ETCカードとは? ~パーソナル・専用型・一体型・高還元率のまとめ~

etcゲート

ETCカードとは?

ETCカードとは「料金所を、そのまま通れるカード」です。

  • ETC専用
  • クレジットカード一体型

の2通りがあります。

「ETC専用カード」のメリット

ETC専用カードのメリットは、

  • 盗まれた時の被害がない(少ない)
  • 審査なしでも発行できる

となります。それぞれ解説していきます。

盗まれた時の被害が小さい

まず箇条書きすると、

  • ETCカードは、結構車内に置き忘れる
  • だから、車上荒しに盗まれることもある
  • クレジットカード一体型だと、
  • それで買い物をされて、大きな被害が出る

ということ。しかし、

  • ETC専用カードだと、
  • 「高速道路の支払い」にしか使えない
  • つまり、仮に使おうとしたら、
  • 思い切り「移動の足跡」を残してしまう

ということです。当然ですが料金所の車はナンバーも撮影されているので、かなりの確率で捕まります。なので、

  • ETC専用カードは、
  • 仮に盗まれても、犯人が使うことができない
  • だから、被害が最小限(というかほぼなし)で済む

ということです。これがまず1つのメリットです。次に2つ目のメリット「審査なしでも発行できる」について解説します。

「ETCパーソナルカード」なら、審査なし

ETC専用カードには2通りあります。

  1. クレジットカード一切関係なしの、ETCカード(Suicaに近い)
  2. クレジットカードを別個発行するETCカード

という風です。①は、

  • クレジットカードの審査は、まったく受けない
  • 「私はただ、高速道路を使いたいだけです」という人

で、②は、

  • クレジットカードを発行する
  • そのカード会社に「ETCカード」を別個発行してもらう
  • つまり、「クレジットカード」と「ETC専用カード」を、
  • それぞれ「一枚ずつ」発行してもらう(計二枚)

ということです。で、この前者の「クレジットカード一切関係なし」の方を「ETCパーソナルカード」と呼びます。クレジットカードが関係ないものなので、審査もありません。

ETCパーソナルカードのメリット・デメリット

それぞれ箇条書きすると、

  • メリット…審査がない
  • デメリット…デポジット(保証金)が高い、年会費もある

という風。

  • 審査…ブラックリストに入っていても大丈夫
  • デポジット…人によるが、5万円前後必要
  • 年会費…1200円

となります。デポジットのあまりの高さに驚くかも知れませんが、この計算方法を説明します。

ETCパーソナルカードの、デポジットの計算方法

まず「2つの計算方法」があります。

  • 利用月額の「平均」か、
  • 利用月額の「最高」か、
  • どちらかで見る

ということですね。どちらか「高い方」で決まります。で「平均」で見る場合は、

  • 1.その月額を「5000円」単位で切り上げる
  • 2.たとえば月額「6000円」だったら「1万円」になる
  • 3.月額「10010円」だったら、「1万5000円」になる

ということ。で、こうやって「切り上げた、平均月額」を出して、「その月額を4倍」します。たとえば平均の利用月額が「12000円」だったら、

  • 1.まず「1万5000円」に切り上げる
  • 2.その「4倍」なので、
  • 3.「6万円」になる

ということ。これを「最高利用月額」の方と比べるわけですね。最高の利用月額は「2万円単位」で切り上げます。たとえば、

  • 4万1000円だったら「6万円」
  • 3万9000円だったら「4万円」

という風です。「2万円・4万円・6万円・8万円…」という区切りで「次の区切り」に自動的に決定するわけです。

計算の具体的な例

で、具体例で計算しましょう。

  • 平均…6000円
  • 最高…4万5000円

という利用月額の人は、下のような計算になります。

  • 平均…4万円(1万円に切り上げて、それを4倍)
  • 最高…6万円(2万円単位で切り上げるので)

で、「高い方」を選ぶので「この人の場合は、6万円のデポジット」となります。

デポジット(保証金)は戻って来る?

これはデポジット(保証金)なので、もちろん戻ってきます。また、紛失したら、戻ってこないということもありません。(つまり、紛失しても、預けたデポジットは、ずっとあちらに保管されている…ということです)

ただ、紛失した場合は、当然再発行の手数料はかかります。これは「1234円」です。(後々変更があるかも知れませんが、クレジットカードの再発行の手数料なども、大体どこもこのくらいなので、大きくは違わないでしょう)

デポジットは、何のためにあるのか?

これは「その金額の8割までしか、利用できない」とするためです。つまり、

  • 無審査で発行するので、利用者を信用できない
  • だから「先にお金を預かる」
  • で、「この金額の8割までは、自由に使っていいですよ」と言う
  • それだったら、もし翌月銀行口座から引き落としできなくても、
  • 「預かったデポジット」から天引きすればいい

ということです。要は「人質」のようなものですね。「質屋の現金バージョン」です。

結論…ETCパーソナルカードは、かなり不利

つまり、ETCパーソナルカードは、

  • デポジット…5万円前後
  • 年会費…1200円

がかかり「かなり不利」ということ。これがクレジットカードのおまけで発行される「ETC専用カード」だったら、両方無料ですからね(デポジットも、年会費も)。

では、何のためにETCパーソナルカードがあるのかというと、

  • ブラックリストに入っていて、
  • クレジットカードに付帯するETC専用カードは、
  • 発行したくてもできない

という人のためのものです。つまり「やむを得ず」使うものですね。なので、

  • 普通の「クレジットカードの審査に通る人」であれば、
  • クレジットカードに申し込んで、
  • そっちの「ETC専用カード」を発行すればいい

ということです。(クレジットカードの審査に申し込んだからと言って「クレジットカード一体型」を発行しなければいけない…というわけではないので)

「ETC専用カード」のメリット・デメリット

ここまで書いてきた「ETCパーソナルカード」と比較して、クレジットカードに付帯してくる「ETC専用カード」のメリット・デメリットは何か。これは、

  • メリット…ポイントが貯まる、年会費・デポジットが基本的に無料
  • デメリット…審査がある

となります。つまり審査に通る自信さえあれば、断然こちらの「クレジットカードに付帯する」ETC専用カードの方がいいわけです。上にも書いた通り、「ETCパーソナルカードは、あくまでやむを得ず発行するもの」なんですね。

ETC専用カードでも、ポイント・マイルは貯まるのか?

これは貯まります。「専用カード」といっても、

  • クレジットカードの決済と、切り離したわけではない
  • その「利用分」は、クレジットカードの買い物などと、合算される

ということ。そして、

  • ただ、車のETC車載器に差し込んでいる、
  • 「このカード」が、ETC専用になっている…というだけ

というだけの話なんですね。なので、ETC専用カードでも、ポイント・マイルはしっかり貯まるので、安心してください。

イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)の概要

イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)

イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)の詳細情報はこちら

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
審査難易度 ランクE 初級クラス
発行期間 約3週間

クレジットカード一体型のメリット

クレジットカード一体型のETCカードのメリットは、カードを2枚持ち歩かなくていいということ。つまり、

  • ただドライブして終わりではなく、
  • その先での買い物もすべてカードだけでできる

というわけですね。「いや、財布にクレジットカードも入れておけばいいじゃん」と言ったら、まったくその通りです。ただ、

  • 大抵の人の財布は、
  • そうやってカード類でメタボになっていく

というのはわかるでしょう。別にメタボでない人はいいのですが、すでに「カードで財布がパンパン」という人は、

  • ポイントカードでも、
  • クレジットカードでも、
  • できるだけ減らして、
  • 財布の中身を常に把握できるようにした方がいい

といえます(実は、私はその真逆の状態なので、自戒を込めて書いているのですが…)。

財布の中身の整理は、人生につながる?

『執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学』という新井直之氏の書籍を読んでも、「大富豪は、財布の中身が整然としていて、凡人以上に、中身をよく把握している」ということが書かれています。(ちなみに、ここでいう大富豪というのは「資産50億円以上」の人々です。「5億円」ではありません)

財布の中身に限らず、大富豪は「徹底して断捨離をする」そうです。庶民のように「必要かも」と思って、何かを大事にとっておく…ということがないんですね(これは我々でも、たとえばゴミ屋敷の住人と自分を比較すれば、断捨離の重要さがよくわかるでしょう)。

財布の中の無駄なカードを整理しませんか?

「でも、大富豪は金持ちになったから、それができるんだ」と思うかも知れませんが、それは真逆です。「最初からそれができる人だったから、大富豪になれた」のです。(別に大富豪でなくてもいいですが、成功者というのはえてしてそういうものです)

「成功する人がとるような行動」を、

  • 無意識にとっていた(これは天才)か、
  • 意図的に学んでとっていた(これは努力家)かは人それぞれですが、
  • とにかく「先に行動」があって、
  • それから「結果」がついてきた

ということ。なのでたかが「2枚持ち歩かなくていい」というだけのメリットのようですが、これは意外と「生き方の根本に関わる」ものなのです。

無駄を削ぎ落とすことで迷いが無くなる。無駄も無くなる

大げさなと思った人、正解です。ただしそれでも人間の一挙手一動足や、すべての選択に実は「生き方」が現れている…ということを、よく意識した方がいいでしょう。たとえば『葉隠』などは武士道の本なのに「あくびの押さえ方」までいちいち細かく指南しています。

また、日本史にも出てくる、「正法眼蔵」(禅宗の開祖・道元の書物)は、「洗面の巻」で歯磨きの仕方、「洗浄の巻」でトイレの仕方…、という風に、「生活の作法」を、実に細かく指導しています。「幼稚園児の本か」と思うかも知れませんが、そのくらい「生活のすべての動作が、人間の心を作る」と、彼らは考えていたわけです。

(道元や葉隠の山本常朝が絶対に正しいとは限りませんが、自分と比較して、どちらのスケールが大きいかを考えると、私は彼らの考え方を取り入れた方が「得」だし「楽」だと思います。間違っても、戦って勝てる相手ではないですし。笑)


…と、こういう哲学的なことを書いたのは、

  • 「カードの枚数を減らす」というのは、
  • 要するに「断捨離」である
  • 断捨離は「自分の人生のエネルギーを、一点に集中させる」習慣につながる
  • ↑(というより、日常生活でこれをしていない人が、仕事でできるわけがない)
  • なので、クレジットカードの情報サイトで書かれている
  • 「2枚持ち歩かなくていい」というだけのメリットには終わらない

ということです。繰り返しますが、これが大げさでないことは、道元や葉隠を見ての通りです。ETC一体型でも、断捨離でも、無駄を削ぎ落とすことは人生の見晴らしを良くします。

ETC/JCBカードの概要

ETC/JCBカード

ETC/JCBカードの詳細情報はこちら

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
審査難易度 ランクC 一般クラス
発行期間 最短5営業日

ETCカード(クレカ付帯)のチェックポイント

クレジットカード付帯のETCカード(一体型・専用型、どちらでも)を発行する時、チェックすべきポイントは何か。これは、

  1. クレジットカード自体の年会費(発行手数料)
  2. ETCカードの手数料・年会費(専用型の場合)
  3. カーライフに関する特典(欲しければ)

となります。まず、当然重要なのは「1.」です。ETCを利用してもしなくても、クレジットカードの年会費は必ず関係しますからね(といっても、最近はほとんどのクレジットカードが年会費が実質無料ですが)。

で、「2.」ですが、これもクレジットカード付帯型なら、大体無料です。つまりETCカードで年会費がかかるのは、先に書いた「ETCパーソナルカード」だけ…ということです。

「3.」については特に重要ではありません。クレジットカードは大体何かしらのメリットがあるので、特にカーライフにこだわる必要はないでしょう。ただ、

  • ドライブの時間が長いので、
  • 特典の中でも特にクルマ関連が嬉しい

という人にとっては、大きなメリットといえます。

高還元率のETCカード(クレジットカード)一覧

高還元率というのは「ポイント・マイルが、たくさん貯まる」ということ。で、そういうETCカードを一覧にすると、

という4種類になります。詳しい解説はこちらの記事(高還元率ETCカード比較)でも書いていますが、ここでも簡単に解説していきます。

ライフカード(年会費無料)

ライフカード(年会費無料)のメリットは、下の通りです。

  • 誕生月のポイント還元率が高い(2.5%)
  • 入会後1年間、ポイントが1.5倍になる
  • 消費者金融系のカードなので、入会もしやすい

ということです。簡単に書くと、

  • 誕生月
  • 最初の1年
  • 審査

の3点で有利…ということですね。

誕生月の還元率の高さは、すべてのクレジットカードで最高

「高還元率のクレジットカード」はライフカード以外にもあります。しかし誕生月の還元率では、圧倒的にライフカードが有利なんですね。

クレジットカードマニアの方でも「誕生月に使い倒すためだけに、ライフカードを持っている」という方もいるくらいです。具体的にどのくらい高還元率なのかというと、

  • 高還元率のクレカというのは、
  • 大体「1%」である
  • ライフカードの「誕生月」は「2.5%」である

ということ。つまり、

  • 「高還元率のクレジットカード」の、
  • 実に「2.5倍」の還元率

ということですね(誕生月は)。なので「このためだけに持っている」というマニアの方も多いのです。つまり、

  • ライフカードを「メイン」にする必要はないが、
  • 「サブカード」として持っておくと、何かと得する

ということ。なので、現時点ですでにクレジットカードを持っている方でも、この特典のためにライフカードを発行する…というのはありでしょう。審査もアイフルがしている「消費者金融系」のクレジットカードなので、比較的審査基準が優し目になっています。

以上、さらに詳しい解説は下記へ。特に「最強のサブカード」が欲しい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ライフカード<年会費無料>の概要

ライフカード年会費無料

ライフカード<年会費無料>の詳細情報はこちら

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
審査難易度 ランクF 初心者クラス
発行期間 最短3営業日

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)のメリットをまとめると、

  • 常に1%の還元率
  • 最初の半年は「2%」の還元率
  • Amazonの買い物は、常時「2%」
  • ↑(最初の半年のAmazonは、常時「3%」

ということ。つまり、

  • 「1%」なので、いつでも高還元率だし、
  • さらに最初の半年は、
  • 他の「高還元率カード」の2倍~3倍

ということです。また、Amazonなら「常に他の2倍」ということですね。なので、特にAmazonでの買い物が多い人は、Orico Card THE POINTがおすすめといえます。

Amazonだったら、書籍でも食料品でも衣類でも何でも買えるので「全部の買い物を、ここで集中させる」というのもやりやすいですからね。高還元率のクレジットカードのメリットについて書く記事でよく、

「すべてのショッピングを、これに集中させれば」

…という一文が出てきますが、たとえばそれが「コスモ石油」だったりすると、集中させるのは無理なわけです。(石油を食べて生きていくわけにはいきませんからね。笑)

その点、「有利なショッピングの先」がAmazonであるOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、「高還元率の設定を、活かしやすい」という点でもおすすめです。

(ちなみに、私もAmazonでかなり買い物しまくる人間なので、これはいいなと思っています。ブラックリストなので、審査は通らないですが。笑)

さらに詳しいまとめは下記の記事へ。Amazonのヘビーユーザーの方など、ぜひ参考にしてみてください。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の概要

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の詳細情報はこちら

年会費 無料
ポイント還元率 1.0%
審査難易度 ランクE 初級クラス
発行期間 最短8営業日

JCBドライバーズプラス一般カード

JCBドライバーズプラス一般カードのメリットは、

  • クルマ関連の費用について「キャッシュバック」がある
  • 最大「6000円」戻ってくる

ということです。つまり月々のクルマ関連の費用が、6000円安くなるということですね。年間に完済すれば「7万2000円」得する…というわけです。これは大きいですね。

具体的に書くと、

  • クルマ関連の費用について、
  • 上限「2万円」までは、キャッシュバックの対象になる
  • で、このキャッシュバックは「全額」ではなく、
  • 人によって「パーセント」が決まっている

ということ。で、この「パーセント」が、最大で「30%」なのです。なので、

  • キャッシュバックの率が「30%」に設定されている人は、
  • それで月2万円、クルマ関連に使ったら、
  • 6000円がキャッシュバックされる(現金で)

ということなんですね。逆に言うと、

  • 「キャッシュバックの率が低かったら」
  • 同じ「2万円」を使っても、6000円戻ってくるとは限らない

ということ。この辺は、その人の利用実績などにもよるでしょう。それでも「最大で6000円戻ってくる」というのは、かなり大きいです。

高還元率のクレジットカードでも、ここまでは戻らない

月々6000円キャッシュバックされるということは、たとえば「還元率1%」のクレジットカードだったら「月、60万円の決済をする」ということ。つまり「年間720万円の買い物をする」ということです。税金などの支払いは別になりますから、この人は単純計算で「年収1000万円は超えている」ということですね。

年収1000万円は、日本人の上位5%~7%くらいなのですが、そのくらいのレベルの消費をしないといけないのです。つまり「月々6000円戻ってくる」というのは、かなり大きいわけですね。

車を使い倒す人だったら、おすすめ

ただ、この「JCBドライバーズプラス一般カード」の「超高還元率」は、あくまで、「クルマ関連」の費用に限定されている…という点に注意が必要です。つまり、

  • 車に乗らない人には、メリットがない
  • 乗りまくる人には、ものすごいメリット

ということ。要は「完全にドライバー向けに特化した」クレジットカードということです。(そもそも、名前がドライバーズプラスですしね)

なので、よくETCカードがついてくるクレジットカードの中でも、特に「運転しまくる」「クルマ大好き」という人であれば、間違いなくこの「JCBドライバーズプラス一般カード」にするといいでしょう。

(JCBドライバーズプラス一般カードについては、下のページでもさらに詳しく、すべてのスペックを紹介しています。運転が好きな方は、ぜひ参考にしてみてください。↓)

JCBドライバーズプラス一般カードの概要

JCBドライバーズプラス一般カード

JCBドライバーズプラス一般カードの詳細情報はこちら

年会費 オンライン入会で初年度無料、年会費1,250円+税※条件付き無料
ポイント還元率 0~30%
審査難易度 ランクC 一般クラス
発行期間 最短5営業日

ポケットカード P-one Wiz

ポケットカード P-one Wizのメリットは、

  • 実質「1.5%」の還元率(仕組みは後で説明)
  • nanacoへのチャージでも、ポイントが貯まる
  • だから、税金類の支払いでも、ポイントが貯まる

ということです。まず「実質1.5%」の計算について書きます。

買い物が「1%割引」で、さらにポイントが「0.5%」つく

箇条書きすると、

  • ショッピングの値段…1%割引
  • さらにその値段に…0.5%のポイントがつく

ということ。なので「得した分」を合計すると、大体1.5%になる…というわけですね。正確には、

  • 買い物の段階で、1%割引きされている
  • つまり、値段が「99%」になっている
  • その「99%」に対しての「0.5%」である
  • なので、合計すると「1.49%」くらいになる

ということ。しかしほぼ1.5%と考えていいでしょう。(計算してみるとわかりますが、このくらいの差は、誤差の中の誤差…といってもいいくらいのものです)

なので、ポケットカード P-one Wizは、大体「実質1.5%」の還元率と言えるわけですね。で、通常の「高還元率」は1%のことなので、

  • 高還元率の「1.5倍」の状態が、
  • 常に継続して続く

ということなのです。

nanacoへのチャージでもポイントが貯まる

これは非常に大きいです。ポイントをまとめると、

  • nanacoは、セブンイレブンなどで使える電子マネーである
  • 電子マネーは「現金」に近いので、
  • 大部分のクレジットカードは「チャージ」はできても、
  • それに対して「ポイント」はつかない

ということ。「現金」を買ってポイントが付くなら「錬金術」になってしまいますからね。極端な話、

  • 大富豪が「1億円」のチャージをして、
  • 「1%」の還元率だったら、
  • 何もせずに「100万円儲かった」のと同じ

ということです。これはまずいということで「電子マネーへのチャージは、ポイントが付かない」というクレジットカードが多いのです。

しかし、ポケットカード P-one Wizだったら、それがつくわけですね。利用金額の上限はさすがにあるでしょうが、一般人の使い方であれば、まったく問題ありません。そして、nanacoにチャージする時の還元率は「0.5%」となっています(通常の買い物と同じですね。値段の割引「1%」はなくなる、ということです)

nanacoにチャージできると、税金が払える

一番大きいのはこれです。ポイントをまとめると、

  • 税金はクレジットカードでは払えない
  • しかし、セブンイレブンで「nanacoで」払うことはできる

ということ。で、多くの人は、

  • クレジットカードでnanacoにチャージする
  • それでセブンイレブンに行く

と言う方法を試みます。しかし、

  • ほとんどのクレジットカードは、
  • nanacoへのチャージでは、ポイントが貯まらない
  • つまり、チャージした意味が、特にない

ということです。もちろん、

  • 現金がないけど、
  • 税金の支払いが迫っている人が、
  • これで税金を払う

という意味だったら、メリットがあります(クレジットカードの現金化みたいですが)。


…と、ここまでは「他のクレジットカード」の場合です。で、ポケットカード P-one Wizだったら、

  • まず、nanacoにチャージする(他と同じ)
  • で、ここでポイントが「貯まらない」はずが、
  • ポケットカードは「貯まる」ので、
  • それでセブンイレブンに行き、
  • 税金の支払いを済ませ、
  • 溜まったポイントで、贅沢にワインを買える

ということです。いや、ワインは買わなくてもいいですが、要するに「税金を払って終わり」ではない、ということですね。ふるさと納税のように「おまけ」がついてくるわけです。

(今気づきましたが、ふるさと納税とさらに合わせたら、ダブルで得するかもですね。もちろん、そのふるさと納税の特典が「欲しいもの」であればですが)


以上、さらに詳しい説明は、こちらの記事(ポケットカード P-one Wiz)でもしています。お酒やタバコでも高還元率という点で、特にこうした嗜好品が好きな人にもおすすめです。

JCB EIT(ジェーシービー エイト)カードの概要

ポケットカード P-one Wiz

ポケットカード P-one Wizの詳細情報はこちら

年会費 無料
ポイント還元率 1.0%+0.5%
審査難易度 ランクF 初心者クラス
発行期間 公式サイト参照

まとめ「ETCカード」とは

以上、この記事で書いた内容を箇条書きでまとめます。

ETCカードには、

  1. パーソナルカード
  2. ETC専用カード
  3. クレカ一体型カード

の3通りがある。

  • ②と③は「審査」がある
  • ①は審査がない
  • だからブラックリストでも発行できる

ということ。代わりに①のETCパーソナルカードは、

  • 年会費が1200円と、
  • デポジットが「5万円程度」かかる
  • デポジットがいくらかは人による
  • しかし、大体数万円は覚悟すべき

となります。で、②と③は、

  • ②専用カード…盗難の被害が小さくなる
  • ③一体型カード…カードを2枚持ち歩かなくていい

というのが、それぞれのメリットになります。で、後者のメリットについては、

  • ただ財布が軽くなる、程度ではなく、
  • お金持ちほど、財布の整理が完璧だし、
  • そもそも、人間が成果を出すには「断捨離」が必要なので、
  • その一部としての、メリットがある

ということです。(もちろん、専用型は専用型でおすすめですが)

そして、高還元率のETCカード(が持てるクレジットカード)は、

などがおすすめ…ということです。で、それぞれのメリットは、

  • ポケットカード P-one Wiz…常時1.5%(実質)、nanacoでもOK
  • JCBドライバーズプラス…最大6000円、現金でキャッシュバック(クルマ関連)
  • Orico Card THE POINT…Amazonで、2%~3%
  • ライフカード…誕生月で2.5%、全クレジットカードで、最強

ということです。高還元率のETCカードを探している方など、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP