ETCパーソナルカードとは? クレジットカードの審査なしで作れるETCカード!

高速道路のETC

ETCカードは審査なしでも作れるの?

ETCカードは高速道路を利用する時には必需品と言えるほど普及してきたものですが、中には審査がいらないETCカードがあるという話を聞いたことはないでしょうか。今回は審査なしでも作れるETCカード、ETCパーソナルカードについて解説していきます。

普通のETCカードとETCパーソナルカードとの違い、メリット・デメリットなども紹介していきますね。どうしても審査なしでETCカードを発行したいという方は、ぜひ役立ててください。

ETCパーソナルカードなら審査無しでも作れます!

女性のドライバーのドライブデート結論から言うと、審査なしでもETCカードを発行することは可能です。ただし、一般的なETCカードよりも発行するのにやや面倒な制約などがあります。そのため正直に言うと、あまりおすすめはできないというのが正直なところです。

ただしETCパーソナルカードは、何らかの理由でETCカードを審査なしでどうしても発行したい方にとっては、ありがたいシステムでもあります。では、審査なしで作れるETCカードと一般的に発行されているETCカードはどう違うのか、見ていきましょう。

「クレジットカード付帯型ETCカード」と「ETCパーソナルカード」の違いとは?

一般的によく使われているETCカードは、「クレジットカード付帯型」のETCカードです。

そして、今回「審査なし」で発行できるとご紹介しているのが、「ETCパーソナルカード」という、クレジット会社を介さずに発行されるETCカードのことです。

それぞれの特徴と、審査については以下の通りです。

クレジットカード付帯型ETCカードとは?

三井住友カードのetcカードクレジットカード付帯型のETCカードは、クレジットカードを発行するとき、追加サービスとして発行できるETCカードのことです。いま日本でETCカードと言えば、基本的にこのタイプのカードです。

もともとETCカード発行に対応しているクレジットカードを持っている場合は新たな審査は不要でETCカードを発行してもらえます。電話やインターネットなどから申し込めば、数日でETCカードが届きます。

クレジットカードの追加カードとして発行してもらいます

沢山の車が走る高速道路クレジットカード付帯型ETCカードは、クレジットカードの追加カードなので支払いもクレジットカードの支払いと一括で請求されます。ETCカードの利用もクレジットカード利用履歴として扱われます。年会費無料、発行手数料無料のETCカードも多いので、選ぶとすればこちらです。

クレジットカードの年会費だけで利用できますし、年会費無料のクレジットカードも多いので、使わないとしても発行しておいて損はありません。

年会費無料、発行手数料無料のクレジットカード付帯ETCカードもある

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)たとえば『Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)のように年会費無料、さらにETCカードの発行手数料、年会費も無料で持てるカードは、維持費がまったく必要ありません。

ただしクレジットカードを持っていない状態からクレジットカード付帯型ETCカードを作ろうと思うと、まずはクレジットカードの審査に通らなければいけません。そのため何らかの理由でクレジットカードが発行しづらい状況にある方にとっては、取得が難しいと言えます。

ETCパーソナルカードとは?

ETCパーソナルカードの券面サンプルETCパーソナルカードは、高速道路を運営するNEXCOなどの6つの会社が共同で発行しているもので、クレジットカード会社を介さずに直接利用料金を高速道路会社へと支払う仕組みです。

クレジットカード付帯型ETCカードとは異なり、ETCパーソナルカードはデポジット(保証金)を担保としているため、審査は不要で、きちんと正しいステップで申し込みが完了すれば誰でも発行されます

このようにETCパーソナルカードはクレジットカード会社発行のETCカードとは趣を異にします。その理由について解説します。

「ETCパーソナルカード」なら、審査なし

ETC専用カードには2通りあります。

  1. クレジットカード一切関係なしのETCカード(Suicaに近い)
  2. クレジットカードを別で発行するETCカード

という風です。①は、

  • クレジットカードの審査は、まったく受けない
  • 「私はただ、高速道路を使いたいだけです」という人

で、②は、

  • クレジットカードを発行する
  • そのカード会社に「ETCカード」を別で発行してもらう
  • つまり、「クレジットカード」と「ETC専用カード」を、
  • それぞれ「一枚ずつ」発行してもらう(計二枚)

ということです。で、この前者の「クレジットカード一切関係なし」の方を「ETCパーソナルカード」と呼びます。クレジットカードが関係ないものなので、審査もありません。

ETCパーソナルカードのメリット・デメリット

それぞれ箇条書きすると、

  • メリット…審査がない
  • デメリット…デポジット(保証金)が高い、年会費もある、手続きが面倒

という風。

  • 審査…ブラックリストに入っていても大丈夫
  • デポジット…人によるが、5万円前後必要
  • 年会費…1200円

となります。デポジットのあまりの高さに驚くかも知れません。逆にNEXCOが発行するクレジットカード付帯型ETCカードだと特別な特典すらあるのにです。

ETCパーソナルカードの、デポジットの計算方法

ETCパーソナルカードの計算方法を説明します。まず「2つの計算方法」があります。

  • 利用月額の「平均」か、
  • 利用月額の「最高」か、
  • どちらかで見る

ということですね。どちらか「高い方」で決まります。で「平均」で見る場合は、

  • 1.その月額を「5000円」単位で切り上げる
  • 2.たとえば月額「6000円」だったら「1万円」になる
  • 3.月額「10010円」だったら、「1万5000円」になる

ということ。で、こうやって「切り上げた、平均月額」を出して、「その月額を4倍」します。たとえば平均の利用月額が「12000円」だったら、

  • 1.まず「1万5000円」に切り上げる
  • 2.その「4倍」なので、
  • 3.「6万円」になる

ということ。これを「最高利用月額」の方と比べるわけですね。最高の利用月額は「2万円単位」で切り上げます。たとえば、

  • 4万1000円だったら「6万円」
  • 3万9000円だったら「4万円」

という風です。「2万円・4万円・6万円・8万円…」という区切りで「次の区切り」に自動的に決定するわけです。

計算の具体的な例

で、具体例で計算しましょう。

  • 平均…6000円
  • 最高…4万5000円

という利用月額の人は、下のような計算になります。

  • 平均…4万円(1万円に切り上げて、それを4倍)
  • 最高…6万円(2万円単位で切り上げるので)

で、「高い方」を選ぶので「この人の場合は、6万円のデポジット」となります。

デポジット(保証金)は戻って来る?

これはデポジット(保証金)なので、もちろん戻ってきます。また、紛失したら、戻ってこないということもありません。(つまり、紛失しても、預けたデポジットは、ずっとあちらに保管されている…ということです)

ただ、紛失した場合は、当然再発行の手数料はかかります。これは「1234円」です。(後々変更があるかも知れませんが、クレジットカードの再発行の手数料なども、大体どこもこのくらいなので、大きくは違わないでしょう)

デポジットは、何のためにあるのか?

これは「その金額の8割までしか、利用できない」とするためです。つまり、

  • 無審査で発行するので、利用者を信用できない
  • だから「先にお金を預かる」
  • で、「この金額の8割までは、自由に使っていいですよ」と言う
  • それだったら、もし翌月銀行口座から引き落としできなくても、
  • 「預かったデポジット」から天引きすればいい

ということです。要は「人質」のようなものですね。「質屋の現金バージョン」です。

結論…ETCパーソナルカードは、かなり不利

つまり、ETCパーソナルカードは、

  • デポジット…5万円前後
  • 年会費…1200円

がかかり「かなり不利」ということ。これがクレジットカードのおまけで発行される「ETC専用カード」だったら、両方無料ですからね(デポジットも、年会費も)。

では、何のためにETCパーソナルカードがあるのかというと、

  • ブラックリストに入っていて、
  • クレジットカードに付帯するETC専用カードは、
  • 発行したくてもできない

という人のためのものです。つまり「やむを得ず」使うものですね。なので、

  • 普通の「クレジットカードの審査に通る人」であれば、
  • クレジットカードに申し込んで、
  • そっちの「ETC専用カード」を発行すればいい

ということです。(クレジットカードの審査に申し込んだからと言って「クレジットカード一体型」を発行しなければいけない…というわけではないので)

「ETCパーソナルカード」のメリットとデメリットまとめ

いかがでしたか? ETCパーソナルカードの実態がわかってきたでしょうか?

ETCパーソナルカードは診査が不要というのが最大のメリットです。一方で年会費も固定で1,234円かかります。そのため年会費無料のクレジットカードに付帯しているETCカードよりもデメリットが多いカードと言えます。

ETCパーソナルカードのメリットは「審査不要」なこと!

他のクレジットカードに目がくらんだ女性上の項でもご説明したように、ETCパーソナルカードはクレジットカードの審査に通らない、もしくはクレジットカードを持ちたくないという人のために、各高速道路会社が発行しているETC専用カードです。

クレジットカードのように審査を受けることなくETCカードの発行を受けられるのが大きなメリットとなります。ETCパーソナルカードでも、マイレージサービスに登録できますし、ETCの割引サービスも受けることができます。

ETCパーソナルカードのデメリットは「保証金」!しかも高額です!

しかし、ETCパーソナルカードは審査を受けない代わりにデポジットを支払う必要があります。デポジットというのは「保証金」のことです。デポジットは、あらかじめ毎月の高速道路料金がどのくらいなのか? によって、その金額も異なります。

デポジット(保証金)は個人による異なる
  • 平均利用額の4倍を保証金として支払う(解約時に返金される)
  • 毎月の利用が5,000円未満の場合でも5,000円として計算されるため保証金は最低20,000円~となる

以上を基本として、毎月の高速道路利用額がいくらになるかで保証金が設定されます。

ETCパーソナルカードのデポジット金額表
1ヶ月の平均利用額(5,000円単位で切り上げ) デポジット(平均利用額×4)
5,000円(5,000円未満なら1,000円でも5,000円として計算) 20,000円
10,000円 40,000円
15,000円 60,000円
20,000円 80,000円

以上のような保証金を、申込時に預けなければETCパーソナルカードの発行を受けられません。

デポジットはあくまでも保証金!高速料金は別払いです!

金欠の女性ETCパーソナルカードのデポジットをプリペイドカードのように前払いで利用できるものだと勘違いしてしまう人もいるようですが、保証金はあくまでもその人個人の信用を保証するためのものに過ぎません。賃貸の敷金や保証金をイメージしてもらえばわかりやすいのですが、実際の支払いとは全く関係ありません。

審査をしない代わりに保証金を預けて信用性を確保する、万が一の時のためにお金を取られている、といった方が分かりやすいかもしれません。

デポジットは預けられたまま!ETC代は口座から引き落とされます

そのため、当然ながら高速道路を利用すれば高速料金の支払いが発生します。ETCパーソナルカードで高速道路を利用した料金は指定した口座から毎月引きとされます

この辺りはクレジットカード代と一括で指定口座から引き落とされる通常のETCカードと同じです。もちろん、引き落としができなければ利用停止になります。また、利用実績によっては途中でデポジットの増額が必要になることもあります。

年会費が高い

クレジットカード会社の発行するETCカードは年会費無料のタイプが多く、年会費が必要でも500円+税ほどが一般的です。しかし、ETCパーソナルカードの年会費は1,143円+税(消費税8%として税込み1,234円)です。

「ETCパーソナルカード」の申込方法

デポジットや高い年会費の負担などデメリットはありますが、やはりクレジットカードを持てない人にとっては審査がないというだけでも大きなメリットかもしれませんね。

ここでは実際にETCパーソナルカードへ申し込む方法についてご紹介します。

ETCパーソナルカード申し込みの流れ

  1. サービスエリアなどに設置されている「ETCパーソナルカード利用申込書」を入手
  2. 「ETCパーソナルカード利用申込書」に必要事項を記入して送付
  3. 同封されている払込票を持って郵便局もしくはコンビニからデポジットを支払う
  4. 事務局でデポジットの払込を確認したらETCパーソナルカードが送られてくる

申し込みにはサービスエリアなどのインフォメーションに設置されている「ETCパーソナルカード利用申込書」が必要です。郵送のみの受け付けになります。つまり高速道路に乗る方でないと基本的に手に入れられません(郵送請求はありますが)。

クレジットカードのようにインターネットからの申し込みはできないんですね。それではETCパーソナルカードの具体的な申し込み手順を解説していきましょう。

1.申込書を入手する

申込書は、高速道路上のサービスエリアにある「インフォメーション」で受け取れる他、直接ETCパーソナルカード事務局に書類を請求することもできます。

ETCパーソナルカード事務局への書類請求は、電話での申し込みも可能ですが、かけ間違いや時間帯には注意してくださいね。詳しくは公式サイトをご覧ください。

2.申込書を作成、郵送

ポストに書類を投函する男性利用申込書を手に入れたら、早速必要事項を書き込みます。

住所、氏名、職業のほかに、平均利用月額(有料道路の月平均利用額)も必要事項となります。これはデポジットの金額を決めるのに必要だからです。その後、ETCパーソナルカード事務局へ郵送します。このとき、本人確認書類と、引き落とし口座の情報も必要になります。

事務局で申込書を受理後、デポジット振り込みの依頼書が送付されてきます。

3.デポジットを振込む

申し込み書類の内容に従い、ETCパーソナルカード事務局から「デポジット」の振り込み依頼が送られてきます。その指示に従って指定口座に金額を振り込みます。

この時、デポジットは担保として扱われます。このデポジット額は今後、毎月の平均利用額に応じて決定されます。

4.ETCパーソナルカード発行完了!

郵便配達の車デポジットの入金確認が済んだら、振込からおおよそ2週間程度でETCパーソナルカードが送られてきます。送られてきたカードを、ETC車載器に挿入すればその日から使う事ができます。

これらの手順を完了すれば、誰でも審査なしでETCパーソナルカードを利用することができます。デポジットを担保としているので、審査を行わなくても大丈夫、ということですね。

通常のクレジットカード付帯型と同様に、利用料金の支払いが滞ればカードの利用が停止されてしまいますので、ご注意ください。

「ETCパーソナルカード」の3つの注意点まとめ

ここまでの説明で、クレジットカード付帯型のETCカードとETCパーソナルカードの扱いの違いがわかっていただけたかと思いますが、ETCパーソナルカードは審査が無い反面、デメリットもあります。注意点としてまとめてみました。

  1. 注意点1.年会費がかかる
  2. 注意点2.デポジットが高額
  3. 注意点3.利用金額によってはカードの利用を停止されてしまう

注意点1.年会費がかかる

お金の円マーク先ほどご紹介したように、ETCパーソナルカードを利用するには、毎年1,234円の年会費を支払わなくてはいけません。

クレジットカード付帯型のETCカードであれば、年会費無料のクレジットカードから発行する事で年会費も無料になりますので、年会費が必ずかかってしまうのはデメリットと言えますね。

注意点2.デポジットが高額

飛んで行くお金のイラスト(円)デポジットは保証金ですので、ETCカードの利用料金が支払えない時に代わりに使われるお金です。ですので、基本的には利用額以上の金額を預託することになり、平均利用月額が5,000円以下という最低基準でも、デポジット額は20,000円です。

平均利用月額の4倍がデポジットとして預託しなくてはいけない金額ですので、毎月30,000円分のETCを利用する場合は、デポジットは120,000円にもなります。

しかも、このお金はプリペイド式では無いので、デポジットとは別に利用料金を毎月支払います。デポジットは基本的に解約時に返還されますので、解約しない限りはそのお金は預けっぱなしになってしまいます。

注意点3.利用金額によってはカードの利用を停止されてしまう

ストップ!禁止事項デポジットは平均利用料金に応じて増額しなくてはいけませんが、支払いが済んでいないETC利用金額がデポジットの80%を超えると、ETCカードが止められてしまうことがあります。

緊急でETCカードをたくさん使わなくてはいけない時、利用金額が上限を超えてしまっていると、せっかくETCカードを持っていても使えません。

クレジットカード付帯型のETCカードはデポジットという概念がないので急に止められてしまうことはありませんが、ETCパーソナルカードを利用する際は余裕を持ってデポジットを預託しておかなければ、困った事態になる可能性もあるので注意が必要です。

「クレジットカード付帯型ETCカード」が「ETCパーソナルカード」よりもおすすめ

個人向けETCカードには、クレジットカード付帯型と、ETCパーソナルカードの2種類がありますが、クレジットカードをどうしても発行できない理由がなければ、クレジットカード付帯型を選んだ方が便利です。

ETCパーソナルカードのメリットは審査が無いことだけ!

高速道路の料金所の係員ETCパーソナルカードのメリットは「審査が無い」という点ですが、逆にそれ以外のメリットはほとんどなく、使い勝手はいいとは言えません。その上高額なデポジットが必要ですが、解約を前提としていなければデポジットの金額がまるまる返ってこないので初期費用も多くかかります。

信用情報に傷がついているという事情でなければ、属性が一般的に不利な方でも発行できるクレジットカードはありますので、ぜひ、クレジットカード付帯型のETCカードを発行するのを検討してみてくださいね。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金・携帯料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料カード比較!おすすめの年会費永年無料クレジットカード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!ANAマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
最強マイルカード比較!航空会社別マイルが貯まるクレジットカードランキング
JALカード比較!JALマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!世界で通用するプレミアムクレジットカード
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶクレジットカード比較!おすすめの年会費無料カード
海外旅行保険自動付帯のゴールドカード比較!おすすめのクレジットカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較!かっこいいステータスカード
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
20代におすすめのクレジットカード比較!18歳以上で初めてなら銀行系カード
新社会人におすすめのクレジットカード比較!20代のヤングゴールドカード
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
卒業旅行で人気の学生クレジットカード比較!海外旅行保険付き学生カード
学生でも即日発行できるクレジットカード比較!海外旅行直前でも審査OKs
学生におすすめのクレジットカード比較!お得な特典で選ぶ学生カード
「法人カード」比較特集
ポイント還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
年会費無料で選ぶ法人カード! 永年無料の法人クレジットカードと比較
【マイル還元率】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
アマゾンでお得なクレジットカード比較!おすすめのAmazonカード
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
JCBのディズニーカード比較!ディズニーデザインで選ぶクレジットカード
クレジットカードをデザインで比較!かっこいい&おしゃれなカードランキング
「電車」重視派
おすすめビューカード比較!Suicaにオートチャージできるクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP