クレカ編集部が目的やこだわりで徹底的に調査した!クレカ比較の決定版

海外最強ステータスカード比較!世界で通用するプレミアムクレジットカード

世界的ステータス!海外最強クレジットカード

世界ではクレジットカードはステータスの証です。日本国内では「クレジットカード=信頼の証」という認識は低いですが海外では別。海外でクレジットカードで商品を購入する、食事の代金を支払うということは、その人にどれだけの“ステータス”があるかをダイレクトに示す行為です。ステータスカードは取得条件そのものが厳しいために、そのクレジットカードを持っていることそのものに価値があります。セレブな空間ほどプレミアムカードが求められるのは、クレジットカードがその人の信頼度や社会ランクを証明する身分証だからです。ゴールドカードからハイステータスなVIPの証、プレミアムカードのプラチナカードやブラックカードまで比較しました。

プレミアムなステータスカード!海外最強クレジットカード

クレジットカードは身分の証
海外で通用するステータスカードとは?

現金派も海外ではクレジットカードが必須!プレミアムなステータスカードがおすすめ

海外のホテルやセレブ空間では現金よりクレジットカードが信頼の証

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card券面画像海外でクレジットカードは「ステータスの証明書」です。クレジットカードを所持している人=信頼に値する人というのは常識です。日本では現金主義のお店が多いのですが、偽札や強盗も多い海外では、現金よりもクレジットカードの方が信頼されます。中でもプレミアムカードと言われる一部のステータスカードは信頼の証です。

例えば、海外のホテルに宿泊する際、パスポートの提示だけでなくクレジットカードの提示を求めるところも多いです。その際「宿泊費は現金で支払うので…」と言っても、クレジットカードを提示しないと宿泊を断られることもあります。信頼できないからです。特にグレードの高いホテルの方がこの傾向が強いようですね。

日本で手に入る最高のステータスカードはラグジュアリーカードのマスターカード【ブラックカード】

ラグジュアリーカード  Mastercard Titanium Card券面画像最新のクレジットカードランキングでは、アメリカンセレブ御用達のステータスカードブランド「ラグジュアリーカード」がトップを取りました。「ラグジュアリーカード」が発行する全てのクレジットカードが国際ブランドマスターカード(MasterCard)最高峰の【ブラックカード】です。ラグジュアリーカードは日本初のマスターカードのワールドエリートMastercard®カード、そして申し込み制で持てる唯一のブラックカードです。

チタンの輝きを放つ『ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card』(年会費50,000円+税)がエントリー用ブラックカードとなります。世界で通用するプレミアムカードです。

海外で認められたプレミアムカードと日本ブランドのクレジットカードでは通用度で違いがある

アメリカン・エキスプレス・カード・グリーン券面ガラパゴスと言われるほど独特に進化した日本の環境では、クレジットカードを取り巻く事情が海外とはまったく違います。どこでも信頼される日本の感覚のまま、海外の敷居の高いレストランやホテルで、キャラクター入りのクレジットカードを提示して怪しまれる…なんてこともあるようです。

そこまで行かなくても、日本で取得が困難な招待制のプラチナカードよりも、年会費が抑えられたアメックスの一般カード『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税)の方が通用度が高い、というのはよくある話。信頼度を示すためにも、海外のセレブ空間では世界的に名の通ったステータスが高いクレジットカードを提示しましょう

海外ではクレジットカードは「収入証明書」!だからこそステータスカードは「信頼の証」です

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード券面海外で「現金派が通用しない」その理由は、クレジットカードを持っている人はカード会社の審査に通り、社会的に認められた人であるという証明になるからです。

クレジットカードを持っていない人=クレジットカードの審査に通らない人=社会的地位が低い人=信頼するに値しない人」ということ。実際には違っていてもそう見られてしまう可能性が高いのです。

逆に『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税)などを若くして持っていれば、海外のホテルやレストランで全く違った対応を受けることでしょう。

プレミアムカードとはステータスカードの中でも特別なクレジットカード

ダイナースクラブカード券面海外でもステータスが高いと見られているプレミアムカードとは、数あるステータスカードの中でも特別なクレジットカードです。具体的には『ダイナースクラブカード』『アメリカン・エキスプレス・カード』『ラグジュアリーカード』の3つがプレミアムカードです

プレミアムカードはステータスカードの中でも特に「審査の厳しいクレジットカード」として知られています。おいそれとは持てないクレジットカードだからこそ、社会的な信用の証として見られるのです。

ダイナースクラブカード、アメリカンエキスプレスカード、ラグジュアリーカードがプレミアムカード

ラグジュアリーカード  Mastercard Titanium Card券面画像これまで特に審査が厳しいと言われているのは、『ダイナースクラブカード』と『アメリカン・エキスプレス・カード』の2つでした。最近、この2つのプレミアムカードに『ラグジュアリーカード』が加わりました。

ラグジュアリーカードはアメリカ西海岸発の新興カードブランド。セレブ御用達の【ブラックカード】専門ブランドです。発行するクレジットカード全種類がマスターカードのブラックカードです。

海外でも認知度が高く、審査基準が厳しいと知られているクレジットカードほどステータスが高いのは当然のこと。これら3種類のプレミアムカードはそれぞれ異なった審査の厳しさで海外でも良く知られています。

『ダイナースクラブ』や『アメックス』などは「審査の厳しい」真のステータスカードです

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードこの2大国際ブランドは日本ではそれほど目にしません。だから日本人だとそのステータスの凄さがいまいちわからないのも事実です。でも日本での認知度が高くても、海外で知られていなければ、ステータスは十分に発揮できません。問題は使われる場所、海外でのステータスなのです。

もちろん日本でのステータスも考えるならば、三菱UFJニコスカード(MUFGカード)の『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税)などがおすすめ。日本では銀行系の三菱UFJニコスのプラチナカード、海外ではアメックスのプラチナカードとして当然、扱われます。

お金で買えない価値がある!『ラグジュアリーカード』はセレブ御用達のプレミアムカード!

ラグジュアリーカード  Mastercard Titanium Card券面画像これはクレジットカードがその人の身分を証明するものだから。現金は成金や犯罪者でも持てますが、クレジットカードは社会的信用の裏付けが無いと持てません。プレミアムなステータスカードであればなおさらです。

たとえばあなたなら最高峰のブラックカードの『ラグジュアリーカード Mastercard Black Card』(年会費100,000円+税)でスマートにお会計する外国人と、しわくちゃの千円札で現金払いする人、ぱっと見どちらが信用できるでしょうか? カードをあえて持たない現金派は日本では通用しても、海外で通用するとは限らないことを覚えておきましょう。

どのステータスカードを選ぶ?
世界で通用するプレミアムカードをランキング

海外最強ステータスカードをランキング!プレミアムカードだけのクレジットカード比較

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card
日本初マスターカード【ブラックカード】全てのクレジットカードの最高峰
年会費 50,000円+税 カード種別 ブラックカード(World Elite Mastercard)
国際ブランド マスターカード 発行会社 ラグジュアリーカード(Luxury Card)

チタンの輝き「ラグジュアリーカード」はセレブのクレジットカード

申し込み制で持てる【ブラックカード】!マスターカード最高峰のワールドエリートMastercard

『ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card』は国際ブランド、マスターカード(Master Card)の最高峰【ブラックカード】「ワールドエリートマスターカード(World Elite Mastercard)」です。日本初のブラックカードであり、申し込み制で持てる唯一のブラックカードです。日本でこれ以上のクレジットカードを申し込むことはできません。保有者は極少数に限られます。

セレブ御用達の新興カードブランド、ラグジュアリーカードの金属製クレジットカード

『Mastercard Titanium Card』は、発行元はアメリカの新興クレジットカードブランド、ラグジュアリーカード(Luxury Card)。セレブのためのクレジットカードブランドです。『お金で買えない価値がある。買えるものはマスターカードで』のキャッチコピーそのままに、いつでも、世界のどこでも、思い出に残るプライスレスの体験と最高峰のサービスを提供します。

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card
漆黒のMasterCard【ブラックカード】申し込める最高峰のラグジュアリーカード
年会費 100,000円+税 カード種別 ブラックカード(World Elite Mastercard)
国際ブランド マスターカード 発行会社 ラグジュアリーカード(Luxury Card)

漆黒の【ブラックカード】セレブ御用達!お金で買えない価値を提供

お金で買えない価値を持つ【ブラックカード】!マスターカードがプライスレスの体験を提供

『ラグジュアリーカード Mastercard Black Card』は漆黒の風格を放つラグジュアリーカードの上級クレジットカードです。マスターカードのブラックカードとしてはチタンと同じですが、東京23区内のレストランまでリムジンで送迎するサービスが追加されていたり、予約困難な名店や隠れ家レストランを手配できる優秀なコンシェルジュがサポートしたり、お金で買えない価値を提供してくれます。

セレブ御用達!最高峰だからこそこだわる【漆黒】の券面!ラグジュアリーカードの上級カード

『Mastercard Black Card』はマットなブラックの券面を持つ金属製クレジットカードです。ラグジュアリーカードはGOLD、BLACK、TITANIUMの3券種のラインナップですが、申し込めるクレジットカードの中ではBLACKが最上位です。セレブ同士だからこそわかる【漆黒】の価値があります。ブラックの券面とプライスレスの体験を求める方におすすめの最高峰クレジットカードです。

MUFGカード プラチナ・アメリカンエキスプレスカード

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
海外ではアメックス【プラチナカード】日本の銀行系クレジットカードの最高峰
年会費 20,000円+税 カード種別 プラチナカード
国際ブランド アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX) 発行会社 三菱UFJニコスカード

『MUFGカード プラチナ・アメックス』最安値で持てるAMEXプラチナ

コスパ最高のMUFG×アメリカン・エキスプレス・プラチナカード!世界レベルのホスピタリティ

『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』の発行元は三菱UFJニコスカード。日本の銀行系クレジットカードの中で最高峰のプラチナカードです。年会費は2万円+税と格安。国内でのステータスはもちろん、世界でもアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの一種として通用します。黒地に輝くプラチナの文字が美しく、所有する喜びとゆるぎない安心を与えるステータスカードです。

申し込み制で持てるプラチナカード!プライオリティ・パスとコンシェルジュサービスが秀逸

『MUFGカード プラチナ・アメックス』で特筆すべきは申し込み制で持てる唯一のプラチナカードであるということ。世界中で通用するクレジットカードに相応しく、プラチナ・コンシェルジュやスーペリア・エキスペリエンスは国内・海外の一流ホテルやダイニングを網羅しています。空港ラウンジサービスでは「プライオリティ・パス」のプレステージ会員権を提供。家族会員でも発行が可能です。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
世界一のステータス!海外最高峰の国際ブランド、ダイナースクラブのプレミアムカード
年会費 22,000円+税 カード種別 一般カード
国際ブランド ダイナースクラブカード 発行会社 ダイナースクラブカード

世界最高の品格!【ダイナースクラブ】の会員証がプロパーカード

世界一の品格の『ダイナースクラブカード』プロパーカードはゴールドカード以上のステータス

『ダイナースクラブカード』は持っているだけでステータスを示すことのできるエグゼクティブのためのプレミアムカードです。所持できるということは「ダイナースクラブ」が定めた厳しい審査に通過したという証。年齢と年収、社会的な地位など複数の項目をクリアして初めて持てる大人のステータスカードです。そのため会員証であるプロパーカードを提示するだけで社会的地位を証明できるのです。

ダイナース会員になれるのはエクゼクティブのみ! 社会的信用の証となるステータスカード

『ダイナースクラブカード』は海外に強いカードとして有名です。その特徴は「利用可能枠に一律の制限を設けない」こと。実際には個別に設定されていますが、他のカードに比べ利用できる金額は無限に近いほど高額。それゆえ世界のどこでも提示するだけで「信頼度を示せるカード」とされています。世界でも日本国内でも、その品格とサービスはアメリカン・エキスプレスカードを凌ぎます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
一目でわかる信頼の証!アメックスの【ゴールドカード】はプラチナへの道
年会費 29,000円+税 カード種別 ゴールドカード
国際ブランド アメリカン・エキスプレス・カード 発行会社 アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスの真のゴールドカード!世界基準のステータスとサービス

海外でも国内でも通用する真のステータスカード!アメックスの信用度と通用度は別次元

『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』は数多くのクレジットカードの中でも一目置かれるステータスカードです。その最大の魅力は世界での通用度。「センチュリオン(百人隊長)」が描かれたゴールドの券面は世界中で知らぬ者はいないでしょう。日本だけでなく海外でもその抜群の知名度とステータスは健在です。ステータスカードと言えばアメックス。その信用度と通用度は別次元です。

手厚いサービスと日本語サポート!使い続けて『アメックス・プラチナカード』にランクアップ

グリーンの『アメリカン・エキスプレス・カード』を含めて、一度、アメックスを所有した者は辞められないと言われています。その理由は世界で通用するステータスと、満足度の高いサービスの両立です。日本国内で定評のあるコンシェルジュサービスは、海外でも24時間、日本語で相談可能。ぜひ利用実績を積み上げて『アメックス・プラチナカード』のインビテーション(招待状)を獲得して下さい。

ステータスカードの選び方
プレミアムカードだけのクレジットカード比較

海外最強のステータスカードを選ぶ!クレジットカード選び【3つのポイント】

  1. 「国際ブランド」クレジットカードのブランドごとに個性や品格、特徴に違いがある!
  2. 「ランク」ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードまで申し込める!
  3. 「身分証」日本でも世界でも通じるステータスカードは限られる!

ステータス性を示すためにはどこのブランドのどんなクレジットカードでも構わないというわけではありません。それなりのクレジットカードを所持するためには、それなりの社会的地位が必要とされます。まずは各国際ブランドの特徴からチェックしていきましょう。

「国際ブランド」ステータスカードのブランドには共通の特徴がある

国際ブランドマルチロゴ(5社 横)使いやすいカードを選ぶのであれば世界シェアの大きい「VISA」か「MasterCard」を選べば問題なくクレジットカードを使用することができます。

しかし、「ステータス」を考えるのであればやはり、富裕層をターゲットとしている「AmericanExpress」または「Diners Club」を選択すべきでしょう。使い勝手の悪さは、ある意味でプレミアムな価値の証しなのです。「それでも支持されている」ということですから。

世界中どこでも使える=誰でも持てるカード=ステータスが低いカード

クレジットカードの特徴はクレジットカードを発行しているカード会社によっても異なりますが、提携している国際ブランドによっても変わってきます。ちなみに、「VISA」や「MasterCard」は加盟店の豊富さから【決済カード】と呼ばれており、世界中でほとんどどこでも使えるほど利便性に優れています。その代わり総じてステータス性は低くなります。

ブランドロゴ 国際ブランドの特徴
アメリカン・エキスプレスロゴ
American Express
(アメリカン・エキスプレス)
「AmericanExpress(アメリカン・エキスプレス)」は、クレジットカード界でステータスの象徴といえるカードでしょう。日本では高級店でのみ使えるカードというイメージでしたが、現在ではJCBと加盟店開放契約を結んでいるので多くの店舗で使用することができるようになっています。ただし、すべてのJCB加盟店で使えるというわけではないので注意してください。また、アメックスは「顧客が満足できるサービスを重視」しており、顧客満足度が高いのが特徴。ワンランク上のサービスを受けられるため富裕層に人気のプレミアムな国際ブランドとなっています。
ダイナースクラブロゴ
Diners Club
(ダイナースクラブ)
「Diners Club(ダイナースクラブ)」は海外では「AmericanExpress」と双璧をなすステータスカードです。むしろステータス性でいえば「Diners Club」の方がやや上といったところでしょうか。社会的にも世界最高峰のクレジットカードに位置付けられています。アメックス同様、日本ではJCBと提携しておりJCBの加盟店で使用することができます。ただし「Diners Club」単独での加盟店舗数は、国内でも海外でも多くありません。使用できるお店は高級店に限られてしまうため、使い勝手がいいとはあまり言えません。グレードの高いホテルや料亭などでは問題なく使うことができますが、小さい店舗だと使用できないことも多々あるようです。
VISAロゴ
VISA(ビザ)
「VISA(ビザ)」は世界シェアNo.1の国際ブランドです。そのため、日本国内でも海外でも一番使いやすいカードといわれています。加盟店も多く「どこでも使えるカード」といえるのでステータス面から言えばやや庶民的。「VISA」が使えなければクレジットカード自体が使えないお店である可能性があります。日本ではプラチナカード以上のステータスカード、ブラックカードはほとんど発行していません。VISAブラックカードは静岡県のスルガ銀行の「スルガ Visa Infinite(インフィニット)カード」が唯一です。
マスターカードロゴ
MasterCard
(マスターカード)
「MasterCard(マスターカード)」は「VISA」に次ぐシェアを誇る国際ブランド。特に強いのはヨーロッパですが「VISA」と同様にどこでも使えるカードとして人気のブランドです。「MasterCard」が使えなければ「VISA」が使える、「VISA」が使えなければ「MasterCard」が使える、というように互いに補完して使う方も多くいます。使いやすい国際ブランドの代表格といえ、「VISA」と同様にやや庶民派ブランドといえるでしょう。ただし日本でもラグジュアリーカードがアメリカンセレブ御用達のマスターカードのブラックカード「World Elite Mastercard」を発行し始めました。これだけは別格です。
jcbロゴ
JCB(ジェーシービー)
「JCB(ジェーシビー)」は日本発の国際ブランドです。日本のブランドですから国内では使いやすいといえますが、海外ではやや知名度が弱く、外国でのステータス性はイマイチ。日本人が多く訪れる海外の観光地であれば問題なく使用できますが、JCBに対応していないお店も多く、注意が必要です。正直、海外での知名度があまり高くないため、海外でのステータス性もあまり高いとはいえないでしょう。ステータスカードとしてはゴールドカード以上、プラチナカード・ブラックカードクラスの「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」を発行しています。ただし入手難易度は極めて高いです。

「AMEX」「Diners Club」はハイステータスなT&Eカード

アメリカン・エキスプレス・カード・グリーン券面アメリカン・エキスプレス・カード』と『ダイナースクラブカード』は【T&Eカード】(トラベル&エンターテイメントカード)と呼ばれ、レジャーやエンターテインメント系のサービスが充実しています。特徴としては「アメックス」は世界中に「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」が整備されており、昔から旅行に強いブランドとしてサービスを確立しています。

一方で特定のレストランサービスから出発した「Diners Club」は食事に特化した優待サービスが特徴のブランドとなっています。

アメックスは旅行に特化したステータスカード! ダイナースクラブはディナーに強い

ダイナースクラブカード券面たとえば「ダイナースクラブカード エグゼクティブダイニング」は、対象レストランを会員を含む2名以上の利用で、所定のコース料金が1名もしくは2名分、無料になるというスペシャルなサービスです。同じサービスはアメックスでも「ゴールド・ダイニング by 招待日和」として提供されていますが、先駆者はダイナースです。

もちろんどのブランドのカードを選ぶのかはカードを使用するあなた次第。自分のライフスタイルに合ったカードを選択しましょう。

「ランク」ゴールドカード以上がステータスカード!プラチナカード、ブラックカードも

国際ブランドを選ぶだけでなく、同じブランドの中の格の違いも重要です。決済カードとなっているVISAやマスターカード、JCBでは、一般カードとゴールドカードのステイタスの違いに注目しましょう。年会費が1万円(約100ドル)ほどかかるイメージのゴールドカードと、年会費無料で誰でも作れる一般カードでは、海外でも当然、格の違いがあるのです。

【ゴールドカード】以上はVISA・マスターカードもステータスカードになる

三井住友VISAゴールドカード VISAやMasterCardの「ゴールドカード」は、空港ラウンジが利用できたり、専用のゴールドデスクが使えたりと、サービスも異なり、審査も厳しめで年会費も必ずかかります。当然、一般カードとはステイタスの差があります。だからこそVISAやマスターカードのゴールドカードはパスポートと並んで、あなたの社会的な身分を証明するものとなります。

特にVISAカードは招待制でプラチナカード以上を持つのが難しく、『三井住友VISAゴールドカード』(年会費10,000円※最安4,000円+税)や『MUFGカード ゴールドプレステージ』(年会費10,000円※最安7,000円+税)が申し込める最高峰のVISAのステータスカードとなります。日本で申し込むならこれらの銀行系ゴールドカードがおすすめです。

【プラチナカード】でも世界で通用するのは銀行系!プロパーカードは別格

MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード券面日本国内ではこれまでプラチナカードといえば招待制のクレジットカードであることが当たり前でした。それはアメリカン・エキスプレス・カードが作り出した伝統と言えます。というのも日本初のゴールドカードが『アメックス・ゴールド』であり、日本初のプラチナカード、『アメックス・プラチナ』が招待制だからです。

セオリーとしてはゴールドカードに申し込んで地道に招待状(インビテーション)が届くのを待つべきですが、国内で申し込めるプラチナカードとしては『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税)が最高峰のステータスカードとなります。

【ブラックカード】マスターカードが日本でも申込み可能!新時代の幕開け

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card券面画像VISAとは異なり、マスターカードは日本市場でより戦略的にステータスカードを打ち出してきました。それが新興のクレジットカードブランド、ラグジュアリーカードが発行する「ワールドエリートMastercard®カード」、すなわちマスターカードの【ブラックカード】です。

招待制では無く、申し込み制で世界最高峰の『ラグジュアリーカード Mastercard Black Card』(年会費100,000円+税/還元率0.5%~1.0%:1,000円で1ポイント=5円相当)が用意されています。世界で通用するブラックカードを日本で持てるということで、発行以来、大人気のプレミアムカードとなっています。

「身分証」海外ではクレジットカードはステータスの証!だからこそ通用度で選びたい

日本人は現金主義の人が多いですが、海外ではクレジットカードを信頼の証として身分証扱いにしているホテルやレストランも多く存在します。そのため、クレジットカードのステータスがそのまま、所持する人のステータスとなることも多いです。

つまり、ステータスの高いカードを所持できる人=ステータスが高く信頼できる人になるということです。

海外用ステータスカードは「アメックス」か「ダイナースクラブ」がベスト

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード券面ステータス重視のクレジットカードを手にするためにはやはり、『アメリカン・エキスプレス・カード』か、『ダイナースクラブカード』がベストです。アメックスやダイナースクラブでは一般カードでも1万円~2万円の年会費がかかります。そのため常に一定以上のサービスとステイタスがあります。

おすすめは最高峰ステータスカードと使いやすいクレジットカードの2枚持ち

ダイナースクラブカード券面この2種類をお持ちの方は、使い分けをするのがおすすめです。海外に行かれる場合は自分の身分を証明できる「ステータス性の高いカード」とどんなお店でも使える「利便性の高いカード」の2種類を持参するようにしましょう。海外では社会的地位の高いステータスカードで信頼を得て、普段のお買い物では使いやすいクレジットカードで決済するのがおすすめのクレジットカードの使い方です。

海外ではVISAやマスターカードの「ゴールドカード」もステータスカード

三井住友VISAゴールドカード次点で、VISA、マスターカードなどの「ゴールドカード」がおすすめです。これならば日本での日常生活でも使い勝手は変わりません。外国でもゴールドカードとしてのステイタスが発揮されます。

銀行系の『三井住友VISAゴールドカード』(年会費10,000円※最安4,000円+税)や『MUFGカード ゴールドプレステージ』(年会費10,000円※最安7,000円+税)は海外でも提示するだけで高い社会的地位の証明となります。日本でも使いやすく、おすすめのステータスカードです。

日本での利便性と、海外でのステータスが両立する!おすすめゴールドカード
クレジットカード画像 年会費 審査難易度と特徴
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
10,000円+税
※最大4,000円+税まで割引可能
難関クラスA
日本国内のVISAカードで最高峰の銀行系ゴールドカード
MUFGカード ゴールドプレステージ
MUFGカード ゴールドプレステージ
10,000円+税
※最大7,000円+税まで割引可能
難関クラスA
プラチナアメックスの下位だが、VISAゴールドカードでは最高クラス

世界で通用するステータスカードまとめ!国際ブランドのプレミアムカードがベスト

クレジットカードには世界各国で利用できる国際ブランドごとに地位の高いプロパーカードがあります。世界でそのステータスを認められたクレジットカードの国際ブランドは5つ。「VISA」「Master Card(マスターカード)」「JCB」「American Express(アメリカン・エキスプレス)」「Diners Club(ダイナースクラブ)」です。これらの国際ブランドには各々ステータス性の高さに違いがあります。

AMEX・Dinersのプロパーカード、MasterCardのブラックカードがおすすめ

ラグジュアリーカード  Mastercard Titanium Card券面画像このうち世界での通用度という点でJCBは落ちます。もちろん国際ブランドJCBのプロパーカードは日本国内では最高のステータスカードと言えます。しかし世界での通用度という基準ではランク外となります。

またVISA、マスターカードはプロパーカードを発行していません。そのためこれら2つの国際ブランドも基本的に除外されます。特にVISAで世界で通用するプラチナカードを狙うのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのがマスターカードのブラックカードです。突如、彗星のように登場した『ラグジュアリーカード』は、アメリカ西海岸のセレブ御用達のプレミアムカードブランドです。マスターカード公式サイトでも紹介されている準プロパーカード。日本国内で申し込める最高のプレミアムカードと言って良いでしょう。国内にラグジュアリーカード以上のステータスカードは存在しません

アメックスはグリーンも世界で通用するステータスカード!玄人におすすめ

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)券面意外な盲点として挙げられるのが『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税)の世界での通用度です。VISAやマスターカードのゴールドカードよりも落ちると見られる、アメックスの一般カードですが、実はそのステータスは『アメックス・ゴールドカード』に負けません。海外では同じアメックスのプロパーカード扱いです。

年会費はゴールドカードの『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税)の半額以下。それでいて空港手荷物無料宅配サービスや、エアポート送迎サービス、空港ラウンジ同伴者1名まで無料などの手厚いサービスが付帯します。日本でも海外でもアメックスのステータスを発揮できる玄人好みのクレジットカードとして人気なのが『アメックス・グリーン』です。

海外でも国内でもハイステータスで支持されるクレジットカード比較表
クレジットカード&国際ブランド 年会費 審査難易度
アメリカン・エキスプレス・カード・グリーン
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

【American Express】
12,000円+税 難関クラスA 【一般カード】
一般のゴールドカードが集うクラス。ステイタスもそれなりに高く、見せても恥ずかしくない。年会費は10,000円前後。クレヒスも必要。
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

【American Express】
29,000円+税 最難関クラスAA 【ゴールドカード】
アメックス・グリーンが通る人は通ると言われるアメックス・ゴールド。25歳以上限定。日本でお金持ちと言えば、このカードでしょう。
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード

【Diners Club】
22,000円+税 最難関クラスAA 【一般カード】
銀行系や国際ブランドの最上位ゴールドカードが集うクラス。申し込む場合は、25歳以上、年収500万円以上が最低条件。年会費は20,000円前後。招待制のカードもあり。
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

【American Express】
20,000円+税 プラチナクラスS 【プラチナカード】
申請式のプラチナカードの最高峰。申し込めるが審査が非常に厳しい。入手には社会的地位や際立った年収など厳しい条件が必要。年会費は30,000円前後。
ラグジュアリーカード  Mastercard Titanium Card
ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

【Mastercard】
50,000円+税 プラチナクラスS+ 【ブラックカード】
日本初のマスターカード最上位「World Elite Mastercard」!チタンの輝きのブラックカードです。申し込みで手に入れることが可能ですが、基準が年収1,000万円以上とも噂される。年会費は50,000円以上。

世界のステータスカードを比較
プレミアム・クレジットカードランキング

世界で通用する【ステータスカードランキング】プレミアムカードおすすめ比較表

世界の通用度で選ぶとプレミアムカードのステータスカードがおすすめ

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card
輝きはチタン!日本初のマスターカードのブラックカード!
年会費 50,000円+税(2年目以降:50,000円+税) 還元率 0.5%~1.0%
発行期間 3週間ほど 限度額 -
ブランド マスターカード 電子マネー QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 3マイル

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

ラグジュアリーカード Mastercard Black Card
漆黒の風格!お金で買えない価値がある真のブラックカード
年会費 100,000円+税(2年目以降:100,000円+税) 還元率 0.5%~1.0%
発行期間 3週間ほど 限度額 -
ブランド マスターカード 電子マネー QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 3マイル

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
真のステータスカード!アメックスを凌ぐ品格とサービス
年会費 22,000円+税(2年目以降:22,000円+税) 還元率 0.4%
発行期間 最短3営業日 限度額 一律の利用限度額なし
ブランド 電子マネー マイル 1pt = 1マイル

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
富裕層のためのアメックス!真のゴールドカードが初年度無料
年会費 29,000円+税(2年目以降:29,000円+税) 還元率 0.3%~1.0%
発行期間 約3週間 限度額 個別に設定
ブランド アメリカンエクスプレス 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ) マイル 200円 = 1マイル

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
玄人好みのアメックス!ゴールド級の優待特典!初年度無料!
年会費 12,000円+税(2年目以降:12,000円+税) 還元率 0.4~1.0%
発行期間 最短15営業日 限度額
ブランド アメリカンエクスプレス 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ) マイル 1pt = 0.5~1マイル

MUFGカード ゴールドプレステージ

MUFGカード ゴールドプレステージ
家族特約付き!空港ラウンジも全て使えるゴールドカード
年会費 無料(2年目以降:10,000円+税※減額有) 還元率 0.5%~0.85%
発行期間 最短翌営業日 限度額 10万円~300万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 2マイル

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
国内最高峰のVISAゴールドカード!年会費割引きで安い
年会費 無料(2年目以降:10,000円+税
※最大4,000円+税まで割引)
還元率 0.4%~
発行期間 最短3営業日 限度額 70~200万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 1pt=3マイル

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード
20代限定VISAゴールドカード!海外旅行保険に空港ラウンジ
年会費 無料(2年目以降:5,000円+税
※最大1,500円+税まで割引)
還元率 0.4%~
発行期間 最短3営業日 限度額 50~200万円
ブランド VISAカードマスターカード 電子マネー ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 1pt=3マイル

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】
旅行保険と家族特約が最高!日本人のためのゴールドカード
年会費 オンライン入会で初年度無料(次年度以降:10,000円+税)(2年目以降:10,000円+税) 還元率 0.5%~0.75%
発行期間 最短当日カード発行 限度額 公式サイト参照
ブランド JCBカード 電子マネー ID(アイディ) マイル 1pt = 3マイル
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金・携帯料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料カード比較!おすすめの年会費永年無料クレジットカード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!ANAマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
最強マイルカード比較!航空会社別マイルが貯まるクレジットカードランキング
JALカード比較!JALマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!世界で通用するプレミアムクレジットカード
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶクレジットカード比較!おすすめの年会費無料カード
海外旅行保険自動付帯のゴールドカード比較!おすすめのクレジットカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較!かっこいいステータスカード
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
20代におすすめのクレジットカード比較!18歳以上で初めてなら銀行系カード
新社会人におすすめのクレジットカード比較!20代のヤングゴールドカード
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
卒業旅行で人気の学生クレジットカード比較!海外旅行保険付き学生カード
学生でも即日発行できるクレジットカード比較!海外旅行直前でも審査OKs
学生におすすめのクレジットカード比較!お得な特典で選ぶ学生カード
「法人カード」比較特集
ポイント還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
年会費無料で選ぶ法人カード! 永年無料の法人クレジットカードと比較
【マイル還元率】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
アマゾンでお得なクレジットカード比較!おすすめのAmazonカード
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
JCBのディズニーカード比較!ディズニーデザインで選ぶクレジットカード
クレジットカードをデザインで比較!かっこいい&おしゃれなカードランキング
「電車」重視派
おすすめビューカード比較!Suicaにオートチャージできるクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP