海外旅行障害保険 ~補償内容・金額のまとめ~

海外旅行保険の内容

海外旅行保険の内容は、下の通りです。「頻度別」に一覧にしました。

 稀にある

  • ケガ
  • 持ち物(盗難・損壊)

 めったにない

  • 病気
  • 賠償(人のケガ)
  • 賠償(物の損壊)
  • 救援

 まずない

  • 死亡
  • 後遺障害

これらに対して、カード会社が「補償」してくれるわけです。で、

「いくらまで?」

という疑問がわくでしょう。まず、「エポスカード」から説明します。

エポスカード(EPOS CARD)

エポスカード海外旅行保険

【出典】https://www.eposcard.co.jp/benefit/oversea/insurance.html

エポスカードの場合、

  • 海外で入院…最高「270万円」まで
  • デジカメを落としてしまった…最高「20万円」まで(3000円差し引き)

となっています。あくまで「最高」ではありますが、結構な金額です。以下、詳細な一覧です。

(全部「上限」の金額です)

エポスカード海外旅行保険保証内容

【出典】https://www.eposcard.co.jp/benefit/oversea/insurance.html
  • 傷害死亡…500万円
  • 後遺障害…500万円
  • 傷病治療…200万円
  • 疾病治療…200万円
  • 賠償責任…2000万円
  • 救援者費用…100万円
  • 携行品損害…20万円

という風です。簡単に書くと、

  • 死亡…500万
  • 後遺症…500万
  • ケガ…200万
  • 病気…200万
  • 賠償…2000万
  • 救援…100万
  • 持物…20万

という風です。

より正確な説明は、エポスカードの公式サイトを見てください。↓

  • エポスカード「海外旅行保険」
  • https://www.eposcard.co.jp/benefit/oversea/insurance.html#insurance01

JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)

JCB一般カード海外旅行保険

【出典】http://www.jcb-originalseries.jp/os/2016/?13231213152100

JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)の補償内容は、簡単に書くと、

  • 死亡…3000万
  • 後遺症…3000万
  • ケガ・病気…100万
  • 賠償…2000万
  • 携行品…20万
  • 救援…100万
  • 期間…3ヶ月

となっています。(いずれも「最大」の金額です)

「期間…3ヶ月」というのは、「最長3ヶ月の旅行まで」ということです。JCBの海外旅行保険自体は、もちろん、加入している間ずっと続きます。

(3ヶ月で終わるとか、どれだけ薄情なカードですか、という話ですね。笑)

で、詳しく書くと下のようになります。

  • 死亡後遺障害…3000万円
  • 傷害疾病治療費用…100万円
  • 賠償責任…2000万円
  • 携行品損害…20万円
  • 救援者費用…100万円
  • 保証対象旅行期間…3ヶ月

MUFGカード イニシャルカード

MUFGカード イニシャルカード

【出典】http://sp-point.net/mufg/vmj_initial/

MUFGカード イニシャルカードとは、

  • 三菱UFJニコスの「若者限定」カード
  • 29才以下
  • 年会費無料(実質)

というクレジットカードです。この「MUFGカード イニシャルカード」も海外旅行保険が「自動付帯」ですが、以下、金額を一覧にします。

MUFGカード イニシャルカード海外旅行保険

【出典】http://www.cr.mufg.jp/mufgcard/service/other/insurance/injury_ab/index.html

上の図の黄色で囲った部分ですが、若者の場合は「100万円プラン」(安い方)に申し込むことが多いでしょう。で、そちらだけ簡単に書くと、

  • 死亡…100万円
  • 後遺症…100万円
  • ケガ…20万円
  • 病気…20万円
  • 賠償…100万円
  • 携行品…10万円
  • 救援…50万円

となっています。ここまで紹介してきた、

  • エポスカード
  • JCB一般カード

と比較すると、金額は大体「2分の1~5分の1」程度です。しかし、20代の若い方…特に学生さんなどはこれで十分でしょう。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

【出典】http://www.aeon.co.jp/campaign/tieup/aeonsuica/

イオンSuicaカードは、

  • イオンで買い物する
  • Suicaをよく使う

という条件を、ダブルで満たす人にとって、理想的なカードです。

  • Suicaのチャージでも、0.5%のポイントがつく
  • イオンの買い物も同じ(還元率0.5%)
  • お客様感謝デーなどは「還元率1%」

となります。また、

  • Suicaではあるが、
  • 交通系ICカードが使える店舗や、交通機関は、
  • 全部使える(交通系ICカードは、共通化されているので)

ということです。

イオンSuicaカードの海外旅行保険

イオンSuicaカード海外旅行保険

【出典】http://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/aeonsuica.html

イオンSuicaカードの海外旅行保険は、シンプルです。

  • 死亡…500万円
  • 後遺障害…500万円
  • ケガ…50万円
  • 病気…50万円

となっています。ひとつ上で紹介した「MUFGカード イニシャルカード」よりも金額が大きいですね。あちらは、

  • 死亡…100万円
  • 後遺障害…100万円
  • ケガ…20万円
  • 病気…20万円

という風でしたから。もちろん、「20代限定」という若者向けなので、MUFGカード イニシャルカードの方が金額が小さくなるのは当たり前ですけどね。

 国内旅行保険

ちなみに、イオンSuicaカードの「国内」の旅行保険は、下の通りです。

  • 死亡…1000万円
  • 後遺症…1000万円
  • 入院…3000円(1日)
  • 通院…2000円(1日)

 参考ページ

イオンSuicaカード保証内容

  • イオンSuicaカード「付帯保険」
  • http://www.aeon.co.jp/sp_aeoncard/apply/lineup/aeonsuica_insurance.html

画像の内容が、上の参考ページのすべてです。情報量が少なくて、ものすごく見やすいです。

補足…交通系ICカードの共通化について

唯一の例外は「PiTaPa」です。

  • 交通機関では、どこでも問題なく使えるが、
  • コンビニなどの「店舗」だと、
  • 「PiTaPaだけ使えない」ことがある

  • 理由は「PiTaPa電子マネー」が「後払い式」のため
  • その他の交通系ICカードは、すべて「先払い」
  • システムが違うので、PiTaPaだけ使えない(ことが多い)

ということです。

 参考ページ

  • 全国でPiTaPaは使いにくい!ICOCAとの比較で分かった5つの違い
  • http://traincard.net/hikaku/icoca-pitapa.html

JCB EIT(ジェーシービー エイト)カード

JCB EITカード

【出典】https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/eit.html

JCB EITカードは、

  • 常時、還元率が「1%」
  • 年会費が無料

というのがメリットのクレジットカードです。その他の「デザインを選べる」とかは、大したメリットではないと思いますが、この「常時1%」は大きいです。(高還元カードの部類に入ります。平均は0.5%なので)

で、そのJCB EITカードですが、「海外旅行保険」も、自動付帯しています。

JCB EITカードの海外旅行保険

JCB EIT海外旅行保険

【出典】https://insurance.jcb.co.jp/cm/service/card/travel.html

JCB EITカードの海外旅行保険はシンプルで、

  • 死亡・後遺障害…最高2000万円
  • ショッピングガード…最高100万円

となっています。ちなみに、国内の場合「ショッピングガード…100万円」のみです。

項目は少ないですが、

  • 「最高2000万円」という金額は大きい
  • 「保証内容」がすぐわかるのでいい

というメリットもあります。ちなみに、私が使っているクレジットカードはこれなのですが、合計1年以上海外を放浪して、いろいろ盗まれまくりましたが、ショッピングガードの申請はしていません(笑)。

私と同様「海外によく行くけど、海外旅行保険はまったく使わない」という人は、意外と多い気がします。(バックパッカー経験者は、ほぼ全員そうでしょう。彼らは突然飛行機に乗ってしまいますから)

そう考えると、海外旅行保険はこのくらいシンプルでいいし、還元率の方がよほど重要だなと思います。(そのカードで買い物する限り、確実に受けられるメリットですからね)

その点、海外旅行保険はシンプルでも、還元率が高いJCB EITは、いいなと思います(自分のカードだからひいきするわけではありませんが)。

JALカードnavi(JCB)

JALカードnavi(JCB)

【出典】https://jalcard.jal.co.jp/cgi-bin/cardlist/af.cgi?f=summer16

JALカードnavi(JCB)は、学生専用のJALカード。メリットは

  • 還元率が1%~2%
  • 通常のJAL普通カード(社会人用)は、
  • 「0.5%~1%」なので、
  • 「社会人の2倍」の高還元率

という「還元率の高さ」です。その他「在学中は年会費無料」などのメリットもあります。(クレジットカードの年会費というのは、もともとタダのようなものなので、これは大したことではありませんが)

JALカードnavi(JCB)の海外旅行保険

JALカードnavi(JCB)海外旅行保険

【出典】https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

JALカードnavi(JCB)の海外旅行保険の内容は、

  • 傷害死亡…1000万円
  • 傷害後遺障害…1000万円
  • 傷害治療…50万円
  • 疾病治療…50万円
  • 賠償責任…2000万円
  • 携行品損害…15万円(年間100万円)
  • 救援者費用…100万円(年間)

となっています。(いずれも上限)

もっと簡単に書くと、

  • 死亡…1000万
  • 後遺症…1000万
  • ケガ…50万
  • 病気…50万
  • 賠償…2000万
  • 携行品…15万
  • 救援…100万

となります。で、ポイントは、

  • 「死亡」は「病気」は除外する
  • 「ケガ」で死んだ時のみ

  • 「後遺障害」も同じ
  • 「病気」は除外で、「ケガ」のみ

  • 携行品損害は「1点につき、10万円」まで
  • つまり「限度額は15万円」だが、
  • 「15万円」のカメラを盗まれても、
  • 「10万円」しかもらえない

ということです。もちろん、それだけもらえたら上等でしょう。そもそも「盗まれないようにする」のが、海外では基本中の基本ですからね。

DCカード Jizile(ジザイル)

DCカード Jizile(ジザイル)

【出典】http://campaign.j-a-net.jp/campaign/jizile/

DCカード Jizile(ジザイル)は、

  • ディーシーカードの「学生専用」版
  • 還元率が常時「1.5%」

  • 平均的なクレジットカードの還元率は「0.5%」なので、
  • 平均の3倍という、高還元率

  • ただし「リボ払い専用」なので、
  • 返済をしっかりしないと「借り過ぎ」になる

という点のみ注意すれば、理想的なカードです。学生だとここだけ気がかりですが、要は、

  • しっかりした学生にとっては、
  • お得にポイント・マイルが貯まるカード

ということです。(しっかりしていない学生が多いので、多分、これだけサービスしても、利息の採算がとれる…ということでしょう。クレジットカードの世界は、本当に「しっかりした人」が得をする世界です)

余談ですが、私は学生時代に100万円近くの借金を背負っていた、「しっかりしていない学生」の代表でした。笑 なので、そういう学生さんを否定しているわけではありません)

DCカード Jizile(ジザイル)の、海外旅行保険

DCカード Jizile(ジザイル)の海外旅行保険

【出典】http://campaign.j-a-net.jp/campaign/jizile/

DCカード Jizile(ジザイル)の海外旅行保険の内容は、

  • 死亡・後遺障害…1000万円
  • ショッピング保険…100万円(年間)

…という風です。「ショッピング保険」の方は、

  • 「海外」だけではなく、
  • 「国内」で買った場合でも、
  • 「Jizile」を経由して買ったものなら、
  • 購入から「90日間」補償

となっています。自己負担額は「1万円」ですが、これは他のクレジットカードでも共通する相場です。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP