クレカ編集部が目的やこだわりで徹底的に調査した!クレカ比較の決定版

学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較

保険の仕組み/海外渡航中の特典/国内の便利度で比較

クレジットカードは今や学生が一番、お得に持てる便利ツールです! 夏休み・冬休み等に海外旅行に行く学生は相変わらず多いですが、海外ではクレカがあると「信頼できる人物」「社会的地位が確かな人物」とみなされます。それに、海外旅行中の保険がついてくるのが何よりも嬉しいポイント。学生カードは特典も多いので海外旅行の機会に持っていくのが絶対におすすめです。海外旅行保険は限度額が追加されますし、補償を確保しておきたいなら、2枚以上持つようにしましょう。

学生が持つべき海外旅行保険付きクレカでおすすめは?

学生の海外旅行はクレカ必須! 旅行傷害保険を含めた海外特典に注目!

国外への学生旅行なら保険は万全に準備しておきましょう

海外旅行に行くことは、時間に余裕のある学生でしかできない贅沢な楽しみです。以前は当たり前のことでしたが、最近では高い趣味として敬遠される傾向にもあるようです。しかし経験者からすれば、むしろ「学生のうちに、チャレンジしておくべき経験」と言えるでしょう……社会人デビューしたら、海外に気楽に行ける時間はめっきりと少なくなってしまいますからね。

楽しい海外旅行。しかし日本にいる時より用心深くならねば…

ところで、そんな海外旅行ですが怖いこともしばしばです。海外は日本よりずっと不用心だとはよく聞こえてきます。渡航先では下記のようなトラブルの可能性だって否定できません……。なにしろ慣れない異国での滞在ですからね。

「海外にいるとものを壊しやすい」なんて法則があるわけではないですが、文化や習慣が全然違う場所にいると、いつもよりトラブルが発生する確率が高まってもおかしくはないのです。トラブルといえば、さらに……、自分が(悪気はなくても)傷つける側になってしまうこともありえるわけです。

海外でとりわけ怖いのは、健康を損なったときです!!! 

そして、まだ取り上げていないのが上記のような病気やケガのトラブル。海外で最も使われる海旅行保険が病気やケガの傷害疾病保険なんです。これらは特にシリアスな問題です。健康体でなくなってしまうと、判断力や行動力だって低下します。何よりも海外は日本にいるのとはわけが違います。言葉も文化もよくわからないのに、病院に行っていろいろな説明や手続きをしないといけないのです。しかも、それがうまくいかないことのほうが多いのです!

海外では数百間年単位の医療費を請求されることもある

よく「アメリカは健康保険が破綻している」なんていいますが、それはデマではありません。アメリカだけではないのですが、日本だと対してお金がかからない症状でも海外では数百万単位のお金を請求されることが実際にあります。あるいは、急を要する症状なのになかなか専門医に診療してもらえず、長時間待たされてしまうことだってありえます。そんなとき日本人が仲介してくれたら大助かりでしょう。

旅行保険をおろそかにすると海外で泣きを見ます

万一のことを想像しはじめたらきりがないですが……でもその万一の事態を防ぐために「保険制度」があるのです。海外旅行中のために保険に入るというのもしんどいかもしれませんが、幸い今はクレジットカードがその役目をカバーしてくれます。学生でも取得できるクレカが増えていますが、この海外旅行保険需要を見越して、海外旅行に出かける学生の状況をよく考慮したツワモノのカードが何枚か登場しています。

比較ポイントは海外と国内、両方の活用度です

とはいえ適当に選ぶのは大間違い。異なる種類のATMで引き出せるようクレジットカード会社を変えたり、「旅行保険のシステム」そして「保険以外でも、海外で頼りになるサービスがどれくらいあるのか」をチェックしましょう。そのあとに「普段の学生生活にとって、どれくらいメリットがあるのか」を総合的に判断して選びましょう。

目次

  1. ⇒海外旅行保険付きクレカは、適用条件&中身を厳しくチェックすべし!
  2. ⇒海外に出かけた際に、何かと頼りになるカードになっているのかどうか?
  3. ⇒帰国後もなるべく学生にとってメリットがあるカードを選んだほうがいいに決まってます!
  4. ⇒まとめ:学生生活および海外旅行で活躍する学生専用クレジットカードとは?
  5. ⇒在学中も卒業後も、ローコストで信用情報を積み上げたいなら「学生専用ライフカード」
  6. ⇒旅行保険も含めてバランスが良く、天下の三井住友系「三井住友VISAクラシックカードA」
  7. ⇒旅行中も国内にいる間も買い物等でクレカをよく使う学生には「MUFG イニシャルカード」
  8. ⇒海外旅行のほかに、普段の買い物でポイントを貯める生活を目指すのなら「JCB EIT」
  9. ⇒マルイや提携ショップの決済で買物をお得にしたいなら「エポスカード」

学生カード作る前に確認!
海外向き&保険適用で実績のあるクレカを選ぶ

クレジットカードの海外旅行保険がどれだけ有効なのか?

旅行保険つきのクレカは、今ならすごくありふれています。そうなると比較すべきポイントは、むしろその保険の適用が確実に行われるのか、金額は十分か、その充実度をよく確かめないといけません。

利用付帯か? 自動付帯か? 

これは旅行保険主体で選ぶときに最初に見るべき重要なポイント。なぜならば全てのクレジットカードが、海外にただ持参して、肌身離さず身につけていれば保険を受けられるというわけではないからです。

自動付帯と利用付帯の違い
自動付帯 カードがあれば自動的に、保険の適用が認められる
利用付帯 カードを旅行のために使用することで、保険の適用が認められる

海外旅行保険が「利用付帯」で設定されているクレジットカードの場合は、旅費をそのカードで決済するようにしましょう。空港までの高速バスでも構いません。旅行のための費用でクレジットカードを利用していないと、保険が利かないのです。こう見ていくと、自動付帯のカードを選ぶほうが都合がいいわけです。

最大補償額や補償条件で比較するのは無意味

海外旅行保険のサービス内容について、大半のカード会社は「このカードは、最大で××千万円まで補償します!」なんて説明をしてきますね。しかし、海外旅行向けのカードがほしいのなら、どんな種類の保険の場合に、その額が可能なのか確認すべきです。そもそも、クレカの旅行保険は次のような種類に分かれています。

A.傷害死亡・後遺障害

事故に遭遇した結果、死亡ないし後遺症に見舞われた場合の補償内容

B.治療費用

負傷や疾病に見舞われた場合の補償内容

C.賠償責任

他人に何らかの損害を負わせ、賠償が必要な場合に、その補填に用いられる内容

D.携行品損害

所有物に被害(破損や盗難等)を受けた場合の補償内容

E.救援者費用

怪我や疾病が原因で身動きが取れなくなった場合に、家族等に現地に来てもらうための費用に補填される内容

さて、「最大補償額が3000万円」と書いてあるカードがあるとします。しかしそれが上記のどの内容の補償額なのかは、よく見ないとわかりません……。いちおう「最大補償額」については、「A.傷害死亡・後遺障害」の額が書いてあることがほとんどです、実際の話。

傷害疾病の「治療費用」と「携行品損害」が見るべきポイント

しかし、現実的によく使われるのは「B.治療費用」や「D.携行品損害」でしょう。特に治療費用は重要ですね……怪我や病気の治療費は海外ではとんでもない額になる恐れがあります。しかしその額をカードで穴埋めできないようでは困ります。海外旅行保険付き学生カードがほしいときは、A~Eのそれぞれの補償のどれが着いているのか、またその金額はいくらまでなのか、それらのポイントをしっかり確かめるべきです。

「キャッシュレス診療」が最近のトレンド

「キャッシュレス診療」制度を導入しているカードなら、もっと有益ですね。これは、海外の病院に行った際に、現金払いが免除されるサービス。このサービスがないカードだと、どんなに補償額が高くても、原則として病院で自分自身がまず支払いを済ませないといけない可能性が高いのです。……あとから支払った額を補償してくれることは事実なのですが、学生のようにクレカの限度額が低かったり、キャッシュが無い場合には重宝します。

「ショッピング保険」付きなら海外でも役立つ

さらに旅行保険とは別に「ショッピング保険」が優れているなら、なおよいでしょう。海外でも有効なショッピング保険があるなら、現地で(そのカードで)買った品物が盗難や破損といったトラブルに遭ったときにも保証してもらえます。

保険以外でも海外で役に立つカードなのか? 

せっかく海外に持っていくのなら、保険以外の面でも何かと役に立つカードのほうが、うれしいものですね。

カードとして、どんなブランドを持っているのか

VISAやマスターカード、JCBやアメリカン・エキスプレス・カード……と、メジャーなクレジットカードのブランドがありますね。日本のカードも、これらの海外ブランドと必ず提携しているはずですが、どんなブランドなのか確かめるに越したことはありません。余裕があるなら、行きたい国でどんなブランドのカードが使えそうなのか、確かめるのもいいでしょう。

使えるATMが違う!カードは複数枚持ちましょう

VISAやMasterといった超有名なクレジットカードの国際ブランドなら、たいていの国で使えるわけですが、重要なのが使えるATMが違うことです。特に海外で現地通貨をお得に引き出すことができる海外キャッシングで問題となります。クレジットカードをATMで利用するためには、VISAならPLUS、マスターカードならcirrusのマークが必要なのです。せっかく見つけたATMが使えない、なんてことがないように、予備のカードも用意しておきましょう。

助けや情報が欲しいときに要望を叶えるサービスがあるか

海外旅行中は、日本の常識は通じません。そもそも日本語で話せる人が周囲にいなくて当たり前。まして怪我や病気に襲われてしまったら、やはり誰かの助けがほしいところでしょう。また、買い物するにしても観光に行くにしても、現地の詳細な情報がほしいシーンは多くなります。事前に下調べしてあっても、現地で違う情報がほしくなることもよくあります。こうした場合に、いろいろなアドバイスをしてくれたり、いろいろなサポートをしてくれたりするカード会社は良心的です。海外旅行保険に力を入れているカード会社は、専用の電話番号を設けるなどしてそれらの希望に対応してくれるものです。

そもそも学生が持つのに妥当な条件かどうか? 

旅行保険が優れているカードも多いことは多いです。しかしゴールドカードのように収入の多い社会人向けのカードは無収入の学生には手が届きません。それよりも学生専用の限度額は低くても高スペックのカードが狙い目です。そもそも国内であまり使い道がないカードでは、帰国後にもてあますことにもなりかねません。

年会費が無料で、学生向けかどうか

年会費、維持費が無料というのも大きいポイントですね。学生はアルバイトと仕送りくらいしか収入がないわけですから、年会費はなるべく抑えたいところ。できれば年会費が無料だったり、学生の間は年会費がかからないように工夫してくれるカードを選ぶほうが賢明です。学生向けカードはほとんどが年会費を優遇してくれるので、逆に年会費がかかるカードを選ぶのは特別なメリットがある場合に限られます。

クレジットカードヒストリー(信用情報)積み上げのため無料で保持できるのがベスト

最初に契約したカードは、クレジットヒストリーを積み上げるために解約しない方がおすすめ。年会費無料のクレジットカードであれば、使わないで保持し続けられます。この点ではライフカードやEITカードなどの年会費無料カードが有利。また質の高いクレヒスを積み上げる意味では、育ちが良い三井住友カードやMUFGカードなどを申し込むのもおすすめです。

国内で普段から使いやすいか

学生がよく行く店舗やよくアクセスするサイト等で、よく使えるサービスが盛り込まれているカードであるなら、やはり卒業するまで何年もの間、愛用できますよね! その点で言うならばアメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードよりも、VISA、マスターカード、JCBがおすすめとなります。

まとめ:海外旅行と日常生活にフィットする学生カードを選ぼう!

3つの比較・検討ポイント

追加で言うなら、初めてカードを作るならずっと無料で持ち続けられるカードがおすすめです。それでは、学生が海外旅行に行くときに費用対効果の高い保険をつけてくれる、選りすぐりのカード5枚をご紹介しましょう。

厳選5枚の学生向けカード(海外旅行傷害保険付き)の特徴

海外旅行保険が手厚く、しかも海外利用でキャッシュバックも受けられる!学生特権の「学生専用ライフカード」は年会費も無料!
在学中から質の高いクレジットカードブランドを持ち始めるなら「三井住友VISAクラシックカードA(学生)」がおすすめ。
ひとり暮らしなどで学生でも「年に20万円以上使える!」のなら同じくブランドの「MUFG イニシャルカード」が良いでしょう。
常にポイント還元率が高くて、買い物で稼げるカードがほしいなら「JCB EIT」を翌月1回払いカード化して保ちましょう。
また関東圏在住でマルイを買い物でよく利用するなら、作りやすい「エポスカード」も人気です。

結局どれをもつべき?
学生のための海外旅行保険付きクレカを厳選して掲載!

海外旅行中の補償とサポートが充実したカードを厳選

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
在学中から卒業後まで、長いこと持っていられる年会費無料のお手本カード
学生の年会費 無料 自動付帯
クレジット銘柄 VISA・Master 基本のポイント還元率 0.5%~3.33%

学生カードのわりに高い保険額とキャッシュバックで人気!

海外旅行保険は完全に自動付帯!金額も全体的にそろっています

傷害死亡・後遺障害:最大2000万円まで
治療費用:最大200万万円まで
賠償責任:最大2000万円まで
携行品損害:最大20万円まで
救援者費用:最大200万円まで

海外で使うと自動で5%のキャッシュバック!

海外で決済時に使うと、あとで総額の5%分のキャッシュバックを受けられます! 景品なんかと違って、どんなユーザにとっても共通してうれしいサービスになりますね。

学生無料で持ちやすい上、卒業後も年会費無料!

年会費は、「学生専用のカード」であることを明記している以上、いっさいなし!それと、卒業後も年会費がかかりません。これは学生用のカードではあまり見られない特長ですね。

誕生月にポイントを5倍ももらえます!

そしてもう1点、申し込み直後から1年の間は、1.5倍(1.5%)の還元率にしてくれます。ライフカードには、メンバーズサイト「L-Mall」もあります。ここで買い物するなら、ポイントはMAXで25倍になる機会がありますよ!

非公開: 三井住友VISAクラシックカードA(学生)

学生が持ちやすいカード。社会人になったら上級のカードに鞍替えもできます
学生の年会費 無料(2年目以後250~1,500円+税※条件により無料) 旅行保険の適用条件 自動付帯(一部のみ利用付帯)
クレジット銘柄 VISA・Master 基本のポイント還元率 0.5%~1.0%

三井住友VISAらしい、行き届いたトラベル用のサービスが魅力

海外旅行保険はほとんどが利用付帯!しかし学生カードとしては申し分なし

傷害死亡・後遺障害:最大2000万円まで(ただし自動付帯は300万円まで、残りの1700万円は利用付帯)
治療費用:最大100万万円まで
賠償責任:最大2500万円まで
携行品損害:最大20万円まで
救援者費用:最大150万円まで

海外にいるとき、頼りになるサポートやオリエンテーションあり

海外での購入品だったら、どんな決済方式を選んでも適用されるショッピング保険が用意されています(決済から90日以内なら、被害を100万まで補償してくれます)しかも世界の55都市に「VJデスク」が進出しています。緊急時の相談はもちろんのこと、商業店舗の予約や交通インフラの紹介等をやってもらえます(もちろん日本語で!)。

旅行保険付きの年会費は250円!学生でも持ちやすい

年会費は初年度無料です。2年目から有料ですが……一般人は1,500円が基本なのに学生なら250円と六分の一に!それから、独特の支払いサービス、マイ・ペイすリボに登録するなら、年に1回使うだけで無料になりますね。

「ポイントUPモール」にアクセスしましょう。

インターネット上に楽天のようなメガオンラインモールがたくさん開店しています。独自のポイントをもらえるためポイントが20倍になるチャンスあり

MUFGカード イニシャルカード

MUFGカード イニシャルカード
学生でも持てる特別なMUFGカード。安い年会費で海外用の特典も目白押し!
学生の年会費 無料 旅行保険の適用条件 自動付帯
クレジット銘柄 VISA・Master・JCB・Amex 基本のポイント還元率 0.5%~0.85%

年に20万円の利用を計画的に実行すれば、補償額は安泰です

海外旅行保険は全面的に自動付帯です。金額も条件を守っていれば高めです

傷害死亡・後遺障害:最大2000万円まで
治療費用:最大100万万円まで
賠償責任:最大2000万円まで
携行品損害:(1回の旅行ごとに)最大20万円まで
救援者費用:最大200万円まで

2年目からは前年の利用総額が20万円未満の場合、条件が下がります

傷害死亡・後遺障害:最大100万円まで
治療費用:最大100万万円まで
賠償責任:最大100万円まで
携行品損害:(1回の旅行ごとに)最大10万円まで
救援者費用:最大50万円まで

毎年、20万円以上は使うようにすることが大事ですね。学生でも月に2万円近いペースで使うならクリアできるはずです。

海外にいるとき頼りになるのが「ハローデスク」

海外アシスタント「ハローデスク」を利用しましょう。海外旅行等での日本語によるサポートサービスです。現地で行動するための情報をもらえる「インフォメーション・サービス」や、予約や手配を一手に引き受けてくれる「リザベーション・サービス」、何かのトラブルがあった際に助けてくれる「エマージェンシー・サービス」の3つを中心に構成されています。

選べる国際ブランドの種類が豊富で、ショッピング保険付き

VISAにMaster、JCBにAmerican Expressと、四大国際ブランドから選択できます。ショッピング保険は最大100万まで補償してもらえます(免責額は3000円と安め)。最大90日まで補償を受けられます。

学生は在学中は年会費無料! 年会費は1,000円台で社会人にもおすすめ

年会費は1,350円が基本額ですが…在学中なら無料に! 社会人も初年度だけなら無料にしてくれます。しかも入会から3ヶ月は、ポイントが3倍になります。海外で使ってもその点はまったく変わりません。0.5%×3倍=1.5%のポイント還元が受けられます。

「ツアーデスク」という旅行のインフォメーションシステムがあります。

ここで海外(国内旅行でもOK)のパック旅行を申し込むと3~5%値引きになります! 

JCB EIT(エイト)カード

JCB EIT(エイト)カード
「日本語安心サービス」や「キャッシュレス診療」が特に高評価
学生の年会費 無料 旅行保険の適用条件 自動付帯
クレジット銘柄 JCB 基本のポイント還元率 1.0%~1.1%

年会費なしで学生にも「敷居が低いカード」。なのに、海外向け&ポイントサービスがすごい!

海外旅行保険は年会費なしのカードとしては及第点!

傷害死亡・後遺障害:最大2000万円まで
治療費用:最大100万万円まで
賠償責任:最大2000万円まで
携行品損害:最大20万円まで
救援者費用:最大100万円まで

キャッシュレス診療が認められます!

高額の治療費がかかる怪我や病気の際、持ち合わせが足りなくても心配無用です。つまり、立て替えの必要がありません。クレジットカード払いが可能でも、限度額でトラブルが起きることがあるので、これは安心です。

日本語での海外サポートサービスがあります

「日本語安心サービス」を繰り広げています。日本語で相談できると、海外ではそれだけでなんだか落ち着いてきますよね。病院関係のお願いや事故関連のお願いは需要が高いものですが、365日24時間常に連絡できます。

「JCBショッピング&ダイニングパスポート」があります。

これは、都市別の旅行ガイダンス(人気の高い商業施設を地図付きで紹介しています。掲載している店舗でなら、提示すると何らかの優待を受けられます)ですね。旅行直前等に出力して持ち歩くとよいでしょう。

学生は年会費が無料!しかも還元率が原則で1.0%!

リボルビング払い専用カードのため、還元率が1%と高く設定されています。もちろんリボ払いは還元率よりも割高なので、翌月1回払いカードにして活用するのがおすすめ。さらに独特のショッピングサイト「Oki Doki ランド」もあります。ここ経由で買い物をするのが、国内での妥当なネットショッピングの方法です。ポイントは最大で20倍になる可能性もあります。

エポスカード

エポスカード
海外旅行時のサービス各種。プラス、国内での割引のおかげで大人気!
学生の年会費 無料 旅行保険の適用条件 自動付帯
クレジット銘柄 VISA 基本のポイント還元率 0.5%~1.5%

治療費の高さが秀逸です! キャッシュレス診療も学生にはありがたい!

海外旅行保険の「治療費用」がここまで高い年会費免除カードは珍しい

傷害死亡・後遺障害:最大500万円まで
治療費用:疾病は最大270万万円まで/傷害は最大200万円まで
賠償責任:最大2000万円まで
携行品損害:最大20万円まで
救援者費用:最大100万円まで

「キャッシュレス診療」制度を取り入れています。

エポスカードもキャッシュレス診療が使えるため、病院での費用を「その場で支払って、あとから返してもらう」という手続きは不要です。学生には特に有り難いです。

海外で頼りになる「緊急アシスタンスサービス」があります。

キャッシュレス診療の手配のほかにも、「緊急アシスタンスサービス」を活用すれば、病院の紹介および移送の手配まで頼めます。家族の救援の手配までやってくれます。

日本語の「ドクターホットライン」も有名になっています。

日本人のドクターと会話できます。現地の医師の説明だけだと不安になることがありますが、そのような懸念から解放されます。

マルイをはじめ国内で優待特典が使える場所がたくさんあります。

全国のマルイ店舗では年に4回のキャンペーン期間があります。10%の割引を受けられるチャンスです。服やアイテムをそろえたいときに助かりますね。またマルイ店舗は関東に集中していますが、提携店ならよその土地でも使えますね。飲食店やレジャー系の店舗が多いですから、学生の生活に登場するストア・ショップがたくさんあります。提示すると、割引してくれるところは暗記したいところ。

「海外旅行保険」付きクレカ
年会費無料&自動付帯で比較

おすすめの海外旅行保険付きクレジットカード【自動付帯限定】を比較しました。

エポスカード

エポスカード
即日審査発行で10%オフ!キャッシングも便利なマルイカード
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 0.5%~1.5%
発行期間 最短即日 限度額 個別に設定
ブランド VISAカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 0.5~0.6マイル

ジャックスR-style(アールスタイル)カード

ジャックスR-style(アールスタイル)カード
年会費実質無料で旅行保険も自動付帯!リボ手数料が残念…!
年会費 無料(2年目以降:1,250円+税※条件付き無料) 還元率 1.0%
発行期間 最短7営業日 限度額 40~60万円
ブランド VISAカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 2.5~3マイル

JCB EIT(エイト)カード

JCB EIT(エイト)カード
ポイント還元率2倍!年会費無料!リボ払い専用JCBカード
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 1.0%
発行期間 最短3営業日 限度額 公式サイト参照
ブランド JCBカード 電子マネー QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 3マイル

JALカードnavi《学生カード》

JALカードnavi《学生カード》
JAL学生カードはマイル還元率1%!フライトマイルも100%!
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 1.0%~2.0%
発行期間 約4週間 限度額 10万円
ブランド JCBカード 電子マネー WAON(ワオン)QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 1マイル

DCカード Jizile(ジザイル)

DCカード Jizile(ジザイル)
ポイント還元率1.5%!旅行保険付き!リボ払い専用カード
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 1.5%
発行期間 最短1週間 限度額 10万円~100万円
ブランド マスターカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 2.5マイル

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
海外に強い学生カード!旅行保険&キャッシュバック付き
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 0.5~3.3%
発行期間 最短3営業日 限度額 5万円~30万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ)ID(アイディ) マイル 1pt = 3.0マイル

MUFGカード イニシャルカード

MUFGカード イニシャルカード
年会費実質無料!若者限定のMUFGカード!
年会費 無料(2年目以降:無料※条件付き) 還元率 0.5%~1.5%
発行期間 最短翌営業日 限度額 10万円~100万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル 1pt = 2マイル

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード
Suica付きイオンカード!国内・海外旅行保険付き!年会費無料
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 0.5%
発行期間 約4週間 限度額 10万円~50万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 1pt = 0.5マイル

イオン KNTカード(近畿日本ツーリスト)

イオン KNTカード(近畿日本ツーリスト)
近畿日本ツーリストパッケージツアーで3倍還元!
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 0.5%~1.5%
発行期間 約3週間 限度額 10万円~50万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー Suica(スイカ) マイル 1pt = 0.5マイル

「ビュー・スイカ」リボカード

「ビュー・スイカ」リボカード
年会費無料!手数料無料でも使えるSuicaリボカード
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 0.5%~1.92%
発行期間 約2週間 限度額 15万円~40万円
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)nanaco(ナナコ) マイル -

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード
年会費無料のゴールドカード!保険は最高3,000万円まで補償
年会費 無料(2年目以降:無料) 還元率 0.5%
発行期間 約3週間 限度額 個別に設定
ブランド VISAカードマスターカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)ID(アイディ)WAON(ワオン) マイル 1pt = 0.5マイル

オリコカードiB (iD×QUICPay)

オリコカードiB (iD×QUICPay)
4ヶ月間ポイント3倍!実質無料のオリコ人気№1カード!
年会費 無料(2年目以降:1,250円+税※条件付き無料) 還元率 0.5%~1.5%
発行期間 最短8営業日 限度額 10万円~300万円
ブランド VISAカードJCBカード 電子マネー 楽天EdySuica(スイカ)ID(アイディ)QUICPay(クイックペイ) マイル 1pt = 2.5~3マイル
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
年会費無料クレジットカード比較!無料で高還元率のおすすめクレジットカード
「審査」重視派
審査に通りやすい?クレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!世界で通用するクレジットカード
コスパ最高の格安ゴールドカード比較!空港ラウンジ無料
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
20代におすすめ!銀行系クレジットカード比較
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!おすすめ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP