国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

航空機遅延保険とは?補償内容や付帯するおすすめカードを紹介

出発前に航空機の遅延をチェック

飛行機で海外旅行や国内旅行をするときに天候の悪化や機体トラブルで予定の時間に飛行機が飛び立たない場合があります。

このフライトキャンセルはもちろん、航空機の遅延や手荷物の紛失、配達遅延などで被った被害を補償するのが渡航便(航空機)遅延保険です。

クレジットカード会社によって呼び名は異なりますが、どれも遅延・欠航のトラブルで負担した一定の費用を補償するものとなっています。

国内・海外渡航便(航空機)遅延保険とは?

 

航空機の遅延で負担せざるを得なかったホテル代や食事代、必需品の購入費用を補償

一般的に搭乗した航空機が遅延した時や、受託手荷物の紛失などにより、クレジットカード会員が負担せざるを得なくなった食事代やホテル代(客室使用料)、衣服や生活必需品の購入費用などが保険で補償されます。

すべて実際に負担した実費を請求することになるため、単純に1万円や2万円がもらえるわけではありません。

適用条件は海外旅行は自動付帯、国内旅行は利用付帯であることが多い

海外旅行保険は自動付帯の場合が多いですが、国内旅行保険の場合は利用付帯の場合が多いです。国内旅行だけが対象となる場合があるなど、カード会社によって補償条件が違いますので、詳しくは各クレジットカード会社にお問い合わせ下さい。

ちなみにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの航空便遅延費用補償(海外旅行)は一般のゴールドカード等の倍です。1回の到着便の遅延について最高20,000円、受託手荷物の紛失は最高40,000円まで補償されます。

渡航便(航空機)遅延保険の使い方・請求方法

パスポート、チケット、領収書、欠航・遅延証明書を揃えておく

渡航便(航空機)遅延保険はすべて実費での請求になるため、手続きが非常に複雑です。何よりすべての書類を揃えておかなければなりません。具体的には下記です。

  • 欠航証明書(または遅延証明書)
  • 食事代やホテル代の領収書(原本)
  • 航空機のチケットのコピー
  • パスポートのコピー

航空機が実際に欠航や遅延をしたことを証明しなければなりませんし、出国と帰国を証明するパスポートや飛行機のチケットも必要です。

食事代やホテル代はクレジットカードで支払っておけば安心

さらに実際、負担したことを証明するレシートもそろえておきます。ただしレシートは保険金を請求するクレジットカードで支払っておけば証拠が残って安心です。

コーヒー代や軽食、喫茶代なども対象になるので、ここぞとばかりにクレジットカードで購入しましょう。

ここまで用意すれば、帰国後スムーズに請求することができるでしょう。審査の後、おそらく1ヶ月以内には保険金が支払われます。

航空機遅延保険の種類

乗継遅延費用

海外旅行や国内旅行でクレジットカード会員が航空機を乗り継ぐ際に、到着便の遅延によって乗り継ぎが行えなかった場合に乗継遅延費用が補償されます。

ただし1時間~2時間程度の遅延では適用されません。実際の到着時刻から4時間以内に代替となる航空機に搭乗できなかった場合に適用されます。

補償対象は食事代およびホテル代のみ

乗継遅延保険の補償は乗継地点において代替便が利用可能となるまでの間にクレジットカード会員が実際に負担した食事代およびホテルなどの客室料が対象となります。

出航遅延・欠航・搭乗不能費用

海外旅行や国内旅行でクレジットカード会員が搭乗する予定だった航空機にトラブルが発生し、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空機に搭乗できなかった時に、費用が補償されます。トラブル例は下記です。

  • フライトキャンセル(欠航・運休)
  • 4時間以上の出航遅延
  • 航空会社側の搭乗予約受付業務の瑕疵による搭乗不能

補償対象は食事代のみ

補償対象は出発する予定の場所において代替便が利用可能となるまでの間にクレジットカード会員が実際に負担した食事代のみが対象です。ホテル代や生活必需品の購入などは対象とはなりません。

手荷物遅延費用

海外旅行や国内旅行でクレジットカード会員が搭乗した航空機が目的地に到着してから6時間以内に受託手荷物が目的地に届かなかった場合に、手荷物遅延に関する費用を補償します。補償対象は下記です。

  • 必要不可欠な衣類(寝間着・下着など)
  • 生活必需品(洗面道具・剃刀・櫛など)

補償対象は衣服代と生活必需品のみ

手荷物遅延費用の適用条件は厳しく、旅行先でクレジットカード会員が実際に購入した必要不可欠な衣類(寝間着・下着など)の購入費と、洗面用具などの生活必需品の購入・賃貸費用のみが補償対象です。

適用条件は対象となる生活必需品や衣類が含まれていた場合だけ

さらに受託手荷物の中に、クレジットカード会員が持って行く身の回り品のうち、下着・寝間着など必要不可欠な衣類、または洗面道具・シェーバー・櫛などの生活必需品が含まれていなければなりません。ご注意下さい。

手荷物紛失費用

基本は「手荷物遅延費用」と同じですが、時間と保険金額が違います。

手荷物の「紛失」と見做されるのは、航空機が目的地に到着してから48時間以内に受託手荷物が旅行先の目的地に到着しなかった場合です。

補償対象は衣服代と生活必需品のみで金額が増えただけ

この場合、飛行機が目的地に到着してから96時間以内に、クレジットカード会員が実際に負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入・賃貸費用が補償されます。この違いは単に保険金額が増えるというだけです。

渡航便(航空機)遅延保険の補償金額

航便(航空機)遅延保険の補償内容まとめ(国内・海外)
保険名目 補償対象 補償金額
乗継遅延費用 代替便を利用するまでに会員が負担した食事代とホテル代など 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 代替便を利用するまでに会員が負担した食事代(ホテル代除く) 1万円
受託手荷物遅延費用 目的地で会員が負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入・賃貸費用 1万円
受託手荷物紛失費用 目的地到着後96時間以内に会員が負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入・賃貸費用 2万円

渡航便(航空機)遅延保険の適用条件は厳しく決められています

渡航便(航空機)遅延保険の適用条件は細かく規定されていますが、補償費用はすべて1回の遅延の限度額です。

また「乗継遅延」「出航遅延」などの各損害に対して、1万~2万円の補償をしてくれるものがほとんどです。

三井住友カードの規定を見ると、下記の場合、国内旅行でも渡航便(航空機)遅延保険が適用されます(利用付帯)。なお海外旅行の場合は自動付帯となります。

  1. 航空機に搭乗する前に被保険者がその料金を当該カードでクレジット決済いただいた場合
  2. 被保険者がカード会社を通じて航空機の予約を行い、その料金を当該カードでクレジット決済いただいた場合
  3. 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中で、被保険者がその料金を当該カードでクレジット決済いただいた場合

クレジットカードの航空機遅延保険は需要が高まっている

LCCを中心に航空機の遅延が頻発している

日本だけで生活していると、電車や飛行機などは決められた時間に正確に運行されるというのは当たり前ですが、海外においてはそれほど時間通りに物事は進みません。遅れることの方が多いという場合もほとんどです。特に先進国以外の発展途上国の国々では、遅れることが当たり前といったところさえあります。

また、最近では格安航空会社(LCC=Low Cost Carrier:ローコストキャリア)を利用してお得に海外旅行へ行くという機会も増えています。こういう時に海外旅行に強いクレジットカードを持っていると、その欠点をカバーしてもらえるというわけです。

LCCの場合、国内線でも5便に1便は遅延する

しかしピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパンなどのLCCの場合、国内線でも遅延や欠航が発生したりすることがあります。

特にいまはLCCが隆盛になってきたためパイロットの確保が難しく、LCCでは国内でも約20%、5便に1便が遅延や欠航が起こっているというデータもあります。

JALやANAの場合、遅延率は5~6%に抑えられているのに対し、LCCの遅延発生率は突出しています。海外であればなおさらです。

天候の他に整備不良などでも補償が受けられる

飛行機が遅延する利用は様々ありますが、大抵は台風などの気象による影響や飛行機の整備不良などです。この場合海外渡航便遅延保険は適用されますが、地震やそれに伴う二次災害(津波など)の場合は適用範囲外となります。

また、海外では、預けた手荷物がなかなか出てこないなどということもしばしばです。この場合でも保障の対象となります。気になる補償額ですが、通常は1~2万円ほどとなっています。少ないと思うかもしれませんが、宿泊代と食事代で2万円ですから、それほど少額でもありません。2万円あれば十分という場合がほとんどです。

一部の特別なカードは受託手荷物遅延で最高で10万円ほどを補償してくれます。

また、1時間や2時間程度の遅延では保障されません。保険適用には4時間以上という決まりがあります。日本の感覚でいけば、4時間以上の遅延などあり得ないと思うかもしれませんが、これも海外ではしばしばあることです。

また海外渡航便遅延保険の国内版もあり、クレジットカード会社によって国内だけ、海外だけ、国内と海外両方などと条件が決まっています。

航空機遅延保険のクレジットカードまとめ

ほとんどの場合、海外渡航便遅延保険はゴールドカードやプラチナカードなど、ステータスの高いクレジットカードに付帯されています。

しかし海外渡航便遅延保険が付帯されているクレジットカードは限られており、すべてのゴールドカードやプラチナカードに付帯されているわけではありません。

海外渡航便遅延保険は、いざというトラブル時に大いに活用できる付帯サービスです。特に補償の乏しい格安航空会社などを利用する際には是非とも付帯させておきたい保険アイテムです。

航空機遅延保険が付帯しているクレジットカード

様々な保険が付帯で安心のJCBゴールド

JCBゴールド【JCB ORIGINAL SERIES】

海外旅行保険は家族特約付き!日本人のためのゴールドカード
国内最高峰のステータスカード!アメックス、ダイナースに次ぐゴールドカード

詳細を見る

マイルがお得に貯まるANA ワイドゴールドカード

ANA VISA/MasterCard ワイドゴールドカード

最もコスパが高いANAカード!還元率1.0%!空港ラウンジ無料
ANAマイル還元率最高2.0%のANAワイドゴールドカード!

詳細を見る

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points