VISAカードを作るなら三井住友VISAカードがおすすめな理由!日本で最もステータスの高いVISAカード

三井住友visaカードのイメージ

クレジットカードといえば、まずVISAカードを思い浮かべる人も多いでしょう。確かに、VISAは世界的に有名な国際ブランドですが、じつはVISAそのものはクレジットカードを発行していません。

日本では三井住友カードが初めてVISAカードの発行を始め、VISAカードの歴史が始まりました。「VISAと言ったら三井住友VISAカード」と言われるのはそのため。三井住友VISAカードの魅力とおすすめする理由を解説します。

VISAカードは「どこが発行しているか」が大事?

日本で最も格式の高いVISAカードが三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカードVISAは世界のさまざまなクレジットカード会社とライセンス契約を結び、数多くの企業がVISAカードの発行、会員管理、加盟店の拡張などを担っています。日本でも三井住友VISAカード、MUFGカード、ライフカードにセゾンカードなどがVISAカードを発行しています。

ならばそんなVISAカードの中で最もステータスの高いカードと言えばどれでしょうか? それは三井住友VISAカードです。 三井住友カード株式会社が発行する三井住友VISAカードならば、毎日のショッピングから海外旅行まで安心して使うことができるでしょう。

VISAはクレジットカード発行会社ではない!

ここでひとつ注意したいのは、VISAはクレジットカード発行会社ではないという点。VISAはあくまでもバンク・オブ・アメリカ発祥のクレジットカードの国際ブランドなのです。VISAという決済機構をVISAインターナショナルが管理するという方法をとっていて、当然「VISAが発行するプロパーカード」も存在しません。

つまり、現在流通しているVISAカードはすべてクレジットカード発行会社がVISAインターナショナルからライセンスを取得して発行しているのです。しかし、どんなクレジットカード発行会社でもライセンスを取得できるというわけではありません。

そして日本で初めてVISAの発行ライセンスを取得したのが、三井住友VISAカードなのです。

信頼度とステータスの高いVISAカードの選び方

プリンシパルメンバーが発行するVISAカードがおすすめ

  • VISAプリンシパルメンバー…カード発行、加盟店契約、管理を行う本会員
  • VISAアソシエイトメンバー…本会員のサポートの下で関連業務を行う準会員

VISAインターナショナルから直接ライセンスを取得している会社をプリンシパルメンバーといいます。プリンシパルメンバーになるには非常に厳しい審査を通過しなければいけません。無事に審査通過できた後は、高額なライセンス料を支払う資本力も必要です。

このプリンシパルメンバーと提携することでVISAカードを発行している会社もあり、こちらはアソシエイトメンバーと呼ばれています。こちらは格としてはプリンシパルよりも下です。

三井住友カードはVISAの筆頭プリンシパルメンバー

その他、正式メンバーではないもののVISAカード発行を認めるスペシャルライセンシー制などもありますが、やはり、VISAカードを作るならば、プリンシパルメンバーが発行しているものがおすすめといえます。

現在、日本国内でVISAインターナショナルから直接ライセンスの供与を受け、カード発行が許可されているプリンシパルメンバーはどのような企業があるのでしょうか。また、なかでも信頼できるプリンシパルメンバーといえば……?それが三井住友VISAカードということです。

中でも三井住友カードのVISAゴールドカードやVISAプラチナカードは日本で持てる最高峰のVISAステータスカードと位置づけられます

三井住友VISAカードのおすすめクレジットカード3選

18歳~25歳限定!新社会人に一押しのVISAカード

日本一有名なVISAカード!世界標準のステータス

大人のVISA!一番格式の高いVISAゴールドカード

日本のVISAプリンシパルメンバーといえば?

日本でVISAカードを発行できるプリンシパルメンバーは24社

2019年7月現在、日本でプリンシパルメンバーとしてVISAカードを発行することを許されているのは次の24社になります。カード発行の他、入会審査、明細書発行、カード更新などの業務を担っています。

イシュアリング(カード発行業務)を行えるメンバー
  • VJA
  • 三井住友カード株式会社
  • 株式会社ジャパンネット銀行
  • すみしんライフカード株式会社
  • ソニー銀行株式会社
  • 株式会社セディナ
  • 株式会社三菱東京UFJ銀行
  • 三菱UFLニコス株式会社
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • 株式会社ジャックス
  • りそな銀行株式会社
  • りそなカード株式会社
  • UCカード株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • スルガ銀行株式会社
  • 楽天カード株式会社
  • 楽天銀行株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • 株式会社アプラス
  • 株式会社エポスカード
  • 株式会社JTB
  • 株式会社オリエントコーポレーヨン
  • 株式会社エムアイカード

VISAカードの加盟店契約、管理を行えるプリンシパルメンバーは15社のみ!

さらに、新たな加盟店を獲得し管理を行う業務を担っているプリンシパルメンバーは次の15社です。

アクワイアリング(加盟店契約業務)を行えるメンバー
  • VJA
  • 三井住友カード株式会社
  • 三井UFLニコス株式会社
  • UCカード株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • 株式会社ジャックス
  • 楽天カード株式会社
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • すみしんライフカード株式会社
  • 株式会社セディナ
  • 住信SBIネット銀行株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • 株式会社北國銀行
  • WordPay株式会社
  • ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

VISAのプリンシパルメンバーにもさまざまなランクがある

VISAの日本におけるプリンシパルメンバーを見てみると、発行業務だけを行い代理店管理にはたずさわっていない会社もあることがわかります。やはり、両方の業務を行っているプリンシパルメンバーこそより上位といえるでしょう。

たとえば、三井住友カードもそのような上位のプリンシパルメンバーのひとつです。日本国内におけるカード発行部数も有数で「VISAといえば三井住友カード」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

三井住友カードはマスターカードも発行できる特別な発行会社

三井住友マスターカードのクラシックカード券面イメージ海外旅行を控えていて「マスターカードだけでは不安なのでVISAも作っておこうかな」という人も少なくありませんが、そんな時も自信を持っておすすめできるのが三井住友VISAカードなのです。

しかも三井住友VISAカードは三井住友マスターカードの筆頭発行会社でもあります。三井住友VISAカードを持っていれば、三井住友マスターカードをデュアル発行することもできてしまいます。日本で最も格式の高いVISAカード会社という評判は伊達ではありません。

三井住友VISAカードの種類

日本でVISAブランドのカードを作るならば、おすすめはやはり三井住友VISAカードです。長い歴史、高いシェア率はもちろんのこと、年会費やサービス面でも必ず納得できるでしょう。しかし、一口に三井住友VISAカードといってもいろいろな種類があります。それぞれの特徴について詳しく解説しましょう。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード三井住友VISAクラシックカード』(初年度無料、年会費1,250円+税※条件付き無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)は、三井住友VISAカードの中で最もスタンダードなタイプの一般カードです。ネットから申し込んだ場合、初年度年会費が無料になります。また、セブンイレブン、ローソン、ファミマ、マクドナルドでのご利用でポイントが5倍になるのも見逃せません。

年会費 ネット申し込みで初年度無料
2年目以降1,250円+税(条件付きで無料)
ポイント還元率 0.5~0.65%
ETC 初年度無料
2年目以降は500円+税
最短発行 3営業日
旅行損害保険 最大2,000万円
申込み対象 満18歳以上(高校生を除く)
ショッピング利用枠 10~80万円

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAゴールドカード』(初年度無料、年会費10,000円+税※条件付き割引きあり/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)は日本のゴールドカードの中で最も格式の高いVISAゴールドカードです。空港ラウンジの無料利用、急病や怪我について医師・看護師が電話で365日24時間相談に応じる「ドクターコール24」などのゴールドカード特典を利用できます。上質なサービスを求めている人におすすめのクレジットカードです。

年会費 ネット申し込みで初年度無料
2年目以降10,000円+税(年会費特典割引あり)
ポイント還元率 0.9~1.5%
ETC 初年度無料
2年目以降は500円+税
最短発行 3営業日
旅行損害保険 最大50,00万円
申込み対象 安定収入がある満30歳以上
ショッピング利用枠 50~200万円

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード三井住友VISAゴールドカードの申し込み対象は満30歳以上なので、敷居の高さを感じる若者もいるかもしれません。しかし、じつは『三井住友VISAプライムゴールドカード』(初年度無料、年会費5,000円+税※条件付き割引きあり/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)ならば満20歳から申し込むことも可能です。

他社でもJCB GOLD EXTAGEやTRUST CLUBエントリーカードなどのヤングゴールドカードを発行していますが、なかでも住友VISAプライムゴールドカードは「最もコストパフォーマンスが高い」と、好評です。満30歳になれば、自動的に住友VISAゴールドカードにランクアップするので、末永くゴールドカード特典を満喫したい人はいかがでしょうか。

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカード券面画像女性だけが申し込むことができる三井住友VISAカードになります。旅行保険が海外・国内ともに充実しているので、出張や趣味の遠征などで国内外に足を運ぶ機会の多い女性にも「持っていてよかった!」と好評です。

年会費 ネット申し込みで初年度無料
2年目以降1,250円+税(年会費特典割引あり)
ポイント還元率 0.5~0.65%
ETC 無料
最短発行 3営業日
旅行損害保険 最大2,500万円
申込み対象 満18歳以上
ショッピング利用枠 10~80万円

三井住友VISAプラチナカード

三井住友プラチナカードの券面画像三井住友VISAプラチナカードは三井住友VISAカードの最上位カードです。このクラスのカードは他社ではインビテーションが届くのを待たなければいけませんが、三井住友VISAプラチナカードはネットから申し込むこともできます。ワールドワイドかつワンランク上のサービスを享受してみませんか?

年会費 50,000円+税
ただし家族会員無料
ポイント還元率 0.5~2.5%
ETC 無料
最短発行 3営業日
旅行損害保険 最大1億円
申込み対象 安定収入がある満30歳以上
ショッピング利用枠 300万円~

三井住友VISAエブリプラスカード

三井住友VISAカード「エブリプラス」券面住友VISAカードというと住友VISAプラチナカードを筆頭にハイクラスなイメージを抱かれがちです。確かにそれも事実でセレブにも人気ですが、一方で庶民的な側面もあることはご存知でしたか? それが『三井住友VISAカード「エブリプラス」』(年会費無料/還元率1.5%:1,000円で3ポイント=15円相当)です。

たとえば、年会費は永年無料のエブリプラス。リボ払い専用カードになっていて月々の支払いは5,000円に設定することも可能です。このリボ支払いプラン「マイ・ペイすリボ」を使うことで、ポイント3倍の特典を受けられるので「クレジットカード支払いは毎月少額なおかつ固定額にしたい」という人は利用してみてはいかがでしょうか。

VISAカードってどんなクレジットカード?

VISAは世界シェアNo.1のクレジットカードブランド!どこでも使える世界通貨を目指す!

クレジットカードの主要な国際ブランドといえばVISA、マスターカード、ダイナースクラブ、アメックス、JCBなどが有名です。なかでも世界シェアNo,1を誇るブランドがVISAで「とりあえず1枚はVISAカードを作っておけば世界中どこでも困らない!」ともいわれています。

VISAカードは1958年にバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)のブランド「バンカメリカード(BankAmericard)」として発行されました。そして、1976年にVISAと名称変更して今に至ります。

VISAの発行枚数は20億枚以上! クレジットカードから世界通貨へ

VISAの現在の発行枚数はなんと約20億。2位のマスターカードの発行枚数は約10億なので、圧倒的に会員数が多いことがわかります。

世界200カ国以上で約4000万店舗が加盟しているので、クレジットカード決済の環境が整備されているエリアならば「どこでも使える」といっても過言ではありません。VISAはクレジットカードという括りを超えて、いまやあらゆる決済で使えるマネー以上の超マネー「世界通貨」を目指しています。

日本のVISAといえば三井住友カード

VISAインターナショナルのアメリカ以外の契約を見てみると、イギリスのBarclaysに次いで第2位の座に輝いている三井住友カード株式会社。1980年に日本で初めてVISAカードを発行した会社としても知られています。

三井住友カード株式会社は1989年にはマスターカード、2008年には銀聯カードの発行もスタート。「国際ブランドのクレジットカードといえば三井住友カード」と、とくに日本国内では多大な信頼を得ているといっても過言ではありません。

三井住友VISAカードになぜパルテノン神殿?

三井住友VISAカードといえば、トレードマークのパルテノン神殿を思い浮かべる人も多いでしょう。じつは、パルテノン神殿はすべてのVISAカードに刻印されているわけではなく、1990年以来の三井住友VISAカードのオリジナルです。

これはVISAジャパン協会がスポーツイベントに積極的なことと関係しています。JOCへの協賛にも非常に協力的なこともあり、オリンピックの象徴でもあるパルテノン神殿が採用されたそうです。三井住友VISAカードのステイタス感を演出するのに功を奏しているといえるでしょう。

世界シェアNo.1はVISAではなく銀聯カード?

2015年に決済額がVISAを抜き、世界一位となった中国の銀聯ブランド。発行枚数はなんと約70億枚にものぼり「中国人は必ず1枚は持っている」ともいわれています。

しかし、じつは銀聯カードはクレジットカードではなくデビットカードです。銀行口座にチャージした金額だけ利用できるプリペイドカードのようなものと考えてよいでしょう。そのため、やはり世界シェアNo,1のクレジットカードといえばVISAなのです。

ちなみに日本で銀聯カードを発行できるのは、三井住友カードとMUFGカードの2社のみ!ここでも三井住友カードの実績と凄さがわかります。

三井住友VISAカードがおすすめな理由まとめ

三井住友VISAカードは日本で最もステータスの高いVISAカード!サービスも信頼度も最高峰

クレジットカードの国際ブランドにはさまざまなものがあります。「とりあえずVISAとマスターカードを1枚ずつ持っていれば、世界のどこに行っても困らない」ともいわれますが「まだVISAカードは持っていない」という人もいるのではないでしょうか。

もし、これからVISAカードを作るならばおすすめは住友VISAカードです。VISAカードを選択する最に「どこが発行しているか」はとても重要なチェックポイントですが、VISAインターナショナルと日本で最も古いお付き合いのある三井住友カード株式会社ならば何かと安心です。

三井住友マスターカードとデュアル発行もおすすめ

一口に三井住友VISAカードの中にもいろいろな種類があります。最上ランクのステイタスを求めるならば三井住友VISAプラチナカードでしょう。当然、年会費はそれなりにかかりますが、あまりあるサービスを受けることができます。

マスターカードとデュアル発行するなら、三井住友VISAゴールドカードやクラシックカードがおすすめ。

もちろん、若者向けの三井住友VISAプライムゴールドカードでも、ゴールドカード特典を満喫できるので「それで十分」と感じる人もいるでしょう。公式サイトなどを参考に自分にピッタリの1枚を選んでみてはいかがでしょ

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP