国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイルが最強に貯まる法人カードはこれ!マイル還元率でおすすめの法人カードを紹介

  • セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    JALマイル還元率は脅威の1.125%!JALマイルがそのまま貯まる!

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    20,000円+税 20,000円+税
    発行期間 ブランド
    最短3営業日 アメリカンエクスプレス
    • 個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!
    • 年会費は格安の2万円+税!破格値で持てるアメリカン・エキスプレス・プラチナカード
    • 旅行保険が最高1億円!プライオリティ・パスで世界900以上の空港ラウンジが無料!
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

    アメックスはANAマイル交換が人気!JCB連携で使い勝手も良好!

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3~0.4%
    31,000円+税 31,000円+税
    発行期間 ブランド
    最短15営業日 アメリカンエクスプレス
    • 法人カード最高峰のアメックス!フリーランスや設立直後でも通る独自の審査基準
    • アメックスゴールドと同じ特典!1億円の海外保険に空港ラウンジ、ゴールドデスク
    • 還元率最大1%!マイル交換がおすすめ!公共料金の支払いや会社の経費がお得に!
  • ダイナースクラブ ビジネスカード

    法人カードの最高峰とも呼ばれる1枚。マイル交換できる航空会社多数

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.4%
    27,000円+税 27,000円+税
    発行期間 ブランド
    カード到着まで2~3週間ほど ダイナースクラブ
    • 法人・個人事業主向けのダイナース!追加会員無料!
    • プロのアドバイザーや銀座ラウンジも無料!会計処理も楽々
    • 国内・海外空港VIPラウンジが使える!ゴルフ保険も付帯
  • オリコ 法人カード EX Gold for Biz

    年会費2,000円の法人ゴールドカード!ANAマイル還元率最大0.66%

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.1%
    無料※Web申込み限定 2,000円+税
    発行期間 ブランド
    公式サイト参照 マスターカード
    • 還元率最大1.1%!MasterCardなら高級レストラン1名無料特典も利用可能!
    • Web入会特典で初年度無料!年会費2,000円+税で分割払い可能なビジネスカード!
    • 海外・国内旅行傷害保険が付帯!ショッピング保険も100万円まで補償!

マイルが最強に貯まる法人カードはこれ!マイル還元率でおすすめの法人カードを紹介

マイル還元率が最強の法人カードはこれ!

マイルの還元率を最優先事項とするならまずマイル還元率1.0%越えの法人カードが大前提です。

該当するカードはいくつかあるのですが、あらゆる航空会社で最強なのが『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税/マイル還元率1.125%:セゾンマイルクラブ無料)です。

特定の航空会社に限ってはこれを上回るカードもありますが、総合的にみてセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスのマイル還元率は最強です。付帯している特典や保険も文句なしの最上級の法人カードでしょう。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン アメックスの格安法人プラチナカード!個人も審査に通る
個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!

詳細を見る

次点で『ダイナースクラブ ビジネスカード』(年会費27,000円+税/マイル還元率1.0%:年間6,000円+税 別途必要)もマイル還元率が非常に高く、こちらは接待や会食で使えるレストラン・料亭が1名無料になるサービスなどが付帯しています。

ラウンジ無料利用などビジネス向けの特典も充実しているので、比較してみても良いでしょう。

ダイナースクラブ ビジネスカード

追加カードは年会費無料!ダイナースクラブの法人カード!
法人・個人事業主向けのダイナース!追加会員無料!

詳細を見る

航空会社別|マイル還元率が最強の法人カードを紹介

「ANAマイル」ならアメリカンエキスプレス法人カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード券面総合的にみれば『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』が最強でしたが、ANAマイルを貯めるのであれば『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード』がおすすめです。

マイル還元率は1.0%になります。一般法人カードの『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード』(年会費12,000円+税/還元率0.333%:100円で1ポイント=0.333円相当)でも100円で最大1マイルが貯まります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(法人カード)

自営業&個人事業主におすすめ!アメックスグリーン法人カード
法人アメックスグリーンは発行しやすい!設立間もない中小企業や個人事業主に人気

詳細を見る

「JALマイル」なら最大で1.125%もの還元率のセゾンビジネスアメックスが最適

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像貯めるマイレージがJALマイルで良ければ『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)で間違いありません。

JALマイルであれば最大で1.125%もの還元率を発揮することができます。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン アメックスの格安法人プラチナカード!個人も審査に通る
個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!

詳細を見る

 「デルタ航空」「ユナイテッド航空」マイルならダイナースクラブ法人カード!マイル還元率1.0%

ダイナースクラブビジネスカード券面画像デルタ航空、ユナイテッド航空のマイルを貯めたいなら『ダイナースクラブ ビジネスカード』(年会費27,000円+税/還元率0.4%:100円で1ポイント=0.4円相当)がおすすめです。

マイル還元率最大1.0%でANA(全日空)も含め合計5つの航空会社のマイレージに自由に替えられます。

ただし、この「ダイナースグローバルマイレージ」を利用するには年間参加料6,000円+税が必要となります。

また各航空会社のマイレージサービスは、同じ航空会社グループでない限りマイルの交換や相互利用が不可能です。そのためANA(全日空)、JAL(日本航空)、デルタ航空、ユナイテッド航空など、貯めたいマイルで航空会社やカードを選びましょう。

ダイナースクラブ ビジネスカード

還元率以外でおすすめのマイル法人カードの選び方

対応しているマイルの種類

アメックスビジネスゴールドマイルは、例えばTポイントはponta対応のローソンでは貯まらないし使えないことと同様に、対応している航空会社とそうでない航空会社があります。

ANAが使いたいのに法人カードのポイント移行はJALのみだった、なんてことにならないようにしっかり確認しましょう。

例えば『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード』はANA・デルタ航空を含む15社の航空会社に対応しており、還元率は通常0.5%と控えめですが、「メンバーシップ・リワード・プラス」加入で1.0%と高還元なので対応数で言えば抜群におすすめです。

航空会社毎に必要マイル数が異なるのに注意

マイルを幾つかの航空会社でばらばらに貯めるより一つに絞ったほうがいいのはなんとなく想像つくと思います。特に知っておいていただきたいのが、マイルを航空券などに交換する場合に設定されている「必要マイル数」の存在です。

例えばANAマイルは国内旅行用のANA国内線特典航空券に片道(1区間)5,000マイルから交換できます。海外旅行用のANA国際線特典航空券は片道12,000マイルからです。マイル数に合わせて特典航空券がもらえるので、集中させた方が良いのは明らかです。

Tポイントなどのポイントを貯めるのとは異なり、一部をショッピングの割引きに当てたり、自由に交換することはできません。設定されたマイル数を貯めて初めて使用できることに注意しましょう。

旅行保険の充実度も確認しておく

オリコ 法人カード EX Gold for Biz

還元率最大1.1%!プラチナ級特典の法人/個人事業主カード
還元率最大1.1%!MasterCardなら高級レストラン1名無料特典も利用可能!

詳細を見る

国内・海外旅行保険の充実度も考慮しましょう。旅行保険で優先して注意したいのが、保険のきかない海外での病気の保険額。それから自動付帯か利用付帯かの確認です。

自動付帯はそのカードを持っているだけで保険が適用され、利用付帯は旅行代金の支払いでカードを利用して初めて付帯される保険です。多くの場合利用付帯のほうが内容が充実していることが多いです。

当然年会費の高額なカードは内容が充実していますが、『オリコ 法人カード EX Gold for Biz iD×QUICPay』(年会費2,000円+税/還元率1.2%:1,000円で1ポイント=5円相当)は年会費2,000円と格安でありながら自動付帯で傷害・疾病費用最大200万円と高額なのでコスパを求めるならおすすめです。

マイル還元率は0.66%ですが、ポイント還元率は1.1%とかなり高めになります。

空港ラウンジの付帯サービスを確認

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン アメックスの格安法人プラチナカード!個人も審査に通る
個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!

詳細を見る

具体的にはプライオリティパスの有無をまず最初に考えるのがいいでしょう。プライオリティパスとは、世界950か所の空港ラウンジ・空港VIPラウンジに無料(※無料は最高ランク会員に限る)でアクセスできるサービス。直接申し込むと最高でおよそ4万円以上の年会費がかかります。

たとえば『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』はこのプライオリティパスが無料で付帯するので、最大1.125%の還元率と合わせかなりお得なカードです。

その他の付帯サービスで選ぶ

マイル関連以外の付帯サービスに注目していきましょう。法人カードの付帯サービスで注目したい主なものは、ざっくり分けると「経営サポート・レストラン優待」サービスの二つです。

マイルが貯まる法人カードはその年会費の高さから、たくさんの社員に持たせるというよりは代表者一人が所持するケースも散見されます。そんな接待の多くなる方におすすめなのが各種ホテルやレストランなどの優待サービスです。

オリコ 法人カード EX Gold for Biz M iD×QUICPay(法人代表者限定クレジットカード)券面写真たとえば『オリコ 法人カード EX Gold for Biz iD×QUICPay』(年会費2,000円+税/還元率1.2%:1,000円で1ポイント=5円相当)はマスターカードを選ぶことで、「Mastercard T&E Savings ダイニング BY 招待日和」が利用可能になります。

この優待サービスは「招待日和」によって厳選された全国有名レストラン約200店舗で利用できるのですが、2名様以上で予約することでその店舗で最もおすすめのコースを、コース代金1名無料でいただくことができます。

ただ、あまりの人気でお1人様1カ月あたり2回までの制限がかかるようになりました。本来、ダイナースクラブカードやアメリカン・エキスプレス・カードのみで利用できるサービスのため、コストパフォーマンスは最高です。

オリコ 法人カード EX Gold for Biz

還元率最大1.1%!プラチナ級特典の法人/個人事業主カード
還元率最大1.1%!MasterCardなら高級レストラン1名無料特典も利用可能!

詳細を見る

経営サポートサービスが充実している法人カードを選ぶのも手

ライフカードゴールドビジネス法人カードは経営に関しての専門家によるアドバイスや、経理業務の効率化を助けるようなサービスが多く展開されています。会計ソフトのfreeeの優待やWEB明細サービスは法人カードの標準装備と思っていただいて差し支えないでしょう。

これらの経営・業務をサポートするサービスはカードごとに内容が大きく異なるものでもあります。

例えばアメックスゴールドビジネスは経営相談可能なコンサルティングサービス、経営に役立つ情報が満載のデータベース「ジー・サーチ」の無料利用や、専門スタッフによる業務調査代行サービス優待などがあり、かなり充実しています。

次にダイナースクラブビジネスカードは各分野の6人のプロプライベートアドバイザーが経営相談・ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジの利用・コンシェルジュデスクが利用が付帯し、こちらもハイクオリティなサポート内容です。

ダイナースクラブ ビジネスカード

追加カードは年会費無料!ダイナースクラブの法人カード!
法人・個人事業主向けのダイナース!追加会員無料!

詳細を見る

法人クレジットカードのマイルの貯め方

法人カードのマイルの貯め方には大きく分けて2通りあります。

ショッピングマイルで貯める

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード券面画像

ショッピング利用などの利用金額に応じてマイルが貯まる方式のことです。多くの場合は、『カードを利用してポイントを貯める→溜まったポイントをマイルに移行』の手順を踏むことになります。大体の法人カードがこのシステムになっています。

数は少ないですが、中にはポイントをマイルに移行するのではなく、マイルが直接貯まるタイプに切り替えられるものもあります。ポイントは一切たまらないので注意が必要ですが、このタイプのものはポイント移行型のものに比べて『マイル還元率が高い傾向にある・ポイントの有効期限を気にしなくていい・手間がかからない』などのメリットがあります。

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』はJALマイルを直接貯めることが可能です。この場合、1,000円あたり10マイル貯まるので還元率は1.0%。実にポイント移行型と比べて二倍の還元率になります。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン アメックスの格安法人プラチナカード!個人も審査に通る
個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!

詳細を見る

フライトマイル(入会・継続ボーナスマイル):飛行機利用で貯める!

ANAダイナースクラブコーポレートこれはクレジットカードに限らなければ一般的なマイルの貯め方ですね。飛行機に乗ればマイルが貯まるシステムです。法人カードでこの方式を採用しているのは基本的に航空会社が発行するカードになります。

このタイプのカードを選ぶ時に忘れてはならない特徴が「入会・継続ボーナスマイル」と「フライトボーナス」の存在。前者はその名の通り入会時・継続時(毎年カード更新時)にボーナスがつくといったサービス、後者は搭乗時に区間基本マイレージに幾らかのボーナスがつくものです。

例えばANAダイナースクラブコーポレートカードの場合、入会時・継続時にそれぞれ2,000マイル、搭乗時に区間基本マイレージ×25%のボーナスがつきます。

ANA ダイナースカード

ANAマイル還元率1%!世界800ヶ所以上の空港ラウンジ
ダイナースクラブの人気№1マイルカード!ポイントは無期限でANAマイル還元率1%

詳細を見る

法人カードでマイルを利用する上での注意点

ポイントやマイルの個人利用はグレーゾーン

ポイント、マイル還元の場合。法人カードを利用して貯めたポイントやマイルは、そのカードの名義人に対して、つまり法人に対して付与されることになります。

法人の雑収入として計上し、法人税を払わなければいけないわけです。なので、当然個人でそのポイントを利用するのはアウトとなります。

ただ実際に法人カードに付与されたポイントを経費として申告している法人や個人事業主は殆どなく、税務署もそれを指摘することは現時点ではほぼない状態です。

しかし法人カードで貯めたマイルや・ポイントを、代表者でない個人が使うと高確率で問題になるので注意して下さい。

法律的に厳密に言えばアウトですが、実際は……といったところなのです。

マイルの有効期限と移行上限に注意

マイルには移行上限と有効期限が設定されているので、折角貯めたマイルが無駄になら無いように注意しましょう。

マイル移行上限は大体15万マイル前後で設定されていることが多いです。同じカードでも航空会社ごとにマイルの還元率が違うのと同様に、この移行上限の有無なども移行先マイルによって変わるので気をつけてください。

法人クレジットカードでも貯めたマイルはポイント以上に気を配らなければ貯めても無駄にしてしまうことが予想されます。55,000マイルあれば80万円を超える航空券と交換出来る場合もあります。折角貯めたのに貯めるマイルを間違えていて使え無くて無駄になってしまうことも起こり得ます。

何円相当のマイルと交換できるかは用途次第

マイルはポイントと違い一律で1マイル=何円というのが決められていません。例えば羽田から那覇までの飛行では、JALマイルなら15,000マイル必要になります。

普通に航空券を購入すると、予約時期が早ければ最安値で約37,000円、通常価格で約82,000円ですが、マイルはいずれも15,000マイルでの交換になります。

前者の場合は1マイル約2.5円、後者の場合1マイル約5.5円の価値になります。この様に、1マイルあたりの金額は定められておらず、大きく変わるのです。

貯めたマイルは特典航空券に交換するのが一番お得!

ちなみに航空会社の特典航空券交換が一番お得なマイルの使用方法で、他ポイントなどへの移行は大体1マイル=1円相当まで価値が下がってしまいます。おすすめできません。

航空券への交換はレートが低くても1マイル=1.5円、大きくなれば1マイル=15円にもなります。

航空券交換の中でも、距離が遠くなればなるほど1マイルあたりの価値は大きくなります。つまり海外への移動が一番マイルを額面的に有効活用していると言えます。

JAL法人カードとANA法人カードはショッピングマイルが貯まらない

マイルの貯まる法人カードを選ぶ時に目につくのがこの航空会社発行のカード。先述の通り、これらはショッピングマイルではなく基本的にフライトマイルに特化した内容になっています。

つまり、経費などで貯まったポイントをマイルに移行するショッピングマイルは貯まらないということになります。(※ANA発行の法人カードには少数ですが例外があります)

カード名で選んでしまうと、「ショッピングマイルに頼ろうとしていたの為全くマイルが貯まらない」というようなことが起きてしまうので注意しましょう。

マイルが最強に貯まる法人カードまとめ

法人カードでマイルを重視する場合、還元率で比較するのも大切ですが限度額や年会費、利用可能範囲の確認なども忘れずしておきましょう。

経費は個人利用時と比べて利用金額の桁が違うので、限度額を軽視しているとクレジットカード払いができなかった…なんてことにもなりかねません。

まずはマイル還元率であたりをつけ、そのあとに空港や旅行関連のサービスの充実具合をみていくと失敗しにくいカードが作れるでしょう。

  • セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    JALマイル還元率は脅威の1.125%!JALマイルがそのまま貯まる!

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    20,000円+税 20,000円+税
    発行期間 ブランド
    最短3営業日 アメリカンエクスプレス
    • 個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!
    • 年会費は格安の2万円+税!破格値で持てるアメリカン・エキスプレス・プラチナカード
    • 旅行保険が最高1億円!プライオリティ・パスで世界900以上の空港ラウンジが無料!
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

    アメックスはANAマイル交換が人気!JCB連携で使い勝手も良好!

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.3~0.4%
    31,000円+税 31,000円+税
    発行期間 ブランド
    最短15営業日 アメリカンエクスプレス
    • 法人カード最高峰のアメックス!フリーランスや設立直後でも通る独自の審査基準
    • アメックスゴールドと同じ特典!1億円の海外保険に空港ラウンジ、ゴールドデスク
    • 還元率最大1%!マイル交換がおすすめ!公共料金の支払いや会社の経費がお得に!
  • ダイナースクラブ ビジネスカード

    法人カードの最高峰とも呼ばれる1枚。マイル交換できる航空会社多数

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.4%
    27,000円+税 27,000円+税
    発行期間 ブランド
    カード到着まで2~3週間ほど ダイナースクラブ
    • 法人・個人事業主向けのダイナース!追加会員無料!
    • プロのアドバイザーや銀座ラウンジも無料!会計処理も楽々
    • 国内・海外空港VIPラウンジが使える!ゴルフ保険も付帯
  • オリコ 法人カード EX Gold for Biz

    年会費2,000円の法人ゴールドカード!ANAマイル還元率最大0.66%

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.1%
    無料※Web申込み限定 2,000円+税
    発行期間 ブランド
    公式サイト参照 マスターカード
    • 還元率最大1.1%!MasterCardなら高級レストラン1名無料特典も利用可能!
    • Web入会特典で初年度無料!年会費2,000円+税で分割払い可能なビジネスカード!
    • 海外・国内旅行傷害保険が付帯!ショッピング保険も100万円まで補償!