国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

アメックスの年会費を一覧で比較!年会費無料のアメックスも紹介

カードアップ
アメックスの年会費は高額なことで知られています。しかし、アメックスは特典が充実している上に、ポイントの航空マイルへの移行、一流ホテルでの十分年会費の元は取れるクレジットカードです。お得に入会したいならば、入会特典キャンペーンを活用してみてください。

またアメックスには提携カードもあります。特にセゾンアメックスには永久年会費無料のアメックスカードがありますし、MUFG系やANAなどマイルカードを中心にさまざまなものがあります。しかしやはりワンランク上のステイタスを求めるならばアメリカン・エキスプレス・カード発行のプロパーカードがおすすめです。

アメックスの年会費を一覧表で比較!

まずはアメックスの各クレジットカードの年会費を見てみましょう。セゾンなどとの提携カードについては、後述しています。

アメックスにはさまざまな種類があります。それぞれの年会費は次の通りです。

アメックスのプロパーカードの年会費比較
クレジットカード名 年会費(税別)
アメリカン・エキスプレス・カード 年会費12,000円
家族カード6,000円
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費29,000円
家族カード1枚目無料、2枚目以降12,000円
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 年会費7,000円
家族カード2,500円
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費31,000円
家族カード15,500円
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 年会費150,000円
家族カード4枚まで無料
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 年会費10,000円
家族カード5,000円
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード 年会費35,000円
家族カード17,500円
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード 年会費12,000円
家族カード1枚目無料、2枚目以降6,000円
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費26,000円
家族カード1枚目無料、2枚目以降12,000円
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 年会費31,000円
家族カード15,500円
ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード 年会費14,000円
家族カード7,000円
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 年会費12,000円
家族カード6,000円
<年会費は会計上、経費として計上可能>
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 年会費31,000円
追加カード12,000円
<年会費は会計上、経費として計上可能>
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 年会費130,000円
家族カード12,000円

※すべて税別表示です。

こうして見てみると入門カードとされるアメックス・グリーンでさえ年会費12,000円です。

最上級カードと言われるアメックス・プラチナに至っては130,000円と高額年会費が必要なことがわかります。

また年会費1万円以下のカードは、ANAと提携したANAアメリカン・エキスプレス・カードしかありません。

年会費が高くても選ばれるアメリカンエキスプレスカード3選

ビルゲイツも保有!最も定番のアメックスカード

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

玄人好みのアメックス!ゴールドカード級の優待特典!
最初のアメックスとして最適!大富豪も愛用してる定番のグリーン

詳細を見る

世界で最も有名なゴールドカード!特典満載

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

富裕層のアメックス!真のゴールドカードがキャンペーン中
T&Eサービスを強化した大人のアメックス・ゴールドカード!審査基準もひと味違う

詳細を見る

マイルが貯まる!年会費が安いアメックスカード

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイル還元率1.0%以上!無期限で貯まるアメックスカード
マイル付与率1.0%!ANA系列店なら100円で1.5マイル!

詳細を見る

年会費無料でアメリカン・エキスプレス・カードを持つ方法

お得な還元付きの入会特典キャンペーンを利用する

アメックス・グリーンとアメックス・ゴールドは最大で年会費以上のポイントを入会特典としてプレゼントするキャンペーンを実施しています。

そのため、そのタイミングで申し込むというのもひとつの方法です。もちろん、2年目からは決められた年会費を支払わなくてはいけません。

2年目以降も年会費無料になることも

しかし、2年目の年会費を支払う前にカスタマーセンターに解約の相談をすると「2年目も年会費無料サービス」で引留められたという口コミもあります。

あくまでもネット上での噂ではありますが、試してみる価値はあるでしょう。

ただしアメリカン・エキスプレスが自社発行しているプロパーカードでは年会費が永久無料になることはありません。

年会費無料のアメックス提携カードを利用する

日本の企業がアメックスとライセンス契約を交わして発行している提携カードの中には年会費が無料になるものがいくつかあります。

年会費無料or実質無料のアメックス提携カード一覧

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 楽天カード(アメックスカード)
  • ウォールマートカード・セゾン
  • みずほマイレージクラブセゾン(アメックスカード)
  • ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
  • クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード
  • タカシマヤセゾンカード
  • PARCOカード(アメックスカード)
  • 出光カードまいどプラス(アメックスカード)
  • 三井ショッピングパークカード《セゾン》(アメックスカード)
  • JQ CARDセゾン(アメックスカード)

提携カードならば、これだけ永久に年会費が無料になるカードがあるのです。

もちろん、カードに印刷されているアメリカン・エキスプレスのロゴは小さくなりますし「アメックスのカードを持つ」というステイタスを感じることは少ないかもしれません。

しかし紛れもなく年会費無料のアメックスではあります。おすすめは知名度が高く、サービスも充実しているセゾンパールアメリカン・エキスプレス・カードです。

セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費無料のアメックス会員証!セゾンカウンターで発行可能
実質、年会費無料で持つことができる国内最安のアメリカン・エキスプレス・カード!

詳細を見る

年会費の高いアメックスが選ばれる理由とは?

他のクレジットカードにないメリットがある

アメリカン・エキスプレス・カードが選ばれる理由としては、他の決済用クレジットカードでは得られない特典やサービスがあることがあげられます。

単純なポイント還元率や年会費のコスパでは当然、アメックスは敵いません。しかし、アメックスにしか無い特典があるために、契約する方が多いのです。

アメックスを他のカードと比較して唯一無二にしているポイントの一つが、会員だけが入れるスペシャルな保険制度です。

アメリカン・エキスプレス・カードの保険商品ラインナップ
保険名 補償内容
家電総合補償制度(2,900円プラン) 保険責任期間中に生じたパソコン・テレビ・冷蔵庫など、家電製品の電気的・機械的事故(故障)や損害を年間20万円まで補償します。
家電総合補償制度(7,000円プラン) 保険責任期間中に生じたパソコン・テレビ・冷蔵庫など、家電製品の電気的・機械的事故(故障)や損害を年間50万円まで補償します。
「家財総合プロテクション」(動産総合保険) ご自宅内にある家財(家具・家電製品など)の破損・盗難などをまとめて補償。さらに、家電製品については、購入後5年まで故障による修理費用を補償するカード会員様専用プランです。

家電総合補償制度だけでもアメックスカードを作る価値がある

たとえば家電総合補償制度(2,900円プラン)ですが、自宅にある家電製品すべての故障を補償してくれる特別な保険です。

これに入っていれば、家電製品購入のたびに延長補償に加入する必要はありません!自然故障も、落下や破損、水没などの損害補償も、すべて一括で補償してもらえます

自宅内にある家電製品の故障、家財・家電製品の破損・盗難をまとめて補償してくれるので、アメックスグリーンの年会費12,000円+2,900円を払っても、一つの故障だけですべて元が取れてしまうのです。何より安心感が違います。

使えるお店が多い

アメックスは海外では最もスタンダードなカードのひとつということもあり、世界中どこでもどのような業種の店舗でも使うことができます。いざお支払いとなって「このカードは取り扱いしていません」と言われる心配はほぼないと言っても良いでしょう。

日本国内ではVISAと比較するとやや少なめでしたが、JCBと提携しているのでアメックスはJCBカードが使えるお店ならばほぼ使えます

また、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのように、アメックスとの提携により日本国内だけで発行されているカードならば、かなりの範囲の店舗をカバーしています。

さらに、2016年頃からはApplePay、おサイフケータイなどとの提携もスタートしているので、大型スーパー、コンビニ、タクシーなどではほぼ問題なく使えるようになっています。

マイルカードとして非常に優秀

アメックスはショッピングや公共料金などの支払いでためたポイントを、航空会社のマイルや提携ホテルのポイントに以降することができます。

普段のお買い物でコツコツとマイルをためて無料航空券をゲットするのも夢ではないのです。

とくにANAアメリカン・エキスプレスカードならば入会時と毎年のカード継続時に1,000マイル、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードならば2,000マイルがプレゼントされるというのも見逃せません。

電話サポートやサービスが充実している

また、アメックスが提携しているのは世界の一流ホテルばかりです。マイルをためて、いつもよりワンランク上のステイを楽しむこともできるのはうれしいですね。タイミングさえ合えばスイートルームを追加料金無料で利用できるチャンスも!

その他、空港ラウンジを無料で使用できたり、海外旅行先での24時間日本語電話サポートサービスなどを受けることもできます。海外旅行や海外出張の機会が多い人は持っていて損はないアメックスのクレジットカードといえるでしょう。

海外旅行の際にどれぐらいお得なのか:アメックスゴールドの例

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

富裕層のアメックス!真のゴールドカードがキャンペーン中
T&Eサービスを強化した大人のアメックス・ゴールドカード!審査基準もひと味違う

詳細を見る

アメックスゴールドの特典サービスでは家から空港までの手荷物宅配サービス、空港のクロークサービス、空港での食事代などがすべて無料になります。

これだけでも1人あたり数千円分はお得になる計算なので、年に2~3回旅行や出張に出かけるならば、アメックス・ゴールドの年会費も十分元を取れるでしょう。

さらにアメックス・ゴールドには「ゴールド・ダイニングby招待日和」という特典もあり、高級レストランの1名分の食事代(10,000円~30,000円)が無料になります。

あまり旅行や出張に出かけない人でも、食べ歩きが趣味というならば十分お得なクレジットカードと言えるでしょう。

年会費の高いアメックスの審査は厳しい?

昔よりは通りやすくなっている

誰もが憧れるステイタスカードなだけに、アメックスの審査は厳しいイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし、最近はゆるくなってきたとも言われています。

アメックス・グリーンは特に審査をパスしやすい

アメックスのクレジットカードの中でも審査をパスしやすいと言われているのがグリーンカードです。「年収300万円程度、勤続年数3年以上」が最低条件と言われていますが、大企業や公務員は倒産の心配が少ないとされ年収300万円以下でも審査を通過しやすいようです。

配偶者の年収が300万円以上ならば専業主婦でもOKですが、逆に年収が300円以上あってもパートやアルバイトでは審査を通過できないようです。

また、過去10年に遅延、滞納、自己破産、債務整理などの金融事故がクレジットカードヒストリーに記録されている場合も審査落ちの可能性は高くなります。

アメックス・ゴールドも最近は作りやすい

アメックス・ゴールドというと医者や弁護士でなければ持てないように思っている人もいるかもしれません。確かに昔は他社のゴールドカードよりも審査基準が厳しかったようです。

しかし、最近では他社のゴールドカードよりも審査基準がゆるいとさえいわれているアメックス・ゴールド。また、いつ厳しくなるとも限らないので、今がアメックス・ゴールドに入会するチャンスと言えるでしょう。

たとえば、かつては審査に通るために必須だった「持ち家」も、現在では審査に関係ないとされています。また、年収基準も400万円、公務員ならば250万円で審査通過した例もあります。

すでにリタイアしていても株式や不動産での収入があればアメックス・ゴールドを作ることができるようなので、メリットを感じるならとりあえず申し込んでみてはいかがでしょうか。

ビジネスカードは個人事業主や法人ならかなり審査に通過しやすい

アメックス・ビジネス・カードは法人向けということもあって、さらに審査が厳しいのではないかと思う人もいるでしょう。しかし、アメックス・グリーンの審査が難しいフリーランスはむしろアメックス・ビジネスにトライすることをおすすめします。

アメックス・ビジネスは起業したばかりの人でも持つことができる法人カードです。通常の法人カードは個人事業主の実績をシビアに判断するので、起業してすぐの場合はほとんど審査を通過できないので貴重な存在と言えるでしょう。

アメックス・ビジネスは事業実績だけではなく、個人のクレジットカードヒストリーも評価するという独自の審査基準を設けているため、起業後間もない人でも持つことができると言われています。もし、これまでのクレジットカードヒストリーがクリーンならば持てる可能性は高いということです。

しかも、アメックス・ビジネスは年会費12,000円とアメックス・グリーンなみにリーズナブルなのも見逃せません。さらに、年会費は会計上、経費として計上可能というビジネス・カードならではのうれしい特典も付いてきます。

アメックスの年会費まとめ

アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は提携カード以外は他社と比較してけっして安くはありません。

しかし、ステータスカードならではのさまざまな特典、保険、サービスが付いているため、高額の年会費を払ってもアメックスカードを所持していた方がメリットがある、ということなのです。

年会費の元はすぐに取れてしまうことも確かです。

もし、まだアメックスのクレジットカードを持っていないならば、入門向きのアメックス・グリーンからトライしてみることをおすすめします。

永久に年会費無料を求めるならば、セゾンパールなどのアメックスの提携カードを作るのも良いでしょう。

セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費無料のアメックス会員証!セゾンカウンターで発行可能
実質、年会費無料で持つことができる国内最安のアメリカン・エキスプレス・カード!

詳細を見る

アメックス法人カードはかなり人気が高い

また、アメックス・ビジネスも他社のビジネスカードよりも、創業して間もない企業、個人事業主が審査を通過しやすいメリットがある、ことが知られています。

特にアメックスプラチナビジネスカードは年会費に対する特典の充実さから、コスパが非常に優れていることで評判です。

年会費12,000円と高額ですが、アメックスの特典が使えるので得意先でも恥ずかしくありません。年会費が経費として計上できるのもうれしいですね。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン アメックスの格安法人プラチナカード!個人も審査に通る
個人でも設立1年未満でも申し込み可能なビジネス・プラチナカード!

詳細を見る

関連記事一覧

よく読まれている記事一覧

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points