ゴールドカードはステータスが決め手?ハイクラスの人気カードを一挙紹介!

ステータスゴールドカード

本記事では、ステータスの高い人気のゴールドカードの紹介をしながら、その付帯サービスについても合わせて解説していきます。

ゴールドカードを選ぶ際には、ステータスの高さも気になりますよね。ハイクラスのゴールドカードだと、所有するだけで社会的なステイタスも上がるので、ハイクラスのゴールドカード取得をお考えの方は、この記事を読んで検討してみてはいかがでしょうか。

ゴールドカードのステイタスって?

富裕層の人
まず最初は、ゴールドカード初心者の方へ向けて、ゴールドカードが持つ社会的ステイタスについて説明します。ハイクラスのゴールドカードは、別名「ステータスカード」とも呼ばれていて、社会的なステータスを手に入れられます。

ゴールドカードは選ばれた人のカード、一般カードよりも持つのが難しい

ダイナースクラブカード券面通常ゴールドカードの審査基準が高くなっていて、例えば『ダイナースクラブカード』(年会費22,000円+税/還元率0.4%:100円で1ポイント=0.4円相当)のかつての審査基準「年収500万円以上、勤続年数3年以上、27歳以上」などの条件があります。

ゴールドカードを所有している方は、必然的にその「高い条件を超えた方」ですので、世間一般からは「選ばれた人」として良い目で見られますよね。良い目で見られれば、レストランで優良顧客扱いを受けられたり、人付き合いの際にも「お金のあるエリート」という風に見られたり、その後の付き合いもスムーズに進むことが多いようです。

このように、ゴールドカードには、付帯サービス以外でのメリット「社会的ステータス」がありますので、みなさんが取得を希望されていることが多いのです。

ステイタスよりも利便性!近年は審査基準が緩くなってきています。

しかしながら、年会費の高さや審査基準の高さが気になりますよね。でもステータスゴールドカードには、お得な付帯サービスがたっぷりあるので、コツを掴めば年会費以上の還元を受けられます。また審査基準についても、近年は基準が緩やかになっているので、過去ほどの高い条件ではありません。新入社員の方にはいきなりステータスゴールドカードは難しいのですが、30歳前後の一般的なサラリーマンであれば、まず審査に悩むことはありませんので、安心してください。

ゴールドカードのステータスは年会費、審査の難しさで決まる

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード券面実際にはゴールドカードのランクは規定されておらず、一般的な基準になりますが、先ほどもお伝えしたように「年会費」と「審査基準」によってランク付けされていると言って間違いないでしょう。ゴールドカードでトップクラスは、先ほどの『ダイナースクラブカード』と『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税/還元率0.333%:100円で1ポイント=0.333円相当)です。

年会費が高いゴールドカード=ステータスカードの法則

もちろん「年会費が高いゴールドカード」だと金銭的な余裕のある方が発行する場合が多いと思います。また「審査基準の高いゴールドカード」だと大手企業勤務の方や、公務員の方など、社会的地位が高い方がよく利用しています。ゴールドカードのブランドによっても「年会費」や「審査基準」が異なりますので、世間一般的に「ゴールドカード=社会的ステータス」という意味合いが強いのです。

社会的信用度が重要=クレヒスにも要注意

上記でお伝えした「審査基準をクリア」している方でも、カード審査に落ちてしまう場合があります。この場合は、「クレヒス」と呼ばれるクレジットヒストリーが関係している可能性があります。

クレヒスとは、過去のカード利用歴や支払い履歴、滞納履歴が記録として残されているものです。クレヒスを管理しているのは、指定信用情報機関の「CIC」や、「日本信用情報機構(JICC)」、「全国銀行個人信用情報センター」の3つの機関です。

無謀にチャレンジするとクレヒスが汚れてしまいます

クレジットカードの履歴は「CIC」が管理しており、支払い履歴は直近2年間残されています。もし、あなたの支払い履歴に「滞納」や「延滞」などのネガティブな記録が残されている場合、審査の際にマイナス評価を受けてしまい、審査に落ちてしまう可能性があるのです。

しかも気をつけたいのが、クレジットカード審査に落ちてしまった場合、クレヒスにも「審査が落ちた記録」が残されます。もちろん審査落ちした方へのイメージはよくありませんので、その後の審査にも影響を及ぼします。以上のことから、くれぐれもクレヒスには注意しなければなりません。

ステイタスの高いゴールドカードをご紹介

さてそれでは、ステータスの高いハイクラスのゴールドカードをみていきましょう。まずステータスで最も高いとされているのが『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税/還元率0.333%:100円で1ポイント=0.333円相当)。アメックス・ゴールドと同程度とされているのが『ダイナースクラブカード』(年会費22,000円+税/還元率0.4%:100円で1ポイント=0.4円相当)です。それらに次いで高いステータスがあるのが、日本の国際ブランドであるJCBが発行するプロパーカードの『JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】』(年会費10,000円+税※オンライン入会で初年度無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)になります。

ではそれぞれのゴールドカードのメリットや高い付帯サービスについて、紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードまずステータスが最も高いアメックス・ゴールドカードを紹介します。このカードは年会費が高いのがデメリットにはなりますが、その分優良の付帯サービスがついています。うまく使いこなすことで、必ず年会費以上の還元がうけられるので、決して年会費は高くありません。

アメックス・ゴールドの優れた付帯サービス
  • ゴールドダイニングby招待日和
  • プライオリティ・パス
  • プリファードゴルフ
  • ホテル宿泊料金割引

では順に見ていきましょう。

ゴールドダイニングby招待日和

アメックス・ゴールドカードはこちらのサービスが有名ですね。サービス内容は、アメックス指定の高級レストランで2名以上でコース料理を注文する場合、1名分のコース料理が無料になるサービスです。

気になるレストランは、国内外の200店舗で利用でき、和食、鉄板焼、イタリアン、フレンチ、中華、創作料理、インド宮廷料理、など様々な高級料理を楽しめます。金額も8,000円〜30,000円になっていますので、すごくお得ですよね。しかも利用回数に制限がありません(同じ店舗は半年に1度のみ)ので、利用すればするほどお得な還元が受けられます。

プライオリティ・パス

国際ラウンジの上位版であるのが、プライオリティ・パス。国内外の空港内に1000ヶ所以上もあり、ラグジュアリーな空間になっています。もちろん、一般利用は年会費99ドル〜399ドルと高い金額が設定されている上、会員クラスによって利用料金発生の有無が決められています。

アメックス・ゴールドカードは最も安い99ドルのスタンダード会員が付与されていますが、年間2回利用できるクーポンも同時発行されます。会員でも1回の利用料金は29ドルになっているので、2回分の58ドル分+年会費99ドルが特典として付与されている訳です。本当に大変お得なサービスですよね。

プリファードゴルフ

ゴルフビジネスマンに人気のあるサービスがこちらのプリファードゴルフです。世界70ヶ所以上のアメックス指定のホテルで2泊以上すると、ホテル指定のゴルフ場の利用料金が無料になります。

プリファードゴルフも一般契約は年会費295ドルと大変高額なサービスです。アメックスでは、もちろんカードに無料付帯されています。

ホテル宿泊料金割引

宿泊予約サイトの「エクスペディア」で予約すると海外での宿泊8%オフや、「一休」で予約すると抽選で宿泊割引クーポンが貰えます。

海外旅行の際に、エクスペディアの予約を便利に使っていらっしゃる方も多いと思います。予約の際に割引きサービスが利用できるので、宿泊代が高くて手の届きにくいホテルでも泊まりやすくなりますね。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード続いては、最も審査基準が高いと言われる「ダイナースクラブカード」です。このカードを持っている方は、間違いなく社会的に地位の高い方だといえるでしょう。過去には推測で「年収700万円、勤続年数10年、30歳」以上などと言われていましたが、近年では審査基準が下がり「年収500万円、勤続年数3年、27歳」以上の条件をクリアしている場合は審査が通ることも多くなりました。

これも不況の影響が関係しているのでしょう。バブルの頃と比べると、今では随分と平均年収も下がり年収500万円以上というのが、ステータスの一定の基準となっているようです。このように審査基準の高いダイナースクラブカードですが、付帯サービスもハイクラスのものを提供しています。

ダイナースクラブカードの優れた付帯サービス
  • エグゼクティブダイニング
  • 料亭プラン
  • ナイトイン銀座
  • 名門ゴルフ場の予約

など様々なサービスが付帯されます。

エグゼクティブダイニング

こちらは「アメックス・ゴールド」と同じようなレストラン優待サービスとなり、ダイナース指定のレストランで2名以上で食事をした場合、1名分の食事代が無料となるサービスです。有効に利用すれば年間100,000円や200,000円のサービスを受けることも可能です。

料亭プラン

女将さんこのプランというのは、なかなか敷居の高い高級料亭の予約を「ダイナース」が代わって予約代行してくれるサービスです。高級料亭とは、誰かを介して紹介される場合が多いと思います。そこで、利用したいと思った時にダイナースが「仲介者」として予約を取ってくれますので、はじめて利用する場合にも安心して利用できます。一見では行くのが難しい高級料亭を紹介してくれるので、なかなか便利なサービスです。

ナイトイン銀座

銀座にある高級バーでの優待サービスです。ウェルカムドリンク1杯をサービスしてもらえるバーは現在6店舗あります。銀座を楽しむために生まれたダイナースならではのサービスです。

名門ゴルフ場の予約

由緒あるゴルフ場でプレーする際、利用料金から5,000円割引を行ってくれます。現在約70コースが登録されていて、接待の際やご友人との付き合いなどには便利に利用できますね。

このような「ハイクラス」にふさわしい付帯サービスの提供が行われているのです。また、アメックス・ゴールドカード同様に「ホテル宿泊優待」など、便利に利用できる特典もあります。

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】唯一の国内ブランドであるJCBのゴールドカードを紹介します。年会費が10,000円(+税)と、アメックスやダイナースに比べて比較的安いのですが、「ステータスゴールドカード」ならではの付帯サービスがあり、非常にバランスが良いカードと言えるでしょう。

JCBゴールドカードの優れた付帯サービス
  • ゴールド会員専用デスク
  • JCBゴールドカード自動付帯保険
  • JCBトラベル OkiDokiトクトクサービス
ゴールド会員専用デスク

コールセンター何か質問や困ったことがあった時にJCBのゴールド専用デスクが用意されているので、すぐに問い合わせられます。一般カードは会員数も多く電話が混み合う場合が多いのですが、ゴールドデスク専用回線では会員数も限定されているので比較的早く繋がり、余計なストレスがなくスムーズに問い合わせできます。

JCBゴールドカード自動付帯保険

海外旅行の際の保険ですが、自動付帯でも最大5,000万円もの補償額が設定されています。利用付帯では最大1億円と格安ゴールドカードにはない、高い補償額が設定されていますので、旅行の際にはとても安心できますね。

JCBトラベル OkiDokiトクトクサービス

JCBでは独自の「OkiDokiポイント」というポイント還元サービスがあるのですが、JCBトラベルデスクで旅行の予約を行うとOkiDokiポイントが3〜7%還元になるという嬉しいサービスです。OkiDokiポイントは非常に多くのポイントサービスへの移行ができるので、様々なシーンで活用できます。

上記のように比較的ベーシックな付帯サービスなのですが、ベーシックでありながらハイクラスのサービスを提供している所以が、バランスの良いカードと言えるポイントとなります。

まとめ 必ず年会費以上の還元を受けられる

おかね
さて、各カードの付帯サービスを見てきましたが、どれも素晴らしいと感じられる特典が多かったのではないでしょうか。アメックスやダイナースであれば、「レストラン優待」や「ホテル優待」サービスなどがあるので、使い方次第ですぐに年会費を超える額の還元を受けられます。ハイクラスの生活をしている方は、利用シーンも多いと思います。

アメックスとダイナースはグルメと遊び! JCBはバランス良し!

JCBであれば、「海外旅行保険の補償額が高額であること」と「OkiDokiポイント還元率の高さ」がポイントとなるでしょう。基本的に一般的なゴールドカードの付帯サービスの上位版と考えられますので、年会費を払って取得しても損することはないと思います。

どのカードも社会的なランクの高い、ステータスゴールドカードとなっています。これからゴールドカードの発行をお考えの方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP