セゾン アメリカン・エキスプレス・カードを持つべき理由・メリット

セゾンのアメリカン・エキスプレス・カード4種類

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードとは?

セゾンとアメックスが組んだ日本だけのアメリカン・エキスプレスカード

セゾンアメリカン・エキスプレス・カード4種類セゾンのクレジットカードを作ろうとすると、必ず目に留まるのがセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードです。また、セゾンのカウンターでカードを作る際に、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを勧められたという人もいるでしょう。

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードとは、クレディセゾンがアメックスと提携して出した日本独自のアメリカン・エキスプレス・カードのことです。

両者の違いについて、詳細を知りたい方は、特集記事『セゾン・アメックスの魅力とメリット!アメックス・プロパーカードと比較! 』をご覧ください。

セゾン・アメックスのカードの種類と特典一覧

クレジットカード名 カードクラス 年会費 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 その他特典
セゾン プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
プラチナカード
(招待制)
20,000円+税 ○自動付帯
最高1億円
○渡航便遅延保険
○自動付帯
最高5,000万円
※入院・通院費用も全付帯
ショッピング保険最高300万円
プライオリティ・パス
セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
法人プラチナカード 20,000円+税
年間200万円以上の利用で次年度10,000円+税
○自動付帯
最高1億円
○渡航便遅延保険
▲利用付帯
最高5,000万円
※入院・通院費用も全付帯
ショッピング保険最高300万円
プライオリティ・パス
セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
ゴールドカード 10,000円+税
初年度無料
○自動付帯
最高5,000万円
○家族特約
○渡航便遅延保険
▲利用付帯
最高5,000万円
○家族特約
※入院・通院費用も全付帯
ショッピング保険最高200万円
セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
一般カード 3,000円+税
初年度無料
26歳まで年会費無料
○自動付帯
最高3,000万円
▲利用付帯
最高3,000万円
※入院・通院費用も全付帯
ショッピング保険最高100万円
セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費無料カード 1,000円+税
初年度無料。年1回利用で次年度無料
×なし ×なし ×なし

メリット①セゾン・アメックスはコストパフォーマンスが良い

年会費はアメックスプロパーより格安!サービスは上々!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードクレディセゾンがアメリカン・エキスプレス・カードと組んで発行する「セゾンアメックス」は、アメリカン・エキスプレス・カードに準じる特典・サービスを受けられる上に、年会費がより安く抑えられるため、人気となっています。

一番人気は『セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費1,000円+税※年1回の利用で次年度無料)です。実質、年会費無料で持てる上、即日発行というスピードも魅力。日本で最も手軽に持てるアメックスとして有名です。

もちろん海外ではきちんとした”アメリカン・エキスプレス・カード”として通用するため、海外旅行前には即日発行してもらう人が続出しています。日本人だけが持てる実質年会費無料の「アメックス会員証」なのです。

日本国内ではアメックス・プロパーよりも便利で使いやすい!

クレディセゾン公式ロゴしかもセゾン・アメックスには提携カードだからこその特典も多く含まれています。特に日本国内での使用では、発行会社がクレディセゾンということもあり、西武や西友を手がけるセゾングループの会員カードとして、多くの特典が利用できます。

正直、国内ではセゾン・アメックスの方が、アメックスプロパーよりも特典面で優れている部分も多く、コストパフォーマンスに厳しい日本の消費者には、日本独自の「庶民派アメックス」として受け入れられているのです。

メリット②アメリカン・エキスプレスの特典を利用できる

セゾン・アメックスでもアメックス・プロパーの特典は利用できる!

ヒルトン東京お台場 ベランダ・店内イメージ200「セゾン アメリカン・エキスプレス・カード」という名前の通り、”アメリカン・エキスプレス・カード”である以上は、アメックスのプロパーカードと同じ特典が利用できます。セゾン・アメックスでも、アメリカン・エキスプレスの加盟店が提供する多彩な特典が利用できるのです。これは本家アメックスのページでも明記されています。

「アメリカン・エキスプレス・セレクト」で一流レストランが10%~20%オフ!

アメリカン・エキスプレス・セレクトのロゴその一例が、人気の「アメリカン・エキスプレス・セレクト」。日本でも海外の旅行先でも、ホテル、ダイニング、ショッピングの3つのカテゴリーでアメックス加盟店の優待が受けられます。ラインナップには一流レストランや有名店が多く、デートや記念日のお食事にピッタリ。アメリカン・エキスプレスの会員限定の優待プログラムです。日本国内はじめ、世界100カ国以上の地域で8,000以上の特典が用意されています。

メリット③日本でも海外でもアメックスとして通用する

セゾン・アメックスは”アメリカン・エキスプレス・カード”として日本でも海外でも扱われます

アメリカン・エキスプレス・カードといえばそのステータスの高さは有名です。しかし提携カードのセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードでも、『セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費10,000円+税。初年度無料)以上であれば、ステータスはなかなかのもの。しかも日本だけで無く、海外でもアメックスとしてステイタスはきちんと発揮されます。

コストパフォーマンス重視の方にセゾン・アメックスはおすすめ!

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード費用対効果を気にする方、お値段以上の価値を求める方は、セゾン・アメックスは良い選択肢となります。国内外のショップで見せたときの反応は、アメックスプロパーカードとほぼ同じ。しかし年会費は半額以下。アメックスのシンボル「センチュリオン(百人隊長)」の絵柄もバッチリ入っていますし、ステイタスシンボルとしての威張りは十分あると言えます。

海外でもアメックスと同等のサービスが受けられます

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードもちろんセゾンアメックスは海外でもアメリカン・エキスプレス・カードと同等のサービスが受けられます。年会費実質無料の『セゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費1,000円+税※年1回の利用で次年度無料)であったとしても、立派な「アメックス会員証」だからです。

この『セゾン パール・アメックス』をアメリカで紛失した場合には、『アメックス・グリーン』(年会費12,000円+税)が再発行されると言われています。セゾンの提携カードですが、やはりアメックスの素晴らしい特典とサポートが受けられます。

ステータスが気になる方はアメックス・プロパーを迷わず選ぶべき

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードセゾン・アメックスをショッピングやレストランでの支払いで利用したとしましょう。その際に発揮されるステータスは日本国内ではほとんど変わらないとされています。確かにそうですよね。店員さんにとってはきちんと支払ってくれるかどうかが一番の問題だからです。

もちろんアメックスに詳しい方やステータスを気にする方は別です。そういう方は年会費やコストパフォーマンスなどに惑わされること無く、迷わずに『アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード』(年会費29,000円+税)を選ぶべきです。中途半端なカードを持っていても仕方ありません。

メリット④種類ごとにメリットと個性がハッキリ!選びやすい

アメックス・プロパーは一流サービスを提供することで有名ですが、セゾン・アメックスはこちらを参考に、最もコストパフォーマンスが良いサービスや特典を取捨選択した上で、カードランク別に会員に提供しています。

『セゾン パール・アメックス』は年会費無料の「アメックス会員証」!海外旅行必携!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾン パール・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費1,000円+税※年1回の利用で次年度無料)は、セゾン・アメックスと言えばコレ! とでも言うべき大人気クレジットカードです。

海外では『セゾン パール・アメックス』も立派なアメックス。どこでもアメックスとして通用します。しかもたとえ100円の決済だったとしても、年会費は年1回の利用で無料になります。

海外では完全なアメリカン・エキスプレス・カードとして通用します

審査スピードも素晴らしく、朝申し込んで、夕方までには全国のセゾンカウンターで受け取れます。海外旅行前の忙しい時期に、この即日発行サービスは本当にありがたいです。

海外で困ることがないように、非常時の予備としてでも旅行前に発行してもらって、パスポート共に持っていくことをおすすめします。それぐらい絶対オススメの「アメックス会員証」です。

『セゾン ブルー・アメックス』は「若者向け」の一般カード!25歳以下年会費無料!

セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カードたとえば『セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費3,000円+税。初年度無料、26歳以下無料)は、セゾン・アメックスでは「若者向け」の「一般カード」という位置づけです。

一般カードのため、空港ラウンジサービスは思い切ってカット。その代わりに絶対に必要な海外・国内旅行傷害保険が3,000万円まで付帯します。さらに旅行時の荷物を自宅に宅配で送ることができます(手荷物無料宅配サービス)。

海外・国内旅行傷害保険はしっかり付帯!無駄な費用はカット!

そして年会費を26歳になるまで無料にするなど、お金のない学生さんや若い方向けの一般カードとしてきちんと位置づけられています。カードの色が青なのも、青春を生きる若い方向けだからでしょう。

『セゾン ゴールド・アメックス』はコスパに優れた大人向けの「ゴールドカード」

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード逆に言えば、26歳以上の大人は、ゴールドカードを使って欲しい、というのがクレディセゾンの考え方です。『セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費10,000円+税。初年度無料)を見てみると、年会費を高く取る代わりに、サービスは本家アメリカン・エキスプレス・カード並みに充実させています。

アメックス・グリーンよりも遙かに優れた優待特典! 庶民派のゴールド

コナミスポーツクラブこちらは空港ラウンジはもちろん、本家アメックスには無いコナミスポーツクラブの優待特典(ダイナースクラブカードが提供)や充実した国内旅行傷害保険を付けています。コストパフォーマンスで見たとき、アメックス・プロパーに決して引けを取らないメリットを提供しているのです。

それ以外でも、セゾンアメックスもアメリカン・エキスプレス・カードの充実したクオリティのサービスを受けられます。

『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』は「プライオリティ・パス」が最大の魅力!

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード最後に『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』(年会費20,000円※優待有り)ですが、そのメリットはハッキリしています。ずばり「プライオリティ・パス」です。

こちらは法人カードですが個人事業主でも会社員でも、働いている方であれば誰でも申し込めます。年会費は20,000円+税と比較的高額ですが、その特典である「プライオリティ・パス」のを考えれば、全く問題ではありません。むしろプライオリティ・パスをこの価格で持てるカードは、ほぼ皆無です。それぐらいの重大特典なのです。

プライオリティ・パスで世界900箇所以上の空港ラウンジが無料に!

プライオリティ・パスプライオリティパスにはいくつか種類がありますが、世界中のVIP空港ラウンジが、このパス1つで無料で利用できるようになります。それが「プライオリティ・パス」の「プレステージ会員」(年会費399USドル)の権利です。通常、5万円~10万円以上はするプラチナカードにのみ特典として付帯してきます。

mufgplatinumbusiness200『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』と同じサービスを同価格帯で提供しているのは、こちらもプラチナの『MUFGカード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費20,000円+税)です。こちらもプラチナのアメックス提携カードです。

プレステージ会員の年会費が通常4万円近くするので、両方とも半額以下の破格値で利用できるわけです。海外出張が多い方、海外旅行マニアの方は絶対手に入れたい権利です。

セゾン アメックスのデメリットはステータス!

アメックス・プロパーとは年会費がけた違い!ステータスも別格です

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)良いことばかりのように見える「セゾン・アメックス」ですが、もちろん「アメックスプロパー」とは違いがあります。たとえばアメリカン・エキスプレス・カード自身が発行するプロパーカード「アメックスプロパー」は、日本でも世界でも代表的なステータスカードとして知られています。

一番ランクが低い一般カードの『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税)でも、年会費は12,000円+税。年会費だけで無く、額面のデザイン、特典、サービスのすべてで条件が異なります。

見栄を張る場面では少し気恥ずかしくなってしまうことも

威張り度もセゾン・アメックスとは段違いです。カードの格について、わかる人はわかっているので、銀座や百貨店など”わかる人”が多くいる空間では、少し気恥ずかしくなってしまうかも知れません。本物のアメックス・プロパーと、提携カードのセゾン・アメックスでは、そういうところで違いが出ます。

『セゾン ゴールド・アメックス』でも『アメックス・グリーン』よりステータスはかなり落ちる

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードではセゾン・アメックスの切り札的存在、『セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』(年会費10,000円+税。初年度無料)ではどうでしょうか?

一口にセゾン アメリカン・エキスプレス・カードといってもいくつか種類があります。『セゾン パール・アメックス』は、実質、年会費無料のカードなので論外です。また若者向けの『セゾン ブルー・アメックス』では、アメックス・プロパーには全く歯が立ちません。

ゴールドカードでようやくアメックス・プロパーの一般カード『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税)と比較できるのです。

ステータスではセゾンはアメックス・プロパーに全くかないません!

アメリカン・エキスプレス・カード・グリーン券面しかし文字通り、ゴールドカードの『セゾン ゴールド・アメックス』だったとしても、ステータスでは一般カードの『アメックス・グリーン』に敵いません。たとえ年会費20,000円+税の『セゾン プラチナ・ビジネス・アメックス』だったとしても駄目です。カード間の格について知っている人が見れば、アメックス・プロパーとセゾン・アメックスは、本物と偽物ぐらいの違いがあるとされているのです。

招待制の『セゾン アメックス・プラチナ』であっても敵わない

セゾン プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードちなみに、セゾン・アメックスで最高ステータスの『セゾン プラチナ・アメックス』(年会費20,000円+税)は、”招待制”となっているので、こちら側から申し込むことはできません。これであればなんとか対抗できそうですが、それでも難しいでしょう。

このステータス格差は何故なのでしょうか?それはこの2つのカードの出自の違いにあります。

信販系のセゾン・アメックスでは国際ブランドのプロパーカードに敵わない

americanexpress200アメックス・プロパーは国際ブランドのプロパーカード。セゾン・アメックスは信販会社の提携カードです。貴族と平民のようにその出自が違うのです。

クレジットカードのステータスを決める格は、サービスや年会費では無く、その出自で大きく変わってきます。スペックだけで合理的に考えれば、年会費が格安でサービスも素晴らしいセゾン・アメックスはアメックス・プロパーよりも絶対におすすめです。

しかしスペックを超えたブランド価値は、生まれや出自も含めたモノです。ステータスはそこに関わるがゆえに、単純に比較してこちらが良い、とは言えないのです。ブランド価値は合理を超えてきます。

ステータスを気にするなら最初から国際ブランドのプロパーカード

jcb_gold190なのでステータスを気にする人は、クレディセゾンのような信販会社では無く、JCBの『JCBゴールドカード【JCB ORIGINAL SERIES】』(年会費10,000円+税)や、『ダイナースクラブカード』(年会費22,000円+税)のように、アメリカン・エキスプレス・カードと同じ国際ブランドのクレジットカードを選ぶべきなのです。

セゾン アメリカン・エキスプレス・カードのまとめ

使いやすい理想の「アメックス会員証」!格安で最高のサービス

セゾン・アメックスのサービスは、本家のアメリカン・エキスプレス・カードの中から費用対効果で選りすぐったものばかりです。どのサービス、特典にも理由があり、本当によく考えられています。しかし、ステータスでは本家アメックスには敵いません。

そのためセゾン・アメックスは庶民のためのアメリカン・エキスプレス・カード、庶民派アメックスという位置づけです。質の高いサービスを、コストを抑えて享受したい方におすすめなのです。

セゾン・アメックスは本家の質の高いサービスを格安で提供

セゾンアメックスはアメックスクラスのサービスを格安で提供することに重きを置いています。そのため一般的な高還元カードのようにポイント還元率などで競うカードではありません。利用すると質の高いサービスが受けられる、そういう使って嬉しい使いやすいカードなのです。

あるていど年会費がかかるとしても、これだけのサービスを受けられるわけですから、それはサービスを受けるための費用と考えましょう。

ポイント目的ではなく、サービス特典目的で持つべきカード

特に、海外旅行などへ行く人にとっては、アメリカン・エキスプレス・カードほど頼れるクレジットカードはないとも言えます。年会費無料から持てるセゾン・アメックスは、海外旅行に行く方には必携のクレジットカードと言えます。

また、アメックスの魅力を理解している人であれば、プラチナへ招待されることの栄誉も理解しているでしょう。クレジットカードは還元率や目先のお得度で利用するだけではない、異なる魅力やメリットがあるのだ、ということを教えてくれるのが、国際ブランド、アメリカン・エキスプレス・カードブランドの最大の魅力なのです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP