「プロパーカード」を持つ理由「提携カード」とのクレジットカードの違いとは?

セゾン アメリカン・エキスプレス・カードとアメリカン・エキスプレス・プロパーカード

プロパーカードは【国際ブランド】のクレジットカード

「プロパーカード」の代表は、アメックス、ダイナースクラブ、JCB

ダイナースクラブカード一般にクレジットカードは“発行会社(イシュア)”によって発行されます。また“国際ブランド(アクワイアラー)”はVISA、JCB、マスターカードに代表される決済システム提供会社です。

しかし一部の“国際ブランド”は自分たちでクレジットカードを発行しています。それが“国際ブランド”が単体で発行するクレジットカード=「プロパーカード」です。その代表格は、アメリカン・エキスプレス(AMEX)ダイナースクラブ(Diners Club)です。日本ではJCBも上げられます。

同じ“国際ブランド”でも VISA/Master Cardはプロパーカードがありません

VISAとマスターカードのブランドロゴアメリカン・エキスプレス・カードのように国際ブランド自体が、大々的にクレジットカードを発行している例もあります。JCBは提携カードも多く、それほどこの「プロパーカード」を前面に押し出していませんが、AMEX、ダイナースクラブは独自にカードを発行しており、「プロパーカード」のイメージが強いです。

プロパーカードが欲しければ、JCB、アメックス、ダイナースしかない

ラグジュアリーカード  Mastercard Titanium Card券面画像一方で最大手の“国際ブランド”である VISAやマスターカードは「プロパーカード」を持っていません。独自にクレジットカードの発行は行っていないため、「プロパーカード」は存在しないのです。

マスターカードは2016年度から、申込み制のブラックカードを発行し始めました。しかしこちらもあくまで提携カードです。『ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card』(年会費50,000円+税/還元率0.5%~1.0%:1,000円で1ポイント=5円相当)は、マスターカードの公式サイトではなく、ラグジュアリーカードのサイトで発行します。

そのため、国際ブランドのプロパーカードが欲しければ、やはりJCB、アメックス、ダイナースクラブを選ぶしかないのです。

日本で申し込める国際ブランドの3大プロパーカード

アメックスのグリーンカード!ビルゲイツも所有

ダイナースのプロパーカード!最高のステータス

JCBのプロパーカード!日本人のためのカード

国際ブランドの「プロパーカード」と「提携カード」の違い

「プロパーカード」は国際ブランドの審査が厳しいので有名

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード“国際ブランド”が同じでも“発行会社”が違えばサービスが違うのはもちろん、カード発行に際しての審査も違ってきます。一般にはクレジットカードの審査は“発行会社”が行いますが、「プロパーカード」は“国際ブランド”自体が行います。

提携カードはカジュアルに利用。プロパーカードはステータス

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードたとえばアメリカン・エキスプレス自体が審査を行うプロパーカード『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税)は、セゾンカードが審査を行う『セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費10,000円+税)よりも段違いに審査が厳しいので有名です。年会費の費用も3倍近く違いますが、この審査の厳しさがアメックス・プロパーカードのステータスを保証しているわけです。

「提携カード」はクレジットカード発行会社のサービスやお得感で勝負!

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】一方で同じJCBの一般カードであっても、JCBのプロパーカードである『JCB一般カード【JCB ORIGINAL SERIES】』(年会費10,000円+税)と、イオンクレジットカードサービスの発行している「イオンカード(JCB)」(年会費無料)とでは、特典もサービスもまったく違います。そもそも年会費も10,000円+税と永年無料で全く違います。

VISAやマスターカードと同じ位置づけでJCBやアメックスも選べる

JCB一般カード【JCB ORIGINAL SERIES】JCBが発行している『JCB一般カード【JCB ORIGINAL SERIES】』(年会費初年度無料。次年度以降:1,250円+税)は、年会費は安くとも、本家本元のJCBのプロパーカードです。

一方でたとえばイオングループが発行している「イオンカード(WAON一体型)」(年会費永年無料)は、JCBブランドであっても、あくまでもイオンのサービスを利用するためのクレジットカードです。VISAやマスターカードも選べる中で、JCBも選べます、ということでしかありません。

提携カードの特典が欲しければ提携カードを選ぶだけ

イオンカード日本ではVISAやマスターカードもほぼ使えるので、敢えてJCBを選ぶメリットはありません。単純にクレジットカードを利用するだけなら、提携カードでもプロパーカードでも違いません。あるとすれば、JCBや各種カードの特典ぐらいです。そのためあくまでも利用者が提携カードを選ぶメリットは提携先が提供するサービスにあります。イオンの特典が欲しければ、国際ブランドもカードの種類も何でも良く、『イオンカード』を選ぶだけです。

プロパーカードのステータスか?提携カードのお得感か?

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードこれは、アメリカン・エキスプレス・カードでも同じことが言えます。なぜならアメックスにも提携カード、があるからです。特に『セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』が人気です。

しかしアメックスのプロパーカードは本家本元のアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス/AMEX)だけです。そのため本物とニセモノという言われ方もしてしまいます。

本当のアメックスはプロパーカードだけ!提携カードは別物です

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードセゾンの発行しているセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾン・アメックス/SAISON AMEX)は、セゾンカードのサービスを利用しつつ、アメックス加盟店で利用できるクレジットカードという意味になります。そのためアメックスのステータスにこだわる方は、迷わずアメックスの「プロパーカード」を選択します。年会費が高くても『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税)を選ぶのは何よりそのステータスとサービスが必要だからです。

同じ”アメックス”でも、お得なのは「セゾン アメックス」!ステータスは「アメックス・プロパー」!

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと、セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードそしてセゾンの使いやすさや特典、サービスを好む方は、セゾンアメリカン・エキスプレス・カードを選択するわけです。でも格としては圧倒的に『アメックス・ゴールド』です。たとえばアメックスは審査に3週間もかかります。一方でセゾンなら最短3日で発行されます。

ステータスにこだわる人には、セゾン・ゴールド・アメックスはまがい物と言うことになります。もちろんアメックス自体を見たことがない人も居ます。こだわりがない人には、どちらも単純にアメックスの凄いカードということになります。

この「アメリカン・エキスプレス・カード」のプロパーカードと、「セゾン アメリカン・エキスプレス・カード」の具体的な違いについては、別記事をご参照ください。

アメックス・ゴールドとセゾン ゴールド・アメックスの違い

アメリカン・エキスプレス・ゴールドの概要

アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド)

アメックス・ゴールドの詳細情報はこちら

年会費 29,000円+税
ポイント還元率 0.4~1.0%
審査難易度 ランクAA 最難関クラス
審査の日数 3週間以上
セゾン ゴールド・アメックスの概要

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細情報はこちら

年会費 10,000円+税
ポイント還元率 0.75%~1.0%
審査難易度 ランクB 上級クラス※アメックス・グリーンよりは難易度は下
審査の日数 最短3営業日

【国際ブランド】と【発行会社】と【提携先】の関係

同じ【国際ブランド】でもサービスはクレジットカードごとに違います

最後に「提携カード」における【国際ブランド】と【発行会社】と【提携先】の関係を説明します。

ここでは、Aという店舗=【提携先】が、Bという【発行会社】にカード発行を依頼し、Cという【国際ブランド】で、A【提携先】のクレジットカード(提携カード)を発行するとします。

  • A【提携先】:小売店・ホテルなどが会員制のサービスを提供
  • B【発行会社】:国内でクレジットカードを発行、サービスを提供
  • C【国際ブランド】:国際的な決済サービスを提供

利用者にとってもっとも身近なのはA【提携先】のホテルや小売店です。

次がクレジットカードの基本サービスを提供し、利用明細などを送ってくれるB【発行会社】です。

そして最も縁遠いのが、直接的にはまったく接触がないC【国際ブランド】となります。

全てのC【国際ブランド】に提携クレジットカードはあります
提携クレジットカードのサンプル
クレジットカード名 A提携先 B発行会社 C国際ブランド
ルミネカード ルミネ ビューカード VISA/マスターカード/JCB
イオン 首都高カード(WAON一体型) 首都高速道路 イオンカード VISA/マスターカード/JCB
ローソンPontaカードVISA ローソン クレディセゾン VISA
アコムACマスターカード アコム アコム マスターカード
ファミマTカード ファミリーマート ポケットカード JCB
セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンカード クレディセゾン アメリカン・エキスプレス・カード
BMW ダイナースカード BMW 三井住友トラストクラブ ダイナースクラブカード

どのC【国際ブランド】も提携クレジットカードを出していますし、提携カードの中には複数のC【国際ブランド】を選べる物もあることがおわかり頂けると思います。

『セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード』や『BMW ダイナースカード』のように、C【国際ブランド】のプロパーカードに準じるイメージで発行されている提携クレジットカードも存在します。

「提携カード」で重要なのは、A【提携先】とB【発行会社】

提携先、発行会社、国際ブランドの図解

この場合、利用者は【発行会社】であるBと、【提携先】であるAのサービスを受けることができます。この時、Cという【国際ブランド】は、他の店舗でクレジットカードが使えるかどうかを判断するための基準にしかなりません。

「提携カード」でC【国際ブランド】はあまり重要視されない

提携カードの発行の際に「どの国際ブランドが良いですか?」と聞いた際、「一番加盟店が多いからVISAが良いんじゃないですか?」とか言われたりするのは、どの国際ブランドを選んでもたいして差が無いと思われているからです。そして日本で生活していく上では、実際、ほとんどの場合で差はありません。

これはどの「提携カード」でも同じで、この場合、C【国際ブランド】はあくまでも世界中で決済サービスを提供するためだけにあります(それが最も重要で困難なんですが)。

「提携カード」は【提携先】会員サービスを追加したクレジットカード

「提携カード」の場合、A【提携先】のサービスに特化しているので、B【発行会社】やC【国際ブランド】が自分で発行しているクレジットカード(プロパーカード)とはサービスが違います。

ほとんどの場合では、B【発行会社】が提供しているサービスに、A【提携先】の独自サービスが追加されてくるようです。

国際ブランドの「プロパーカード」と「提携カード」どっちを選ぶ!?

欲しい価値でクレジットカードを選ぼう!

【発行会社】Bのサービスを受けたいのか、それとも【提携先】Aのサービスを受けたいのか、はたまた【国際ブランド】Cのサービスを受けたいのかによって、選ばれるクレジットカードが変わってきます。

サービスか、ステータスか!?求めるメリットで選びましょう

クレジットカードを選ぶ際には、どのサービスを受けたいのかで、利用価値を見極めてください。ちなみに、クレジットカードで最もステータスが高いのは、【国際ブランド】Cが発行する「プロパーカード」です。

アメックス、JCBのプロパー・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド)の概要

アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド)

アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド)の詳細情報はこちら

年会費 29,000円+税
ポイント還元率 0.4~1.0%
審査難易度 ランクAA 最難関クラス
審査の日数 3週間以上
JCBゴールドカード【ORIGINAL SERIES】の概要

JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】の詳細情報はこちら

年会費 10,000円+税※初年度無料
ポイント還元率 0.5%~0.75%
審査難易度 ランクA 難関クラス
審査の日数 最短3営業日
ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP