ダイナースクラブ コンパニオンカードはダイナース会員が無料で持てるプラチナマスターカード!

Diners_companion_Introduction

2019年7月23日に、ダイナースクラブの新サービス『ダイナースクラブ コンパニオンカード』が開始予定です。『ダイナースクラブカード』会員が追加でプラチナマスターカード(Mastercard)を無料で持てるお得なサービスです。

ダイナースクラブカードのまさにコンパニオン(付き添い)として発行されるクレジットカードと言えます。そんな『ダイナースクラブ コンパニオンカード』についての特徴やメリットについて解説していきます。

ダイナースクラブの新サービス!ダイナースクラブ コンパニオンカードとは?

ダイナースクラブカードとMastercardを2枚持ちできる新しいサービス!それがダイナースクラブ コンパニオンカード!

MasterCardロゴ

2019年夏に、ダイナースクラブカードで新しいサービスがスタートします。それが『ダイナースクラブ コンパニオンカード』です。「コンパニオンカード」とは聞き慣れない言葉ではありますが、「コンパニオン(companion)」には、「仲間・連れ」といった意味があることから、イメージとしては他社のデュアル発行と同じようなサービスだと考えて差し支えありません。

マスターカードの利用でもダイナースのポイントが貯まる

カードとして付帯するMastercardはで貯めたポイントもダイナースクラブカードへ合算さるほか、コンパニオンカードに付帯する特典も利用することができ、これにより海外における利便性も一気に向上します。

発行されるマスターカードは全てプラチナカード以上!特典も使える!

ダイナースクラブカードの場合、発行できるのはMastercardです。しかも『ダイナースクラブカード』ならプラチナクラスのMastercard、『ダイナースクラブプレミアムカード』であればブラックカードクラスのMastercardが発行されます。ダイナースクラブの充実した付帯特典に加えて、コンパニオンカードに付帯する優待サービスも利用できるという贅沢な機能を備えているのが、『ダイナースクラブ コンパニオンカード』の特徴です(主な付帯サービスについては後述します)。

ダイナースクラブ コンパニオンカードが申し込めるダイナース

ダイナースクラブカードだけが申し込めます!

ダイナース会員が持てるマスターカードの種類と特典

ダイナースクラブ コンパニオンカードはマスターカードのプラチナカードとブラックカードの2種類

ダイナースクラブカード』と『ダイナースクラブプレミアムカード』に付帯できるそれぞれのコンパニオンカードは、

  • ダイナースクラブカード…TRUST CLUBプラチナマスターカード
  • ダイナースクラブプレミアムカード…TRUST CLUBワールドエリートカード

以上のような内容になっています。コンパニオンカードとして発行されるのは、ダイナースクラブの発行元である三井住友トラストクラブで取り扱うMastercardブランドとなります。

『TRUST CLUBプラチナマスターカード』や『TRUST CLUBワールドエリートカード』といえば、いずれもMastercardブランドのステータスカードとしても知られており、それぞれ『ダイナースクラブカード』および『ダイナースクラブプレミアムカード』と組み合わせて利用できるのです。

つまり、国際ブランドの異なるプラチナカード(ブラックカード)とステータスカードをWで発行&利用できる画期的かつ贅沢なサービスとなります。

ダイナースクラブカードに付帯できるコンパニオンカードはTRUST CLUBプラチナマスターカードとワールドエリートカード!

new_platinum (1)『TRUST CLUBプラチナマスターカード』はプラチナクラスのMastercardで、「格安年会費で利用できるプラチナカード」としても話題になったのも記憶に新しいところです。通常年会費はプラチナクラスとしては異例の3,000円(税抜)ですが、コンパニオンカードとして発行を受けた場合はさらにお得になり、年会費が無料となります。

trustclub_worideliteそして圧巻なのが『TRUST CLUBワールドエリートカード』です。Mastercardブランドの最高峰ステータスとしても知られるこのカードは、「マスターカードのブラックカード」と呼ばれるほどのステータスで、年会費も実に13万円(税抜)となっています。ところが、こちらもコンパニオンカードとして発行を受けた場合は年会費無料です。

ダイナースクラブというステータスカードとMastercardのステータスカードを2枚持ちでき、しかもそれぞれの特典もWで付帯します。その上、コンパニオンカードのTRUST CLUBのMastercardは年会費一切無料で付帯する優待サービスが利用できるのですから、ステータスカードとしてのコスパは最強です。

ダイナースクラブカードに付帯するコンパニオンカードの年会費は無料!コスパは最強!

ダイナースクラブカード』と『ダイナースクラブプレミアムカード』それぞれに発行される『TRUST CLUBプラチナマスターカード』や『TRUST CLUBワールドエリートカード』は、本来であれば年会費が必要なクレジットカードとなりますが、ダイナースクラブのコンパニオンカードとして発行された場合は年会費無料で利用することができます。

カード名 通常の年会費 コンパニオンカードとして発行された場合の年会費
TRUST CLUBプラチナマスターカード 3,000円(税抜) 無料
TRUST CLUBワールドエリートカード 130,000円(税抜) 無料

ダイナースクラブ コンパニオンカードは家族カードにも追加発行OK!

『ダイナースクラブ コンパニオンカード』は、『ダイナースクラブカード』および『ダイナースクラブプレミアムカード』の本人会員だけでなく、家族会員も発行してもらうことができます。もちろん、本人会員同様にコンパニオンカードの年会費はかかりません。

ダイナースクラブ コンパニオンカードの特長とメリット

ダイナースクラブ コンパニオンカードを持つことでMastercardの加盟店でも使えるようになる!貯まったポイントは自動的にリワードプログラムへ合算

ポイントが貯まるのを喜ぶ男性

『ダイナースクラブ コンパニオンカード』が発行されることによって、とかく加盟店数の少なさゆえに「使い勝手がイマイチ」と悪評が目立ったダイナースクラブカードの使い勝手が一気にアップします。加盟店数世界第2位のMastercardブランドの加盟店でも利用できるようになるわけですから、使えるお店も大幅にアップします。

ダイナースクラブはJCBと提携しているので国内であれば使い勝手に困ることもまずありませんが、海外では使いづらいカードとして有名です。ステータス性こそ抜群ですが、都市部であっても加盟店数が少ないため利用できるお店が限られてしまうというデメリットがあったのです。それが、Mastercardブランドのコンパニオンカードを持つことで解消されることになるのは非常に大きなメリットとなります。

もちろん、「連れ添うカード」という意味が込められたコンパニオンカードですから、ポイントプログラムも『ダイナースクラブカード』と共有されます。コンパニオンカードで貯まったポイントは自動的にダイナースクラブの「リワードプログラム」へと加算されるので、効果的なポイントの貯め方ができます。ポイントについては後ほど詳述します。

海外でのインターネット接続も安心!ダイナースクラブ コンパニオンカードには新サービスの「Boingo Wi-Fi」も付帯

wifiスポットを見つけて喜ぶ人

『ダイナースクラブ コンパニオンカード』の発行を受けると、新サービスの「Boingo Wi-Fi」を利用することができます。「Boingo Wi-Fi」は世界中のWiFiアクセス企業と提携して一大ネットワークを展開しているサービスで、世界100ヶ国・100万ヶ所というでホットスポットを提供しています。例えば日本国内であればdocomoやauといったWi-Fiのアクセスポイントで利用できます。もちろん、世界の主要都市であればほぼ網羅しており、利用料ほか登録料なども一切かからずに利用することができます。

付帯特典が贅沢!ダイナースクラブカードだけじゃなくコンパニオンカードでは「Taste of Premium」を利用できる!

Taste_of_premium

付帯する優待特典は、ダイナースクラブの特典だけではありません。コンパニオンカードの『TRUST CLUBプラチナマスターカード』と『TRUST CLUBワールドエリートカード』のそれぞれに付帯するMastercardの「Taste of Premium」も利用できます。

ちなみに、国内で発行されているクレジットカードでもMastercardの「Taste of Premium」を利用できるものもありますが、「Taste of Premium」はカードによって利用できるサービスが異なるという特徴もあります。

ダイナース エグゼクティブ ダイニングも両方利用できる!

『ダイナースクラブ コンパニオンカード』の場合、『TRUST CLUBプラチナマスターカード』では8種類の「Taste of Premium」を、『TRUST CLUBワールドエリートカード』で18種類の「Taste of Premium」を利用することができます。

もちろん対象レストランの所定のコース料金の、1名様分、もしくは2名様分が無料になる「ダイナース エグゼクティブ ダイニング」もマスターカードの「Taste of Premium」も両方とも利用できます。ダブルで利用できるサービスは初めてです。

このようにマスターカードでも、有名レストランで利用者1名分が無料になる「ダイニング by 招待日和」や国際線手荷物宅配といった特別なサービスが付帯します。

ダイナースクラブプレミアム コンパニオンカードにはラウンジ・キー(Lounge Key)が無料付帯する!世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる!

空港ラウンジ

『ダイナースクラブ コンパニオンカード』のうち、『ダイナースクラブプレミアムカード』のコンパニオンカードとなる『TRUST CLUBワールドエリートカード』では、空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(Lounge Key)」が無料付帯します。

「ラウンジ・キー(Lounge Key)」は、世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用でき、本会員・家族会員ともに年会費も利用料もゼロです。しかも同伴者1名まで無料で利用することができます。ダイナースクラブだけでも世界850ヶ所以上の空港ラウンジを利用できますので、『ダイナースクラブプレミアム コンパニオンカード』との組み合わせで、空港ラウンジサービスもより一層充実度が増します。

ダイナースクラブ コンパニオンカードが発行できることでとにかく海外での使い勝手は格段にアップする!

『ダイナースクラブ コンパニオンカード(TRUST CLUBプラチナマスターカード)』および、『ダイナースクラブプレミアム コンパニオンカード(TRUST CLUBワールドエリートカード)』の最大のメリットは、「とにかく海外におけるダイナースクラブの利用範囲が格段にアップする」という一言に尽きます。

ダイナースクラブだけでは海外における加盟店数の少なさがネックとなり、これまでは海外へ行くには他のクレジットカードを必ず所持していなければなりませんでした。しかし、コンパニオンカードとしてMastercardのステータスカードまで発行することが可能になるため、本カードとコンパニオンカードだけでも十分に海外旅行を堪能できるようになります。しかもコンパニオンカードは年会費無料という嬉しいオマケまで付いているのですから至れり尽くせりです。

ダイナースクラブ コンパニオンカードとダイナースクラブプレミアム コンパニオンカードのサービス比較

トラベル&エンターテイメントをより充実させてくれるMastercardの優待プログラムが魅力!コンパニオンカードの存在価値は圧巻

それではここまでの内容をもとにして、『ダイナースクラブ コンパニオンカード』と、『ダイナースクラブプレミアム コンパニオンカード』の両者の違いを比較しておきましょう。

コンパニオンカード種類 ダイナースクラブ コンパニオンカード ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード
コンパニオンカードとして発行されるカード new_platinum (1)
TRUST CLUBプラチナマスターカード
trustclub_woridelite
TRUST CLUBワールドエリートカード
年会費 無料
(通常:3,000円+税)
無料
(通常:130,000円+税)
主な特典 ・「Taste of Premium」の8特典を利用可
・Boingo Wi-Fi
※付帯保険はダイナースクラブカードの保険が適用
・「Taste of Premium」の18特典を利用可
・Boingo Wi-Fi
・ラウンジ・キー(Lounge Key)
※付帯保険はダイナースクラブ プレミアムカードの保険が適用
ポイント 200円ごとに1ポイント付与 100円ごとに1ポイント付与
備考 ダイナースクラブカードのコンパニオンカードとしてのみ発行 ダイナースクラブ プレミアムカードのコンパニオンカードとしてのみ発行

両者の大きな違いは、『ダイナースクラブカード』に対して発行されるのが『ダイナースクラブ コンパニオンカード』、『ダイナースクラブ プレミアムカード』のみに対して発行されるのが『ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード』であるという違いです。例えば、『ダイナースクラブカード』を所持している人が『ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード』の発行を受けることはできませんし、その逆もまた同じです。

マスターカードのブラックカードとプラチナカードはダイナースクラブカードの格に対応

さすがに『ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード』の方が特典内容も充実しており、通常年会費13万円のブラックカードらしいステータスを備えます。ポイント還元率についても、『ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード』の方が上です。

トラベル&エンターテイメントに強みを発揮するダイナースクラブですが、贅沢な優待プログラムが付帯するMastercardのステータスカードをコンパニオンカードとして発行することで機能性が何倍にも膨れ上がります。

ダイナースクラブ コンパニオンカードのポイント還元率

低還元率だとしてデメリットに挙げられがちなダイナースクラブ コンパニオンカードのポイント還元率!

『ダイナースクラブ コンパニオンカード』は、ポイント還元率が低めです。

ダイナースクラブカード ダイナースクラブ コンパニオンカード
100円=1ポイント 200円=1ポイント
ダイナースクラブ プレミアムカード ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード
100円=2ポイント 100円=1ポイント

上記それぞれの比較からもおわかりのように、コンパニオンカードのポイント還元率はダイナースカードの半分しかありません。そのため、多くのメデイアではコンパニオンカードのデメリットとしてポイント還元率の低さを挙げています。

ダイナースクラブ コンパニオンカードも還元率よりも特典重視で利用するカードだという認識も必要!

しかし、ダイナースカードにしてもコンパニオンカードにしても、どちらもステータスカードとして旅行やエンタメなどで利用できる優待サービスが最大の魅力となります。ステータスカードの醍醐味はポイント還元率などではなく、あくまでもその特典内容となりますので、ポイントプログラムはおまけ程度に考えておくことも大切です。ポイント還元率重視で選びたいのであれば他のクレジットカードを選べばいいだけなので、ステータスカードに対して高還元率を求める必要はどこにもないという割り切った視点も必要です。

ダイナースクラブ コンパニオンカードを利用する上でのデメリット

ダイナースクラブプレミアムカードのポイント還元率が実質的な改悪になる!

コンパニオンカードのサービスは2019年7月23日以降と予定されていますが、それと並行して2019年9月16日利用分からは、『ダイナースクラブ プレミアムカード』の「プレミアム・ボーナスポイントプログラム」の内容が変更になります。

利用場所 現在のポイント還元レート 2019年9月16日利用分からの還元レート
国内での利用 100円=2ポイント 100円=1.5ポイント
海外での利用 100円=2ポイント 100円=2ポイント
※期間限定ポイントアップとして2022年3月15日までは+0.5ポイントで100円=2.5ポイント

国内利用分に関しては、2019年9月16日から100円=2ポイントから1.5ポイントへと下がります。海外利用分に関しては現状維持となり、しかも2022年3月15日までは+0.5ポイントのボーナスが付いて、100円=2.5ポイントという高還元率で利用できます。ただしこれも期間限定のサービスとなるので、長期的な視点で見れば実質的な改悪となります。

コンパニオンカードを発行できるのはダイナースクラブカードとダイナースクラブプレミアムカードのみ!提携カードでは発行できない

ダイナースクラブの国際ブランドとしての利用価値を一気にアップさせてくれるコンパニオンカードの存在ですが、発行可能なのは『ダイナースクラブカード』と『ダイナースクラブ プレミアムカード』だけです。

ANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空との提携カードやSMBC信託銀行との提携カードをはじめ、ビジネスカードや銀座ダイナースクラブカードなどなど――各種提携カードに関してはコンパニオンカードの発行対象外です。

ダイナースクラブ コンパニオンカードのまとめ

ダイナースクラブ コンパニオンカードがダイナースクラブカードの利用価値を何倍にも高める!

new_platinum (1)2019年7月23日以降にスタート予定となっている『ダイナースクラブ コンパニオンカード』についてご紹介してきました。ここまでご説明してきましたように、コンパニオンカードの存在によってダイナースカードの利用価値が一気に何倍にも高まります。ダイナースクラブ加盟店に加えてマスターカード加盟店でも利用できるようになるため、利用シーンも大幅に広がります。

しかも、コンパニオンカードとなる『TRUST CLUBプラチナマスターカード』や『TRUST CLUBワールドエリートカード』の優待プログラムや特典も利用できる上に、コンパニオンカードの通常年会費も無料で利用できるという点も特筆ポイントとなります。世界有数のステータスカードであるダイナースクラブとトラストクラブのマスターカードの2枚持ちという画期的なサービスにより、海外での使い勝手も格段にアップします。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP