国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

クレジットカードの盗難・紛失保険とは?補償条件や使い方を徹底紹介

クレジットカードの盗難・紛失・不正利用に気をつけて

日本で発行されるすべてのクレジットカードには紛失・盗難保険が付帯されています。カードの不正利用に備えるための保険ですが、落ち度があると被害額が補償されない可能性もあります。

紛失や盗難被害に遭った場合に、クレジットカード会社に確実に補償してもらうために、紛失・盗難保険で基本的に知っておきたい事を解説します。

クレジットカードの紛失保険・盗難保険とは?

クレジットカード会社が必ず用意している補償

クレジットカードには紛失保険や盗難保険が必ず付帯しているので大丈夫です。万が一、クレジットカードを不正に利用されても、保険の対象になってきちんと補償されるので安心です。

クレジットカードを無くしたり盗まれたりしても過剰に心配する必要はありませんが、保険の内容や対処法について確認しておきましょう。

クレジットカードのショッピング補償と盗難・紛失補償の違い

ショッピング補償=自分がクレジットカードで購入した商品の被害を補償

クレジットカードの「ショッピング補償」は、自分がクレジットカードで購入した商品が壊れたり、盗まれたりしたときに補償してもらえる保険サービス(動産総合保険)です。

ショッピング保険が付帯しているクレジットカードであれば、特別な保険料の支払いや事前の届け出は必要ありません。自動付帯されます(海外で購入した場合に限る、などの条件が付く場合もあります)。

ショッピング補償は基本的にお店でお買い物をされた場合にのみ限って適用されます。実店舗のないオンライン・ショッピングでは、保険は適用されません。

盗難・紛失補償=無くしたクレジットカードで買い物などをされた際の被害を補償

クレジットカードの「盗難・紛失補償」はクレジットカードそのものを盗まれたり、無くしたりして、第三者に不正利用された場合に、その被害を補償する保険です。

カード利用者はネット補償である「オンラインプロテクション(オンライン不正利用保険)」や「ショッピング補償」などの違いをしっかり把握しておき、ネット通販やプロバイダの契約などをする際には、オンラインプロテクション付きのクレジットカードのみを利用するようにしましょう。

またネット補償に加入する必要がある場合は、加入しておくようにしましょう。

また、クレジットカードに関する情報は絶対に第三者に漏らさないことや、カード自体の保管・管理にもしっかりと気を配りましょう。さらに、カード裏面の署名も忘れてはいけません。これらはあくまでも、利用者が守るべき最低条件として心掛けておくべきことでもあります。

クレジットカードの紛失保険・盗難保険の内容

第三者による不正利用被害を補償

紛失保険や盗難保険は、どちらも第三者によって不正にカードを利用されて被った損害を補償してくれるものです。例えば現金とクレジットカードを入れていた財布ごと落としてしまい、悪意のある第三者に現金とクレジットカードの両方が使われてしまったとします。

この場合、現金は犯人が見つかって弁償しないと取り戻すことはできないので、全額損害になってしまいます。

しかし、クレジットカードの場合は紛失保険あるいは盗難保険が適用されて、第三者に使用された金額が全て補償されます。仮に犯人が見つからなかった場合でも補償されるという大きなメリットがあります。

クレジットカードの紛失・盗難保険がすぐに適用されない場合もある

クレジットカードが不正利用された場合には紛失・盗難保険の補償が適用されるため、クレジットカードの所有者が不正利用分を支払う必要はありません。

しかし、規定の引き落とし日までに不正利用か適正に利用されたものか判断ができなかった場合、通常の利用額と同様に引き落としされる可能性があります

後日、不正利用だったと判明すると返金手続きが行われる流れになりますが、一時的とはいえ不正利用分が引き落としされてしまうのは気持ちが悪いものです。

最悪のケースでは、不正利用分が高額だったため銀行口座の残高不足で引き落としされず、個人信用情報にマイナスの情報が残ってしまう可能性もあるでしょう。

このような事態は避けたいので、必ずクレジットカード会社の担当者としっかり話し合い、速やかに紛失・盗難保険が適用されるように手続きを進めることが大切です。

不正利用なら金額に上限なし

クレジットカードを不正利用された場合、どのくらいの金額まで紛失・盗難保険で補償されるのか気になるものです。ひょっとしたら上限が決まっていて、その金額を超えて利用されるとカード所有者の責任として弁済しなければいけないのではないかと心配する方も少なくありません。

不正利用分の補償金額については基本的に上限がありませんが、クレジットカードにはそれぞれ利用限度額が設定されており、その金額を超えて利用できないことになっています。そのため、クレジットカードに設定されている利用限度額が紛失・盗難保険の補償金額の上限だと考えておくと良いでしょう。

紛失・盗難保険適用期間は不正利用から60日以内

クレジットカードの紛失・盗難保険の適用期間については、不正利用から60日以内と定められています。もしもクレジットカードを紛失または盗まれた事に気付いた場合は、速やかにクレジットカード会社に連絡を入れなければいけません。

60日、つまり約2ヶ月間は猶予があるから余裕があると思う方も少なくありませんが、きちんと利用明細を確認していなければ第三者に利用されていることに気付かないケースが少なくありません。

不正利用されてから60日を過ぎると、保険の補償が適用されないためカード所有者が支払わなければならない可能性が高くなります。

クレジットカードの紛失・盗難保険補償対象日の考え方

クレジットカードの紛失・盗難保険の補償対象になるのは、【クレジットカード会社に紛失や盗難被害に遭ったと連絡を入れた日から遡って60日以内(カードによっては90日に設定されている場合もあります)】になります。

この期間内に第三者が不正利用した形跡が認められた場合が補償対象になります。

保持者に落ち度なく不正利用された場合に適用される

非常に残念なことですが、紛失・盗難保険で補償を受けられるサービスを逆手に取り、実際には自分が使用したものを不正利用されたと偽ってクレジットカード会社に申告するなどの詐欺行為を行う人が存在しています。

このような詐欺行為を見逃さないように、クレジットカード会社では本当に不正利用なのか否かを判断するために綿密な調査を行います。

仮にクレジットカード保持者に落ち度があった場合、不正利用の詐欺行為にクレジットカード保持者自身が絡んでいるのではないか?と疑われてしまう可能性が高くなります。

クレジットカードの紛失保険・盗難保険が適用されないケース

クレジットカードの紛失・盗難保険が適用されないケースとは、クレジットカード保持者に何らかの落ち度があった場合です。具体的にどのような使い方をしていると補償対象外になるのかを確認しておきましょう。

裏面の署名がない

クレジットカード決済をしたときに出てくるレシートに自分の名前をサイン(署名)している人クレジットカードの裏面には本人署名欄がありますが、署名欄にサインをしていないままでは紛失・盗難により不正利用されても補償対象外になるので注意が必要です。

署名欄にサインをするということは、カードの所有者本人であることを証明するものです。基本的なルールを無視してカードを使用していたということは、重大な過失だとみなされて補償対象外になるので注意が必要です。クレジットカードの裏面には必ずサインをしておきましょう。

裏面の署名なしで本人が利用

無署名のカードをお店で利用しようとした場合、「署名がないので利用できません」とお断りされます。悪意のある第三者が不正利用していた場合、無署名のカードを見過ごして決済したという店側の過失が問われてしまうからです。

また、署名なしの状態で利用するのは重大な利用規約違反になるため、クレジットカード所有者の重大な過失とみなされて紛失・盗難保険の補償対象外になります。

他人に貸していた場合

クレジットカードは所有者本人しか使用できません。一緒に生活している家族や、信頼している知人であったとしても使用できません。もし、クレジットカード所有者以外の人に貸していて、意図していなかった使い方をされたという場合も、当然ながら補償対象外になります。

もし家族にクレジットカードを使わせたいという場合には家族カードを作るようにして、第三者に絶対使わせないことが大切です。

警察に届け出していない

女性警察官・婦人警察官クレジットカードを紛失あるいは盗難被害に遭った場合には、速やかにクレジットカード会社へ連絡を入れるだけでなく、警察へ届け出しなければいけません。この手続きを怠った場合、補償対象外になる可能性が高くなります。

実際にはクレジットカードだけを無くすケースは少なく、財布を落としてクレジットカードも無くなるケースが大半です。無くしたことに気付いたら遺失物としてすみやかに警察に届けましょう。紛失届の手続きがなければクレジットカード会社も事故を把握できません。

カード情報のメモを盗まれた

クレジットカード番号を買いたメモいざという時に備えて…という理由で、クレジットカードの番号や有効期限、暗証番号など大事なカード情報をメモやノートに書き残していたり、スマートフォンで記録する人もいますが、これは大変危険な行為です。

ネットショッピングでは実際にクレジットカードを提示しなくても、カード情報さえあればお買い物ができるため、カード情報が盗まれた時点で不正利用の可能性が高くなります。

カード情報が盗まれる可能性を作っていること事態が重大な過失とみなされるため、補償対象外になる可能性も高くなります。

補償適用期間が過ぎている

クレジットカードの紛失・盗難保険の補償対象適用期間は、ほとんどが紛失や盗難被害に遭ったと連絡を入れてから遡って60日間に設定されています。この期間を過ぎて不正利用されていた場合は補償対象外になる可能性が高いです。

特に利用明細を毎月チェックしていない人は、補償対象適用期間を過ぎてしまう可能性が高いので十分注意してください。

暗証番号がわかりやすい

クレジットカードに暗証番号を設定する際、できるだけ忘れないようにするあめ自分の誕生日や自宅の電話番号、マイカーのナンバーなどの数字を設定する人も多いですが、第三者に推測されやすい暗証番号を設定すると不正利用されやすいので注意が必要です。

誰にでもわかりやすいような暗証番号を設定するのは不適切で、過失とみなされて補償対象外になる可能性もあります。

クレジットカードの紛失・盗難保険の使い方

もしもクレジットカードを紛失したり盗まれたりした場合には、きちんとした手続きを行わなければ保険適用されずに補償対象外になる可能性が高くなります。不正利用分は100%補償されるものではないことを頭に入れておき、どのような対応が必要なのか確認しておきましょう。

まずカード会社への連絡する

クレジットカードのオペレータークレジットカードを紛失したり、盗まれたりした事に気付いたら、速やかにカード会社へ連絡を入れてください。不正利用による被害を最小限に抑えるためにも、まずはカードが利用できない状態にすることが大切です。いざという時に備えてクレジットカード会社の連絡先を控えておくと安心です。

もちろんインターネットでもクレジットカード会社ごとに「カード盗難・紛失にあった場合の連絡先」が公開されているので、海外で紛失・盗難されたときも安心です。

次に警察へ届け出する

警察の交番クレジットカード会社へ紛失や盗難被害の連絡を入れてから必ず行うべきなのが、警察への届け出です。クレジットカード会社からも警察でどのような手続きが必要になるのかアドバイスされるはずです。

警察では紛失届あるいは盗難届を提出します。その際に警察から受け取った証明書が、後日保険適用の手続きでも必要な書類になりますので大切に保管しておいてください。その後の手続きについてはクレジットカード会社の指示に従ってください。

補償対象期間が過ぎても諦めない

クレジットカードの利用状況をきちんと把握して不正利用を防ぐという意味でも、毎月利用明細をしっかりチェックするのがクレジットカード所有者の責任でもあります。

しかし、うっかり見落としてしまうことは誰にでも起こり得るもので、不正利用に気づかず補償対象期間が過ぎている可能性もあります。

本来であれば補償対象期間が過ぎた場合は保険適用外になりますが、すぐに諦めずに必ずクレジットカード会社へ連絡をして相談しましょう。

クレジットカードの紛失保険・盗難保険まとめ

クレジットカードを所有している限りは不正利用被害に遭うリスクはゼロではありません。紛失・盗難保険は、安心して利用するためにもクレジットカード所有者にとって必要不可欠な存在です。

不正利用被害に遭ってどうしようもない場合は紛失・盗難保険が適用されて損害をカバーしてくれますが、どんな場合であっても補償対象になるとは限らないことを覚えておきましょう。

確実に補償してもらうためにも、クレジットカード所有者として落ち度のない使い方を心がけ、最低でも毎月利用明細を確認することと、暗証番号などのカード情報管理をしっかり行うようにして、不正利用被害に遭わないように自衛しましょう!

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points