国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ダイナースカード全種類を比較!あなたにおすすめの1枚が分かる!

様々な種類のあるクレジットカードの中でも、富裕層向けのハイスペックカードとして有名なのがダイナースカードです。今回の記事ではダイナースカードについて詳しく紹介をしていきます。これからダイナースクラブへの加入を検討している方は、ぜひ参考にして下さい。

ダイナースクラブカード全種類を徹底比較!

ダイナースクラブビジネスカードの決済イメージ

ダイナースカードには提携カードなども含めると全14種類ものカードがあり、どのカードも豊富な特典を搭載した、スペックの高いカードとなっています。

ダイナースクラブが発行している全てのカードと年会費、特徴をまとめたものが下記になります。

カード名 年会費(税込) 還元率 特徴
ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード
24,200円
※初年度無料のキャンペーン実施中
0.4% ・高級レストラン2名以上の利用で1名分のコースが無料になるエグゼクティブダイニング
・予約困難な人気スレトランも予約出来る
・世界のホテルで優待が受けられる
・全世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る
・ポイントの有効期限無し
・最高1億円の旅行保険
ダイナースクラブ プレミアムカード
ダイナースクラブプレミアムカード
143,000円 0.4% ・24時間対応のコンシェルジュ
・銀座プレミアムラウンジの利用
・MasterCard最上位のカード「TRUST CLUB ワールドエリートカード」(通常年会費143,000円)が無料発行
・主要航空会社5社のマイルに交換出来る「ダイナースグローバルマイレージ」が無料
・ゴルフのプライベートレッスンや、会員限定コンペ
ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブビジネスカード
29,700円
※初年度無料のキャンペーン実施中
0.4% ・会計ソフト「free」の優待利用
・ビジネスラウンジの利用
・法務・税務・労務などビジネス関連の優待利用
・JAL国内線出張手配の「JALオンライン」
・高級レストランで1名無料のグルメサービス
・名門ゴルフ場の予約や優待価格での利用
・ダイナースクラブとのポイント合算が可能
ANAダイナースカード
ANAダイナースカード
29,700円 1.0% ・カードの利用でANAマイルが貯まる
・マイルの有効期限、移行上限無し
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジの利用
・最高1億円の旅行保険
・ビジネスクラスカウンターでのチェックインが可能
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待も付帯
ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード
ANAダイナースプレミアムカード
170,500円 1.5% ・ANAグループの利用で還元率+1.0%
・通常のフライトマイルに加え、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%の割り増しボーナスマイルが貯まる
・マイルの有効期限、移行上限無し
・世界1,300ヶ所以上空港VIPラウンジを利用出来る
・24時間対応の専用コンシェルジュ
・プレミアカード専用のプレミアムエグゼクティブダイニング
・銀座プレミアムラウンジの利用
JALダイナースカード CLUB-Aゴールドカード
JALダイナースカード
30,800円 1.0% ・カードの利用でJALマイルが貯まる
・JALマイル特約店なら還元率+1.0%
・通常の半分以下のマイルで交換出来る「どこかにマイル」
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジ
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待の利用
・最高1億円の旅行保険
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
デルタ スカイマイル ダイナースカード
30,800円 1.5% ・入会や更新、ファーストクラスの利用でボーナスマイル
・マイルの有効期限無し
・貯めたマイルはJTB国内ツアーでも利用可能
・世界のデルタスカイクラブラウンジが利用出来る
・国内や世界のホテルで優待がある
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る
・最高1億円の旅行保険
MileagePlus ダイナースクラブファースト
MileagePlusダイナースクラブファースト
47,300円 1.5% ・入会で10,000ボーナスマイル、継続で5,000ボーナスマイル
・マイルの有効期限無し
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待の利用
・マリオットボンボイとのポイント交換や、加盟ホテルでの優待が可能
カードフェイス
MileagePlusダイナースクラブカード
30,800円 1.0% ・入会で5,000ボーナスマイル、継続で2,000ボーナスマイル
・マイルの有効期限無し
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待の利用
・マリオットボンボイとのポイント交換や、加盟ホテルでの優待が可能
・最高1億円の旅行保険
ニューオータニクラブ ダイナースカード
ニューオータニクラブ ダイナースカード
24,300円 0.4% ・ニューオータニ直営ホテルやレストランでポイント2倍
・ニューオータニクラブのポイントプログラムも利用出来る
・宿泊優先予約や、優待価格での宿泊が可能
・朝食優待やプールの無料利用、クイックチェックインやレイトチェックアウトなどのホテルでの優待
・ニューオータニクラブラウンジの利用
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジの利用
BMW ダイナースカード
BMW ダイナースカード
27,500円 0.4% ・BMW正規ディーラーで車両代金の利用が出来る
・ポイントをキャッシュバックにも利用可能
・24時間365日対応のロードサービス
・ホテルニューオータニでポイント還元2倍
・最高1億円の旅行保険
・魅力的なゴルフサービス
銀座ダイナースクラブカード
銀座ダイナースクラブ
27,500円 0.4% ・銀座プレミアムラウンジ、D’sラウンジトーキョーが利用出来る
・銀座カード特約店での利用でダブルポイントが貯まる
・最高1億円の旅行保険
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジ利用
銀座ダイナースクラブカード/和光
銀座ダイナースクラブ/和光
27,500円 0.4% ・和光で年間20万円以上の利用で商品券5,000円貰える
・和光で1日10万円以上を利用すると、和光アネックス ティーサロンの喫茶ご利用券が貰える
・最高1億円の旅行保険
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待
・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジ利用
三井住友信託 ダイナースクラブカード
三井住友信託ダイナースクラブカード
27,500円 0.4% ・銀行取引でもポイントが貯まる
・カード会員専用の資産運用プラン
・条件を達成すると年会費優遇
・エグゼクティブダイニングやゴルフ優待
・世界750ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る
・最高1億円の旅行保険

ダイナースカードの年会費や還元率、特典を比較

ダイナースクラブカード 種類 比較

ダイナースクラブにはたくさんのカードラインナップがあり、どのカードも特典がとても豊富です。ここでは全14種類のカードラインナップの内、代表的な5種類のカードを比較していきます。

プラチナクラスの特典が付帯するダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

アメックスを凌ぐステータス!プラチナマスターカードも付帯
プラチナマスターカードと2枚持ち!アメリカンエキスプレスカードを凌ぐ品格&利便性

詳細を見る

まず最初に紹介するのはダイナースクラブのラインナップの中でも、最もオーソドックスな「ダイナースクラブカード」です。

オーソドックスとは言え他のカード会社で言えばプラチナクラスの内容となっており、年会費も24,200円(税込)と高額です。

ポイント還元率は0.4%と低いですが、付帯する特典は下記のようにとても豪華な内容となっています。

  • 一律の制限のない限度額
  • 高級レストランで1名のコースが無料の「エグゼクティブダイニング」
  • 自分へのご褒美として至福の食事が楽しめる「ご褒美予約」
  • 予約の取れない人気店の空き情報を教えてくれる「ごひいき予約.com」
  • 予約の取れない店のダイナースが抑えてくれる「Wishダイニング」
  • 「ひらまつ」や「ビフテキのカワムラ」で優待
  • 国内外の高級ホテルで特別優待が受けられる
  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る
  • 旅行の手配・相談が出来るトラベルデスク
  • レンタカーが優待価格で利用出来る

このように紹介しきれない位の豊富な特典が付帯するだけでなく、最大1億円の旅行保険も適用になります。

また何よりも富裕層専門カードとして、高いステイタスを感じることが出来るのが特徴です。

ビジネス特典が豊富なダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブ ビジネスカード

追加カードは年会費無料!ダイナースクラブの法人カード!
法人・個人事業主向けのダイナース!追加会員無料!

詳細を見る

次に紹介するのが、ダイナースクラブカードのビジネス版とも言えるカードの「ダイナースクラブビジネスカード」です。

年会費は29,700円(税込)とダイナースクラブカードよりも高額ですが、ダイナースクラブと同様の特典が付帯することに加えて下記のようなビジネスサービスが付帯します。

  • 会計ソフト「free」が優待価格で利用出来る
  • ダイナース・ビジネス・ラウンジの利用
  • 企業情報や税務・法務・労務など多彩なサービスが利用出来る「ビジネス・オファー」
  • JAL国内線出張手配サービス「JALオンライン」

更に名門コースでプレイ出来たり、プライベートレッスンが受けられるなどのゴルフ優待も付帯します。

追加カードも年会費無料で発行出来るので、従業員用のカードも発行しやすくなっています。ダイナースクラブの特典に加えて、ビジネスシーンで役立つ特典が付加されているのがこのカードの特徴です。

有効期限の無いマイルが貯まるMileagePlusダイナースクラブカード

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカード/ファースト

マイルが貯まるダイナース!100円で1.5マイル!
マイル還元率1.5%!100円で1.5マイルが直接貯まる!

詳細を見る

続いてはユナイテッド航空との提携カードの、MileagePlusダイナースクラブカードです。

カードの利用額に応じてポイントではなくマイルが貯まり、還元率は1.0%と高いです。ユナイテッド航空のマイルは有効期限が無く、入会や更新でボーナスマイルが貯まるのでマイルの使い勝手が良いです。

貯めたマイルはユナイテッド航空の他、ANAなどスターアライアンス加盟の航空会社の特典航空券に交換することが出来ます。

このようにマイルが貯めやすく使いやすいという特徴に加えて、これまで紹介したようなグルメやゴルフなどダイナースクラブとほぼ同様の特典が付帯するのがメリットです。

入会特典がお得なANAダイナースクラブカード

ANA ダイナースカード

ANAマイル還元率1%!世界800ヶ所以上の空港ラウンジ
ダイナースクラブの人気№1マイルカード!ポイントは無期限でANAマイル還元率1%

詳細を見る

ANAと提携をしているのが、ANAダイナーズクラブカードです。カードの利用で還元率1.0%でANAマイルが貯まるだけでなく、カードの継続やフライトでボーナスマイルが貯まります。

またこのカードは入会キャンペーンを行っており、条件付きではありますが最大で130,000マイル貰うことが出来ます。

更に空港内のANA FESTAで5%割引が受けられたり、ANA国際線エコノミークラスを利用する際でもビジネスクラスカウンターを利用出来たりとANAでの特典が豊富な事に加えて、グルメやゴルフなどのダイナースクラブの特典もしっかりと付帯します。

高還元率でマイルが貯まるJALダイナースクラブカード

JAL ダイナースカード(CLUB-A ゴールドカード)

国際ブランドダイナースクラブ唯一のJALカード
国際ブランド「ダイナースクラブ」のプレミアムなJALカード

詳細を見る

JALとの提携で発行しているのが、JALダイナースクラブカードです。このカードはJAL特約店の利用であれば、還元率が2倍の2.0%という高還元率でマイルが貯まるのが特徴です。

カード利用以外でも入会や継続、搭乗の都度のボーナルマイルが貰えるのでマイルが貯まりやすいカードとなっています。

このカードにももちろんダイナースクラブのグルメやゴルフ、トラベルに役立つ特典がしっかり付帯します。

航空会社との提携カードの多いダイナースクラブの中でもマイルが貯まりやすいのが特徴ですが、JALのマイルは有効期限が36ヵ月となっている点には注意が必要です。

ダイナースクラブプレミアムカードの種類

ダイナーズカード 種類 プレミアム

ダイナースクラブは一般カードであってもプラチナクラスの内容ですが、更に上位のプレミアムカードもあります。

ダイナースクラブを利用するのであれば、ぜひこのカードへの入会を目標として欲しいカードでもあります。

専用デスクが付帯するダイナースクラブプレミアムカード

ダイナースプレミアムカードのインビテーションの取得方法!

ダイナースクラブの上位に位置するのが、ダイナースクラブプレミアムカードです。

富裕層専用のダイナースクラブを象徴するようなカードで、年会費は143,000円(税込)と高額ですが下記のようなプレミアムカードならではの特典が付帯します。

  • 24時間対応の専用コンシェルジュ
  • プレミアム会員しか利用出来ないレストランもある「プレミアム・エグゼクティブダイニング」
  • 「銀座プレミアムラウンジ」の利用
  • MasterCard最上級のワールドエリートを付帯した追加カードが発行可能
  • 主要航空5社へのマイレージ交換が可能になる「ダイナースグローバルマイレージ」の登録が無料
  • プレミアム会員限定のツアー
  • ゴルフのプライベートレッスン、最高1億円のゴルファー保険
  • ミニクルーズや乗馬体験などの会員限定イベント

プレミアム会員専用のコンシェルジュや、会員限定のイベントなどの特典が豊富に用意されています。

特別な選ばれた人しか持てないカードなので、入会は完全招待制となっており直接申し込みは出来ません。

インビテーション(招待状)が届く条件は公開されていませんが、一般的に下記の要件を満たす事が必要と言われています。

  • 継続してカードを利用し、支払いに遅延が無いこと
  • 一定以上の年間利用額があること
    →毎年200万以上の利用、年収1000万でインビテーションが来たという口コミもあり

年間の利用額や年収などの具体的な金額は公開されていませんが、下位カードのダイナースクラブカードを使い続ける事が一番の近道と言えるでしょう。

プレミアムの特典に加えマイルも貯まるANAプレミアムカード

ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード

ANAプラチナ会員以上を招待!ダイナースのブラック
プラチナ以上のスーパーフライヤーズ会員限定のインビテーションカード

詳細を見る

先程紹介をしたダイナースプレミアカードの特典に加えて、ANAのマイルを貯められるのがANAプレミアムカードです。このカードはダイナースカードのラインナップの中では、一番年会費の高いカードとなっており、下記のようなこのカードだけの特典が付帯します。

  • 入会、継続の都度10,000マイルのボーナス
  • 還元率1.5%、ANAグループなら更に+1.0%
  • ANAカードプラスマイル加盟店で更に+0.5〜1.0%
  • フライトマイルに加えてボーナスマイルが貰える

とにかくマイルが貯まりやすいのが特徴です。このカードもインビテーションの条件は公開されていませんが、やはり下位カードのANAダイナースカードの利用実績を積み上げる事が重要です。

ダイナースクラブカード共通のメリット

ニューオータニクラブダイナースクラブカードの使用イメージ

続いてダイナースクラブカードのメリットについて見ていきましょう。

一律の限度額が無い

通常、カードには利用限度額が決まっており、限度額を超えるとカードの利用は出来ません。しかしダイナースクラブの場合は一律の限度額がなく、審査や利用状況に応じて決まります。

また大きな金額を利用する際には事前に相談をすれば、一時的に限度額をあげてくれる可能性もあります。このように一律ではなく、柔軟な対応をしてくれるのがメリットです。

トラベル&エンターテイメントの特典が豊富に付帯する

ダイナースクラブの特典は、旅行や食事、宿泊などの旅行やエンターテイメントに関連した内容が豊富です。そのため旅行や外食などの機会の多い富裕層の方にとってはとてもメリットの多いカードです。

特にダイナースカードの場合は、他のカードと比べても食に関する特典が充実しています。外食だけでなくコロナ禍でも役立つテイクアウトに使える特典もあるので、お得に使いやすいのが特徴です。

ポイントの有効期限が無い

カードの種類にもよりますが、ダイナースクラブのポイントには有効期限がありません。そのためうっかり交換を忘れてしまってポイントを失効してしまったり、有効期限直前に慌てて交換する必要もありません。じっくりとポイントを貯めて行くことが出来ます。

ダイナースクラブカード共通のデメリット

ダイナースクラブ 種類 デメリット

メリットに続いて、ダイナースクラブのデメリットを紹介します。

VISAやMasterCard と比べると利用出来る店舗が少ない

ダイナースクラブは主要な国際ブランドの一つですが、加盟店のシェアはそこまで高くありません。そのためVISAやMasterCardと比べると、利用出来る店舗は少ないです。

しかし最近ではJCBとの提携により国内では問題なく利用出来るほか、MasterCardのコンパニオンカードを追加することも可能なので使い勝手は良くなっています。

特典を活用しきれない場合がある

特典が豊富なのがダイナースの魅力ですが、その特典が活用しきれない場合があります。

特典の多くが旅行や外食などに関連しているので、あまり旅行などに行かない方には特典を使う機会がありません。このように持つ方のライフスタイルによっては豊富な特典を活かせない場合もあります。

ダイナースクラブカードの口コミ・評判

ダイナースクラブ 種類 口コミ

デメリットの次は、ダイナースカードの口コミを見ていきましょう。

限度額が一律で無いので高額決済が可能

メリットで紹介した通り、ダイナースには一律の限度額がなく柔軟に対応してくれます。BMWダイナースカードでは車両代金も決済出来るなど、高額な買い物の際にもカードを使えます。

入会基準は27歳以上と厳しい

ダイナースカードは富裕層向けのカードという事もあり、やはり審査は厳しめなようです。必要年収などは公開されていませんが、どのカードでも加入条件は27歳以上となっているので、安定した収入が求められるでしょう。

会員限定のイベントが充実している

https://twitter.com/aigyu_____te/status/1435353570648354821

ダイナースは会員限定のイベントなどが多いのもメリットです。ゴルフや食事など様々ですが、コロナ禍でも楽しめる内容のものも多いのが魅力の一つです。

まとめ|ステイタスも特典も兼ね備えたカード

ダイナースクラブ 種類 まとめ

ダイナースクラブカードは富裕層向けのハイスペックカードとして有名なカードです。カードラインナップには提携カードなども含めると様々な種類がありますが、どのカードも特典が豊富に付帯します。

特に旅行や外食などに関連した内容のものが多く、旅行や出張の多い富裕層にはピッタリのおすすめカードです。ダイナースへの加入を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points