年会費有料のライフカード(Ch)の種類とラインナップを徹底比較!独自の審査基準が魅力!

ライフカードCh(年会費有料)の種類と特徴・審査基準を徹底解説!

ライフカードでは年会費無料のクレジットカードを多く発行していますが、「ライフカードCh」は年会費がかかる有料版のクレジットカードです。

年会費有料でも無料版とは異なる特徴や独自の審査基準があるため、年会費有料版を有効活用している人も多いです。

そこでこの記事では、年会費有料のライフカードChはどのような特徴があり、年会費無料版と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのか、おすすめしたい人の特徴などを詳しく紹介します。

年会費有料ライフカードChとは?独自審査が魅力のクレジットカード!

年会費有料ライフカードChは年会費無料版と審査基準が違う!

ライフカードchの券面画像ライフカードChは年会費有料のクレジットカードですが、同じカード券面で年会費無料のクレジットカードも発行されています。

見た目が全く同じクレジットカードなのに、なぜ年会費無料版と有料版があるのか疑問を感じる方も多いですが、年会費有料版のライフカードChならではの大きなメリットは独自の審査基準にあります。

年会費有料ライフカードChは審査に不安がある人におすすめ!

審査に不安がある人

年会費有料のライフカードChは、もともと年会費無料のライフカードの審査に通らなかった方だけにインビテーションが送られていたクレジットカードでしたが、現在は申込制となっています。

職業や年収、クレジットカードの利用歴などでクレジットカードを作れないのではないかと不安だった方におすすめです。

とくに、以下の項目に当てはまる方は年会費無料版のライフカードの審査に通りにくかったのですが、年会費有料版のライフカードChは無料版とは異なる基準で審査を行うため、入会できるチャンスがあるのが大きなメリットです。

  • 職業が夜職(水商売など)などで固定給ではない
  • 30代以上の方でクレジットカードを持っていなかったのでクレヒスが全くなかった
  • すでに完済済みでも5年以内に支払い遅延を引き起こしていたことがあった

ライフカードのラインナップ3種類!

年会費無料の王道ライフカード!誕生月ポイント3倍

年会費有料のライフカードが誕生!独自の審査基準

審査通過に失敗した方は預り金制クレジットカード

ライフカードChをアコムACマスターカードと比較

審査が不安な人向けのクレジットカードとは?

クレジットカードの審査が不安な人向けによくおすすめされているクレジットカードとして有名なのが「アコムACマスターカード」です。ライフカードChと同じように比較的所有しやすいクレジットカードなので、どのような違いがあるか確認してみましょう。

ライフカードChをアコムACマスターカードの比較
券面 ライフカードCh
ライフカードChの券面画像
アコムACマスターカード
アコムACマスターカードの券面画像
年会費 5,000円または10,000円 無料
国際ブランド MasterCard
カードの種類 3種類 1種類
キャッシング枠 なし あり
お支払い方法 一括払い・分割払い・リボ払いなど リボ払いのみ
ポイント還元 約0.5%~(サンクスポイント) 0.25%(キャシュバック)
付帯サービス ・海外・国内旅行傷害保険
・シートベルト傷害保険
・弁護士無料相談サービス
など
特になし

年会費有料ライフカードChは種類が豊富!

ライフカードChは年会費無料版と同様に3種類ラインナップされており、目的に応じてお好みのカードを選択できます。

アコムACマスターカードは券面がシルバーでMasterCardのロゴが大きめに入っているデザインになっており、「アコム」の社名は入っていませんが、シンプル過ぎるかな?という印象を受けます。

ライフカードChの見た目は年会費無料版と全く同じ券面なので、ライフカードのロゴなどおしゃれなデザインになっており、「審査に不安がある人向けのクレジットカード」という印象を持ちにくいのが特徴です。

年会費5000円~でもポイント還元有り!使い方次第で元をとれる!

ポイント還元

アコムACマスターカードも0.25%のキャッシュバックはありますが、使い方次第では年会費がかかるライフカードChの方がお得に活用できるのも見逃せないポイントです。

ライフカードChは年会費無料版と同じようにライフカードのポイント還元サービス「LIFEサンクスプレゼント」の対象になっています。

カードのご利用額1,000円につき1.0ポイント付与され、交換商品によって還元率は変わりますが平均すると約0.5%の還元率になりますが、ポイントアップする条件がたくさん用意されています。

  • ネットショッピングを利用する際にL-Mallを経由するだけで最大25倍
  • 年間ご利用額50万円以上で300ポイント付与
  • 年間ご利用額に応じてステージアップして最大2倍
  • お誕生月のご利用は3倍
  • 入会後1年間は1.5倍
  • ポイントの有効期限は最大5年間

 

たとえば、年会費5,000円分をポイント還元で元をとろうとすると、単純計算では年間ご利用額100万円(1,000ポイント)が必要ですが、ライフカードはポイント還元サービスが充実しているので元をとりやすいのが大きなメリットです。

年間50万円以上お買い物をすると300ポイント付与されますので、年会費分をポイントで元をとるために必要なのは実質的に年間700ポイント分(70万円分)となります。入会後1年は1.5倍になるので、初年度は最低でも50万円以上お買い物をするだけで条件を達成できることになります。

・年間50万円分の買い物で500ポイント付与 ⇒ 1.5倍になるので750ポイント獲得!
・年間50万円以上で300ポイント獲得!
・合計1,050ポイント獲得! ⇒ 1,000ポイントをVプリカに交換した場合は5,000円分になる

ライフカードで貯まるサンクスポイントのおすすめ交換商品はこちらを参考にしてください。

年会費有料ライフカードChのメリット、デメリット

年会費有料ライフカードChには年会費無料版にはない特典もある

年会費有料のライフカードChには、年会費無料版にはない弁護士無料相談サービスや各種保険が付帯される特典も用意されていることから、有効活用するほどお得になります。

それぞれのメリットとデメリットになる部分を比較してみると、年会費がかかっても意外とお得なクレジットカードだとわかります。

年会費有料ライフカードChのメリットとデメリットを比較!

ライフカードの年会費無料版と有料版を比較
券面 ライフカードCh(年会費有料版)
ライフカードChの券面画像
ライフカード(年会費無料版)
ライフカードChの券面画像
年会費 5,000円または10,000円 無料
*ゴールドは10,000円
国際ブランド MasterCardのみ MasterCard、JCB、VISA
*ゴールドはMasterCard、VISAのみ
カードの種類 スタンダード、ノワール、ゴールド スタンダード(3色)、ゴールドなど
キャッシング枠 なし あり
ご利用可能枠 ~30万円まで ~200万円まで
付帯サービス ・海外・国内旅行傷害保険
・シートベルト傷害保険
・弁護士無料相談サービス
など
【スタンダード】
・海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」
・カード会員保障制度
【ゴールド】
・海外・国内旅行傷害保険
・シートベルト傷害保険
・弁護士無料相談サービス
など

年会費有料版と無料版を比較した結果、年会費有料版ライフカードChの大きなメリットとして挙げられるのは海外・国内旅行傷害保険などの各種保険サービスや、弁護士無料相談サービス(1時間)が付帯する点です。

弁護士に相談する場合は通常30分5,000円が相場といわれていますので、1時間無料で相談できる特典がついているだけでも年会費分をペイできます

デメリットとして挙げられるのは、国際ブランドはMasterCardしか選べないこと、キャッシング枠がないこと、ご利用可能枠が最大30万円までと少ないことです。

とくにご利用可能額が30万円までしかないと物足りない印象も受けますが、しっかりクレヒスを積んでいけば再審査でご利用可能枠をアップしてもらえる可能性もありますのでご安心ください。

注意したいのは、初回の年会費をクレジットカードが届いた時に代引きでお支払いしなければいけませんので、あらかじめ準備しておくことも忘れないようにしてください。

ライフカードCh(年会費有料)は3種類!特徴を比較

年会費有料版のライフカードChは3種類ありますので、目的に応じて使い分けてください。

ライフカードCh(スタンダードカード)

ライフカードCh(スタンダードカード)の券面画像

ライフカードCh(スタンダードカード)は、審査に不安がある方が向けに充実した機能を用意したクレジットカードです。

年会費はかかりますが、付帯サービスやポイント還元サービスを上手に活用することで、年会費以上のメリットも得られます。

年会費 5,000円+税
付帯サービス 海外旅行傷害保険 最高2,000万円
国内旅行傷害保険 最高1,000万円
シートベルト傷害保険 最高200万円
カード会員保障制度 カードの紛失・盗難による不正使用の損害を補償
弁護士無料相談サービス 1時間無料(初回1回のみ)

ライフカードCh(ノワール)

ライフカードCh(ノワール)の券面画像

ライフカードCh(ノワール)は、年会費無料版のスタンダード(ブラック)の券面と同じデザインですが、年会費1万円になっている分、付帯サービスがゴールドカード並みに充実しているのが特徴です。

特に、旅行に出かける方向けの旅行傷害保険はカード会員様だけでなく、ご家族様にも保障がつきます。

年会費 10,000円+税
付帯サービス 海外・国内旅行傷害保険(ご本人さま) 最高1億円
海外・国内旅行傷害保険(ご家族さま) 最高1,000万円
シートベルト傷害保険 最高200万円
ショッピングガード保険 最高200万円
弁護士無料相談サービス 1時間無料(初回1回のみ)

ライフカードCh(ゴールド)

ライフカードCh(ゴールド)の券面画像

ライフカードCh(ゴールド)は通常のライフカードゴールドと同じ年会費ですが、ゴールド会員特典の空港ラウンジ無料利用やゴールド会員様専用デスクを利用できる特典が用意されており、とても充実しています。

審査基準は通常のゴールドカードとは異なりますが、スタンダードやノワールよりも審査基準が厳しくなっていると考えられますので、まずはスタンダードかノワールでクレヒスを積んでからゴールドに申込することをおすすめします。

年会費 10,000円+税
付帯サービス 海外・国内旅行傷害保険(ご本人さま) 最高1億円
海外・国内旅行傷害保険(ご家族さま) 最高1,000万円
シートベルト傷害保険 最高200万円
ショッピングガード保険 最高200万円
弁護士無料相談サービス 1時間無料(初回1回のみ)
空港ラウンジ無料利用 主要空港にあるライフカードゴールド会員様専用ラウンジの無料利用
専用ダイヤルデスク ライフカードゴールド会員様専用のダイヤルデスクの利用

ライフカードChに審査落ちすることもある?対応策はある?

独自の審査基準なので比較的持ちやすいとされているライフカードchでも、100%審査に通るわけではありません。まずは、以下の項目に心当たりがないか確認してみましょう。

ライフカードchに申込する前のチェック項目と対応策
チェック項目 対応策
年齢の申し込み基準を満たしていない 最低でも以下の条件を満たしているかチェックしましょう
・日本国内にお住まいの18歳以上(高校生を除く)
・電話連絡が可能な方
未成年の方で親権者の同意を得ていない 未成年の方は親権者の同意が必須です
支払い遅延を起こしたことがある 携帯電話料金などの支払い遅延が2~3ヶ月以上続いていた方は個人信用情報に傷がついている可能性が高いため、一般のクレジットカードではかなり厳しいですが、ライフカードChなら可能性はあると考えられます。ただし、ライフカードを所有していて支払い遅延を起こしていた場合はライフカードChでも厳しい可能性があります。
現在も支払い遅延中で完済していない 完済してから申込をしましょう。
多重債務に陥っている 返済能力がないとみなされる可能性がありますので、完済してから申込をしましょう。
自己破産して間もない 自己破産や個人再生手続の直後は個人信用情報に傷がついたままなので、5~10年程度は新規にクレジットカードを作るのが難しい可能性が高いです。
短期間で複数のカードに申し込みした クレジットカードの審査を行う際に個人信用情報に照会した記録が残るため、ライフカードCh以外のクレジットカードに申込した場合も半年以上は開けてから申込しましょう。
虚偽の内容を記載した 信用できない人物と判断されて審査に通らない可能性があるのでご注意ください。
在籍確認ができていない 勤務先へ在籍確認の電話があります。クレジットカード会社名を名乗らずに「田中ですが、鈴木さんはいらっしゃいますか?」などと個人名で問い合わせがあるだけなのでご安心ください。
無職で配偶者や親権者がいない ご本人様やご家族様に安定収入がないとみなされると審査が厳しくなると考えられますので、収入を得ていることが大切です。

ライフカードchの審査に落ちたらライフカードDp!

ライフカードDp(デポジット)という選択肢もある!

ライフカードChでも審査が通らなかったけど、どうしてもクレジットカードを使いたい場合には、デポジット型のクレジットカード「ライフカードDp(デポジット)」を活用する方法もあります。

ライフカードと同じ券面デザインで、スタンダード(年会費5,000円+税)と、ゴールド(年会費1万円+税または2万円+税)がラインナップされています。

通常のクレジットカードと同じように使えますが、カードを使用する前に預けるデポジット(保証金)が限度額となってこの金額の範囲内でお買い物でご利用いただきます。解約時にはデポジットが戻る仕組みになっており、もし支払い遅延を引き起こした場合はデポジットから差し引かれます。

お支払いは一括払いのみで、ライフカードChと同様の付帯保険などのサービスが用意されており、ご利用金額に応じてポイント還元(LIFEサンクスプレゼント)の対象になります。

年会費無料と有料のライフカード比較まとめ

種類が豊富なライフカードCh(年会費有料版)を上手に活用しよう!

年会費有料のライフカードChは、年会費無料のライフカードと券面デザインは全く同じですが、独自の審査基準を採用しているので年会費無料のライフカードでは審査に通りにくい夜職などの方におすすめのクレジットカードです。

ライフカードChは年会費がかかっても、無料版より付帯保険やサービスが充実していることや、ご利用額が多くなるほどポイント還元サービスにより年会費以上のメリットを得られます。

審査に自信がない方はライフカードChのスタンダードカードからクレヒスを積んで、より充実した付帯サービスが用意
されているノワールやゴールドカードなどステータス性の高いクレジットカードへランクアップを目指すことをおすすめします。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2020 Agoora.inc.

TOP