クレジットカードの種類

クレジットカードにはさまざまな種類があります。ランクで分けたゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどは一般カード(クラシックカード)よりもサービスが充実していたり、コンシェルジュサービスや空港のラウンジが無料で使用できるなどのお得な優待特典が付帯します。一方でガソリンカードやマイルカードなど機能でクレジットカードを分けたり、銀行系、消費者金融系など発行会社や国際ブランドで分ける方法もあります。

クレジットカードの種類の違いとは?

年収で見るヒエラルキー

クレジットカードと一言でいっても、ランクや機能、カードブランドまで様々な分け方・種類があります。今回は、クレジットカードの「種類」について、4つの観点から分けてご紹介していきますので、新たにクレジットカードを発行したい方、クレジットカードの基礎知識を得たい方はぜひ参考にしてください。

クレジットカードには種類の分け方がたくさんある

クレジットカードは「種類」がたくさんありますが、種類別の分け方も様々です。例えば、クレジットカードのステータス性やサービス面などを総合して分ける「ランク」での分け方や、JCB、VISAなどの「カードブランド」で分ける方法などがあります。

実際にクレジットカードを選ぶ際は、「ステータス性の高いものが良い」、「ガソリンがお得に入れられる機能が欲しい」など、なにかしら目的を持って選ぶ方が多いので、ざっくりとでもどんな種類があるのか知っておくことでスムーズに希望カードの絞り込みが可能です。

本記事では、次の章より「ランク」、「機能」、「発行会社」、「国際ブランド」の4つのカテゴリに分けてクレジットカードの種類を解説していきますね。

クレジットカードの種類(1)ランクで分ける

クレジットカードのランクは、一般カード(クラシックカード)から最高峰のブラックカードまで分けられます。クレジットカードでいうランクとは、サービス面やステータス性が高くなるにつれて「ランクが高い」カードになり、一般的には「ゴールドカード」や「プラチナカード」のようにランク別に名称が異なります。

  1. 一般カード(クラシックカード)
  2. ゴールドカード
  3. プラチナカード
  4. ブラックカード

1.一般カード(クラシックカード)

SMBCファーストパックのSMBCカードクラシックの券面画像一般カードやクラシックカードは、各カード発行会社の最もスタンダードなカードのことで、年会費がリーズナブル(1,000円前後)に設定されているものが多くあります。

年会費がリーズナブルでも、各発行会社の「代表」のカードですので、特にプロパーカードではサービス面が年会費の安さに比べて充実していることが多く、初めての1枚に選ばれるカードのほとんどが「一般カード」カテゴリです。

一般カードはお得なクレジットカードが多くコストパフォーマンスが高い

ここではクレジットカードの「カードランク」に注目して解説しているので詳しくは触れませんが、企業などとの提携カードの多くが一般カードに属しており、「ガソリンが安い」、「特定のスーパーでポイント還元率が良い」などの機能的な提携カードもたくさん発行されています。

ゴールドカードなどの上位カードに比べると利用限度額は低めですが、それでも10万円〜100万円と幅はあるものの、普段使いでは十分な設定になっています。特別なこだわりがなく、とにかく普段使うクレジットカードが欲しい方は、まず一般カードを申し込んでみましょう。

2.ゴールドカード

TOKYU CARD ClubQ ゴールドカードの券面画像ゴールドカードはステータス性が高く、一般カードよりも付帯保険やサービス面が充実しているのが特徴です。その分年会費は1万円以上するものも多いですが、最近では年会費が数千円の「格安」ゴールドカードも存在します。

ゴールドカードといえばこれ、というサービスとして、「空港ラウンジの無料利用」と「付帯保険の充実」が挙げられます。

空港ラウンジが無料利用できるサービスは、空港で搭乗までの待ち時間が発生しているときに、普通の待合場所ではなく、ドリンクや軽食、雑誌などくつろげるサービスを提供している空間で待てるというメリットがあります。

ゴールドカードは空港ラウンジ無料特典と手厚い旅行傷害保険が特徴

また、付帯保険は「旅行傷害保険」や「ショッピング保険」などが付帯しているカードが多く、これがあればいざという時も安心できます。これ以外にも、ゴールドカードはサービス面で一般カードよりも優れていることが多いカードランクです。

一般カードのサービス内容では物足りない、ステータス性を重視したい方は「ゴールドカード」を作る方が多いですね。

3.プラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの券面画像クレジットカードの発行会社によっては発行していないところもありますが、ゴールドカードよりもワンランク上のクレジットカードが「プラチナカード」です。

年会費は2万円程度のもとから、10万円を超えるものまで幅があるほか、実質的にプラチナカードでも名称が異なる場合もあります。

ゴールドカードのサービス内容、ステータス性が全てアップしているイメージですので、付帯保険を含めて、ゴールドカードよりもさらに手厚いサービスを求める方に適しています。

プラチナカードの特典はプライオリティ・パスやラグジュアリーなサービスが豊富

プライオリティ・パスもちろんクレジットカード会社によりますが、プラチナカードクラスから「プライオリティパス」の会員権が無料で付帯するカードが多い印象です。

プライオリティパスとは、世界1,000ヵ所以上の対象となる空港ラウンジが利用できる会員プログラムで、ゴールドカードによく付帯する空港ラウンジサービスよりもランクが上の「VIPラウンジ」が対象ラウンジとして設定されていることが多いため、特に海外旅行によく行く方に人気です。

4.ブラックカード

Centurion® Card from American Expressアメックスのブラックカードの券面画像ブラックカードは、一部のクレジットカード会社からしか発行されていない特別なカードランクです。

年会費は5万円以上から、30万円以上とこちらも幅が広くなっていますが、共通して言えるのは、最高クラスのステータス性がある「各カード会社の最高峰のカード」だと言うことです。

ブラックカードとして最も有名なのがアメリカン・エキスプレスの「センチュリオンカード」ですが、ほかにもダイナースクラブの「ダイナースクラブプレミアムカード」、JCBの「JCB THE CLASS」などがいわゆる「ブラックカード」に分類されています。

ブラックカードは招待状が届かないと会員になれない特別なステータスカード

ブラックカードは年会費が高額で、招待状(インビテーション)を受け取った人しか発行できないという「持っているだけでもすごい」カードですが、そのサービス内容や付帯保険も各社の最上級の内容となっており、特に専門のコンシェルジュがつくのは忙しい方や手間をかけずに旅行などの手配をしたい方にはうってつけのサービスです。

欲しいからといってすぐに手に入るカードではありませんが、ステータス性、サービスともに目指す価値は十分にあります。

クレジットカードの種類(2)機能で分ける

クレジットカードには、様々な特徴や機能を持つものがあります。ここでは、機能や特徴別に「7種類」に分けてクレジットカードの種類を解説します。

  1. 法人カード
  2. 学生カード
  3. マイルカード
  4. ガソリンカード
  5. ヤングカード/ヤングゴールドカード
  6. 格安ゴールドカード
  7. 年会費無料クレジットカード

1.法人カード

amex-business-gold200x127 (1)法人カードは、個人事業主や中小企業、大企業などの「法人」向けカードの総称です。

大企業向けの法人カードの一部は福利厚生の一部として年会費を会社負担で発行するものもありますが、ふつう「法人カード」と言えば事業経費を決済する専用のカードを指していることが多いです。

法人カードの年会費は「無料」から数万円するものまであり、サービス内容の手厚さは年会費が高くなればなるほど充実していると考えて良いでしょう。

法人カードなら経費管理が簡便になりETCカードも複数枚発行できます

クレジット機能なし法人ETCカード法人カードは「事業決済ができる」「子会員カードやETCカードを複数枚発行できる」という特徴のあるカードですが、それ以外にも「法人カードならでは」のビジネスに役立つ特典が用意されている、という特徴もあります。

年会費無料の法人カードでも、ビジネス向けの特典が全くないカードはありませんので、経理処理を簡便化したい、個人カードと完全に分けて管理したいという方は「法人カード」がおすすめです。

2.学生カード

ana_jcb_student_200学生カードとは、「学生専用」で発行されているクレジットカードの総称です。

学生は収入がないのが当たり前、ということから、カードのほとんどは「年会費無料」に設定されており、アルバイトなどからの収入がなくても審査に通る特殊なカードです。

学生カードは一般カードよりもお得!ゴールドカード並みのサービス

女子学生の学生証人生で初めて発行されたクレジットカードは長く使ってもらえる、というのがクレジットカード業界の定説ですから、クレジットカード会社からすると、まだほとんどクレジットカードを発行したことのない学生にこそクレジットカードを作って欲しいという思いから発行されています。

さらに、「学生専用」だけで受けられる特別なサービスが各社用意されていることが多いので、持っていると損にはなりません。

学校を卒業後は審査なしで継続して社会人用カードが発行されるのも魅力ですね。

3.マイルカード

JAL東急カード券面画像マイルカードとは、航空会社が各社提供しているポイントプログラム「マイレージサービス」のポイント「マイル」が貯まりやすいカードのことです。

基本的にはJALのマイルが貯めたいならJALから提供されているJALカード、のように、各航空会社との提携カードが使い勝手もよく人気です。

一般的なクレジットカードのポイントは、独自ポイントからマイルに交換しなくては使えないことが多く、還元率も下がってしまいがちですが、各社独自のマイルカード「マイレージカード(クレジット機能付き)」なら直接マイルが貯まるので交換の手間も省けます。

マイルカードはポイントの代わりに航空会社のマイルが貯まる

マイルを貯めると座席のアップグレードや航空券の無料手配などができるので、クレジットカードをしっかり利用してマイルを積極的に貯めている方も多くいます。

特定の航空会社をよく利用する、旅行が好きだ、というのであれば「マイルカード」を検討してみましょう。

4.ガソリンカード

スターレックスカードガソリンカードとは、ガソリンが安く利用できるカードのことです。

コスモ石油や昭和シェルなどの「ガソリンスタンド」と提携して発行されているカードのほとんどは、発行元のガソリンスタンド利用がお得になる、もしくはそこでのクレジットカード利用でポイントが貯まりやすくなるなどの特典があります。

ガソリンカードは自動車をよく利用するマイカーユーザーにおすすめ

年会費も無料など、安く設定されているものが多いので、ガソリンを入れる目的で発行するのも良いでしょう。

普段から車によく乗る、かつ自宅近くなどの「特定ブランドのガソリンスタンド」を頻繁に利用する方は必携のカードです。

5.ヤングカード/ヤングゴールドカード

セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カードヤングカード、ヤングゴールドカードは若年層向け(18歳〜26歳くらいまでが多い)に発行されているクレジットカードです。

発行に年齢制限はありますが、学生カードと同じく「初めての1枚」として利用しやすいように年会費の優遇があったり、若年層向けカード独自のサービスが用意されていたりします。

学生カードの解説でも触れましたが、クレジットカード会社は「初めての1枚」を自社で発行してほしいという願いがあるので、一般向けのカードよりもメリットが多くなっていると言えます。

ヤングゴールドカードは本家よりもコストパフォーマンスが高い

JCBゴールドカードエクステージ券面画像ヤングゴールドの場合は、一般向けのゴールドカードよりも年会費が優遇されており維持しやすくなっているのに、サービス内容はゴールドカード相当、というケースが多くあります。

26歳以降の初めてのカードの更新時に、ヤングカードなら一般カード、ヤングゴールドカードならゴールドカードへと、きちんとクレヒスさえ積んでいれば実質的に「審査なし」でランクアップできるのも一つのメリットですね。

6.格安ゴールドカード

MUFGゴールド券面画像格安ゴールドカードは、その名称どおり年会費が「格安」のゴールドカードのことです。

一般的にゴールドカードは年会費が1万円以上するのが普通ですが、格安ゴールドカードは発行会社によっては年会費2,000円程度から持つことができます。

格安ゴールドカードは機能を絞ってコストパフォーマンスを高めている

格安ゴールドカードのメリットは、格安の年会費でも「ゴールドカード」が持てること、一般カードよりも上質なサービスを受けられることです。

例えば、空港ラウンジのサービスなども格安ゴールドカードでもしっかり付帯しているカードもあります。

年会費が安いぶん、やはり年会費1万円以上のゴールドカードと比較するとサービス、保障内容などがやや物足りないこともありますが、一般カードよりもちょっといいカードが持ちたい方には十分の内容です。

7.年会費無料クレジットカード

イオンカード三種類の券面画像年会費無料クレジットカードは、とにかくコストをかけずにクレジットカードを維持したい方に人気の種類のカードです。

今や年会費無料のクレジットカードはたくさん発行されているので珍しいカテゴリではないですが、最近では年会費無料でも「ポイント還元率が良い」、「提携先のお店がお得に利用できる」などの嬉しいメリットがついているカードも多いので、年会費無料といってもあなどれません。

年会費無料カードはお得!シーンや目的ごとに使い分けがおすすめ

ただし、付帯保険などはついていないことが多いので、気になる方は年会費が必要なカードも検討してみましょう。

お店などの提携カードは年会費無料になっているものも多いので、普段よく利用するお店との提携カードを探してみると、よりお得にクレジットカードを利用できますね。

三つ星のランキング

クレジットカードの種類(3)発行会社で分ける

クレジットカードについて調べていると、「銀行系クレジットカード」などのように「発行元がどんなカテゴリのカードか」というキーワードがよく出てくることはないでしょうか。

発行会社によって、審査の難易度や特徴が異なってきますので、カードの発行会社にはどんなところがあるか知っておくと、新たにカードを発行する際に便利です。ここでは、発行会社のカテゴリによるカードの特徴を簡単に解説します。

  1. 銀行系クレジットカード
  2. 信販系クレジットカード
  3. 流通系クレジットカード
  4. 消費者金融系クレジットカード
  5. 鉄道系(交通系)クレジットカード

1.銀行系クレジットカード

三井住友VISAクラシックカード銀行系クレジットカードは、クレジットカード業界の中でも歴史が長く、「銀行」から発行されているという安心感、信頼感抜群のクレジットカードです。

ここでご紹介している他の発行会社からのカードよりも審査が厳しいことが多く、しっかりと審査期間をとって審査を行うのがふつうです。

銀行系クレジットカードは信頼と実績のブランドカード

代表的な銀行系カードとしては、三井住友カード、JCBカードなどがこの「銀行系」カードに分類されます。

サービス内容などもしっかりしているカードが多く、発行元の銀行口座を解説済みだと審査が比較的通りやすくなると言われています。

2.信販系クレジットカード

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)券面画像信販系クレジットカードは、クレジットカード業務などの「販売信用」を行なっている会社が発行するクレジットカードのことです。

販売信用とは、信用に基づいて消費者に「後払い」で商品・サービスを販売する行為のことで、月賦購入などもこれにあたります。

信販系クレジットカードは提携カードの種類が豊富!クレカの老舗です

審査難易度は銀行カードよりやややさしくなっていますが、クレジットカード業界全体から見るとではやや厳しいと言えます。

信販系のクレジットカードは分割払いの回数を多く選べるのが特徴で、家電量販店などの「提携カード」も多く発行されています。

オリコカード、NICOSカードなどが「信販系」クレジットカードに分類されます。

3.流通系クレジットカード

エポスカード券面画像流通系クレジットカードは、百貨店やショッピングモール、スーパーなどのいわゆる「小売系」の企業から発行されているカードです。

発行の主目的はクレジットカードで手数料をとりたいというよりも、「販売促進」になっていることが多く、発行元の企業に関連するお店でのポイント還元や割引など「お得」にお店を利用できるサービス内容・特典内容になっています。

普段よく利用するお店から発行されているカードを持っていると、メリットが多いのでおすすめです。

流通系クレジットカードは特定のお買い物でお得度が高い

代表例としては、イオンカード、セブンカード、クレディセゾンなどで、ここに「楽天カード」が加えられることもあります。

楽天カードはその特徴からいうと「流通系カード」と言えますが、厳密に言うと信販会社から発行されているので「信販系」に分類されることもあります。

4.消費者金融系クレジットカード

ACマスターカードの券面画像消費者金融系クレジットカードは、消費者金融から発行されるクレジットカードで、カテゴリとして審査難易度は最もやさしくなっています。

利用する上ではポイント還元やサービス面などのメリットはほとんどないカードが多いですが、「発行スピードが早い」、「審査が易しい」というのが最大のメリットです。

消費者金融系クレジットカードはキャッシングレベルの審査基準

他の種類のカードで審査に通る自信がない方は、消費者金融系のクレジットカードに申し込んでみるといいでしょう。逆に、消費者金融系のカードに通らない場合は、ほかのどのジャンルのカードにも通らないと考えた方が賢明です。

消費者金融系のカードの代表例は、「アコム」から発行されている「アコムACマスターカード」などです。

5.鉄道系(交通系)クレジットカード

JRビューSuicaカード券面画像鉄道系カード、別名交通系クレジットカードは、発行会社が鉄道会社というカードではなく、「Suica」や「PASMO」などの「交通ICカード」の機能がついているクレジットカードです。

クレジットカードをそのまま定期券として利用できる機能や、自動でチャージしてくれる機能などもついているものもあり、カードによってはチャージや定期券購入で「ボーナスポイント」が貯まります。

駅に関連する商業施設(駅ビル、百貨店など)で優待や割引を受けられることもあるので、公共交通機関を頻繁に利用する社会人や学生の方にとってメリットが大きいカードです。

クレジットカードの種類(4)国際ブランドで分ける

最後に、クレジットカードを「国際ブランド」で分けてみましょう。

国際ブランドとして日本国内で発行されているのは、次の6種類です。

  1. VISA
  2. Master Card
  3. JCB
  4. アメリカン・エキスプレス・カード
  5. ダイナースクラブカード
  6. 銀聯カード

1.VISA

logo_visaVISAブランドは、世界でトップクラスの加盟店数・発行数で、世界No.1のシェアを持っている国際ブランドです。

世界で最も使えるカードとも言えますので、迷った時はVISAカードを1枚持っておくと間違いがないでしょう。

ただし、VISA本体から発行されているプロパーカードは存在しないので、VISAと提携している「三井住友カード」などのカード会社から選ぶことになります。

2.Master Card

logo_mastercardMaster Card(マスターカード)はVISAと並んで「2大国際ブランド」と表現されるほどの加盟店数、発行数を誇るカードブランドです。

VISA、Master Cardともにアメリカ発のブランドですが、どちらかというとマスターカードはヨーロッパ方面に強いカードで、VISAと同じく「持っていると安心」なカードです。

マスターカードも、マスターカード本体から発行されているプロパーカードがないので、提携カードから選ぶことになります。

3.JCB

jcb-logomark-img-02JCBは日本発の唯一の国際クレジットカードブランドで、日本ならではのきめ細かいサービス内容、コストパフォーマンスの高さが特徴です。

提携カードがあるのはもちろんですが、JCB本体から発行されている「プロパーカード」が特に魅力的で、一般カードから最上級のブラックカードまで様々な特徴のあるカードが存在します。

国内での加盟店数が最も多く、日本国内では「JCBのみ」利用できる店舗もあります。

海外で利用できる店舗が少ないと言われがちですが、アメリカ大手クレジットカード会社のディスカバーと提携しているので、アメリカでの利用はしやすくなっています。

その他の地域でも、日本人観光客が好む場所を中心に加盟店数を拡大しているので、海外でもしっかり使えるブランドへと成長しています。

4.アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードロゴアメリカン・エキスプレス・カードは、世界で通用するステータス性の高さや、サービス内容が魅力のカードブランドです。

自社オリジナルの「プロパーカード」が特に人気があり、一般カードの「グリーンカード」、「ゴールドカード」、「プラチナカード」、最高峰のブラックカード「センチュリオンカード」など幅広い層に向けてカードが用意されていますが、いずれも審査が厳しめでサービス内容が充実しています。

日本ではJCBと提携しているので加盟店は意外と多く、JCBが使えるお店の8〜9割で利用可能です。

5.ダイナースクラブカード

ダイナースクラブロゴダイナースクラブカードは日本で初めてのクレジットカードブランドで、世界でも今のようにレストランなどで気軽に利用できる形にしたのは「ダイナースクラブ」が初めてと言われています。

プロパーカードとしてスタンダードな一般向けでは「ダイナースクラブカード」と「ダイナースクラブプレミアムカード(ブラックカード)」の2種類しか発行していない、審査の厳しい「富裕層向け」の特殊なカードブランドです。

国際ブランドとしてのステータス性は最も高いと言われており、「医師」や「字会社役員」などの社会的地位が伴っていないと発行が難しかった時代もあるほどです。

そのほかにも、BMWや銀座地域のお店と提携している特殊なカードもありますが、いずれも「ダイナースクラブ」本体から発行されています。

最高のステータスとサービスに魅力を感じている方に人気のカードブランドです。

6.銀聯カード

銀聯カードロゴ銀聯カード(UnionPay)は、「発行枚数」が世界一と言われるカードで、中国でメインのクレジットカードとして使われているクレジットカードブランドです。

中国国民なら必ず持っていると言われているほど中国での普及率が高く、日本でも中国人観光客向けに銀聯カードに対応している店舗が多くあります。

ただし、中国で発行されているカードのほとんどは、「デビットカード」というのも特徴的ですね。

中国の紙幣は最高でも日本円で約2,000円弱の価値しかないので、高額の買い物をしようと思うと大量の紙幣が必要です。

中国に行かない方にとっては全く必要がないカードですが、中国でのシェアが90%以上という特殊なカードブランドですので、中国出張や旅行を控えている方は決済を簡便化するためにもぜひ発行しておきましょう。

クレジットカードは種類の違いを理解して選ぼう

クレジットカードには多くの種類、分け方があります。

自分でクレジットカードを選ぶ際は、カードの特徴や発行会社ごとの違い、普通はカードランクでどのようにサービスが異なるのかなどを、ざっくりとでも理解しておくと役に立ちます。

今回は、4つの分け方でクレジットカードの種類を解説いたしましたので、ぜひベストな1枚を選ぶための参考にしてくださいね。

三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP