国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

クレジットカードの国内旅行保険とは?補償内容や利用方法、自動付帯のカードを紹介

国内を旅行する女性3人の女子旅

クレジットカードには様々な付帯保険が用意されています。その中でも特に多いのが、海外旅行中のトラブルを補償してくれる海外旅行保険です。海外旅行へ頻繁に出かける方にとっては重宝する付帯保険ですが、旅行と言えば国内ばかりという方にとってはあまり魅力を感じないかもしれませんね。

実は、クレジットカードの付帯保険には海外旅行保険だけでなく、国内旅行中に起きたトラブルを補償してくれる国内旅行保険が用意されているものがあります。国内旅行に出かける機会が多い方は必見の内容なのでぜひ参考にしてください。

旅行中のトラブルも安心!クレジットカードの国内旅行保険とは?

ゴールドカード以上のクレジットカードに付帯する保険

色々なクレジットカードの付帯サービスをチェックしてみると、海外旅行保険が付帯しているものが多いのに対して、国内旅行保険が付帯しているものは少ないことがわかります。

年会費無料の一般的なクレジットカードにはほとんど国内旅行保険が付帯しておらず、年会費有料のゴールドカード以上のクレジットカードには国内旅行保険が付帯しているので注意が必要です。

クレジットカードを選ぶ際には必ず付帯サービスの内容を確認したうえで、国内旅行保険をメインに検討する場合には付帯の有無をチェックしましょう。

海外旅行保険に比べて範囲がやや狭い

クレジットカードに付帯する海外旅行保険の場合は病気や盗難被害なども補償対象になるのに対し、国内旅行保険は補償範囲が狭くなっています。

クレジットカード付帯の国内旅行保険は、国内旅行中に起こった不慮のトラブルに対して補償するものです。具体的には旅行中に起こった以下のような不慮の事故によって死亡あるいはケガをした場合が補償対象になります。

クレジットカードの国内旅行保険の補償内容

死亡・後遺障害補償

日本は治安が良いため海外と比べると命の危険を脅かすようなトラブルに巻き込まれることは少ないですが、何らかの理由で国内旅行中に不慮の事故に巻き込まれ、死亡あるいは後遺障害が残った場合には所定の補償がされます。

入院・通院補償

国内旅行中に起こった不慮の事故が原因で入院あるいは通院した場合に所定の補償がされます。

この場合、医師が診察を行って治療を行い、入院や通院をした場合が対象になります。ご本人が無理に入院をしたいと希望した場合などは補償対象外です。

手術補償

国内旅行中に起こった不慮の事故が原因で手術をした場合に補償されます。

手術はあくまでも事故による負傷が原因の場合で、病気が原因による手術の場合は補償対象外になります。

クレジットカードの国内旅行保険の適用条件・役立つケース

公共交通機関での事故

国内旅行中は飛行機や電車、バスなどの公共交通機関を利用して移動する場合も多いです。公共交通機関は安全に運行するのが前提ですが、何らかの原因で事故に巻き込まれてしまう可能性もゼロではありません。

国内旅行中に公共交通機関を利用した際に事故に遭って死亡あるいはケガを負った場合は、国内旅行保険の補償対象になります。

マイカーでの事故とタクシーの場合は補償対象とならない

クレジットカードの国内旅行保険で補償対象になるのは、あくまでも公共交通機関利用時なので、マイカーを運転中に事故に巻き込まれたという場合は補償対象になりません。

マイカーの任意保険に加入している場合はそちらで補償されることになります。レンタカー運転時も同様なので注意しましょう。

タクシーの場合は公共交通機関として補償対象になると考えられますが、基本的にはクレジットカードで料金を支払っていた場合のみ補償されます。

例えばタクシーを貸し切っており料金先払いでクレジットカード決済していた場合は補償対象になっても、駅から目的地までタクシーに乗っていて現金で支払おうとしていた場合には補償対象になりません。

ホテル・旅館など宿泊先の火災・事故

旅の疲れを癒すために宿泊施設を利用する機会も多いですが、国内旅行中に宿泊していたホテルや旅館などで火災や何らかの事故が発生して巻き込まれ、死亡またはケガをした場合は補償対象になります。

旅行ツアー参加中の事故

各旅行会社では様々な旅行ツアーを企画していますが、クレジットカードの国内旅行保険は旅行ツアーに参加中に遭った事故全般が補償対象になります。

ただし、クレジットカード決済をした宿泊を伴うツアーが適用条件とされており、日帰りツアーの場合は補償対象外になっている場合が多いです。

本人の過失による傷害はNGになる

  • 旅行会社が企画した旅行ツアーに参加している
  • 旅行代金はクレジットカードで決済している

この条件に当てはまる場合はクレジットカードに国内旅行保険が付帯されているなら補償対象になると考えられます。ただし注意しなければいけないのが、ご本人の過失により発生した事故は対象にならない点です。

例えば、宿泊先のホテルで火災に巻き込まれて火傷を負った場合、上記の条件に合致しているなら国内旅行保険の補償対象になります。でも、火災の発生原因がご本人の寝タバコだった場合、本人の過失による事故なので補償対象外になります。

自らの過失で起こした事故の場合は、いかなる理由があってもクレジットカードの国内旅行保険では補償されないことを覚えておきましょう。

クレジットカードの国内旅行保険を利用する際の注意点

利用付帯と自動付帯がある

クレジットカードに付帯する国内旅行保険は、カードの種類によって利用付帯と自動付帯があります。それぞれの違いは…

  • 利用付帯:クレジットカードの利用状況に応じて付帯するサービス
  • 自動付帯:クレジットカードの利用に関わらず自動的に付帯するサービス

つまり、国内旅行保険が自動付帯の場合は特に問題ありませんが、利用付帯の場合はクレジットカードを使っていなければ補償対象にならないのです。

例えば、国内旅行でタクシーに搭乗中事故に遭った場合、事前にクレジットカード決済していた場合は補償対象なのに、目的地に到着してからクレジットカード決済しようとしていた場合は補償対象外になるのは、国内旅行保険が利用付帯になっていたからです。

クレジットカードに国内旅行保険が付帯している場合は、事前に利用付帯なのか自動付帯なのか、利用付帯の場合はどのような条件で補償対象になるのかを確認しておきましょう。

国内旅行保険付きクレジットカードは選択肢が少ない

国内旅行をする機会が多い方は国内旅行保険が付帯しているクレジットカードに興味をお持ちだと思いますが、実際に探してみると思っていたほど選択肢が多くないという印象を受けるはずです。

年会費無料のクレジットカードに国内旅行保険が付帯しているのはとても珍しく、ほとんどは年会費有料のゴールドカード以上です。かと言ってゴールドカード以上であれば国内旅行保険が必ず付帯しているわけでもないので、国内旅行保険以外の付帯サービスも考慮しながら選ぶことをおすすめします。

入院・通院・手術補償がついてないことが多い

クレジットカードに付帯している国内旅行保険は、死亡または後遺障害が補償対象になっていても、入院や通院、手術に関しては補償範囲ではない場合が多いです。

国内旅行中に死亡や後遺障害が残るような事故に巻き込まれる可能性はかなり低いと言えますが、事故でケガを負って通院や入院、手術が必要になる可能性の方が高いでしょう。

いざという時に十分な補償が得られないのであれば意味がないので、できるだけ充実した補償内容が用意されているクレジットカードを選びましょう。

国内旅行保険が自動付帯するおすすめクレジットカード

クレジットカード付帯の国内旅行保険は、補償条件や内容が各社まちまちです。

年会費や国内旅行の頻度、国内旅行保険以外の付帯サービスなどのバランスを考慮してあなたに合った一枚を選びましょう。国内旅行保険が付帯しているクレジットカードの中でも特におすすめしたいものを5種類紹介します。

三井住友VISAプライムゴールドカード

  • 年会費:5,500円(初年度無料)
  • 国内旅行保険補償条件: 自動付帯(一部利用付帯)
  • 家族の補償:家族カード会員
  • 死亡・後遺障害:最高5,000万円(自動付帯分1,000万円、利用付帯分4,000万円)
  • 入院日額:5,000円
  • 通院日額:2,000円
  • 手術保険金:最高20万円

三井住友カード プライムゴールド

20代限定VISAゴールドカード!海外旅行保険に空港ラウンジ
20代限定のVISAゴールドカード!30歳は三井住友ゴールドカードにランクアップ

詳細を見る

JCB GOLD

  • 年会費:11,000円(初年度無料)
  • 国内旅行保険補償条件: 自動付帯
  • 家族の補償:なし
  • 死亡・後遺障害:最高5,000万円
  • 入院日額:5,000円
  • 通院日額:2,000円
  • 手術保険金:最高20万円
  • 航空機遅延保険:10万円

JCBゴールド【JCB ORIGINAL SERIES】

海外旅行保険は家族特約付き!日本人のためのゴールドカード
国内最高峰のステータスカード!アメックス、ダイナースに次ぐゴールドカード

詳細を見る

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

  • 年会費:1,986円
  • 国内旅行保険補償条件: 自動付帯
  • 家族の補償:なし
  • 死亡・後遺障害:1,000万円

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールド)

Amazon最大3.5%!ポイント還元率に特化したゴールドカード
還元率は常に1.0%以上!最大3.5%以上の高還元率が魅力!

詳細を見る

国内旅行保険付帯クレジットカード選びのポイント

死亡だけでなく後遺障害や手術が対応しているか確認する

国内旅行中に何らかの事故に巻き込まれて死亡したり、後遺障害が残るほどの大怪我を負う可能性は、治安の良い日本ではあまり考えられないレアなケースです。どちらかと言えばケガを負って手術が必要になったり、入院や通院をする可能性の方が高いと言えます。

そのため、あまり利用する機会がないと考えられる死亡・後遺障害の補償だけではなく、必要性の高いと言える手術や入院・通院の補償がきちんと用意されているかを確認しておくことをおすすめします。

家族特約は付くかどうか確認

国内旅行は一人旅ではなく、家族で出かけることが多いという方は、家族特約の有無を確認しておきましょう。クレジットカードに付帯する国内旅行保険の補償対象者は本会員様だけでなく、本会員のご家族も補償対象になる場合があります。補償対象になるケースは、

  • 家族カードを所有している家族会員になっている人
  • 本会員の家族でカードを所有していない人(家族特約)

このどちらかです。

家族カードを持って家族会員になっていなければ補償対象にならないのか、クレジットカードを持っていなくても本会員の家族であれば補償対象になるのかを確認しておきましょう。

そもそも費用対効果に合っているか

そもそもクレジットカードに付帯する国内旅行保険が本当に必要なのかどうかをもう一度考えてみましょう。

海外旅行の場合は、不慮のケガや病気で治療が必要になると医療費が全額自己負担で高額な料金を支払う必要があるため、クレジットカードに海外旅行保険が用意されていると重宝します。

国内旅行の場合は、ほとんどの人が健康保険に加入していることから自己負担額は治療費の一部で済みます。また、個人で生命保険や傷害保険に加入している方も多いため、あえてクレジットカードの国内旅行保険にこだわる必要性がないかもしれません。

クレジットカードに付帯の保険は補償対象条件に合致していなければ補償を受けられない場合が多いことなどを考えると費用対効果の面で疑問を感じられるため、自分の使い方に合っているかをよく考えてみることが大切です。

国内旅行保険付帯のクレジットカードまとめ

クレジットカード付帯の国内旅行保険の必要性は個人差があると言えますが、何も付帯されていないよりは付帯されていた方が安心できるのは間違いありません。

特に国内旅行に出かける頻度が多い方は、重宝する機会が多いと考えられるので、付帯の有無や補償内容を確認してクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

国内旅行保険が利用付帯の場合、「旅行会社が企画するツアーに参加して、その旅行代金をクレジットカードで支払う」のが付帯条件になっている場合が多いため、旅行ツアーに参加する機会が多い方、旅行好きでクレジットカードで決済する機会が多い方なら1枚作っておいても損はないでしょう。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points