クレカ編集部が目的やこだわりで徹底的に調査した!クレカ比較の決定版

ポイント還元率とマイル換算率で選んだ法人カード

ポイント還元率、マイル交換比率、旅行の特典に注目

飛行機に仕事でよく乗るなら、マイルの収集は重要なクレジットカード選びのポイントになります。特に特定の航空会社の飛行機に仕事でちょくちょく乗るのなら、マイレージは「あればあるほどうれしいもの」になります。マイレージは法人カードでも、個人用のカードと同じように大量に獲得することができます。社長や役員、または社員がよく海外出張するような会社だったら発行を受けたほうが得をします。マイル入手に役立つ法人カードを選び出したいときは、「ポイントの集めやすさ」「マイルへの交換のしやすさ」「旅行やフライトのしやすさ」に気を配ったほうが正解でしょう。これらの3点を見誤らなければ、どんどんマイルが貯められますし、どんどん飛行機に快適に乗れます。その結果、またまたポイントが、そしてマイルが貯まることになりますね!

マイル換算率が高いおすすめの法人カードは?

マイル集めを助ける法人カード
国内・海外出張や国際展開もサポート

企業規模や業種に関係なくマイルが集まるカード

飛行機によく乗るビジネスマンにおすすめのクレジットカード

現在は「国際化」だの「ボーダーレス化」だのが時代のキーワードになっているような風潮がありますね。日本は、極東の島国と呼ばれて世界からものすごく遠い存在でしたが、今では都心部以外でも外国人を日常的に見かけるようになっています。それは同時に、日本人の海外進出を促進する原動力になっていますね。単なる旅行だけではなくて、留学や長期的な滞在を経験する人も増えています。

法人カードもポイントやマイルを貯めるのが当然!

そして企業社会においても、その波は年々強まっているようですね。ひと昔前は海外での業務を経験する企業は限られていたかもしれません。しかし現在は、国際的な事業展開をしている会社は、企業の規模や業種に関係なく登場していますし、冗談抜きでありふれたものと化しているようです。

マイルは個人用クレカの専売特許ではありません! 法人カードも同じです

クレジットカードはそんな風潮をよくつかんで、マイルを集められるようなカードを発行してきましたが、それは個人用のカードだけの話ではありません。法人カードにおいてもそれは変わらないですね。

代表取締役でも社員でもかまいませんが、とにかく飛行機に乗る頻度が高い人が社内にいるのだったら、マイルを集めやすく設計されている法人カードをつくるほうが経営上の効率を考えてもとても合理的でしょう。

海外出張はもちろん、普段のクレカ決済もマイル集めの機会にしましょう

実際にこの場では、マイルを手に入れるという目的を達成しやすい法人カードばかりを選んでいます。……誤解しないでいただきたいのは、不特定多数の企業向けのセレクションであることです。早い話、企業の規模や業種に影響されないセレクションだということ。できたばかりの零細企業の社長さんであっても申し込みしやすいようなカードだってきちんと含めてあります。

普段使いから役に立ち、お得になる! そんなマイルが貯まる法人向けカード

それに活躍するのは出張シーンばかりではありません。普段、国内にいるとき、ネット決済に使っても便利なカードばかりです。マイル集めは特徴の1つであり、法人カードとして会社経営を助けてくれる多くのサービスを提供してくれます。日常から契約して得をしたと感じられる機会は自然と多めになることでしょう。

目次

 
  1. ⇒ポイント還元率の良さ!マイル集めの基本だから効率良く貯めよう
  2. ⇒交換レートの良さ!ほしいマイルを極力損をしない条件で交換できる!
  3. ⇒法人カードのサービス!航空サービスや旅行サービスだって必須でしょう
  4. ⇒まとめ:マイレージを稼ぐために理想的な法人向けのクレジットカードとは?
  5. ⇒JALの飛行機をよくリピートしていて、プラチナカードがほしいなら「セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」
  6. ⇒ポイントを(そしてANAマイルを)貯める機会がいっぱいほしいなら「楽天プレミアムカード」
  7. ⇒いろいろなマイルを集める必要に迫られているなら「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」
  8. ⇒思い切って豪勢な法人カードに挑戦したいなら「ダイナースクラブビジネスカード」
  9.  

最初に踏まえておきたい情報!
法人カードでマイルを貯める基礎知識

ポイントを能率よく稼ぐことが「第一関門」

まず比較するための前提条件として、ポイント還元率やポイントのシステムを確認することが先決でしょう。

※決済するだけで直接ポイント代わりにマイルが与えられる……というパターンもありえます。その場合ならいきなりマイレージシステムに注目すればいいわけです。しかし法人カードもクレジットカードですから、ポイントをまず貯めて、まとまった量になったらマイルなり共通ポイントと交換するシステムが基本です。法人カードのほとんどにもその常識はあてはまります。

というわけで、そのカードがどんなポイントシステムになっているのか先に目を通しましょう。

ポイントシステムの比較・評価ポイント

A.ポイント還元率が高いかどうか

ポイント還元率は、高いに越したことはありませんね! 普段の還元率に加えて、どんなときに高くなる可能性があるのかを忘れずにチェックしましょう。

今回、残念ながら取り上げられなかったのが、『ライフカードビジネス 法人カード スタンダード』(年会費無料/枚数制限無し)です。一見、非の打ち所がないカードに見えますが、残念ながらポイント制度そのものがありません。ポイント制度の有無は一番最初にチェックすべきですね。

B.ポイントを貯められる場所がどれくらい多いか

国際ブランドとしての加盟店の多さや使い勝手は大事ですね。会社としてよく使う店舗や、会社の近所で営業している店舗等を確かめることも大切です。

C.ポイントがよく貯まるようなアイデアが投入されているか

特別なキャンペーンをはじめ、カード会社はいろいろな創意工夫を見せてくれます。

D.追加カードが発行しやすいか

これは法人カード独特のチェック項目です! 法人カードは、社員が同時に使うことを目的としていますから、複数の発行が可能なことが普通です。したがって低価格で何枚でも発行してもらえる『JCB 一般法人カード』(年会費1,250円+税/追加カード年会費1,250円+税/枚数制限無し)や、追加の際にいちいち年会費を払わなくてよい『ダイナースクラブ ビジネスカード』(年会費27,000円+税/追加カード年会費無料/枚数制限無し)は有益です。各社員が使えるなら、ポイントもその分累積されます。この点は、ETCカードについても同じです。ETCもうまく使ってポイントを貯めましょう!

またポイント対象になる場所という意味では、以下の点も大事でしょう。

E.オンラインショッピングモールが使えるか?

カード専用のショッピングモールが使えると、さらにお得にポイントを貯められますね。地方在住の経営者やネットで重い商品をよく買う必要があるなら、ネット決済⇒配達という方法はとても便利でしょう。

F.航空グループとポイント利用の関係

マイルを使う必要があるのなら、いつも利用する航空会社で使えたほうがいいですよね? 国際線だけで無く、日本の航空会社や格安航空会社の国際線・国内線でも使えることも大事です。多くの企業にとっては普段は国内で業務をしたり、国内でカードを使ったりすることになるでしょうから。

交換レートの良さ!ほしいマイルを極力損をしない条件で交換できる!

マイルを与えてくれる仕組みは、法人カードによって微妙に変わります! 肝心のマイルとカードの関係に、ここでアプローチしてみましょう! 

どんなマイレージの、どんな航空会社と提携しているのか?

自分たちが使わない航空会社のマイルとしか提携していないカードを選んでも、無駄ですよね。この点は法人カードも同じです。会社によって事情が違うでしょうから、自社で使える航空会社のマイルと縁が深いカードを見つけるのみです。

ちなみに、ANAやJALと提携しているカード会社がほとんどですが、最近は世界各国の航空会社と契約しているケースが増えています。特に航空会社にこだわりがない場合なら、世界各国の航空会社のマイルと提携している 他にも、ANAかJALどちらかと(もしくは、両方と)提携しているカードを選んでおくと無難でしょう。

ポイントを、マイルとどれくらいの量で交換するのか? 

クレジットカードのポイントは通常、手ごろな量に貯まってからでないとマイルと交換できません。
どれくらい集める必要があるのか、確認することは大事でしょう。余裕があるなら、シミュレーションもやったほうがいいでしょうね。

マイルを、どれくらいのレートで交換できるのか? 

これもなかなか大事です。ポイントとマイルの交換比率は、カードによってかなり差がつきます。カードによっては、「ポイント:マイル」が「1:1」ではなく、1未満「1:0.5」などということがよくあります。これだと、思うようにマイルが集まらないことになりますね。したがって、なるべく有利な比率を設定してくれているカードを探すようにしましょう。

法人カードのサービス!航空サービスや旅行サービスだって必須でしょう

飛行機に乗るわけですから、航空サービスや旅行サービスだって必須でしょう。マイル稼ぎとマイル利用が捗るようなサービスだって求めたいですね。

そもそもマイルを集める目的は? 飛行機に乗ることですね(現代なら特に、外国に行くことが多いでしょう)。このようなことは、改めていうまでもないことなのですが、それだったら、法人カードでマイルを集めるにあたっては飛行機や旅行関係のサービスも期待したくなるのが自然な流れでしょう。幸い、その手のサービスに力を入れている法人カードが出揃っているのです。

法人カードでも期待できるサービス

1.旅行保険

法人カードの場合、個人カードと比べて全体的に保険の補償額が高めになっています。海外では、何かあったときに多額の出費を強いられることがたくさんあります。だからこそ、補償の種類と適用の条件、補償額には注意しましょう。

2.空港ラウンジ

空港ラウンジは、フライトの前後に立ち入れると非常に助かる場所です。長旅の疲れを癒したり、ちょっとした仕事や連絡をする時間を設けられたりと、重宝するサービスをもたらしてくれます。法人カードは、ラウンジでの優待を受けられる種類があります。この点も、できたらチェックしましょう。

マイル激増を狙える法人カード
マイレージのからくりを学ぼう

まとめ:マイレージを稼ぐために理想的な法人向けのクレジットカードとは?

普段の経費の支払い方法、航空会社の利用方法に注意してください。まとめると下記の3つのポイントとなります。

3つの比較・検討ポイント

それでは、マイル関係のサービスによく手を加えて洗練させている法人カードを5枚ご紹介しましょう。

JALの飛行機で航路を頻繁に旅するなら「セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ANAのエアラインにこだわりがあるなら「楽天プレミアムカード

少しマニアックなマイルを使う可能性があるなら「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

マイル集めのほかにリッチなサービスも目的になるなら「ダイナースクラブビジネスカード

結局どれがおすすめ?
マイルが貯まるおすすめ法人カード

会社全体でマイルを貯めたいときに真価を発揮する法人カードを厳選

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
「敷居が低いプラチナカード」と大評判。JALで旅するならおすすめ
年会費 20,000円+税 旅行保険 国内は最高5,000万円まで/海外は最高1億円まで
基本のポイント還元率 0.5% 提携マイル JAL

JALマイル還元率は脅威の「1.125%」!貯めたポイントがそのままJALマイルに!

永久不滅ポイントは有効期限無し! 1ポイント=5円相当!

『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』のポイントシステムは、「永久不滅ポイント」です。個人向けのポイントシステムと同じですね。1,000円使うと1ポイントもらえるシステムです。1ポイントは5円相当のアイテムと交換できるので、還元率は0.5%となります。さらに海外で使うなら2倍のレート(1,000円ごとに2ポイント)となります。

「永久不滅ドットコム」経由で更にポイントが貯まる!

オンラインモールの名前は、その名も「永久不滅ドットコム」。このサイトを通って買い物すると、決済の際にポイントが2~20倍になるチャンスが待ち受けています!

「SAISON MILE CLUB」が年会費無料!

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』には、JALマイルを増やすための特別なシステムがあります。「セゾンマイルクラブ」は、原則として年会費が必要(4,000円+税)ですが、このカードの会員なら免除してくれます。

100円で1.125マイル! マイルが貯まる最強法人カードに!

JALマイルはもともと、1000円ごとに10マイル貯められる上に永久不滅ポイントを通した交換と両立可能です。永久不滅ポイントの場合は200ポイント→500マイル、というレートです。1ポイント(5円相当)あたり、2.5マイルもらえることになっています。それだけでも得だとわかりますが……両方を合算すると、「1000円ごとに11.25マイル」での入手が成立することになります!

フライトや旅行で豪華な空港ラウンジが利用できます

世界80数ヶ国に進出している「リージャス」傘下のビジネスラウンジを優先的に使えるチャンスがあります。このリージャスは、年会費が55,440円(税込)必要ですがこのカードを持っているなら初年度は無料となります。リージャスのラウンジでは、Wi-Fiやプリンタといった業務用の設備が充実していたり、専用のデスクを使えたりと、ビジネスをこなすのにぴったりの空間が準備されています。さらに世界70数ヶ国のホテルが加盟している「スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」のサービスで優待を受けられる資格が発生します。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード
ANAに頻繁に乗るなら絶対おすすめの法人カードです
年会費 12,000円+税 旅行保険 国内・海外ともに最高5,000万円
基本のポイント還元率 1.0% 提携マイル ANA

ポイントが貯まる貯まる……!マイルと交換するのも早い早い!

ポイント還元率1.0%! さらに楽天グループでポイント2倍!

『楽天ビジネスカード』のポイント還元率は、1.0%! 個人向けカードの『楽天カード』と同じです。法人カードなのに、100円使うと1ポイント入ってきます。しかも楽天カードの一種のため、「楽天市場」、「楽天トラベル」、「楽天ブックス」ではポイントが2倍に上がります。

登録した誕生日月はポイント3倍! 異例の法人カード

さらに「楽天市場」、「楽天トラベル」、「楽天ブックス」のどれか1種類を選んで、ポイント面で優待してもらうことが可能です(選んだ種類において、条件を満たすとポイントが3倍に高騰します!)。誕生日が来たら、その日が含まれる月はずっとポイントの稼ぎどきです。なぜなら、ひと月の間ポイントを、楽天サービスにおいて3倍にしてもらえるからです。

「楽天ビジネスカード」は「楽天プレミアムカード」の追加カード

この『楽天ビジネスカード』の欠点は、『楽天プレミアムカード』と必ずセットで申し込む必要があることです。「プレミアムカード」については社長の個人用なのですが、「ビジネスカード」の方は会社の口座のために設けるものと考えましょう。もっとも楽天スーパーポイントについては両方とも社長の元に入ってきます!

ANAマイルとの交換手数料無料! 1ポイント0.5マイル!

ANAマイレージと縁が深いのが楽天。1ポイント→0.5マイル、という計算方法で交換できます。50ポイントを超えたらもう交換可能(しかも、2ポイントごとに)な点が長所です。マイルの移行手数料はありません。全面的に免除してくれます。

フライトや旅行で「プライオリティ・パス」が使える!

「楽天ビジネスカード」の所有者は「楽天プレミアムカード」のサービスである「プライオリティ・パス」を使用できます(法人の代表者は、無料で登録できます)。世界100ヶ国以上の、600を超える空港のラウンジに無料で立ち寄れます。航空会社や搭乗クラスの制限は、気にする必要はありません。なお、国内の空港に関しては、25の空港で、無料でラウンジを使えます。さらに旅行保険は、国内も海外も最高で5000万円までの補償(国内だけ、利用付帯)を受けられます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
とにかく使えるマイルがいっぱい!海外航空会社を使うなら必見!
年会費 26,000円+税 旅行保険 国内は最高5,000万円/海外は最高1億円
基本のポイント還元率 0.33~1.0% 提携マイル ANAはじめ世界の14社

提携中の航空会社が多い! アメックス+JCB連携で加盟先をたくさん利用できる!

還元率1.0%! 個人向けと同じメンバーシップ・リワードプログラム

『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード』は法人カードですが、個人向けカードと同じようなポイントシステムとなっています。ポイントは個人向けと同じく、アメックスがクリエイトした「メンバーシップ・リワード」というサービスに沿って集めることになります。100円ごとに1ポイントずつ集めるのが基本です。

アメックスの加盟店とJCBの加盟店を両方利用できます

アメリカン・エキスプレス・カードは、日本国内ではJCBカードと提携しているため、両方の加盟店を利用できます。JCBについてはどこでもOKではないですが……現在は十中八九利用可能です。海外ではアメックス加盟店中心に、国内ではJCB加盟店中心に……という使い分けもできます。

「ボーナスポイント・パートナーズ」でポイントが何倍にも!

「ボーナスポイント・パートナーズ」というシステムの加盟店でも利用できます。申し込みは不要。高島屋オンラインストアやWOWOWなど、ボーナスポイント・パートナーズの提携店で本カードを利用するだけで、メンバーシップ・リワードのポイントが通常より多く貯まります。このときはポイントが最大で10倍にもなります。

利用限度額以上でも買い物ができる! デポジットシステム

限度額を超える支払いをしたい場合も、企業の支払いならじゅうぶんにあり得ます。そんなときは「デポジット」という制度を使えます。つまりこのデポジットを利用すると、限度額を超えた分の支払いもできるのですが、「足りない分を入金して補う」というやり方です。そしてこのデポジットで支払った分も、ポイントの対象です。高額の買い物をするときに、その額を用いてポイントをたくさん稼ぐことが可能なのです。

ANAマイルで強み! 全世界の航空会社と提携しています

ANAマイルとの関係が深いです。国内の航空会社を使うときはANAをリピートすることがおすすめします。しかしそれだけではありません、デルタ航空をはじめ世界中の航空会社(10社以上)と提携しており、それぞれのマイルを集めることができるのです! これはめったにない特典でしょう。

旅行では旅行保険が1億円! 空港ラウンジサービスも豪華!

海外旅行保険は最高1億円です。しかも自動付帯です(国内は利用付帯です)。さらに国内のメジャーな空港のラウンジを使えます。同伴者についても1名までは、無料で入れます。なお、海外のラウンジについては「プライオリティ・パス」がありますからこちらを通して使うとよいでしょう。

「リージャス」のビジネスセンターゴールドの会員資格

世界各地でビジネスラウンジや会議室等を運営している、「リージャス」のビジネスセンターゴールドの会員資格が付帯されます。初年度については無料となります。

ダイナースクラブ ビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード
ステータスカードに相応しいスペシャル特典がたくさん。マイル集めも気分よく
年会費 27,000円+税 旅行保険 国内・海外ともに最高1億円
基本のポイント還元率 0.4~0.5% 提携マイル ANAはじめ世界の6社

法人カードの最高峰とも呼ばれる1枚。マイルに関する特典も優れています!

100円で1ポイント!「ダイナースクラブリワードプログラム」

『ダイナースクラブ ビジネスカード』のポイントプログラムは少し前まで「クラブポイントプレゼント」という名前でした。1,000円で1ポイントもらえていましたが、しかし「ダイナースクラブリワードプログラム」に一新されました。このおかげで、100円で1ポイントもらえるという大幅なグレードアップが実現しています。

ダイナース提携店で更にポイントアップ!

ダイナースと提携している場所で使うと、ポイントは通常時の2~5倍に増えます。そのため「ダイナースポイントモール」でネットショッピングをなるべく行うようにすることが戦略となってきます。ボーナスポイントが余分についてきたり、キャッシュバックを受けられたり、といったサービスを期待できます。

「ダイナースクラブ グローバルマイレージ」で1ポイント1マイル!

『ダイナースクラブ ビジネスカード』は、本家『ダイナースクラブカード』と同じく、交換できるマイレージの種類が多めです(ただしJALはアウト)。さらに「ダイナースクラブ グローバルマイレージ」というシステムに加入するのがおすすめです。年会費(6000円+税)がかかりますが、払う価値はあります。なぜならば、1000ポイント→1000マイルとレートで交換できるようになるからです。等価交換が成立するわけですね。

空港ラウンジも豪華! 世界各国のフライトや旅行で利用できます

会員が利用できる空港のラウンジは、国内外にたくさんあります。海外では280ヶ所の空港で、国内では28の大規模な空港で利用できます。

法人カード最高クラスの海外・国内旅行傷害保険

旅行保険は、国内旅行・海外旅行そろって最高1億円の補償額となっています(国内は利用付帯、海外は5000万円まで自動付帯で、残り5000万円は利用付帯)。

「法人専用」クレジットカード
個人事業主でも持てる!魅力的な特典多数!

会社の業務で活用できるクレジットカードを比較しました。

JAL法人普通カード(VISA/Master)

JAL法人普通カード(VISA/Master)
経理事務が楽に!JALマイルが貯まる法人カード
年会費 2,000円+税(2年目以降:2,000円+税) 還元率 0.5%
発行期間 約4週間 限度額 個別に設定
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー マイル -

JAL法人CLUB-Aカード(VISA/Master)

JAL法人CLUB-Aカード(VISA/Master)
旅行保険が充実!ボーナスマイル豊富な法人カード
年会費 10,000円+税(2年目以降:10,000円+税) 還元率 0.5%
発行期間 約4週間 限度額 個別に設定
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー マイル 1pt = 2.5マイル

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード
楽天プレミアムカードに追加する法人カード!
年会費 2,000円+税(2年目以降:2,000円+税) 還元率 0.5%~1.51%
発行期間 最短5営業日 限度額 10万円~300万円
ブランド VISAカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 0.5マイル

MUFGカード一般法人ビジネス(Visa/MasterCard)

MUFGカード一般法人ビジネス(Visa/MasterCard)
年会費が1,250円と安い!VISA・マスターの法人カード
年会費 1,250円+税(2年目以降:1,250円+税) 還元率 0.5%
発行期間 約1週間 限度額 40万円~80万円
ブランド JCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ) マイル 1pt = 2マイル

ライフカード ゴールドビジネス 法人カード

ライフカード ゴールドビジネス 法人カード
初年度年会費無料の格安法人ゴールド!ETCカードは保険付き
年会費 無料(2年目以降:2,000円+税) 還元率 0.5%
発行期間 - 限度額 10万円~500万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ)ID(アイディ) マイル 1pt = 3.0マイル

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)

三井住友ビジネスカード クラシック(法人一般カード)
三井住友VISA法人カード!約0.5%を還元!追加カードも格安
年会費 1,250円+税(2年目以降:1,250円+税) 還元率 0.487%
発行期間 公式サイト参照 限度額 原則20万円~100万円(1回払いでのご利用となります)
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー マイル

三井住友ビジネスカード プラチナ(法人プラチナカード)

三井住友ビジネスカード プラチナ(法人プラチナカード)
三井住友法人プラチナ!プライオリティ・パスにコンシェルジュ
年会費 50,000円+税(2年目以降:50,000円+税) 還元率 0.487%
発行期間 公式サイト参照 限度額 原則150万円~500万円(1回払いでのご利用となります)
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー マイル

オリコビジネスカードスタンダード (法人カード)

オリコビジネスカードスタンダード (法人カード)
限度額最大1,000万円!追加カードの利用額も個別に設定できる
年会費 無料※キャンペーン限定(2年目以降:1,250円+税) 還元率 無し
発行期間 公式サイト参照 限度額 10万円~1,000万円
ブランド マスターカード 電子マネー マイル

オリコビジネスカードGold (法人カード)

オリコビジネスカードGold (法人カード)
最高1,000万円の利用可能枠!最大20枚発行できる法人カード
年会費 2,000円+税(2年目以降:2,000円+税) 還元率
発行期間 公式サイト参照 限度額 10万円~1,000万円
ブランド マスターカード 電子マネー マイル

JAL法人 普通カード(JCB)

JAL法人 普通カード(JCB)
受付停止中!JALマイルが貯まるJCB法人カード
年会費 2,000円+税(2年目以降:2,000円+税) 還元率 0.5%
発行期間 新規受付停止中 限度額 公式サイト参照
ブランド JCBカード 電子マネー マイル -
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP