クレジットカードの自転車保険とは?子供も家族もカードの個人賠償責任保険でカバーできる!?

自転車と歩行者の人身事故イメージ

クレジットカードで「自転車保険」がかけられるのをご存知ですか? クレジットカードには「個人賠償責任保険」という保険をかけられるものがあります。「個人賠償責任保険」とは、他人にケガをさせてしまった、物を壊してしまったなど、日常のトラブルを補償してくれる保険のこと。

わざわざ保険会社で「自転車保険」に加入するよりも、クレジットカード会員が加入できる「個人賠償責任保険」で「自転車保険」もまかなった方がお得だったりするんです。クレジットカードで利用できる「自転車保険」について解説します。

自転車事故を補償する「自転車保険」とは?

自転車保険はクレジットカードの個人賠償責任保険で代替できる!

「自転車保険」というのは、消費者にわかりやすいように便宜上使用されている通称です。正式には、個人賠償責任保険に入院保険などがプラスされてセットになっている保険商品のことです。これを保険会社が自転車ユーザーに対して販売しているため、「自転車保険」という名称が使用されています。

自転車保険とは、あくまでも「個人賠償責任保険+入院や手術費用をカバーしてくれる保険」がセットになったもののことを指します。

一般の自転車保険=個人賠償責任保険+入院や手術費用を補償する保険

最近、各自治体で増えている自転車保険の加入義務付けは、主にケガをさせてしまった相手への賠償をカバーする個人賠償責任保険が対象です。自分の入院などを補償してくれる保険などについてはあくまでも任意加入で大丈夫です。

こうした個人賠償責任保険は、特約として火災保険や自動車保険に付帯されているケースもありますので、今一度保険内容を見直してみるのもおすすめです。

自転車保険はクレジットカード付帯保険が最も安くコスパが良くておすすめ!

この個人賠償責任保険ですが、実は保険会社でなくても加入することができます。それがクレジットカードです。別途、申込みが必要となりますが、各クレジットカード会社が損保会社と提携してカード会員向けに販売している保険です。そのためクレジットカードの個人賠償責任保険は一般の自転車保険よりも割安感の高い保険として人気が高まっています

自転車保険の義務付けは個人賠償責任保険のみ!付帯保険でカバー可能

保険会社の販売している自転車保険(個人賠償責任保険+入院保険など)ですと、本人型で年間4,000円前後、家族型なら年間7,000円前後かかります。しかし、クレジットカードの個人賠償責任保険なら家族型でも年間3,000円ほどで済みますし、個人賠償責任保険だけでも入院や手術費用などの補償が付帯するタイプもあります。クレジットカードの個人賠償責任保険の方が保険会社よりもコスパが高くおすすめです。

大阪や名古屋、埼玉でも「自転車保険」の加入が義務付けられてます!

近年では、自転車保険加入の重要性が非常に高まっています。なぜ自転車保険の加入が重要なのかというと、万が一自転車で他人にケガをさせてしまった場合、高額な賠償を支払わなければならない恐れがあるからです。実際、自転車事故で他人にケガをさせてしまい、数千万円の支払いが命じられるというニュースも増えてきています。

自転車保険への加入を義務付けている自治体が急増中

エコ志向の波に乗って自動車から自転車へと切り替える人も増えてきている反面、自転車の増加に伴って自転車事故も増えてきています。こうした背景を受けて、自転車保険への加入を義務付けている自治体もあります。現在、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、埼玉県、鹿児島県で自転車保険への加入が義務付けられています。さらに、神奈川県相模原市、愛知県名古屋市、石川県金沢市などでは市レベルで加入を義務付けています。

その他、東京都、千葉県、群馬県、福岡県、熊本県、徳島県、愛媛県、鳥取県などでは、自転車保険の加入こそ義務付けてはいないものの、「努力義務」というかたちで加入を推奨している地域もあります。これら努力義務を採用している自治体に関しては、いずれ加入が義務付けられる可能性もありますし、これ以外の地域でも加入義務付けの検討がなされているところもあります。加入義務付けとなるエリアは、今後さらに拡大していくと見込まれます。

自転車保険の位置づけ 自治体名
加入が義務付けられている自治体 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、埼玉県、鹿児島県、神奈川県相模原市、愛知県名古屋市、石川県金沢市など
加入が努力義務になっている自治体 東京都、千葉県、群馬県、福岡県、熊本県、徳島県、愛媛県、鳥取県

自転車保険利用者におすすめのクレジットカード3選

JCBは日常生活賠償プランと自転車プランが選べる

ポケット保険は自由設計!自転車コースも選べる

ネットでかんたん保険は自転車プランも豊富

クレジットカード付帯の自転車保険がおすすめな方

日常的に自転車を利用する方!近い将来全国で自転車保険加入の義務化が加速する!現在未加入ならすぐにでも加入しよう

先にもご紹介したように、自転車保険(個人賠償責任保険)の加入義務化が全国へと波及しています。近い将来、今よりもさらに多くの自治体で加入の義務化が促進されていくことになります。現在、加入義務化へ向けた検討が行われている自治体も相当数に上りますので、日常的に自転車を利用している方は今のうちから個人賠償責任保険の加入を検討しましょう。

わざわざ保険会社の自転車保険へ加入しなくとも、手持ちのクレジットカードで加入できる個人賠償責任保険は手頃な掛け金で加入できるので非常におすすめですし、申込みもWebサイトの会員ページから簡単に行うことができます。いずれは必ず検討しなければならない個人賠償責任保険への加入ですから、現在未加入ならすぐにでも加入しておきましょう。

すでに自転車保険に加入しているが見直しをしたい方!クレジットカードの個人賠償責任保険なら保険会社よりも割安

現在、保険会社の自転車保険に加入している方でも、「もう少し保険料を低く抑えられないか?」と考えているケースも多いでしょう。そんな方にもぜひ、保険会社の自転車保険からクレジットカードの個人賠償責任保険へと見直しをおすすめします。

保険会社の自転車保険と、クレジットカードの個人賠償責任保険を見比べても、クレジットカードの個人賠償責任保険の方が保険会社の自転車保険よりもほぼ半額に近い負担で済みます。現在加入中の自転車保険を見直すなら、クレジットカードの個人賠償責任保険も候補に入れておきましょう。

家族全員をカバーできる自転車保険を探している方!クレジットカードを使っているなら個人賠償責任保険に加入しないと損!

通勤や通学で家族全員が自転車を利用しているという世帯も珍しくありません。そのため、家族全員をカバーしてくれる自転車保険への加入を検討している世帯も多いはずです。東京都内だけで見ても、マンションに設置されている自転車置き場はスペースが足りずに自転車で溢れかえっているところもありますし、2階建て以上の自転車置き場を設置しているマンションも少なくありません。また、2台目以降の自転車に関しては1台につき年間数千円もの駐輪代を徴収するマンションもあります。

自転車保険は保険会社で契約するのが一般的!でも見直せますよ!

地方ではとても考えられないような状況ですが、それだけ1世帯ごとの自転車保有台数も増加している証拠ですし、地方都市でも自転車を利用する人の割合はかなり増えてきています。それに伴って自転車による交通事故――それも自転車側が加害者になってしまう事故が急増しています。子供の運転する自転車が事故を起こし、保護者に数千万円もの賠償が命じられた例もあります。

クレジットカードの個人賠償責任保険なら家族全員をカバーすることができますので、現在クレジットカードを利用しているなら個人賠償責任保険への加入は検討しないと損です。手頃な掛け金で家族全員の万が一をサポートしてくれるのですから、利用しない手はありません。

自転車保険はクレジットカードの個人賠償責任保険でカバーできる

意外な盲点!クレジットカードの個人賠償責任保険なら保険会社の自転車保険に加入するよりお得

一般的な認識としては、「自転車保険の加入=保険会社」といった認識がありますが、クレジットカードにも個人賠償責任保険を付帯させることができます。自転車保険と個人賠償責任保険とは名称が異なるため不安を覚える方もいるかもしれませんが、個人賠償責任保険でも自転車事故による賠償を補償してもらうことができます。自転車保険と個人賠償責任保険の大まかな定義は以下のようになります。

個人賠償責任保険 日常生活において、本人もしくは家族の誰かが他人の物品を損壊させてしまったりケガ等をさせてしまった場合、法律上の損害賠償責任を補償してくれる
自転車保険 保険会社が自転車ユーザーに向けて販売している保険商品の通称。一般的には、個人賠償責任保険と本人のケガや入院費用を補償してくれる保険とがセットになっているものを指す

個人賠償責任保険の場合、自転車を運転中に誰かをケガさせてしまったりした場合の補償はカバーしてもらえますが、保険会社の自転車保険のように本人や家族のケガや入院をカバーしてくれる保険がセットになっていないという点で違いがあります。これが、一般的な個人賠償責任保険と自転車保険との違いです。

死亡・後遺障害ほか入院・手術補償が付帯する個人賠償責任保険などバリエーションも豊富!もちろん家族型もある!

しかし、クレジットカードに付帯されている個人賠償責任保険の場合は、保険会社で扱う自転車保険と同じように、本人や家族の死亡や後遺障害ほか、入院や手術費用までカバーしてくれるタイプもあります。しかも保険料は保険会社の自転車保険よりも手頃な価格となっているため、家計の負担も少なく済みます。

当然、家族全体をカバーしてくれるタイプもあります。各カード会社によって補償内容などバリエーションが異なりますので、お持ちのクレジットカードにどのような個人賠償責任保険を付帯させることができるのか、まずはチェックしてみましょう。

クレジットカードの個人賠償責任保険なら加入も手軽!会員ページからラクラク申込みできる

何より、クレジットカードの個人賠償責任保険は加入手続きもカンタンです。クレジットカードさえあれば会員専用のWebページから申込むことができます。保険会社のような煩わしい加入手続きが必要ないのがメリットです。

保険会社の自転車保険は月3,000円~!クレジットカードの個人賠償責任保険なら年3,000円~で済む!

保険会社の自転車保険では、高いところなら月々の保険料が3,000円程度は必要です。保険会社の自転車保険も安いところなら年間4,000円程度から加入できるものもありますが、クレジットカードの個人賠償責任保険なら年間で3,000円程度で済みます。

例えば、三井住友VISAカードの「ポケット保険」なら月額140円~、JCBの「トッピング保険」なら月額150円です。年間1,000円台で万が一の自転車事故に備えられるのですから、これほどコスパの高い保険もありません。

自転車保険に加入する理由とは?自転車乗車時の事故に備えて安心を手に入れる

自転車保険の加入を義務付ける自治体が増えています

冒頭でも述べましたが、現在では自転車保険の加入を義務化している自治体が増加傾向です。その理由は言うまでもなく、自転車による重大な事故が増加し、加害者側が高額な賠償命令を受けるケースが相次いできているからです。

高額な賠償金を支払わなければ被害者は泣き寝入りするしかありませんし、逆に加害者も高額賠償金を負担することで生活すらままならなくなってしまいます。こうした被害者の保護や加害者の負担を軽くするという意味でも、自治体単位で自転車保険加入を義務付けているのです。

現在、自転車保険の加入を義務付けているのは以下の府県です。

  • 埼玉県
  • 滋賀県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 鹿児島県

また、市区町村単位では以下の自治体が自転車保険の加入を義務付けています。

  • 仙台市
  • 名古屋市
  • 金沢市
  • 相模原市

これらの自治体は条例によって自転車保険の加入を義務付けていますが、条例によっては地域住民だけでなく、その地域で自転車に乗るすべての人が対象になる可能性もありますので注意が必要です。

さらに、加入を義務付けてはいないものの、できるだけ加入するように勧めている自治体もあります。これは「努力義務」とも呼ばれます。

  • 東京都
  • 千葉県
  • 群馬県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 鳥取県
  • 福岡県
  • 熊本県

このほか、仙台市を除く宮城県の自治体や北海道などで加入義務化の導入準備が進められています。

万が一自転車乗車時に人身事故を起こすと高額な賠償が発生するリスクがある!

事故による高額な賠償金支払いと聞くと、どうしても自動車にばかり目が行きがちですが、実際には自転車による事故で高額な賠償金支払い命令が下された事例も複数あります。

記憶に新しい事例としては、2017年に川崎市で起きた自転車事故。70代の女性が女子大生の運転する電動アシスト自転車とぶつかって死亡してしまった事故です。自転車を運転していた女子大生は、片耳にイヤホンをして、両手にはそれぞれスマホと飲み物を持っていたのです。これで事故が起きてしまえば過失は免れません。この事例の賠償金は2,000万円はくだらないとも言われます。

それ以外にも、

  • 小5の乗った自転車が歩行者と衝突し歩行者は寝たきりに。少年の母親に約9,500万円の賠償命令
  • 信号無視の自転車が交差点で中年女性と衝突し女性は後に死亡。加害男性に約5,400万円の賠償命令
  • 夜間に無灯火で携帯を操作しながら自転車を運転していた女子高生が中年女性と衝突し被害者は重大な障害を負った。加害者側に5,000万円の賠償命令

これ以外にも、3,000万円~4,000万円という高額な賠償金支払い命令のくだされた事例が複数あります。いずれも、無灯火や無理な交差点への侵入といった過失が招いた悲しい事故です。

万が一にも家族の誰かが、何らかの過失で事故を招いた際には高額な賠償金というリスクが常に付きまとうことを意識しておくことも重要です。そのために、自転車保険への加入が大事なのです。

自転車も車両!過失割合が大きければ賠償リスクも高くなる!だからこそ自転車保険が必須!

道路交通法では、自転車も車両だと定義されています。厳密には「軽車両」に分類されています。自転車なら歩行者用道路を通行してもいいと思われている方も少なくありませんが、車両と位置づけられている自転車は、原則として自動車と同じ車道を通行しなければなりません。もちろん、例外的に車道でも自転車通行OKの場合もありますが、特別な標識のない場所であれば、自転車は車道を通行するのが基本です。

自転車も車両である以上、事故の際の過失割合も必然的に歩行者よりも高くなります。過失割合が高ければ高いほど、賠償リスクもどんどん膨れ上がります。自分の運転技術を過信していると、いざという時に高額な賠償に対応できなくなる恐れもあります。加害者側のリスクだけでなく、被害者がにも悲しいリスクを背負わせることがないように配慮するのも運転する側の義務です。そのためにも、自転車保険が必須なのです。

クレジットカードの個人賠償責任保険に加入する際の注意点

クレジットカードへ入会しても個人賠償責任保険の加入には別途申込みが必要

クレジットカードの個人賠償責任保険は、カードへ入会すれば自動的に付帯されるものではありません。加入には、別途申込み手続きが必要ですので、その点には注意が必要です。ただし、一度カードへ入会してしまえば、個人賠償責任保険の申込み手続きはWebの会員ページから手軽に申込むことが可能です。

クレジットカードを解約してしまうと個人賠償責任保険も解約になる!

また、せっかくクレジットカード会社の個人賠償責任保険へ加入しても、クレジットカードを解約してしまうと個人賠償責任保険も解約となってしまいます。クレジットカード会社で扱う個人賠償責任保険は、あくまでもクレジットカード会員向けに展開している商品ですので、カード会員の資格を失えば、自動的に解約となります。

クレジットカードの自転車保険まとめ

クレジットカードの個人賠償責任保険は自転車保険の代わりになる!手軽で割安!合理的!

保険会社の自転車保険は、個人賠償責任保険に入院や手術費用などを補償してくれる保険がプラスされているものがほとんどです。しかし、本人のケガよりも被害者への賠償を補償する方が先決ですし、そうした点から考えても、まずは個人賠償責任保険だけでも十分です。

さらに、別途医療保険へ加入しているのであれば、そちらで入院や手術費用をカバーすることも可能ですので、できる限り自転車保険のコスト減を考えるのであれば、保険会社の割高な自転車保険よりも、クレジットカードの割安な個人賠償責任保険の方がコスパ面でも勝ります。

クレジットカードの個人賠償責任保険で自転車事故の万が一を家族まるごとカバーできる!

もちろん、家族まるごとしっかりカバーしてくれますし、クレジットカードさえ解約しなければずっと加入し続けることができます。自転車事故は、「おきない・おこさない」ではなく、「いつでもおこる可能性がある」ということを前提に、万全の備えをしておきましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP