年会費が安い格安ゴールドカードとは?空港ラウンジや海外旅行保険が魅力のクレジットカード

ゴールドカードのイメージ

格安ゴールドカードとは、文字通り「年会費が安いゴールドカード」のことです。「年会費が安いということは、それだけサービスも悪いのでは?」と思われるかも知れませんが、決してそうではありません。

年会費が安く抑えられていて、それでいて欲しい得点はバッチリ付帯している!無駄を省いたコストパフォーマンスの高さが格安ゴールドカードの魅力です。そのメリットと特徴について詳しく説明していきます。

年会費が安い!コスパが高い!格安ゴールドカードの魅力

海外旅行や国内旅行の傷害保険は「5000万円」などの高額が補償されるものもありますし、空港ラウンジが無料で使えるゴールドカードも多いです。

また、通常の一般カードよりもポイント・マイルの還元率が上がるなど、実用的なメリットの面でも有利になります。年会費は1500円~2000円程度の安いもの、ただ同然のものも多く、コストパフォーマンスを考えると最強のクレジットカードという呼び声も多くあります。

そして、見た目には完全に「普通のゴールドカード」であり、レジの店員さんがクレジットカードのマニアでもない限り「あ、低年会費のやつだ」なんて思われることはありません。「ゴールドカードのホルダーとして振る舞える」という点でも、メリットがあります。

低年会費ゴールドカードのメリット

年会費が安いゴールドカードのメリットは冒頭に書いた通りですが、わかりやすく一覧にしてみましょう。

  • 年会費が無料に近い(ものが多い)
  • 空港ラウンジ(主に国内)が無料で使える
  • 旅行保険が数千万円レベルで充実している
  • マイル・ポイントの還元率も上がる
  • 見た目がゴールドカードなのでおしゃれ

すべての低年会費ゴールドカードが共通してこう言えるわけではありませんが、ほとんどのものに、ここで書いたメリットは当てはまると考えてください。

低年会費ゴールドカードのデメリット

デメリット・短所は特にありません。強いて言うなら下のようになります。

  • 通常のゴールドカードよりは特典が劣る
  • 年会費を聞かれたりしたら、ステータスが下がる

このくらいでしょうか。前者については、その分年会費が安いのだから、まったく問題ないでしょう。「マックの値段で、高級バーガーを求めるな」ということですね。

「年会費を聞かれたら」というのも、見栄っ張りな方でなければ特に問題ないでしょう。たとえば女性だと、ステータスのようなものにお金を使う男性をむしろ敬遠するという人も一定数います。別にきれいごとではなく「その分私にお金を使って欲しい」という女性も多いわけです。

何にせよ、低年会費のゴールドカードの短所・デメリットは、特にないと考えてください。

(基本的に、すべてのもののデメリットというのは、メリットと引き換えの関係にあるので、メリットと同じものだと考えるべきですが…)

以下、低年会費のゴールドカードの中でも、特に人気が高い2種類のメリット・長所を、詳しくまとめていきます。

三井住友VISAプライムゴールド※若者向け格安ゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード低年会費のゴールドカードの中で、特に若い世代を中心に人気なのが、三井住友VISAプライムゴールド。このクレジットカードのメリットは、一覧にすると下の通りです。

  • 最安1500円の年会費
  • 空港ラウンジの無料サービスがつく
  • 旅行保険が、最大で5000万円まで付帯する

以下、これらの三井住友VISAプライムゴールドのメリットについて書いていきます。

年会費を、最大1500円まで割引可能

通常の三井住友VISAプライムゴールドの年会費は「5000円」となっています。これでもゴールドカードにしてはやや安い部類ですが、それでも「低年会費」といえるレベルではありません。

しかし、各種割引を適用することで、この5000円の年会費が、1500円まで安くなるんですね。具体的には、下のような割引を適用することができます。

  • WEB明細利用…1000円割引
  • マイ・ペイすリボ登録…2500円割引

これで合計「3500円」割り引かれるわけです。元の年会費が5000円なので、割引後の年会費は「1500円」になるわけですね。

WEB明細利用については、まったくデメリットがありません。というより、現代ではWEB明細利用にしない方がナンセンスと言ってもいいでしょう。WEBだったら、いつでも調べたくなった時に、スマートフォンやタブレットでも調べることができますからね。

もう一つも「マイ・ペイすリボ」も同じです。これも別に1ヶ月後の返済日を待たなくてもコンビニATMなどで、いつでも自由に臨時返済・追加返済できるので、そうして借入残高を常にゼロに近づけておけば、リボ払いであろうと利息・手数料はほとんど発生しないわけですね。

なので、どちらにしても、これらの年会費の割引条件について、利用者のデメリット・短所はほとんどないのです。そう考えると、三井住友VISAプライムゴールドの年会費は正式には5000円ですが、実質1500円と言っていいでしょう。

20代のみ発行できるという条件

三井住友VISAプライムゴールドは、申込資格に年齢制限があり、「20代限定」となっています。20才から29才で、安定収入があるというのが、発行の条件なので、残念ながら30代以上になった方には、三井住友VISAプライムゴールドを発行することはできません。

(もちろん、未成年・10代の方々も発行は不可能です)

空港ラウンジを無料で使える

「ゴールドカードなんだから、空港ラウンジが無料で利用できるのは当たり前」と思う人もいるかも知れません。確かにそうですが、三井住友VISAプライムゴールドの場合、1500円というタダ同然の年会費で、このサービスがつくという点に注目する必要があります。

つまり、同じように「空港ラウンジサービス」がつくゴールドカードにしても、年会費が全然違うということですね。年会費1万円のゴールドカードで空港ラウンジのサービスが付帯するのは、それは当然でしょう。

一方、三井住友VISAプライムゴールドはそうした高価なゴールドカードのわずか6分の1程度の年会費で、空港ラウンジサービスがついてくるわけです。このコストパフォーマンスが極めて高いことは、今でもないでしょう。

飛行機をよく利用する人は、メリットが大きい

もちろん、空港ラウンジサービスというのは「海外旅行や国内旅行で、飛行機をよく利用する人」でなければほぼ意味がありません。1500円という年会費の安さを考えれば「タダで空港ラウンジサービスがついてくる」ようなものなので、別に損をすることはありませんが…。

しかし、損はしないにしても、たとえば「年に1回も飛行機を使わない」と言うような人だったら、このメリットは特に意味がないという点も意識して下さい。(もっとも、一度でも利用するのであれば、十分元は取れると思いますけどね)

最大5000万円の海外旅行傷害保険が付帯

さらに三井住友VISAプライムゴールドのメリットとして、旅行保険の充実があげられます。国内旅行でも海外旅行でも、どちらでも最大5000万円までの旅行保険がつく…という条件になっています。

また、ショッピング保険についても、最高で300万円まで補償されるのので、ブランド品など高額な買い物をされる方でも安心です。たとえば女性で、「ヨーロッパなどに海外旅行に行って、ついでに多数のブランド品を買って来る」というようなことがあれば、まさにうってつけのゴールドカードと言えるでしょう。

MUFGカード・ゴールド※一般向け格安ゴールドカード

MUFGカード ゴールド(マスターカード)券面上の三井住友VISAプライムゴールドと並んで人気がある低年会費のゴールドカードが、「MUFGカード・ゴールド」。こちらは名前の通り、三菱UFJフィナンシャル・グループのクレジットカードですね。

このMUFGカード・ゴールドのメリット・長所は、下のようになっています。

  • 年齢制限(上限)がない
  • 最短で翌営業日に発行できる
  • 楽天銀行・Amazonでポイントが2倍になる
  • 年会費が1905円と破格の安さ

以下、これらのメリットについて解説していきましょう。

発行の年齢制限がない

先に紹介した三井住友VISAプライムゴールドの場合は、「20代限定」という年齢制限がありました。そのため、いくら低年会費のゴールドカードといっても、30代以上の方にとっては意味がないわけですね。

しかし、この点MUFGカード・ゴールドは違います。年齢制限がないので、極端な話、50代や60代になっても、1905円という激安の年会費でゴールドカードを利用することができるのです。

低年会費のゴールドカードというと、やはりヤングゴールドカードが多いです。そのため、年齢が上になると年会費の面で不利になることが多いのですが、MUFGカード・ゴールドはそうしたデメリット・短所がないというわけですね。

最短で翌営業日に発行できる

さらにMUFGカード・ゴールドがすごいのは、特典の充実したゴールドカードでありながら、最短で翌営業日に発行できるということ。さすがに消費者金融のキャッシングの審査のように「最短当日借入可能」というわけには行きませんが、クレジットカードの中(特にゴールドカードの中)では、間違いなく最速クラスです。

ゴールドカードなので急ぎはないが…

もちろん、言うまでもなくゴールドカードを発行する人で「今日中に発行できないと困る」というようなことはないでしょう。キャッシングと違い「今日中にお金を借りたい!」というような切実なケースはないわけです。

しかし、申し込みをしたら、できるだけ早く審査結果を知りたいし、カードを手元に置きたいというのが人間の真理。そうした欲求が満たされた時の気持ちよさというのは、生活全般を良くする上で、とても重要なものです。(人間は多分に精神的な生き物ですから)

なので、消費者金融などの借り入れのように急ぎではないにしても、やはり申し込みしたら、ゴールドカードでも何でもすぐに手元に届くというのが心理学的にもいいわけですね。脳が活性化するわけです。

その点、ゴールドカードでも最速で翌営業日に発行できるMUFGカード・ゴールドは、メリットが大きいいと言えます。

Amazonや楽天市場で、ポイントが2倍

また、MUFGカード・ゴールドは、ポイントの還元率でも有利になっています。MUFGカードには会員専用のショッピングモールがあり、これを経由して楽天市場・Amazonなどで買い物をすれば、ポイントが2倍になります。

通常だったら0.5%の還元率が1%になるわけですね。たとえば年間100万円買い物する方であれば、年間で5000円のポイント・マイルしか貯まらなかったのが、1万円貯まるということで、5000円のプラスになるわけです。この時点で、すでに年会費の1905円の元は、完全にとっているということです。

空港ラウンジも無料で使える

また、MUFGカード・ゴールドは、先の三井住友VISAプライムゴールド同様に、国内の主要空港のラウンジを無料で使うことができます。すべての空港を一覧にすると、下のようになります。

  • 成田
  • 羽田
  • 中部国際
  • 関西国際
  • 福岡
  • 広島
  • 那覇
  • 新千歳
  • 函館
  • 青森
  • 秋田
  • 仙台
  • 新潟
  • 富山
  • 小松
  • 神戸
  • 伊丹
  • 米子
  • 岡山
  • 山口宇部
  • 松山
  • 高松
  • 徳島
  • 北九州
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 鹿児島

たとえば「鳥取砂丘コナン空港」のようなマイナーな空港はありませんが、基本的には「一般的な空港」であれば、どこでも無料でラウンジを使えるということです。

大部分の日本人は、おそらく「成田・羽田・粒困窮中部国際・関西国際・新千歳・福岡・那覇・新潟・仙台」くらいしか使わないのではないかと思われます。それ以外だったら、むしろ新幹線などの陸上の交通機関の方が安いし早い…ということが多いですからね。

何にせよ、普通の人が使うような日本の空港であれば、MUFGカード・ゴールドなら、すべて無料でラウンジ利用のサービスがついてくる…と思って下さい。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP