VISAゴールドカードとは? 他の国際ブランドとの違い、メリットを比較!

ゴールドカード

visaロゴゴールドカードは高額な年会費を支払う代わりに様々なサービスを受けることの出来るクレジットカードです。各国際ブランドや発行会社が様々なクレジットカードを提供していますが、中でもVISAは世界中で使えるクレジットカードのスタンダードとして知られています。そのVISAのワンランク上のサービスが受けられるクレジットカードがVISAゴールドカードです。

VISAゴールドカードとは?

VISAはクレジットカードを初めとする決済手段の提供会社

VISAカードみなさんもちろん「VISA」はご存知だと思います。クレジットカードの国際ブランドで、クレジットカードの世界シェア第一位で、世界中のほとんどの国の様々なお店で利用できます。一枚VISAカードを持っていると、どこでも利用できるので安心感がありますよね。

VISAは世界中で決済手段を提供している世界通貨です

アメリカ・カリフォルニア州に本社があるVISAの歴史は、1958年から始まりました。元はバンク・オブ・アメリカがBANK AMERICARDという会社を設立し、後の1976年にVISA(Value International Service Association)という社名へ変更されました。VISAはおよそ60年の歴史がある国際的な決済手段の提供会社です。VISAブランドのクレジットカードは現在では会員数や店舗登録数が世界最大数となっています。

また、ショッピング利用だけではなくキャッシングサービスも行っています。日本でもVISAキャッシングサービスは使いやすいのですが、海外でも多くのATMが対応しているので、利用が非常に便利になっています。

VISAは国際ブランドでクレジットカードは現地の会社が発行

後の項目でも詳しく説明しますが、VISAカードはプロパーカードの発行を行っていないため、すべてイシュアーが発行する「提携カード」となっています。プロパーカードとは、特定の国際ブランドが直接発行するカードのことを指します。定義は様々ありますが、本記事では「国際ブランドが直接発行するクレジットカード」のことを指します。VISAにはプロパーカードはありません。

VISAカードは世界標準のクレジットカード

SMBCデビットカードVISAカードは「世界標準」のカードとして名高いです。世界一の会員数と加盟店舗数を誇り、全世界200カ国以上、加盟店は約4000万店になろうとしています。全世界どこでも使えると言っても過言では無く、国際ブランドの中で間違いなく最も利便性が高いブランドと言えます。

また、娯楽やエンタメではなく日用品の買い物などの日常生活に密着するようなコンセプトを掲げていることから、「生活系カード」と呼ばれていたり、主婦やアルバイトまで持てるカードとしても普及しています。デビットカードや電子マネーの分野にも進出しており、決済手段としての利便性の高さもあいまって、VISAはいま「世界通貨」になろうとしているクレジットカードなのです。

VISAゴールドカードは特典が魅力!世界標準のゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード先述の通りVISAゴールドカードは会費以上のステータス性やサービスが評判です。今回は国際ブランドのVISAに焦点を当てます。ここで一つご注意いただきたいのは、クレジットカードのサービスを提供しているのは、基本的には決済手段の国際ブランドVISAでは無く、クレジットカードの発行会社だということです。

しかし国際ブランドごとにゴールドカードすべてで共通しているサービスや、ある程度の傾向などは多分にあります。そのためVISAゴールドカードの共通のサービスといった観点から様々なVISAゴールドカードの比較を行っていきます。

VISAゴールドカードのメリットを他の国際ブランドと比較

VISA、マスターカード、JCBは一般向けのクレジットカードの国際ブランド

VISA、マスターカード、JCBの新しいロゴまずはVISAゴールドカードの年会費を見ていきましょう。よく五大国際ブランドとしてVISA・JCB・マスターカード(Master Card)・ダイナースクラブカード(Diners Club Card)・アメリカン・エキスプレス・カード(American Express Card)が挙げられますが、ダイナースクラブカードとアメリカン・エキスプレス・カードはVISAと方向性が真逆です。

この2つの国際ブランドはトラベル&エンターテイメント(T&E)に特化した富裕層向けステータスカードを発行しています。そのため今回は比較対象から外しました。では早速見ていきましょう。

各国際ブランドのゴールドカードの年会費を比較!安ければいいわけじゃない?

まずは下記の表をご覧ください。国際ブランド単位では具体的な比較が難しいため、各社代表的なゴールドカードをピックアップしました。国際ブランドごとに見るにしても大体の目安程度にはなるかと思います。

VISA、マスターカード、JCBのゴールドカードの年会費サンプル
国際ブランド名 1年目年会費(税抜) 2年目年会費(税抜)
三井住友VISAゴールドカード券面画像
三井住友VISAゴールドカード
無料 10,000円
MUFGカード ゴールド(マスターカード)券面
MUFGカード ゴールド(MasterCard)
無料 1,905円 ※条件付きで減額有り
JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像
JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】
無料 10,000円

ここで一目引くのはやはりマスターカードのゴールドカードの破格の安さでしょう。圧倒的に安いですね。しかし当然ここまで値段の差があればサービスも同様に差が出てきます。この年会費の安いゴールドカードは格安ゴールドカードとして新ジャンルを築いています。

ゴールドカードも年会費無料からステータスカードまで種類がある

それに、金額の高さはステータス性の高さと考えてもらって構いません。高額な年会費を払えるということはそれだけの収入があるということですし、そういったカードは世界的に見ても信用性が高いものとして認知されています。

一方VISAとJCBは同じ10,000円となっております。これはゴールドカードとしては比較的安い方ですが、受けられるサービスは値段以上の高品質なものばかりです。もちろん一部では年会費無料のゴールドカードという変わり種もあります。

安い年会費の格安ゴールドカードでも充実のサービス!

ゴールドカードの中には年会費が安い「格安ゴールドカード」と呼ばれるものがあります。これは以下のような特徴を持っております。

  • ゴールドカードに比べ年会費が2,000〜3,000円程度とかなり安い
  • 審査基準がゴールドカードより緩く設定されている
  • ゴールドカードより提供される補償やサービスのグレードが下がる・限定される

男性と女性 電卓この格安ゴールドカードは、ゴールドカードと言ったものの、やはり値段の分だけサービスに差があります。年齢制限もゴールドカードが30歳以上となっている一方、格安ゴールドカードは18歳以上に設定されていることが多く、ステータス性もさほど高くありません。

しかし年会費が安いこと、それからサービスが受けられることは紛れもない事実なので、「安いゴールドカード」ではなく「一般カードよりもワンランク上のクレジットカード」くらいに捉えましょう。サービスも格安ゴールドカードなので、欲しい機能が十分満足に足るものであれば、割り切って使いこなすのがおすすめです。

VISAゴールドカードの気になるステータス!海外での対応が変わるポイント?

VISAゴールドカードのステータス性はどうなっているのでしょうか?ステータス性はただ格好つけるためのものではなく、海外では社会的な地位を表す指標ともなります。どうせゴールドカードを持つなら是非とも気にしたいポイントです。

ステータス性というと「支払いの際に部下や異性に格好がつくもの」を指していると思われがちですが、それは違います。確かにそういった一面もありますが、そんなことよりもっと重要なのが「信用性」なのです。

ゴールドカードは所有者の社会的ステータスを表す目安

男性 自慢例えば、海外でレンタカーを利用しようとした際、VISAゴールドカードを店員が見た途端に露骨に態度が変わり、今までよりも高級な車を勧め始めてきたり、色々な優待を提案してきた……と言った体験談を耳にしたことがあります。これはほんの一例に過ぎませんが、何か主に収入などの面に関しての「信用」が必要となるような場面ではこの「ステータス性」が有利に働くことになることもあります。ステータス性を兼ね備えたカードは、あなたの信用性の証明なのです。

VISAゴールドカードのステータスはマスターカード、JCBと同じぐらい

VISAはクレジットカードとしては世界一の知名度を誇っており、利便性や安定性にすら優れています。ステータス性を明確に数値化するのは難しいですが、この知名度や年会費・評判などから察するに、通用度という点では、この三者の中では一番優れているのではないでしょうか。

JCBは唯一の日本国産のブランドなので知名度では劣るかもしれませんが、ステータス性という面では大差なさそうです。またマスターカードのゴールドカードは格安ゴールドカードの走りと言う人もいますし、年会費もそうなっていますから、VISAとJCBと比較すればステータス性は低いです。

ステータス競争はゴールドカードからプラチナ、ブラックに移っている

なお近年、マスターカードはさまざまなラインナップのクレジットカードを発行しているので、申込み制のブラックカードなどもあります。あまりにもラインナップが多すぎて、ダイナースクラブカードやアメリカン・エキスプレス・カードのように一律にステータスを測れません。

ゴールドカードの審査の難易度

これも発行会社によりけりですが、年会費の比較と同様の方法でおおよその比較を行っていきます。

VISA、マスターカード、JCBのゴールドカードの難易度目安
国際ブランド名 年齢 申込み条件
三井住友VISAゴールドカード券面画像
三井住友VISAゴールドカード
30歳以上 本人に安定した収入のある方
MUFGカード ゴールド(マスターカード)券面
MUFGカード ゴールド(MasterCard)
18歳以上(学生を除く) 本人または配偶者に安定した収入のある方
JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】券面画像
JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】
20歳以上(学生を除く) 本人に安定した収入のある方

見て分かる通りVISAが一番厳しく、次いでJCB、最後にMasterCardといった具合です。一昔前まではVISAとJCBあたりは年収500万以上との明記があったのですが、時代の移り変わりとともになくなりました。大体の相場は最低400万程度ではないかと言われています。一方MasterCardは年収250万円でも通ったとの声もあり、審査基準の低さで言えばダントツかと思われます。

審査は他にも勤続年数・役職・クレジットヒストリー・その会社での利用状況など、様々な要素を見られます。重ねるようですが、審査の厳しさはステータス性=信頼性の高さだと認識してください。

VISAゴールドカードのメリット! 一般カードとの違いとは?

次はVISAの一般カードからゴールドカードにした場合、どのように違いが出てくるのでしょうか?出来るだけ具体的に見ていきましょう。

VISAカード公式サイトより、なるべく発行会社に依存しないVISAカード共通のサービスをピックアップするよう心がけましたが、それでも発行会社によっては提供していないサービス等もありますことをご了承ください。

待ち時間を快適に!ゴールドカードの「空港ラウンジ」サービス

空港ラウンジVISAゴールドカードには「空港ラウンジ」サービスというのがあります。これは空港での待ち時間に、会員限定で利用できるサービスで、様々な設備やサービスを受けることができ、快適に出発時間まで過ごすことができます。

クレジットカードの発行会社、そして空港ごとでも用意されているものは違いますが、代表的なものとしては

  • ソフトドリンク無料
  • アルコール飲料提供(一杯まで無料もある)
  • フリーWiFi
  • シャワー
  • パソコン貸し出し

などの無料サービスが挙げられます。

こういったサービスもありがたいですし、ラウンジ自体もフカフカのソファーにクッション、空港を一望できる壁一面の大きな窓など、高級感溢れる落ち着いた空間となっているものが多く、それだけでも価値があります。忙しいビジネスマンには束の間の休息に、または効率的な作業の場に、是非とも欲しいサービスではないでしょうか?

些細なトラブルが思わぬ金額に?ゴールドカード付帯「海外旅行保険」

海外でのトラブル、例えば急な体調不良で病院にかかった際など、些細なことが予想だにしない金額になることがあります。そんな時に重宝するのがこの海外旅行保険です。(保障金額などの保障内容は発行会社に大きく依存しますので各自ご確認ください。)ビジネスマン 腹痛

海外旅行に行くたびに面倒な加入手続きをしなくていいというのも、旅行や海外出勤などが多い方には大きなメリットではないでしょうか。

一般カードにもついていることもあるサービスですが、保障金額が大きく変わってきます。大体二倍くらいは変わってくるとみていいでしょう。

「Visaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービス」万一の場合にも安心なサポート!

日本は治安がいいと言われていますが、海外の中には頻繁に旅行者を狙った盗難などがあると耳にすることも多い国などもあります。そういったカードの盗難や紛失や緊急再発行、または急ぎで現金が必要になった場合などに、24時間年中無休で日本語での対応をしてくれるサービスがこのVisaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービスです。

キャッシュは世界27万箇所での手配を実現し、盗難や紛失の場合は16桁の番号がわかれば30分以内にブロック処理を施してくれます。万が一の際にあると大変助かるサービスです。

出来るだけ身軽に出張!「Visaゴールド国際線クローク」

Visaゴールド国際線クロークという、国際線を利用する場合一時的に優待価格で荷物を預かってくれるサービスがあります。

対象空港は

  • 成田空港
  • 羽田空港国際線ターミナル(出発階のみ)
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

となっており、料金は各空港ごとにサイズ別に設定されていて、以下の表の15%割引の価格で利用できます。

 成田・中部国際空港 羽田空港国際線ターミナル 関西国際空港 サイズの目安
サイズ(大)1個830円/1日 1個800円/1日 1個1300円/1日  自転車・サーフボード等
サイズ(中)1個520円/1日 1個500円/1日 1個620円/1日  スーツケース等
サイズ(小)1個310円/1日 1個300円/1日 1個370円/1日  ハンドバッグ・機内持ち込み制限品

海外でも快適なブラウジング!「VISAゴールド海外Wi-Fiレンタル」

海外でのブラウジングは高額な通信料が発生することもあります。そんなときに海外で利用できるWiFiルーターが通常価格の20%OFFで利用できるサービスがこれです。具体的には、

  • 中国/韓国/香港/台湾/シンガポール/タイなど……1日あたり700円→560円
  • アメリカ/ハワイ/カナダ/オーストラリア/グアムなど……1日あたり1000円→800円
  • アルゼンチン/アイルランド/トルコ/チェコ/ブラジル……1日あたり1200円→960円

になります。日本国内タイプは優待適用外になりますのでご注意ください。WiFi

韓国に旅行の場合、携帯会社の回線を利用した場合と比較するとなんと1日あたり81%程安くなります。同時接続も5~10台まで対応しているので、シェアで更にお得に済ませることが可能です。

重い荷物は宅配!「VISAゴールド空港宅配サービス」

帰国時に空港から自宅まで不要な手荷物を優待価格で宅配してしまうサービスがこれです。基本条件は

  • 約1700円以上/個
  • 縦×横×高さ3辺の合計が160cm以内、かつ重量が30kg以内の手荷物または段ボール箱
  • スーツケース・ゴルフバッグ及びスキー(1セット)は重量が30kg以内の場合サイズが160cm以上でも可

となっております。この料金にゴールドカードの優待を適用すると、

  • 往路(出国時):1個目から通常料金より15%OFF
  • 復路(帰国時):1個目500円(税込)、2個目以降は通常料金より15%OFF

となり、かなり大幅な割引がされます。

最大75%OFF!ホテルクラブ優待サービス

HotelClubのVisaゴールド会員専用のページより宿泊の予約を取ると最大75%OFFで予約出来ます。規模も大きく、世界約130ヶ国・約55,000軒のホテルをカバーしています。

VISAゴールドカードのデメリット!良くも悪くも平均的?

ここまでVISAゴールドカードのメリットを見てきましたが、次はデメリットに目を向けていきたいと思います。……とは言ったものの、デメリットというのは見当たらなかったというのが結論です。

他のカード会社などの平均値と比較した場合ここのサービスはあまり特徴はないといった部分はいくつかありました。一概に言えるのはVISAゴールドカードのサービスはどれも費用対効果を考えればかなり優秀なもの揃いだが、これといってあまり尖った部分はない、といった印象です。

ポイント還元率は一般カードとほぼ同じ!

VISAゴールドカードは軒並みポイントの還元率が低いです。発行会社によりけりですが、主要なところでみると大体0.5%~1.0%で収まっているところが多いです。他の国際ブランド、特にメリットの創出に意欲的なマスターカードではポイント還元率1.0%以上も目立つので、低めだと言わざるを得ません

しかしVISAゴールドカードは世界での通用度、日常生活での利便性が中心で、基本的にポイント還元率を求めるようなクレジットカードではありません。還元率中心の比較ではいまいちでも仕方ないのかと思います。

ポイントのつく電子マネーはiDのみ

VISAは電子マネーとの相性があまり良くないカードが多い傾向にあるようにも見受けられます。

iDロゴ

昨今では社会実験的に基本的に現金のやりとりをほぼ無くしてしまい、電子マネーでのやりとりに絞るような国も出てきているように、電子マネーでの普及の流れがあります。世界通貨を目指すVISAは当然これらの対応も迅速ではありますが、独自の決済方法を提供している観点から、既存の電子マネーにはあまり積極的とは言えないようです。

ポイントがつくものは今のところゴールドカードでは電子マネーiDのみとなっています。

VISAゴールドカードは審査がやや厳しい?

審査の比較の部分でも取り上げましたが、VISAは審査が他と比べると厳しめな評判があります。しかし、何度も言っているように審査の厳しさを簡単にデメリットと言って片付けてしまうのは間違いなので、注意しましょう。

ヤングゴールドカードなど利用実績があれば審査に有利!

後述にはなりますが、20代からでも持てるヤングゴールドカードというものもあり、これらできちんとした利用実績などがあればゴールドカードにランクアップする際、比較的有利になったりもします。

VISAゴールドカードの種類!発行会社は約20社!

VISAゴールドカードは様々な発行会社が存在し、その有様も多種多様です。いくつか代表的なものをとりあげ、その特徴などをご紹介いたします。

20代から持てるヤングゴールドカードもある!三井住友VISAカード

三井住友VISAゴールドカードまずは当記事でも何度も出てきているこの三井住友VISAカード。VISAは自社発行のカードがありませんので、VISAカードの代表・顔といえばこの三井住友VISAカードになると思います。コストパフォーマンス、ステータス性、各種サービスの質など、どれもかなり満足度の高いカードと言えます。この年会費でこのクオリティのサービス内容を揃えているカードはなかなかありません。

ヤングゴールドカードは上位ゴールドカードとほぼ同じだが年会費半額

ヤングゴールドカードとよばれる、20代専用のステータスカードが用意されているのも魅力です。三井住友VISAカードではプライムゴールドがそれにあたります。プライムゴールドの条件は、

  • 満20歳以上30歳未満
  • 本人に安定した収入がある
  • 年会費:5000円(最大1500円まで割引可能)

となっており、またゴールドカードと全く同じというわけではありませんが、遜色ないハイクオリティのサービスを受けられます。インビテーションも魅力で、このプライムゴールドでの利用実績を積んでいくと、ゴールドカードにランクアップする際にかなり有利に働きます。

年会費を4000円まで抑えられるマイ・ペイすリボ!

マイペイスリボ三井住友VISAカードが提供しているマイ・ペイすリボというサービスがあります。リボ払いのサービスなのですが、これを利用することによって優待価格として年会費を安く済ませることができます。リボ払いというと手数料が高額なものも多いですし、あまりお勧めはできませんが、このマイ・ペイすリボは初回の支払い手数料が無料なので、カードの利用限度額と月々の支払い額を一緒にしてしまえば実質手数料無料で利用ができ、年会費を半額に抑えることができます。

更に、毎月の利用明細などをweb上で確認可能にする「web明細サービス」というサービスがあり、これと併用することにより6割引まで可能になります。

空港ラウンジに強いゴールドカード!楽天カード株式会社

楽天ゴールドカード VISA楽天カード株式会社が発行するゴールドカードは空港ラウンジが特徴的です。ゴールドカードの利用可能な空港ラウンジは、大体国内主要空港28箇所と、良くてここにハワイ一箇所がつくだけですが、この楽天カード株式会社が発行するカードは国内主要28箇所とハワイは勿論、韓国にも一箇所あるので、ゴールドカードのなかではかなりいい方です。

ゴールドカードで年会費無料!株式会社エポスカード

eposゴールドカード VISAエポスカードの年会費は通常5000円なのですが、なんと年間利用額が50万円を越えると、翌年以降年会費が永年無料になるのです。また、インビテーションにてゴールドカードにランクアップした場合は初年度より年会費無料となっています。

加えてポイントもかなり充実しています。最大で1.5%の高還元率を誇り、有効期限は無期限となっています。勿論空港ラウンジの利用など主要なサービスも抑えてあります。

VISAゴールドカード以外のVISAクレジットカードラインナップ

ゴールドカード以外のクレジットカードも軽く紹介します。

最初の一枚!VISAクラシックカード

VISAクラシックカード一番一般的なカードかと思います。年会費は基本的に無料のものも多く、パートやアルバイト、学生まで簡単に持つことができます。セキュリティ面もかなり充実していて、安心して使えるカードです。世界一の普及率と、安定したサービス提供はVISAならではで、間違いなく世界で一番利便性の高いカードです。

ゴールドカードの上のVISA!プラチナカード

VISAプラチナカードゴールドカードのさらに上になるのがこのプラチナカードです。ゴールドカード利用者のなかからインビテーションでしか受け付けないものも多いですが、一例として三井住友プラチナカードは一応新規の申し込みも受け付けていますが、その審査はかなり厳しいです。

しかしその分ステータス性やサービスなどは段違いに向上します。年会費は大体20000~50000円が相場です。サービス内容も、超一流レストランやホテルの優待、ゴルフの名門コースでのプレーなど、利便性というよりはエンターテイメント性を追求した内容が多くなっています。

世界最高峰のVISA!ブラックカード「Visa Infinite カード」

VISA infiniteVISAが提供している商品の中で最上級のカードになります。その年会費はなんと年間12万円。国内ではスルガ銀行が発行するスルガ Visa インフィニットカードのみ。取得条件は定かではありませんが、まずはスルガ銀行の上顧客になるのが第一条件です。

サービス内容はプラチナカードの特典は当たり前に含んでおり、その他には100万円を越える付帯旅行保険や提携ブランドショップの貸切サービス・プライベートジェットの手配・更には島を一つ貸し切るサービスもあります。

銀行から即時引き落としVISAデビットカード!審査もない!?

VISAデビットカードデビットカードとは利用した際銀行口座から即時現金が引き落とされるクレジットカードのことです。つまり銀行の口座残高がそのまま利用限度額になります。よって支払いが滞ったりなどの事態が発生しないため、15歳以上の条件を満たせば審査なしで作成することが可能です。還元率は低ですが、ポイントの還元も付いていますし、現金支払い比べてATMに行く手間も省けます。不正利用に対するサポートも付いており、安心して使えるカードです。クレジットカードなので、ネットショッッピングをしたいけどクレジットカードが作れない、なんて方は審査もないのですぐ作れて大変便利です。

VISAゴールドカードのまとめ

簡単にVISAゴールドカードの特徴をまとめてみましょう。

  • 高水準のステータス性
  • ゴールドカードならではの様々なサービス
  • 抜群のコストパフォーマンス
  • 特に尖った部分はないが軒並み高水準サービス

VISAゴールドカードは世界的な通用度、ステータス性、共に高い水準で、コストパフォーマンスが非常に優れたゴールドカードです。

充実した付帯旅行傷害保険や空港ラウンジ等、サービスも充実していながら年会費はゴールドカードとしては平均的です。これといったデメリットもなく、世界でどこでも使える利便性とステータス性はVISAゴールドカードの最大の強みです。

世界一のVISAの知名度は伊達じゃない

世界中を見渡してみても顧客数・加盟店舗数ともにダントツでトップのVISA。これだけの知名度はやはり世界のどこにいっても通用します。ステータスカードとしてもわかりやすく、アメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードよりも使いやすいのもメリットです。恥ずかしくないステータス性と世界での通用度、年会費とのバランスから選ばれているのがVISAゴールドカードなのです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP