アメックスとダイナースを持つときの注意点!メリットと特典を比較して検討

海外でもクレジットカードでお買い物

ステータス性の高いクレジットカードを所有したいと考えている方に注目されている国際ブランドといえば、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)や、ダイナースクラブカード(ダイナース)が有名です。

でも、ダイナースとアメックスにはVISAやマスターカード、JCBなどの他の国際ブランドカードと比べると不便で使う時に注意しなければいけない点がいくつかあります。アメックスやダイナースを申し込みする前に確認しておきたいポイントを解説します。

真のステータスシンボル=“アメックス”と“ダイナース”

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とダイナースクラブカードたとえ使いにくい点があっても持ちたいと思うのが真のステータスシンボルと言うものなのでしょうか? クレジットカードでも真のステータスシンボルと言えるカードが2種類あります。

それが特別なプレミアムカード、『アメリカン・エキスプレス・カード』と、『ダイナースクラブ・カード』の2つです。

しかしアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブのクレジットカード、最初に手にしたときに、何か違和感を感じませんでしたか?

アメックス15桁、ダイナースクラブ14桁のカード番号が問題

というのも、これらのクレジットカードは、現在主流の16桁のカード番号ではなく、アメックスが15桁、ダイナースクラブが14桁なのです。そしてこの桁数の違いが問題を生じさせることがたびたびあるのです。

一般的なクレジットカードには16ケタの数字がカード番号として記載されています。国際ブランドのVISAやマスターカード、JCBはいずれも16ケタの数字です。これに対してアメックスは15ケタ、ダイナースは14ケタの数字が記載されています。

アメックスとダイナースは不便な国際ブランド?

そのためアメックスとダイナース、これら2つの国際ブランドは、利用できる店舗が限られてしまいます。さらにインターネット通販でも不便なことが知られています。

クレジットカード番号のケタ数が、VISAやマスターカード、JCBなどの通常のクレジットカードと違うからです。そのために、いろいろと不都合があります。しかし、それらの不都合を差し引いても、持ちたいカードと言えるのです。

アメックスとダイナースは数字のケタ数が違うので引き落としや決済で不便

一般的なクレジットカードと数字のケタ数が違うことで最も不便に感じるのが、ネットショッピングなどでオンライン決済を行う場合です。オンライン決済では一般的なクレジットカードの16ケタを入力するようになっています。

大手通販サイトでは15ケタや14ケタのカード番号でも入力できるように用意されている場合もありますが、16ケタの数字に合わせて入力するようになっている場合はうまく決済できない事もあります。

クレジットカードのケタ数が他社と異なることで不具合が生じる

例えば、あるネットショッピングサイトでは、入力欄が16ケタを基本にしています。4桁の番号を入力する欄が4つ並んでいるため、16ケタに満たないカード番号の場合、最初に「0」や「00」を入力するなどの必要があるのです。

また、最初から0の入力が不要なサイトもあり、各サイトによって対応がまちまちであったりするのです。その都度入力方法が異なるので多少面倒な面があります。

公共料金の引き落としなどでも戸惑うことが多い

クレジットカード払いに対応している公共料金などの引き落とし申込み時にも、16ケタのカード番号を記載するように指示されている場合が多いです。オンライン決済以外にもカード番号のケタ数が違うことで不便に感じられる面があるので注意しましょう。

たとえば申し込み欄などもすべてマス目で区切られており、16ケタの数字を記入するようにできています。その際、どのように書き込んでよいのか迷ってしまうことも多いのです。

その場合、基本的には左詰めで記入すれば問題ないことになっています。しかしフォーマットが違うと会社によっては出し直しなどになる可能性もあります。お問い合わせを行った上で、提出した方が無難でしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードのメリットとデメリットを再検討!

真のステータスシンボルと言えるクレジットカードがアメックスとダイナースクラブ

社会人としてのステータス(信用保証)ともいうべきクレジットカードですが、カードの品格としてのステータス自体も様々です。

クレジットカードには国際ブランドがあり、VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス・カード(AMEX)、ダイナースクラブカード(Diners Club Card)が5大国際ブランドと呼ばれています。そのうち、アメリカン・エキスプレス・カードとダイナースクラブカードは、国際ブランドの中でも特にステータスの高いカードとして知られています。

アメリカン・エキスプレスは海外旅行で別格のステータス

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)券面アメリカン・エキスプレスは海外旅行に強いクレジットカードとして有名です。

ゴールドカードであれば、カードでお支払いされていない場合でも、旅行傷害保険が付帯されます。空港からの手荷物を無料宅配サービスなどもアメックスならではのサービスです。

一般カードのアメックス・グリーンであっても価値は高い

アメリカン・エキスプレス・カードが発行している最も一般的なクラシックカードが『アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)』(年会費12,000円+税/還元率0.5%:100円で1ポイント=0.5円相当)です。こちらでも所持しているだけで、空港ラウンジは無料。同伴者も1名までいっしょに利用できます。これはアメックスの基本的な価値であり、当たり前のサービスなのです。

デメリットはオンライン決済で不便な15桁のカード番号

しかしアメリカン・エキスプレス・カードのカード番号は15ケタ。いつもの「4桁‐4桁‐4桁‐4桁」のカードと番号が異なっているのです。これは提携カードの「セゾン・アメックス」でも同じです。

手持ちのアメックスのクレジットカードを見ると表面にカード番号が記載されています。VISA、MasterCard、JCBは16ケタとなっていますが、アメリカン・エキスプレス・カードの場合は15桁です。

オンライン決済で受け付けないショップがある

VISAやマスターカードなど16ケタのカードの場合、「4桁‐4桁‐4桁‐4桁」と4つのマス目ですが、15ケタの場合は「4桁‐6桁‐5桁」という風に3つのマス目で記載されています。このマス目の違いがオンライン決済で問題になります。

またアメリカン・エキスプレスは利用できるお店が、JCBやVISA、マスターカードよりも少なく、使う場所を選ぶクレジットカードなのが問題になります。

ダイナースクラブカードのメリットとデメリットを再検討!

ダイナースクラブカードはゴルフや銀座での利用をイメージ

銀座ダイナースクラブカード券面ダイナースクラブカードは一般の方があまり目にしないクレジットカードです。というのもダイナースは、そもそも日本に滞在する外国人富裕層をターゲットとしたクレジットカード。日本人の場合も富裕層のみしかターゲットにしていなかったからです。

だからこそ銀座での利用に特化した『銀座ダイナースクラブカード』があったり、入会資格のハードルが低くなった今でも、ショッピング限度額が設定されていないなど、一般のゴールドカード以上の品格を有しているのです。

オンライン決済で不便な14桁! さらに利用店舗が極端に少ない

ダイナースクラブカードこのダイナースクラブカードも桁数が異なっており、14ケタとなります。しかも利用できる場所がアメリカン・エキスプレスよりも更に少なく、庶民が行くような店では、めったに利用可能な店舗がありません。

手書きの申込書などでは更に困ることがある!

さらにアメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードを持つ場合には注意すべき点があります。

ただカード番号が違いうというだけで一体何が問題なのかと思うかもしれませんが、問題となるのはネットショッピングや各種引き落としなどの申込書などでカード番号を記載したり入力したりする時です。その際に、入力できずに戸惑うことが生じてしまうのです。

ダイナースクラブカードは店員さんによってはクレジットカードだとわからない

もちろんそういう手間が生じるということをあらかじめ承知しておけば問題はないのでしょうが、何も知らないままアメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードを作ってしまった場合、ほとんどの人がそうした不都合に直面します。

クレジットカードがなぜか使えないなど、実店舗での不便も

pose_lose_boy174これは私が体験したエピソードですが、表参道の美容院でダイナースクラブカードを出したところ、クレジットカード決済ができませんでした。新人の店員さんだったらしく「これ本当にクレジットカードですか!?」とまで言われてしまいました。

若い方にとってはクレジットカード=VISA、マスターカード、JCBぐらいなのかも知れません。アメリカン・エキスプレス・カードはまだ知名度があっても、ダイナースクラブカードは本当に使う場所を選ぶクレジットカードなんだなと痛感しました(この時は予備のVISAで決済しました)。

ダイナースクラブカードの概要

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの詳細情報はこちら

年会費 22,000円+税
ポイント還元率 0.4%
審査難易度 ランクS プラチナクラス
審査の日数 最短3営業日

アメックスとダイナースの引き落とし・決済トラブルの解決方法

パソコンでネットショッピングする女性アメリカン・エキスプレス・カードもダイナースクラブカードも、オンライン入力ではクレジットカード番号の先頭に「0」や「00」を足すことで解決できることが多いようです。ただし最初から入力してもそのまま通ったり、入れても駄目だったりすることもあります。

インターネット通販はデフォルトが16桁なので、普及率の低いアメックスやダイナースに合わせては作られていないのです。

14桁のアメックス、15桁のダイナースはデメリットを理解する

この問題が解消されないのは、アメックスやダイナースは高級志向のクレジットカードのため、オンライン決済よりも実店舗での決済、それも高級店での支払いに注力しているという事情もあるようです。

そのためこれらのクレジットカードのユーザーは、利用者側でそうした事情を念頭に置いておく必要があるのです。それを不便と感じて選ぶのを避けるかどうかは、個人の価値観に寄るとしか言えません。

アメックスとダイナースのオンライン入力方法
クレジットカード名 解決方法
アメリカン・エキスプレスカードの場合 先頭に「0」を入力。16桁にする。
ダイナースクラブカードの場合 先頭に「00」を入力。16桁にする

アメックスとダイナースに申し込む前に押さえたい他の注意点

ハイステータスブランドのアメックスやダイナースに申し込みをする前に確認しておきたいのは、VISAやマスターカード、JCBなど他の国際ブランドと比べると使い勝手などの面で異なる点が多いことです。この番号以外でもいくつもの困難やトラブルがあります。

アメックスやダイナースは審査が厳しい

アメックスやダイナースがハイステータスブランドと呼ばれる所以は、審査の厳しい点です。具体的な審査基準は公表されていませんが、年収や職種、勤続年数、居住年数、他社の借入状況などが確認されます。

審査基準を満たしていると判断された人だけに発行されるため、審査落ちした人は残念ながら所有できません。既にVISAやマスターカード、JCBのクレジットカードは無事に審査がおりて所有しているという人でも、アメックスやダイナースの審査基準には満たないケースもあります。

アメックスやダイナースは利用できる店舗が限られる

5大国際ブランドの中でもVISAやマスターカードは世界各国にたくさんの加盟店があり、利用できない店舗は少ないのが特徴です。アメックスやダイナースに関しては他の国際ブランドに比べて加盟店は少なめで、特にダイナースは高級店でしか使えない場合が多いです。利用できる店舗が限られてしまうため、いざという時に使えない可能性があることを覚えておきましょう。

アメックスもダイナースも特典や優待は富裕層向け

クレジットカードには所有者向けに様々な優待サービスなどの特典が用意されています。特典そのものがクレジットカードを所有するメリットにもなりますが、あまり使わない特典やサービスでは意味がありません。せっかくステータス性の高いアメックスやダイナースを所有しているのに、使う機会がほとんどない場合は宝の持ち腐れになってしまいます。

アメックスやダイナースが用意している特典や優待サービスは富裕層向けの内容が多いです。会員対象イベントなども高級路線の内容が多くなっています。クレジットカード決済する金額も高めになるため、無理に利用しているとお支払いが大変になる場合もあります。

初心者にはJCBやVISA、マスターカードのクレジットカードがおすすめ

16桁のVISA、JCB、マスターカードのゴールドカードが初心者には無難

三井住友VISAゴールドカード普段から使い慣れているサイトであったりすればその手間も最初だけで済みますが、クレジットカードカードを始めて持つという人は、特に戸惑われると思います。

そのため初心者であればあるほど、通常の16ケタのクレジットカードを持っていおいた方が無難であるともいえるのです。16ケタといえば、VISAやマスターカード、JCBなどです。

VISA、MasterCard、JCBのステータスカードを持つという選択

これらのクレジットカードでもゴールドカードやプラチナカードなどを展開しているので、品格を高めることは出来ます。また取り扱っている店舗も多いので、普及率を考えても初心者にふさわしいクレジットカードでもあるわけです。

ステータスや使い勝手、サービスの質など複数の観点からステータスカードは選ぶようにしましょう。複数のゴールドカードを使い分けるのもおすすめです。

“アメックス”や“ダイナース”を持つならオンライン決済用のサブカードとしてもおすすめ

もちろん14ケタであっても15ケタであっても、不都合が生じるのはオンライン決済の時くらいです。アメリカン・エキスプレス・カードもダイナースクラブカードも、ネット通販を利用しない方にとってはデメリットというほどではありません。

さらにアメックスやダイナースが絶対に桁数が変わらないというわけではありません。大昔のVISAは13桁でした。今カードを作りたい私たちには意味がありませんが、アメックスやダイナースクラブカードも将来的には16桁になる可能性もあります。

ステイタスシンボルとしてこれらのクレジットカードを持つ人は、オンライン決済用にVISAやJCB、マスターカードといった国際ブランドをサブカードとして用意すると良いでしょう。

アメックスとダイナースを持つことの価値を再確認しよう

アメックスやダイナースを持ちたいと希望する人が多いのは、他のクレジットカードにはない価値があるからです。どのようなメリットがあるのか確認しておきましょう。

アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブは真のステータスシンボル

アメックス(AMEX【アメリカン・エキスプレス・カード】)や、ダイナースクラブカード(Diners Club Card)は、たくさん存在しているクレジットカードの中でもハイステータスブランドとして有名です。

ステータス性が高いということは、社会的信用が高いことを示しています。クレジットカードは誰でも簡単に申し込みをすると所有できるものではなく、信用に値する人物だけが所有できるものです。申し込みをした時点で個人の信用情報に基づく審査が行われ、審査に通過した人だけが所有できます。そのため海外では身分証明書のように扱われているほどです。

アメックスやダイナースは特に審査が厳しく、所有できる人が限られています。他のクレジットカードと比べてかなり敷居が高いことから、真のステータスシンボルと呼ばれるほど信頼性が高いカードと認識されているのです。

5大国際ブランドの中でも特に高い

世界各国で使用でき、5大国際ブランドと位置づけられているのは

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメックス
  • ダイナースクラブカード

です。

VISAやマスターカードは利用者数や加盟店が多く存在しており世界中で問題なく使用できること、JCBは日本発の国際ブランドでもあるため日本人にとって使いやすいという特徴があります。3つの国際ブランドについては審査に通りやすいため所有者数も多いです。

アメックスやダイナースに関しては、5大国際ブランドの中でも審査が厳しいため、申込みをしても希望通り発行されない場合があります。誰でも手軽に入手できるものではないことが、ステータス性の高さを示しています。

海外旅行時、ハイステータスの真価が発揮される

クレジットカードに対する認識は日本と海外では異なる部分が多いため、アメックスやダイナースのようなハイステータスブランドのクレジットカードを所有していてもその価値を理解してくれる人は少なく、所有者も価値の高さを体感しにくいかもしれません。

しかし、海外ではクレジットカードが身分証変わりとしても認識されているため、ハイステータスブランドのクレジットカードの所有者に上質なサービスを提供してくれます。例えば、海外旅行の際にトラブルが発生した場合、速やかにサポートデスクが対応してくれるたり、飲食店や医療機関の案内や手配を行ってくれるなどのサービスを提供しています。他のカードブランドでは提供されないような上質なサービスを受けられるため、ハイステータスの真価が発揮されるのです。

世界に通用するステータスを持てることが本質的な価値

アメックスやダイナースの大きな魅力はステータス性の高さですが、実用的なクレジットカードなのかという観点では不便に感じられる面もあります。本当に必要なクレジットカードを一枚だけ選びたいと考えている方は、普段でも便利に活用できるか否かをよく検討することも必要です。

アメックスやダイナースは日常生活で活用するだけでなく、持っているというだけでも世界各国でステータスの高さを認識されます。どの国に出かけても通用するステータスを所有できることが本質的な価値で大きな魅力になると考えてください。

アメックスとダイナースのまとめ:持つ人を選ぶクレジットカード

もちろんアメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードを持つ人のステータスを考えれば、これらの問題は特にデメリットと呼べるものではありません。ただし、もし仮にアメックスやダイナースを作ろうと思っているのであれば、そうした注意点を覚えておくと良いでしょう。

普段使いのカードとしては不便なところも

アメックスやダイナースを選ぶ際に考えておきたいのが、日常的にクレジットカードを使うことを想定した場合に十分活用できるかという点です。アメックスやダイナースでは不便に感じてしまうケースはこのような事例があります。

  • 実店舗で支払い時に使いたかったのに、アメックスやダイナースは取り扱っていないと断られてしまった
  • 使う機会が少ないので年会費をかけて所有する意味が感じられない
  • 会員向け特典やサービスを利用する機会がない
  • ポイントを貯めようと考えていたが還元率は思ったほど高くない
  • 海外に出かける機会が少なく、カードを利用するのは日本国内だけ

このようにアメックスやダイナースは普段使いのカードとしてあまり便利ではないと感じる方も少なくありません。普段使いに便利なクレジットカードを求めている方は、年会費無料やポイント還元率の高さなどお得な面を重視して検討してみると良いでしょう。

不便もまたアメリカン・エキスプレス・カードやダイナースクラブカードの証

アメックスやダイナースは日常的に活用できる便利なクレジットカードというよりも、誰でも簡単に持てないステータス性の高さに対する魅力を感じられるものです。手軽に入手できない、持つ人を選ぶカードであることを忘れてはいけません。所有者の収入や所有資産、職業などを総合的に判断した結果、社会的地位や社会的信用を証明できるクレジットカードだと認識してください。

アメックスやダイナースの所有者向けに用意されている特典や様々なサービス内容は、他のクレジットカードが用意している内容に比べてかなり上質な高級路線であることは間違いありません。これが他では体験できないような上質な生活やライフスタイルをサポートしてくれるという、ワンランク上のサービスなのです。

この価値こそがアメックスやダイナースのようなハイステータスブランドのカードを持つ大きなメリットなので、普段使いの利便性やお得感を重視したい方にとってはあまり理解できない部分かもしれません。

それでも“アメックス”や“ダイナース”が持ちたい方へのアドバイス

アメックスやダイナースには他のクレジットカードにはないデメリットもありますが、やはりステータス性の高さに魅力を感じるという方や、上質なライフスタイルを送るために必要だと感じられる方はぜひお申込みをおすすめします。

普段使い用の別のクレジットカードと2枚持ちも検討しよう

アメックスやダイナースを所有して上質なサービスを利用するという用途とは別に、普段使い用に違うカードを検討することもおすすめします。クレジットカードは複数所有する必要はないという意見もありますが、やはり用途に合わせて使いこなした方が便利なものです。

特にアメックスやダイナースについては、日本国内では普段使い用として向かない面も多いため、使いたい時に使えない状況になってはもったいないです。普段でも問題なく活用できるカードも検討しながら、アメックスやダイナースを活用してみてはいかがでしょうか。

VISA、マスターカード、JCBのステータスカードを取得する手もある

  • ステータス性の高さを重視したいけどアメックスやダイナースでは普段使いにくい
  • 普段使いに便利なカードは誰でも持っているようなものだから嫌だ

このように、ステータス性の高さと利便性の良さを両方兼ね備えたカードが理想的という方におすすめなのが、国際ブランド(VISA、MasterCard、JCB)のプレミアムカードです。

普段使いに便利な加盟店の多さや充実した会員向けサービスや特典、高いポイント還元率などお得で便利なサービス内容だけでなく、年会費有料で一定基準の審査条件を満たした方にしか発行されないという敷居の高さがハイステータス性を引き出してくれます。ステータス性の高さを重視するのであれば、ゴールドカードからプラチナカード、更にブラックカードを目指すにもおすすめです。

ステータスの価値を理解して、良いクレジットカードライフを!

アメックスやダイナースに憧れている方も多いですが、他のクレジットカードとは使い勝手が違う部分が多い注意点を忘れずに検討しましょう。クレジットカードとは単純にお支払いをスマートに済ませるアイテムではなく、所有者のステータスを示してくれる大事なものであることを十分理解してください。

クレジットカードをどのような目的で活用するのかを良く考えたうえで、自分に合ったカードを選んで使いこなすことをおすすめします。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP