ダイナースクラブ コンパニオンカードでTRUST CLUB ワールドエリートカードを手に入れよう

同じワールドエリートマスターカードのダイナースクラブプレミアムコンパニオンカードとラグジュアリーカードを比較する女性

2019年7月23日の「ダイナースクラブ コンパニオンカード」のスタートに合わせて、『ダイナースクラブ プレミアムカード』用のコンパニオンカードとして『TRUST CLUB ワールドエリートカード』がリリースされます。

国内ではすでに、Mastercardブランドの最上位カードとしてラグジュアリーカードが人気を集めていますが、『TRUST CLUB ワールドエリートカード』もラグジュアリーカードと同列のステータスカードとして君臨することになります。その実力を検証します。

ダイナースクラブ コンパニオンカードとダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードとは?

<新サービス> ダイナースクラブ コンパニオンカードの組み合わせイメージ

ダイナースクラブカードとMastercardを2枚持ち!ダイナースクラブ コンパニオンカード誕生

ダイナースクラブコンパニオンカードのイメージダイナースクラブカードでは、2019年7月23日から「ダイナースクラブ コンパニオンカード」というサービスがスタートします。これは、『ダイナースクラブカード』および『ダイナースクラブ プレミアムカード』の所有者を対象に、Mastercardブランドのクレジットカードをもう1枚所有できるサービスのことで、いわゆる他社の「デュアル発行」に似たサービスです。

ダイナースクラブカードとマスターカードのプラチナカードの2枚持ち

「ダイナースクラブ コンパニオンカード」として発行されるのは、

  • ダイナースクラブカード→ダイナースクラブ コンパニオンカード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード→ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード

という内訳になっています。

ダイナースクラブ プレミアムカード所有者ならMastercardの最高峰「ワールドエリート」をコンパニオンカードとして所有できる

ちなみにコンパニオンカードは、ダイナースカードと同じ発行元である三井住友トラストクラブから2019年7月に新登場するMastercardのステータスカードです。

  • ダイナースクラブ コンパニオンカード→TRUST CLUB プラチナ マスターカード
  • ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード→TRUST CLUB ワールドエリートカード

Mastercardのステータスについての詳細は後述しますが、「ダイナースクラブ コンパニオンカード」ならプラチナクラス、「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード」ならブラックカードクラスのMastercardが発行されます。

サブカードなのに本物のマスターカードのブラックカードが持てる!

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードのワールドエリートマスターカードのイメージMastercardブランドの最上位となる「ワールドエリート」のステータスを誇り、Mastercardのブラックカードとも呼ばれる『TRUST CLUB ワールドエリートカード』。『TRUST CLUB ワールドエリートカード』はこれまで『ラグジュアリーカード』のみが発行されていました。

本記事では、上記2つのコンパニオンカードのうち、ブラックカードの「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード=TRUST CLUB ワールドエリートカード」を中心に解説していきます。

ダイナースクラブ コンパニオンカードが申し込めるダイナース

ダイナースクラブカードだけが申し込めます!

TRUST CLUB ワールドエリートカードとは?

Mastercardブランドの最上級カードとして新しく誕生するTRUST CLUB ワールドエリートカード!

Mastercard最上位「TRUST CLUB ワールドエリートカード」の券面イメージ三井住友トラストクラブではMastercardブランドのクレジットカードとして、『SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード』、『SuMi TRUST CLUB ゴールドカード』、『SuMi TRUST CLUB リワードカード』の3種類が発行されていますが、2019年7月からはこれらのカード名称やカードフェイスが変更になります。

さらに、Mastercardブランドの最上位カードとして、2019年7月23日より『TRUST CLUB ワールドエリートカード』が新規発行されます。

現行 2019年7月~
SuMi TRUST CLUB
リワード ワールドカード
TRUST CLUB ワールドカード
SuMi TRUST CLUB
ゴールドカード
SuMi TRUST CLUB
リワードカード
TRUST CLUB プラチナ マスターカード
TRUST CLUB ワールドエリートカード
(2019年7月23日~)

マスターカードのステータス比較!ワールドエリートカード=ブラックカードを筆頭に6種類

ちなみにMastercardではカードのステータスを以下のように分類しています。

序列 ステータス名
最上位 ワールドエリート
2 ワールド
3 プラチナ
4 チタン
5 ゴールド
最下位 スタンダード

三井住友トラストクラブで発行しているMastercardブランドは、『SuMi TRUST CLUB リワードカード』が「チタン」から「プラチナ」へ、『SuMi TRUST CLUB ゴールドカード』は「ワールド」へとランクアップします。

さらにこれに最上位の「ワールドエリート」が加わることで、上位3段階のステータスへとまとめられることになるわけです。

ダイナースクラブコンパニオンカードはすべてプラチナカード以上

TRUST CLUB マスターカード3種類の券面イメージ

このあたりがちょっとややこしいのでまとめてみますと、

2019年7月~の新カード Mastercardのステータス クレジットカードの種類
TRUST CLUB ワールドエリートカード ワールドエリート(最上位) ブラックカード
TRUST CLUB ワールドカード ワールド(序列2位) 準ブラックカード
TRUST CLUB プラチナ マスターカード プラチナ(序列3位) プラチナカード

以上のような感じになります。名称からすぐにステータスがわかりますので、スッキリとわかりやすく改善された印象です。

ダイナースプレミアムの会員ならTRUST CLUBワールドエリートカードが年会費無料で手に入る!それがダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード

trustclub_woridelite

上でご紹介したように、2019年7月23日からはMastercardブランドの最高位ステータスになる『TRUST CLUB ワールドエリートカード』の発行が開始されます。このカードこそが、『ダイナースクラブ プレミアムカード』のコンパニオンカードとして発行を受けることができるわけです。

Diners_premium (1)

もちろん『TRUST CLUB ワールドエリートカード』を単体で申し込むことも可能ですが、その場合は年会費13万円(税抜)が必要になります。しかし、『ダイナースクラブ プレミアムカード』を所有している方であれば、コンパニオンカードとして発行してもらうことができるので、年会費無料で発行してもらうことができます。

仮に、コンパニオンカードとしてではなく、単体で発行する場合は『ダイナースクラブ プレミアムカード』の年会費13万円(税抜)とあわせて計26万円(税抜)の年会費が必要ですので、コンパニオンカードとして発行を受けたほうがはるかにお得感が高いです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードはMastercardの最上位オーダー!正真正銘のステータスカード!

既述のとおり、『ダイナースクラブ プレミアムカード』のコンパニオンカードとして発行されるのはMastercardブランドの最上位ステータスとなる『TRUST CLUB ワールドエリートカード』です。「プラチナを超えたプラチナカード」とも呼ばれる『ダイナースクラブ プレミアムカード』と、Mastercardブランド最高峰のワールドエリートの組み合わせは、トラベル&エンターテイメントカードとしてもステータスカードとしても最強クラスの組み合わせです。

TRUST CLUB ワールドエリートカード2種類のスペック比較

TRUST CLUB ワールドエリートカードはコンパニオンカードとして発行された場合はスペックの内容が異なる!

MasterCardロゴ

2019年7月23日より発行される『TRUST CLUB ワールドエリートカード』の細かいスペックについては発行後の解説に譲りますが、現段階(2019年5月)でわかっているスペックについて、ざっとご紹介しておきます。

さすがにMastercardブランドののブラックカードクラスだけあって付帯特典の充実度は高めです。特徴的なのは、『TRUST CLUB ワールドエリートカード』単体で発行された場合と『ダイナースクラブ プレミアムカード』のコンパニオンカード(ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード)として発行された場合とではポイント還元率などでスペックがやや異なる点です。

TRUST CLUB ワールドエリートカードのスペック比較
カード名 TRUST CLUB
ワールドエリートカード
ダイナースクラブ プレミアム
コンパニオンカード
券面画像 TRUST CLUB ワールドエリートカードのイメージ ダイナースクラブ プレミアム カードとダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードの2つのイメージ
年会費 本人:130,000円+税
家族:無料
本人:無料 ※ダイナースクラブプレミアムカードの年会費:130,000円+税
家族:無料
ポイント 100円=4ポイント 100円=1ポイント
※ダイナースクラブプレミアム利用分として合算
主な優待特典 ・「Taste of Premium」の全18特典利用可
・Boingo Wi-Fi
・空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(Lounge Key)」
・Mastercardコンシェルジュ
・「Taste of Premium」の全18特典利用可
・Boingo Wi-Fi
・空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(Lounge Key)」
・プレミアム専用コンシェルジュデスク
付帯保険 ・最高1億円の旅行傷害保険
・年間最高500万円のショッピング・リカバリー
・キャンセルプロテクション
・ゴルファー保険など
・最高1億円の旅行傷害保険
・年間最高500万円のショッピング・リカバリー
・キャンセルプロテクション
・ゴルファー保険など
※ダイナースクラブ プレミアムカードの付帯保険が適用

『TRUST CLUB ワールドエリートカード』単体で発行した場合と「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード」として発行された場合とで大きく異なるのがポイント還元率です。

TRUST CLUB ワールドエリートカードとの違いはポイント還元率

単体で発行された場合では100円ごとに4ポイントという高還元率ですが、コンパニオンカードとして発行された場合は、100円ごとに1ポイントしか付与されません。これはダイナースクラブプレミアムカードの還元率となるためです。

あくまでも『ダイナースクラブ プレミアムカード』の追加カードとしての位置付けとなってしまうため、コンパニオンカードとして発行される場合は還元率が下がって見えます。しかし、単純に還元率で考えるのは考え物。これはTRUST CLUB とダイナースで還元されるポイントが異なり、1ポイントの価値も違うためです。

ダイナースクラブカードとTRUST CLUB カードでは国際ブランドが違うのでポイントの価値も違う

ダイナースクラブカードとTRUST CLUB カードでは貯まるポイントが違うため、交換できる商品も変わってきます。これはデメリットというか、そもそもがダイナースとマスターカードという違うクレジットカードブランドだからです。コンパニオンカードとしての限界を感じてしまう部分のように見えますが、その点に関しては交換したい商品がどちらなのか、で変わってきます。

もちろんどこにブランド価値を置くのか、しっかり見極めたいと思います。

TRUST CLUB ワールドエリートカードのラグジュアリーカードの比較

同じMastercardの最高峰カード!TRUST CLUB ワールドエリートカードとラグジュアリーカードを比較

Mastercardブランドのステータスカードとして「ラグジュアリーカード」が有名です。ちなみに、ラグジュアリーカードには次の3種類があります。

  • Mastercard Titanium Card
  • Mastercard Black Card
  • Mastercard Gold Card

ラグジュアリーカードの場合、「チタン」や「ゴールド」といった名称が付いていますが、これはMastercardの序列ではなく、カード券面に使われている金属もしくはそのカラーから名付けられています。Mastercardの序列としては、3券種ともすべて最高位の「ワールドエリート」になりますので、『TRUST CLUB ワールドエリートカード』と同ステータスです。

つまりMastercardのステータスカードに関しては、『TRUST CLUB ワールドエリートカード』とラグジュアリーカードという2種類競合していることになります。「ワールドエリート」としては、ラグジュアリーカードの方が先輩です。

金属製の重厚感あるカードフェイスがラグジュアリーカードの魅力!最上位のゴールドは24K!券面にこだわるならラグジュアリーカードがおすすめ

『TRUST CLUB ワールドエリートカード』とラグジュアリーカードの主な特徴を比較してみましょう。

カード名 TRUST CLUB
ワールドエリートカード
ラグジュアリーカード
Titanium Card
ラグジュアリーカード
Black Card
ラグジュアリーカード
Gold Card
券面画像 trustclub_woridelite_150 Luxury_Titanium_150 black_Luxury_150 Luxury_gold_150
券面特徴 黒い券面の中央に「world elite」の文字がどっしりと構える 表面は流れるような金属研磨痕が美しいブラッシュド加工・裏面はカーボン 表面はマット加工で光沢を抑え渋みのあるブラックが美しい・裏面はカーボン 24Kコーティングでラグジュアリーカードの最上位にふさわしい貫禄
ステータス ワールドエリート ワールドエリート ワールドエリート ワールドエリート
年会費 130,000円(税抜)
※ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードなら無料
50,000円(税抜) 100,000円(税抜) 200,000円(税抜)
※個人の入会は要インビテーション
ポイント 100円=4ポイント
(還元率2.0%)
1,000円=2ポイント
(還元率1.0%)
1,000円=2.5ポイント
(還元率1.25%)
1,000円=3ポイント
(還元率1.5%)
主な特典 既述の表を参照 ・24時間コンシェルジュ
・グローバル ラグジュアリーホテル優待
・ラグジュアリーアップグレード
・ラグジュアリーダイニング
・プライスレス(観光/美術館/博物館/名所/名産等のイベントやプログラム)
・24時間コンシェルジュ
・グローバル ラグジュアリーホテル優待
・ラグジュアリーアップグレード
・ラグジュアリーダイニング
・プライスレス(観光/美術館/博物館/名所/名産等のイベントやプログラム)
・ワインイベント
・カフェ/ワインバー優待
・プライベートトレーニング優待
・2名以上のレストラン予約で1名無料
・新生銀行ステップアッププログラム
・24時間コンシェルジュ
・グローバル ラグジュアリーホテル優待
・ラグジュアリーアップグレード
・ラグジュアリーダイニング
・プライスレス(観光/美術館/博物館/名所/名産等のイベントやプログラム)
・ワインイベント
・カフェ/ワインバー優待
・プライベートトレーニング優待
・2名以上のレストラン予約で1名無料
・新生銀行ステップアッププログラム
空港ラウンジサービス ラウンジ・キー(Lounge Key)
(世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジ)
プライオリティ・パス
(世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジ)
プライオリティ・パス
(世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジ)
プライオリティ・パス
(世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジ)
付帯保険 【海外旅行傷害保険】
最高1億円
【国内旅行傷害保険】
最高1億円
【ショッピング・リカバリー】
年間500万円
【海外旅行傷害保険】
最高1.2億円
【国内旅行傷害保険】
最高1.2億円
【ショッピング保険】
年間300万円
【海外旅行傷害保険】
最高1.2億円
【国内旅行傷害保険】
最高1.2億円
【ショッピング保険】
年間300万円
【海外旅行傷害保険】
最高1.2億円
【国内旅行傷害保険】
最高1.2億円
【ショッピング保険】
年間300万円

ラグジュアリーカードの『Mastercard Gold Card』は、個人の入会に関してはインビテーションとなっているので、年会費等も含めて考慮すると『TRUST CLUB ワールドエリートカード』のライバルとなるのは『Mastercard Titanium Card』もしくは『Mastercard Black Card』あたりが対象でしょう。

付帯保険が充実したTRUST CLUB ワールドエリートカードと先進性を感じるデザインのラグジュアリーカード

「point」イメージイラスト

『TRUST CLUB ワールドエリートカード』の全貌がまだはっきりとしないので詳細な点での比較はできませんが、ワールドエリートということなのでラグジュアリーカードに引けを取らない特典が付帯することは容易に想像がつきます。

付帯保険に関しては、「傷害死亡・後遺障害」こそラグジュアリーカードの方が+2,000万円分多くなっています。しかし、上記表には記載していませんが、肝心の「疾病治療費・傷害治療費」の内容が最高200万円までと乏しく、ステータスカードとしてはかなりの魅力薄となってしまっています。またショッピング保険の内容もラグジュアリーカードの方が低いです。

ラグジュアリーカードとしてはせっかく「ワールドエリート」としてのステータスがあるので、付帯保険はもう少し充実させてほしい気もします。保険内容に関しては、『TRUST CLUB ワールドエリートカード』の方が充実度が高い内容です。

カードフェイスとしては金属製のラグジュアリーカードの方が貫禄があります。一方の『TRUST CLUB ワールドエリートカード』はブラックの券面に中央の「world elite」の文字がステータス性を引き出しています。どちらが好みなのかは、これはもはや個人の価値観によって異なりますが、金属で作られているラグジュアリーカードの方が先進性を感じます。

コンパニオンカードとしてのTRUST CLUB ワールドエリートカードの魅力

年会費13万円のTRUST CLUB ワールドエリートカード!ダイナースプレミアムホルダーなら無料!

Diners_logo

『TRUST CLUB ワールドエリートカード』を単体で所持しても、「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード」として所持しても、その優位なステータス性は同じです。ポイント還元率などで多少スペックが異なるものの、Mastercardの「ワールドエリート」を所有していることには変わりありません。

『TRUST CLUB ワールドエリートカード』をコンパニオンカードとして所有することの最大の魅力は、海外における加盟店の少なさから使い勝手が悪かったダイナースカードの利用可能店舗が大幅に増えること(Mastercard加盟店でコンパニオンカードを利用できるため)です。ダイナースカードのユーザーとしても、コンパニオンカードの登場でMastercardとの2枚持ちが可能なるため、ダイナースカード自体も一気に使いやすいクレジットカードへと昇華するというメリットがあるわけです。

すでにダイナースクラブカードを所有しているならダイナースプレミアムにランクアップしてからコンパニオンカードとして獲得するのがおすすめ

Diners_premium

『ダイナースクラブ プレミアムカード』は、要インビテーションのクレジットカードなので、気軽な申し込みはできませんが、今現在『ダイナースクラブカード』を所有している、もしくはこれから『ダイナースクラブカード』へ申し込もうとしている方であれば、あらためて『TRUST CLUB ワールドエリートカード』に申し込むのではなく、『ダイナースクラブ プレミアムカード』へとステップアップして以降に、コンパニオンカードとして『TRUST CLUB ワールドエリートカード』を取得するようにするのがおすすめです。

もちろん、すでに『ダイナースクラブ プレミアムカード』を所有しているなら、すぐにでもコンパニオンカードとして『TRUST CLUB ワールドエリートカード』を手に入れることができます。

まとめ|TRUST CLUB ワールドエリートカードとダイナースプレミアムの2枚持ちは反則級!コンパニオンカードならではの贅沢!

TRUST CLUB ワールドエリートカードとダイナースプレミアムは最強のコスパを誇る組み合わせ!年会費13万円がタダになるのは大きい!

trustclub_woridelite

2019年7月23日からスタートする「ダイナースクラブ コンパニオンカード」と、それに伴って新たに発行される『TRUST CLUB ワールドエリートカード』についてご紹介してきましたが、『ダイナースクラブ プレミアムカード』×『TRUST CLUB ワールドエリートカード』という最高峰ステータスカード同士の組み合わせはもはや反則級といえるほどの贅沢さです。

しかも、コンパニオンカードとして『TRUST CLUB ワールドエリートカード』を取得するなら13万円の年会費がゼロなので、『ダイナースクラブ プレミアムカード』の年会費だけの負担で済むのも嬉しい魅力ポイントでしょう。

たとえコンパニオンカードであっても、『TRUST CLUB ワールドエリートカード』に付帯する特典はほぼそのまま利用可能ですし、Mastercardブランドの加盟店で利用できるため『ダイナースクラブ プレミアムカード』そのものの利用価値もアップ。コスパに関しても最強クラスの組み合わせです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP