良な「クレヒス」が付いた人へは、審査が有利に進みます。もし現在クレジットカードを使用していて「クレヒス」がきれいな状態であれば、そのお持ちのカードのゴールドカードを狙ってみるのも良い選択でしょう。

どうしてもハードルが高いとお思いの方は、比較的審査ハードルの低い「格安ゴールドカード」がおすすめです。メリットの高い格安ゴールドカードの情報ページへのリンクURLを記載しておきますので、チェックしてみてください。

→「格安ゴールドカードを選ぶときにチェックするべき3つの項目!

本記事で紹介しているゴールドカードのスペック情報

スペック紹介する人
本記事で紹介したゴールドカードのスペック情報と、お得なポイントについて解説します。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード最大のメリットは、「プライオリティ・パス」と「ゴールドダイニングby 招待日和」という付帯サービスです。

プライオリティ・パスとは空港ラウンジよりもランクが上の空港ラウンジのことで、一般入会費99ドルが無料になります。また入会しても1回の利用料金が27ドルかかるのですが、これも年間2回まで無料利用できるので、15,000円以上の還元ということになります。

指定のレストランで最高30,000円のサービスが受けられる!

また、「ゴールドダイニングby 招待日和」とは、国内外200店舗以上あるレストランで利用できる優待サービスのことです。これは指定のレストランであれば2名以上
の利用で1名様分の料理代金(※コース注文時に限る)が無料になる、大変お得な特典です。高級レストランばかりですので、10,000円〜30,000円という料金の割引サービスを受けられるので、2回利用すれば年会費以上の還元を受けられるので本当におすすめの一枚です。

年会費(初年度) キャンペーン時は無料(通常29,000円+税)
年会費(2年目以降) 29,000円+税
還元率 0.33%〜1.0%
家族カード 1枚無料
海外傷害保険 最高1億円
ETC 500円(+税)
特典 レストラン優待
空港ラウンジ利用
プライオリティ・パス
海外傷害保険

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードこのカードのメリットは、空港の「クラブラウンジ」や「エグゼクティブダイニング」が利用できます。どちらも「アメックス・ゴールド」と同じようなサービスなのですが、ダイナースの「クラブラウンジ」は世界600ヶ所のラウンジが対象となっており、アメックスやその他カードを遥かに凌ぐ数のラウンジを提供しています。

「エグゼクティブダイニング」と「クラブラウンジ」はアメックスを凌ぐ豪華さ!

また「エグゼクティブダイニング」では、こちらもアメックス同様に指定高級レストランでの食事の際に「2名以上で1名分無料」、「6名様以上では2名分無料」と大変お得なサービスの提供を行っています。飛行機の利用が多く高級レストランへもよく行かれる方は、すぐに年会費以上の還元を受けられます。

無料クラブラウンジや高級レストランでの食事サービスや加え、最大38%オフの「スポーツジム優待」も付与!

さらに全国展開している「コナミスポーツクラブ優待」サービスも付帯されています。このサービスでは、最大38%オフの価格でコナミスポーツクラブを利用することができるので、ジム通いを考えられている方へのメリットもかなり高いのではないでしょうか。

年会費(初年度) 22,000円+税
年会費(2年目以降) 22,000円+税
還元率 0.40%
家族カード 5,000円+税
海外傷害保険 最高1億円
ETC 無料
特典 レストラン優待
空港ラウンジ利用
プライオリティ・パス
海外傷害保険
コナミスポーツクラブ優待

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】このカードは先ほどの「アメックス」や「ダイナース」ほど優れたサービスは無いものの、高いポイント還元率や旅行保険の家族特約などコストパフォーマンスの高さがメリットです。

国際ブランドのプロパーカードなので、ステイタスと特典のバランスが良いゴールドカードと言えるでしょう。

日本人のためのプロパーゴールドカード!使い勝手が良い!

年間100万円以上の利用で、ポイント還元率が0.75%へランクアップされます。家賃や水道光熱費などをすべてカード支払いにすれば、かんたんに年間100万円は超えるでしょう。

「JCBのOki Dokiプログラム」も大変良いサービスで「Oki Dokiランド」というネットショッピングサイトで購入すれば、最大20%のポイントが付与されます。また、昭和シェル石油やセブンイレブン、スタバ、アマゾンなどでカード利用すれば、2倍〜5倍のポイントが付与されます。

年会費(初年度) オンライン入会で初年度無料!(通常10,000円+税)
年会費(2年目以降) 10,000円+税
還元率 0.5〜0.75%
家族カード 1名無料、2名以降は1,000円+税
海外傷害保険 最高1億円
ETC 無料
特典 空港ラウンジサービス
250店舗以上で使えるグルメ優待(10%〜20%オフ)
年間100万円以上の利用で0.75%ポイント還元

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)20代だけが持てる若者向けのヤングゴールドカードです。このカードのメリットはJCBゴールドカード同様に高還元のポイント制度と、5年の契約が終わると自動的に「JCBゴールドカード」へ切り替わることです。

国内の店舗はJCB加盟店が最も多く、ステイタスも十分に高いので若くして成功されたエグゼクティブ層にも人気があります。国内のどの店舗でも利用しやすいのは、メリットが高いとも言えますね。

「JCBゴールドカード」を狙う方は、まずこちらのカードで使用感を確かめられてみてはいかがでしょうか。

年会費(初年度) 初年度無料!
年会費(2年目以降) 3,000円+税
還元率 0.5〜1.5%
家族カード 無料
海外傷害保険 最高5,000万円
ETC 無料
特典 18歳から29歳以下で5年間限定だがその後はJCBゴールドカードへ自動更新
空港ラウンジサービス、

まとめ ゴールドカードは種類の豊富さから審査基準も様々。必ずあなたに合うゴールドカードがあります。

喜ぶ人々
本記事では実際のゴールドカードを例に出しながら「審査基準」について見ていきました。カードごとに基準に違いがあるので、一概に「このレベル」とは言い切れないのが実情です。しかし、近年では冒頭にもお伝えしたように審査基準が高くないゴールドカードもありますので、必ずあなたに合う最高の一枚が見つかるはずです。

本サイトでも様々な種類のゴールドカードを紹介していますので、じっくりと比較検討してみてください!

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
年会費無料クレジットカード比較!無料で高還元率のおすすめクレジットカード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすい?クレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
世界で通用するステータスカード!海外最強クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP