国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

プラチナカードの必要年収|mufgのインビテーションが来たら社会的強者の証?

案内する女性

プラチナカード以上は、基本的にインビテーションで取得できるカードとなっていますが、中には自ら申請して取得できるプラチナカードもあります

プラチナカードは、所有者にも高い社会的地位(=高い収入)を必要とします。一般的にどの程度のランクの人が、プラチナカードを保有しているのか気になるところですね。

まずはプラチナカードを深く理解するために、発行された歴史から説明していきます。

そもそもプラチナカードとは?

アメックスが初めて発行したセレブ向けのカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードプラチナカードも、プラチナカードのワンランク下のゴールドカードも、実はアメックスが初めて発行したという歴史があります。

アメックスが1980年に初めて発行したゴールドカードからみていきましょう。アメックスがゴールドカードを発行した当時はプラチナやブラックがなく、アメックスゴールドはクレジットカードの最高ランクの地位でした。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードしかし、他の国際ブランドやイシュアーが同じようにゴールドカードを発行し始めると、アメックスゴールドが他のカードに埋もれてしまい、ステータスとしての差別化が図りにくくなりました。

その結果、1993年にアメックスはさらにランクの高いカード、すなわちプラチナカードを発行し、他社のゴールドカードよりも高いランクに位置付けしたのです。

現在では、他社もアメックスを真似て同じようにプラチナカードの発行を行なっています。このように歴史を紐解くとアメックスは老舗であり世間的な評価も高い、と言い換えることもできます。

プラチナカードは社会的地位のある人に向けたステータスカード

では実際にどのくらいの社会的地位のある方がプラチナカードを所有しているのでしょうか。

プラチナカードを所有している人の職業や役職

  • 医師
  • 国家公務員
  • 大企業の部課長クラス
  • 中小企業の役員クラス

などの社会的立場の人が多く所有しています。このことからプラチナカード保有者は地位が高いことがわかると思います。また、それに伴う年収ももちろん高くなっています。

プラチナカードは、インビテーション制になっていることや高い年会費などもあり、一般的なサラリーマンには、なかなか手が届きにくいカードと言えるでしょう。

プラチナカード所有者の平均年収は1,000万円以上!?

プラチナカードの所有者の年収は、一般的には1,000万円以上とも言われています。ただし、ゴールドカードを所有している方で、年間の利用額が多い方にもインビテーションが届くことがありますので、一概には言いきれません。

しかしながら、年会費の十数万円を苦労せずに払える方は、年収もそれなりに高いはずですよね。

プラチナカードの発行をしてみたいけど、インビテーションや年会費が高くて悩んでいる方へ向けて、比較的安価でとても優秀なプラチナカードがあるので、次の項目で紹介していきます。

おそらくこのカードがプラチナカード取得の基準と考えて良いでしょう。

MUFGカード プラチナ・アメックスは最も取得しやすくコスパも良好なプラチナカード

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードさて、取得が難しいとされているプラチナカードですが、実はご自身で申請して取得できるカードがあります。

この優れたカードは『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税/還元率0.5%:200円で1ポイント=1円相当)。カード発行会社である三菱UFJニコスへ申請して審査が通過すればカードを発行できるので、長い期間インビテーションを待つ必要もありません。

年会費以上の特典が付いている

気になる年会費も20,000円とプラチナにしては破格の値段になっていますよね。年会費がお手頃な分、付帯サービスもそれなりと思うかもしれませんが、しっかりとプラチナ級のサービスが付いています。

具体的なサービス内容を見ていきましょう。このカードには、ステータスカードの特権とも言えるプライオリティパスが付帯されています。プライオリティパスとは、通常の空港ラウンジよりも更にハイクラスのラウンジのことを指します。国内外の空港に1,000箇所以上あり、飛行機をよく利用される方には、大変便利なサービスです。

プライオリティパスには、3段階の会員ランクがあり、年会費や利用額に違いがあります。
下記表にまとめてみます。

年会費 1回の利用料
スタンダード会員 99ドル 29ドル
スタンダード・プラス会員 249ドル 10回まで無料 それ以上は29ドル
プレステージ会員 399ドル 無料

このように、年会費が高くなるにつれて利用料が安く(無料)になるのが特長です。

アメックスゴールド以上のプレステージ会員ランクが付与されている

なんとMUFGプラチナカードには、最高ランクのプレステージ会員が付与されています。もちろんプラチナカードですので、ゴールドカードよりも良い付帯サービスが付いていると思うかもしれません。

しかし年会費を比べてみると、MUFGプラチナが20,000円(+税)、アメックスゴールドは29,000円(+税)となっており、アメックスゴールドの方が高いのです。

アメックスゴールドでは99ドル分のスタンダード会員が付与されていますが、MUFGプラチナでは399ドル分のプレステージ会員が付与されています。年会費が安い上に、付帯サービスも優れていて本当に優秀な一枚だと言えますよね。

ちなみにアメックスゴールドも「高い年会費が必要」なことや「アメックスのプロパーカード」だけあって、その他の付帯サービスがかなり充実しており年会費以上の特典があるので、発行をお考えの方は安心してください。

プラチナ・コンシェルジュサービスを利用できる

また、プラチナカードの代名詞でもある「コンシェルジュサービス」の利用ができます。このサービスは、24時間年中無休で対応するプラチナ専用デスクで、各種対応を行なってもらえます。国内からも海外からも通話無料で日本語対応してもらえるので、どこにいても安心して連絡できます。

サービス内容は下記の表をみてください。

サービス名 サービス内容
海外トラベルアシスタンス カードの紛失や、盗難対応。
海外キャッシングサービスの案内。
旅のプランニングお手伝い。
渡航先でのコンタクトレンズ購入先のご案内。
医療アシスタンス 渡航先の病院や医師などの紹介。
ご本人が入院中にご家族への連絡。
現地で医療品が手に入りにくい場合の手配。
海外緊急アシスタンス 法律トラブルの際の弁護士などの紹介。
通訳のアレンジメント。
電話での通訳サービス。
ライフスタイルサービス 国際便の予約、変更。
海外のオペラ、スポーツ観戦などのチケット手配。
レンタカーの手配。
海外商品購入サービス(海外で買いそびれた商品を手配し、購入代行してくれる。※手配前に見積もりを提示してくれる)
ビジネスサービス レンタルオフィス手配。
ビジネス機器のレンタル業者案内。

このように多岐に渡る手配や受付を行ってくれます。いざという時やお忙しい時に有効に活用できるでしょう。

年間20,000円程度でご自身の秘書のようなサービスを受けられるので、とてもお得な特典だと多くの方々から良い評価を受けています。

MUFGプラチナは案内(インビテーション)が来る事がある

MUFGプラチナカードは上記の通りコスパに優れており、プラチナカードの中ではリーズナブルな部類のためか、アメックスプラチナなど他社プラチナと比較して多くの方に案内(インビテーション)を送っています。

中にはMUFGのカードホルダーでなくとも招待が来るケースもあるようです。

口コミを見る限り、どうやら年収1000万以上を目安に結構な数の人にプラチナカードのインビテーションを送っているようでした。

インビテーションからでもネットからでも特に特典に違いはなく、むしろネットの方がタイミングによっては期間限定キャンペーンをやっていて美味しいです。

そのため、「なぜかインビテーションが来ている…。申し込んだ方がいいのかな?」と思っても焦って申し込まない方が無難です。申し込むとしてもネットの方が良いでしょう。

自分で申し込めるプラチナカードは審査基準が比較的緩やか

こんなにもたくさん良い特典が付帯されているMUFGプラチナカードですが、実は審査基準も他のプラチナカードに比べてハードルが低く、取得しやすい一枚になっています。基準となるのは「年収350万円、勤続年数3年、25歳」以上であれば審査に通る可能性が非常に高いです。

一般的には、プロパーカード且つインビテーション制のプラチナ所有者は年収1,000万円以上が多く、MUFGプラチナカードのような提携発行のカードは一般企業勤務のサラリーマンでも十分に手が届く基準と考えて良いでしょう。

プラチナは雲の上の存在だと思っていたかもしれませんが、このような優良カードもあるので取得に向けて是非検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットヒストリーには十分注意しよう

比較的審査が緩やかではありますが、クレジットヒストリー(=クレヒス)だけには注意してください。簡単に説明すると、クレヒスとはその人が利用したカード履歴のことです。

このクレヒスは年収や勤続年数と同じく、審査の際にとても重要な判断材料として見られます。カード利用している方で、毎月の支払いを滞納することなく真面目に支払いをしている方は、良いクレヒスが残ります。

また反対に、滞納などが発生している場合は、クレヒスに悪い評価がつきます。クレヒスの支払い履歴は2年間残りますので、一度悪い履歴をつけてしまうと、2年間は消去出来ません。カードのイシュアーも悪いクレヒス評価のある人には、カードを発行したくありませんので、審査基準を超えている条件の人でも審査が通らない可能性があります。

ただしサラリーマンで普通にカード利用をしている人は、まずクレヒスに悪い評価は付いていないと思いますので、安心しても大丈夫でしょう。クレヒスについては、滞納を起こしてしまった記憶がある方だけ気に留めておく必要があります。

まとめ:優良プラチナカードでも比較的簡単に発行できる

本気ではプラチナカードのメリットや、取得の基準について紹介しました。

最も入手しやすく、年会費抑えめでコスパに優れているプラチナカードはMUFGカードプラチナ・アメックスです。

MUFGカードプラチナ・アメックスのメリット

  1. 年会費が安い!
  2. プラチナ級の付帯サービス!
  3. 審査基準のハードルが低い!
  4. プラチナカードなのでステータスや見栄抜群

このように三拍子揃った、本当に素晴らしいカードだと思います。

アメックスプラチナを目指しても良いですが、とりあえずは簡単に発行できるこのカードを発行し、プラチナのステータスや使用感を確かめられてはいかがでしょうか。

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

格安アメックスプラチナ!プライオリティパス&旅行保険1億円
三菱UFJニコスカード最高位!アメックスのプラチナカードの年会費が破格の2万円!

詳細を見る

年会費が高くても構わないならより高ステータスのプラチナカードも

優待が充実しているTRUST CLUB プラチナ Visaカード

TRUST CLUB プラチナ Visaカード

プライオリティ・パスにコンシェルジュ!銀行系VISAプラチナ
本格派VISAプラチナカード!プライオリティ・パスのプレステージ会員が年会費無料

詳細を見る
  1. 年会費35,000円
  2. 黒と銀のスタイリッシュでラグジュアリーなデザイン
  3. 優待の数はMUFGプラチナ以上

世界最高峰のステータスのラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

輝きはチタン!日本初のマスターカードのブラックカード!
日本で初めての申し込み制ブラックカード!ワールドエリートマスターカード!

詳細を見る
  1. 年会費50,000円
  2. 特許で制作された金属製カード
  3. 旅行・食事の特典が充実

年会費130,000円の最強プラチナカード:アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

贅沢な特典で日常を彩る最高峰のプラチナカード!
秘書代わりに活用できるコンシェルジュ・デスク!

詳細を見る
  1. 説明不要のプラチナカードの代名詞
  2. かつてはインビテーションのみだが、申込み可能に
  3. 様々な場所で一目置かれるステータスカード
  4. 贅沢を尽くした優待が多数

記事を読んでプラチナカードの発行はちょっと…という方へ

ダイナースクラブカード

アメックスを凌ぐステータス!プラチナマスターカードも付帯
プラチナマスターカードと2枚持ち!アメリカンエキスプレスカードを凌ぐ品格&利便性

詳細を見る

記事を読んで普通のプラチナカードの年会費は高すぎる…、MUFGプラチナ・アメックスは特典が微妙…と感じた方にオススメなのが、アメックスを上回るステータスカードである「ダイナースクラブカード」です。

このカードは世界中のありとあらゆる場で、所有するだけで社会的な信用があると示すことができます。年会費は22,000円+税とMUFGプラチナとほぼ同額ですが、ステータスで上回っているのに同額ですので、相対的にみれば非常にお得と考えて良いでしょう。

代表的な特典は全国の数百点の高級レストランで1名無料、スポーツ・フィットネスクラブで最大38%優待、世界中の1000を超える空港、VIPラウンジを利用可能、高級ホテルを専用価格で優待などです。

特に食事に関するサービスはdiners(食事をするセレブ会員)の名にふさわしく全クレジットカードの中でもトップレベルです。高級・有名レストランのコース1名無料を筆頭に、予約の取れない有名店の席をご用意、高級料亭の予約代行、お一人様向けの高級レストランサービスなど充実しています。

他にもこのページでは語りきれないほどの特典があります。お申し込み自体は無料ですので、まずは公式サイトを確認しお申し込みだけでもされてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:https://www.diners.co.jp/ja/index.html

ダイナースクラブカード

アメックスを凌ぐステータス!プラチナマスターカードも付帯
プラチナマスターカードと2枚持ち!アメリカンエキスプレスカードを凌ぐ品格&利便性

詳細を見る

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points