PASMO(パスモ)にオートチャージできるクレジットカードを持つべき理由・メリット

改札を抜けるビジネスマン

交通系電子マネーとして、その認知度も高まりつつあるPASMO。PASMO1枚持っていれば、タッチ&ゴーで駅の改札やバスの乗り降りもスムーズ。電子マネー加盟店でも利用でき、小銭いらずでサッとお買い物ができる便利なツールです。

交通系電子マネーとして代表的なものとしてはSuicaなどが知られていますが、PASMOはSuicaアリアを利用できるうえにバスでも使える優れものです。通勤や通学にも手放せないPASMOの魅力について解説していきます。

クレジットカードのオートチャージが断然お得! 現金チャージにはない魅力がある

東京メトロ丸ノ内線の車両

PASMOは、電子マネーという特性上、チャージをしなければ利用することができません。電子マネーのチャージというと現金でのチャージを連想される方も多いかと思いますが、PASMOはクレジットカードと紐付けることでオートチャージ可能です。

文字通り、自動でPASMOにチャージしてくれるため、残高不足の心配をする必要がないという特長があるわけですね。それでは、PASMOのオートチャージについて、その魅力に迫ってみることにしましょう。

クレジットカードでPASMOのオートチャージをすると、年間どのくらいお得になる?

PASMOのオートチャージ機能現金でPASMOのチャージをしても、それは単に現金を電子マネーへと移動しただけであって、付加価値は何もありませんよね? 逆に、オートチャージの魅力は現金でチャージするよりもお得な点にあるのです。では実際、お得になるとはどういうことなのでしょうか? そしてどのくらいお得になるのでしょうか?

PASMOへオートチャージできるクレジットカードでは、オートチャージ分もポイントが加算されます。クレジットカードによっては、貯めたポイントをPASMOへチャージすることのできるタイプもあり、利用頻度にもよりますが年間数千円お得に利用することも可能です。

お得&便利に使える! オートチャージがおすすめのワケ!

PASMOでバスの乗り降りPASMOのオートチャージがおすすめのワケはメリットとして後述しますが、ざっくりと言えば「お得&便利」がキーワードとなります。小銭が必要なくなることはもちろん、先のポイント付与についてもそうですし、残高はまったく気にする必要がないというのもそのひとつです。

乗り降りがスムーズ、現金チャージ不要、券売機に並ばなくてもOKというのもおすすめの理由として挙げられるでしょうし、通勤・通学の忙しい時間帯には大活躍間違いなしのアイテムなのです。

PASMOにオートチャージできるクレジットカードってどんなのでもいいの?

一体型PASMOのイメージ実は、PASMOへオートチャージするにしても、どんなクレジットカードでもいいというわけではなく、PASMOへオートチャージできる機能を備えたクレジットカードでなければなりません。しかもPASMOへオートチャージできるクレジットカードは限られます。この辺りは、Suicaなどと同様です。

オートチャージは確かに便利な機能ですが、未対応のクレジットカードでは何の意味もなさないわけです。しかも、PASMOへオートチャージできるクレジットカードというのは全体的な割合からみても少数派なので、今現在お持ちのクレジットカードではオートチャージできない可能性が高いです。

PASMOにオートチャージできるおすすめのクレジットカード

東京メトロ To Me CARD Prime NICOSではここで、PASMOにオートチャージできるクレジットカードの中で、おすすめの1枚をご紹介しましょう。『東京メトロ To Me CARD Prime NICOS』(年会費2,000円+税※初年度無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)です。

『東京メトロTo Me CARD Prime』は、通勤・通学で東京メトロや東急線を利用しているならぜひチェックしておきたいカード。PASMOへのオートチャージ対応で、ポイントが貯まったらPASMOへの再チャージが可能という優れもの。再チャージ可能なのはこの『東京メトロTo Me CARD Prime』だけです。

JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ (VISA/Master)券面画像また、東急を活用している方には、『JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ (VISA/Master)』(初年度無料、年会費2,000円+税/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5マイル相当)がおすすめ。東急百貨店ではポイント最大10%還元になります。もちろん、オートチャージ対応。WAONの利用ではJALマイルを2重取りできます。ただしカードとは別にもう1枚「記名PASMO(PASMO定期券含む)」が必要です。

同じく航空系でもクレジットカード一体型なら『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』(初年度無料、年会費2,000円+税/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5マイル相当)がお得。オートチャージ対応で、ANAマイルも貯められるお得な1枚です。これらおすすめのクレジットカードの詳細は、後述します。

PASMOにオートチャージできるクレジットカードの選び方【3つのポイント】

虫眼鏡でしっかり検証PASMOへオートチャージできるクレジットカードは、先に述べたようにそれほど種類が多くありません。つまり、お得&便利に活用するためには、その限られたクレジットカードの中から、自分に合ったタイプをチョイスする必要があるのです。

PASMOへオートチャージできるクレジットカードを選ぶコツは、利用シーンです。通勤・通学で利用する頻度が高いのか? それとも旅行やビジネスなのか? といったシーンに合わせて選ぶようにすることです。

通勤・通学の利便性で選ぶ! 定期券機能付帯のクレジットカード

定期券としてご利用いただける記名PASMOPASMOと聞いて思い浮かぶのは、やはり通勤・通学で大活躍する電子マネーというイメージではないでしょうか。SuicaやPASMOの登場によって、通勤・通学時の利便性も格段にアップしました。それに加えてオートチャージも可能な時代となり、簡単便利に使える電子マネーとして手放せないアイテムとなりつつあります。

東急や東京メトロを利用しているならさらに便利!定期券付き

PASMOカードの表裏PASMOへオートチャージできるクレジットカードとして、通勤・通学におすすめなのが『東京メトロ To Me CARD Prime』です。このカードは定期券機能を搭載することが可能で、通常のクレジットカードとPASMO、そして定期券という三役をこなしてくれます。

特筆ポイントは貯めたポイントをPASMOへ再チャージできる唯一のクレジットカードであるところ。数少ないPASMOへオートチャージできるクレジットカードの中にあって、貯めたポイントをPASMOへ再チャージできるのは『東京メトロ To Me CARD Prime』しかありません。それだけに貴重な1枚と言えるでしょう。

旅や出張で飛行機を利用するなら! PASMOと相性のいい航空系クレジットカード

空港に着陸して待機している飛行機旅やビジネスの出張で電車やバス、飛行機を利用するならPASMOへオートチャージできる航空系クレジットカードがベスト! マイルも貯めることができるので、各交通期間を便利&お得に利用できます。

電車やバスのほか、旅や出張で飛行機も利用するという方は、『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』や『JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ (VISA/Master)』を要チェックです。

マイルをお得に貯めてバスも飛行機もお得に乗りこなす

JAL普通カード TOKYU POINT ClubQ (VISA/Master)券面画像どちらも、入会特典としてマイルが付与されるほか、東急グループとの提携でTOKYU POINTも貯めることができ、マイルとTOKYU POINTとの2重取りが可能です。

東急沿線にお住まいか、少なくとも東急グループでショッピングをする機会の多い方、飛行機を度々利用するという方にはお得な1枚となります。

お得を重視したい! PASMOのオートチャージはポイント還元で選ぶ!

東急百貨店のロゴPASMOへのオートチャージを利用しつつ、高還元のポイント付与を狙えるクレジットカードもあります。通勤や通学でPASMOを利用しつつ、日常のショッピングで活用してポイントを貯められるタイプの1枚です。

百貨店でお得にショッピング!貯めたポイントでPASMOへチャージ!

TOKYU CARD ClubQ JMB (コンフォートメンバーズ機能付)PASMO一体型の券面画像TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード』は、PASMOとJALマイレージカード、東急カードがセットとなったお得な1枚。PASMO定期券機能も付帯しています。通常還元率は0.5%ですが、「Web明細サービス」と「TOKYU POINT Webサービス」へ登録すればポイント還元率が2倍の1%になる特典のほか、東急グループのお店でショッピングをすれば最大10%還元という高還元率が魅力です。

ちなみに、『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード』には東急ホテルズの会員プログラムの付帯した『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOカード(コンフォートメンバーズ機能付)』というタイプもあります。前者はVISAとMastercardが選べますが、後者はMastercardしかないので注意しましょう。

改札のカードリーダーにタッチするビジネスマン

クレジットカードを使ったPASMOオートチャージ【8つのメリット】

PASMOにオートチャージできるクレジットカードの登場で、現金でチャージするよりもお得で快適な利用が可能となりました。ここでは、そんなPASMOのオートチャージ機能について、メリットとなる8つのポイントについてご紹介していきましょう。

メリット①駅の改札もバスの運賃機もタッチするだけ!ラクラク清算!ストップ無し!

交通系ICカードを自動改札で利用する何よりも一番のメリットとなるのがこれ。PASMOがあればで、鉄道やバスのきっぷとしてタッチだけで利用できます。オートチャージ云々以前に、交通系電子マネーの大きなメリットのひとつと言える特徴ですよね。

タッチ&ゴーで改札や運賃機でサッと清算できてしまうのは魅力。通勤・通学には手離せません。クレジットカード一体型なのでICカードを持つ必要もありません。

メリット②自動でチャージ=勝手にポイントが貯まってお得

貯金箱 豚PASMOへオートチャージすると、チャージ額分だけクレジットカードのショッピングポイントが貯まるため、現金でチャージするよりもお得です。現金でチャージしても何のお得もありませんが、クレジットカードを利用したオートチャージならポイントの還元を受けられる分、お得度が高いのです。勝手にチャージして勝手にポイントゲット! これがオートチャージの魅力です。

メリット③オートチャージだからPASMOの残高不足を気にしなくてOK!

交通系ICカードを自動改札で利用したのに「開かない」時便利なPASMOをさらに便利にしてくれるのがオートチャージ。券売機などでわざわざ現金チャージしなくても、あらかじめ設定した残高を下回ると自動的にクレジットカードからチャージが行われます。残高不足で改札で足止めされることのないため、後続の方に迷惑をかけることもなくなります。「残高が不足していることをうっかり忘れてた」ということを防止してくれます。

メリット④チャージ金額は都合に合わせて変更できる! 1,000円単位で変更OK

野口英世の描かれた千円札のイラスト(お金・紙幣)PASMOのオートチャージ額は、1,000円単位でお好みの金額に設定することができます。ちなみに1日あたりの上限と1ヶ月あたりの上限が決められてますが、それは後述します。

Suicaの場合、3,000円までは1,000円単位のチャージが可能ですが、それ以降は5,000円、10,000円となりますので細かい設定ができません。Suicaよりも細かい金額設定ができるのもPASMOの特徴です。

メリット⑤利用幅が広い!100以上の交通機関が利用できる

コンビニでSuica・PASMOキャンペーン全国の交通系電子マネーは、現在では相互利用が可能となっていますので、PASMOを持っていればエリア外でも利用できます。首都圏のほか、仙台・新潟・札幌(SAPICAエリア)の各SuicaエリアでもPASMOがそのまま利用できます

エリアに関しても後述しますが、現在利用できるのは全国100以上の交通機関。利用幅が広がることで、ますます利便性も向上しています。ただし、オートチャージに関してはできるエリアとできないエリアがあるので注意が必要です。この点に関しても、後で詳述します。

メリット⑥電子マネー(PASMO)とクレジットカードの使い分けが簡単! お財布もスッキリ

PASMOを電子マネーで使うPASMOで交通機関の利用、クレジットカードでショッピングなど、一体型でも使い分けは簡単です。PASMO一体型のクレジットカードが1枚あれば複数役をこなしてくれるのはPASMOオートチャージ機能搭載クレジットカードだからこそです。クレジットカードとPASMOのICカードの2枚持ちをする必要もないのでお財布もスッキリ。もちろんPASMO分離型を選べるクレジットカードもあります。

メリット⑦Suicaエリアでもオートチャージできるから利便性が高い!

パスモ、スイカ等の交通系icカードが ご利用頂けるエリアの重なるPASMOとSuica。同じ首都圏の交通機関を利用できる交通系電子マネーですが、そもそも発行会社が異なります。SuicaはJR東日本、PASMOは東京メトロなどの私鉄が主な発行会社です。発行会社が異なるということは「エリア外」ということになりますが、PASMOはSuicaエリアでもオートチャージが可能です

エリア外となるとオートチャージはできないというのが普通ですが、エリアの重なるSuicaエリアだからこそオートチャージが可能という点はかなり利便性の高さを感じますよね。

PASMOを利用できるエリアと相互利用可能な交通系ICカード

PASMOをご利用いただけるエリアと相互利用可能なカード

メリット⑧バス利用特典サービス(バス特)がある!

降車時に運賃箱の読取り部に交通系ICカードをタッチする交通系電子マネーのPASMOとSuicaには、「バス利用時特典サービス」、略して「バス特」があります。PASMOやSuicaを利用してバスへ乗ると、自動的にバスポイントが貯まるシステムで、バスポイントが貯まると自動的にPASMOやSuicaへ特典バスチケットが付与される仕組みです。

特典バスチケットは使用した運賃に応じて減っていきますが、有効期限が10年間。電車だけでなくバスもよく利用されるのであれば、チェックしておきたい特典ですね。ちなみに対象となるのは首都圏69のバス事業者と都電荒川線、東急世田谷線です。バス特を実施している事業者しか利用ができないので注意しましょう。

PASMO連携クレジットカードのデメリットとは? Suicaと比較!

PASMOの特徴と合わせてメリットなどについてお話をしてきましたが、最後に同じ交通系電子マネーのSuicaとも比較しつつ、PASMOのデメリットとも言える点についても触れておきましょう。

PASMOをオートチャージできるクレジットカードは少ない!

クレジットカードのイラスト先にも少し触れましたが、PASMOをオートチャージできるクレジットカードの種類はかなり少な目です。つまり、自分の利用シーンと相性の良いクレジットカードを選べる選択肢の幅も少ないわけです。ICカードの発行枚数も、PASMOはSuicaの半分以下に過ぎません。

JR東日本のSuica(スイカ)ほどラインナップは多くない!

JR東日本のSuicaはオートチャージできるクレジットカードのラインナップも非常に充実しており、提携カードも含めれば様々な利用シーンに対応しており利用者側の選択肢も豊富です。何より、SuicaがPASMOよりも優れている点がモバイルSuicaの存在です。

モバイルPASMOはありません! モバイルSuicaのようにおサイフケータイで使えない!

モバイルSuicaで定期券が使えるSuicaを利用している方なら、例え登録はしていなくてもモバイルSuicaの存在くらいはご存知でしょう。スマホや携帯をかざすだけで改札を通り抜けられるモバイルSuicaはとても利便性の高いツール。一方のPASMOにはモバイル機能がありません。SuicaもPASMOエリアで利用できますし、カードを取り出すことなくスマホをかざせばOKという利便性は群を抜いています。そうした点でも、PASMOよりもSuicaを選ぶ人が多い理由のひとつと言えそうですね。

PASMOは利用できる場所とできない場所がある!

これはPASMOに限らず交通系電子マネー全体に言えることですが、そのエリアすべてで利用できるのかというと決してそういうわけではありません。

PASMOは便利だがICカード未対応のローカル線などでは使えない!

電車で旅行するカップル当然ながらICカードに未対応のローカル線などでは利用することができません。下でも述べますが、交通系電子マネー同士の相互利用が可能なため、PASMOを利用できる範囲は全国規模です。しかし、それもこれもICカードに対応していることが大前提なのです。

もちろん、主な路線ではICカードに対応済ですから、その点は安心していいでしょう。

全国の交通系電子マネーと相互利用ができるのでほとんどOK

PASMOのオートチャージは、PASMOエリアとSuicaエリアでしかできませんが、全国の交通系電子マネーとの相互利用が可能なので、PASMOを使って他の交通系電子マネーのエリアを利用することは可能です。

首都圏はもちろん、北海道から九州までのJRや地下鉄、私鉄、バスなど100を超える交通機関を利用することができます。ただし、くどいようですが、PASMOエリアとSuicaエリア以外ではオートチャージできませんので注意してください。

PASMOのオートチャージにも上限あり! 1日の上限がSuicaよりも少ない!

PASMOも他の電子マネーのように、チャージできる上限金額が儲けられています。オートチャージで比較すると、PASMOの場合、1日にチャージできる上限金額が10,000円、1ヶ月50,000円までと決められています。Suicaの場合、1日20,000円が上限で、1ヶ月あたりの上限は設定されていません。

オートチャージもクレジットカードのショッピング枠を使用するため、オートチャージもその範囲内での利用ということになりますが、それでもSuicaよりPASMOの方がオートチャージできる金額が低く設定されています。ただし、通勤・通学や導入店舗で小銭替わりに利用するという特性を考えれば、十分な上限金額でしょう。

PASMOは全国で利用OK

交通系電子マネー「PASMO(パスモ)」オートチャージの魅力をおさらい

PASMOは、発行枚数こそSuicaの半分以下ではあるものの、交通系電子マネーの相互利用が可能となったおかげで利用範囲も拡大し、利便性も格段にアップしてきました。

東京メトロをはじめ首都圏の交通機関を便利に乗りこなせるPASMOの魅力について述べてきましたが、ここではPASMOについてのおさらいとオートチャージ以外の方法について見ていきます。

クレジットカードの魅力とPASMOオートチャージの利用方法

路線バス

PASMOへオートチャージできるクレジットカードの魅力は、先のメリットでも挙げてありますが、現金チャージのために券売機へ並ぶ必要がないこと、残高不足を気にする必要がないこと、現金よりもお得に利用できることなどが主な魅力です。

PASMOのオートチャージはオートチャージ可能なクレジットカードでしか利用できませんが、それでは通常のチャージはクレジットカードで可能なのでしょうか? オートチャージを利用する方法などについて、合わせて解説していきます。

PASMOのチャージとオートチャージの違いは?一般のクレジットカードではチャージできないの?

PASMOへチャージする方法は、大きく分けると通常のチャージとオートチャージの2種類。PASMOの通常のチャージは、残高が減ってきたら都度チャージするもので、オートチャージはあらかじめ設定しておいた残高を下回ると自動的にチャージされるものです

オートチャージは、オートチャージ機能の付帯したクレジットカードを利用しなければ利用できません。駅券売機でのチャージも現金のみとなっており、クレジットカードでチャージすることはできません。つまり、都度チャージの場合は現金のみしか取り扱えないのが現状なのです。

PASMOのオートチャージには設定が必要? 設定の方法とは?

PASMOのオートチャージは事前設定が必要です。とは言っても、PASMO一体型のオートチャージ対応クレジットカードであれば事前設定の必要はありません。発行が済めばそのまま利用できます。後述しますが、PASMO搭載のクレジットカードには分離型もあります。その場合は、PASMOを持っていればそのままオートチャージへ申し込めば利用可能です。申し込みはネットから可能です。

PASMO分離型のクレジットカードを発行したものの、PASMOも持っていない場合はまずPASMOへ申し込んでからオートチャージサービスへ申し込む必要があります。この方法だとかなり遠回りになるので、最初から一体型へ申し込んでしまった方が確実です。

クレジットカードにはPASMO一体型と分離型がある! その違いと特徴は

上で述べましたが、PASMOへオートチャージできるクレジットカードには、一体型と分離型があります。一体型は文字通りクレジットカードにPASMOの機能が付帯しています。分離型は、クレジットカードとは別にPASMOを持たなければなりません。混雑した改札でクレジットカードを出すのが不安だという方は分離型を選ぶのもひとつの方法です。

使い方で選ぼう!紛失が怖ければ分離型・1枚にまとめたいなら一体型

PASMO一体型のクレジットカードも分離型のクレジットカードもそれぞれにメリットとデメリットがありますが、どちらを選ぶのか、最終的には好みの問題です。1つにまとめてしまいたいなら一体型ですし、上のとおり、クレジットカードという大切なアイテムを紛失する等の不安があるという場合は分離型がおすすめです。

オートチャージ以外でPASMOにチャージする方法とその種類

PASMOへのチャージ方法は、ここでご紹介しているオートチャージのほかにも現金によるチャージが可能です。チャージ方法はこの2種類しかありません。補足として、現金でチャージする場合の方法についてもご紹介しておきます。

駅の券売機でPASMOにチャージする

券売機でのチャージPASMOのチャージ方法でもっともポピュラーなのがこれ。駅の券売機でチャージする方法です。チャージは現金のみ可能です。

券売機でチャージする時の操作方法

①チャージ可能な駅券売機に、お手持ちのPASMOのICカードを挿入。

②その後「PASMO」ボタンを選択します。

③最後にチャージ金額を選び、現金を入れます。

④チャージされたPASMOをお受取り。領収書が必要な場合は発行してもらえます。

ICカードチャージ機でPASMOにチャージする

チャージ機でのチャージこちらも駅に設置されており、券売機でのチャージと並んでメジャーなチャージ方法です。PASMOのICカードを挿入して必要なチャージ額を選択するだけでチャージできます。

券売機でチャージする時の操作方法

①チャージ機に、手持ちのPASMOを挿入します。

②希望のチャージ金額を選んで、現金を入れます。

③チャージされたPASMOを受取ります。領収書が必要な場合は発行します。

PASMOをバスの車内や営業所でチャージする

バスの車内でのパスモチャージ機バスでチャージする場合は、乗務員(運転手など)へチャージ希望であることを伝えれば、運賃機でチャージが可能です。この場合も現金でのみの取り扱いとなります。また、PASMO導入バス事業者の営業所でもチャージできます。

ただし、バスの場合はチャージに時間がかかると他の乗降客に迷惑を及ぼしかねませんので、よほどの場合でない限りは、駅の券売機等を利用した方がおすすめです。

コンビニでPASMOをチャージする

お店でパスモをチャージするSuicaと同様に、PASMOもコンビニで現金チャージができます。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど代表的なコンビニでチャージできます。チャージ希望であることを店員に伝え、カードリーダーにかざすだけでOKです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料のクレジットカード比較!還元率や海外旅行保険でおすすめ
キャッシングにおすすめのクレジットカード比較!金利や返済、審査で選ぶ
家族カードおすすめ比較!家族カードがお得なクレジットカードランキング
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査&発行が早いクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード比較!専業主婦でも審査に通る?
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!お得にマイルを貯めるおすすめのANAクレジットカード
最強マイルカード比較!マイルが貯まる航空会社別クレジットカードランキング
JALカード比較!JALマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!クレジットカードをステータスでランキング
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較!人気のゴールドカード
海外旅行保険付きクレジットカード比較!年会費無料で自動付帯がおすすめ
クレジットカードを海外旅行保険で比較!自動付帯のおすすめゴールドカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
プライオリティ・パスで選ぶクレジットカード比較!海外VIP空港ラウンジ無料
「自動車」重視派
最強ガソリンカード比較!ガソリンスタンド別クレジットカードランキング
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代の大人のクレジットカード比較!かっこいいゴールドカードランキング
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
20代におすすめのクレジットカード比較!18歳以上で初めてなら銀行系カード
新社会人のためのクレジットカード比較!社会人一年目におすすめ
「学生」重視派
学生でも即日発行できるクレジットカード比較!審査でおすすめの学生カード
海外旅行で学生に人気のクレジットカード比較!海外旅行保険付き学生カード
ANA学生カードvsJAL学生カード!マイルと特典で学生クレジットカードを比較
学生におすすめのクレジットカード比較!お得な特典で選ぶ学生カード
「法人カード」比較特集
ポイント還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
法人カードを年会費無料vs有料で比較!ビジネスで役立つ法人クレジットカード
マイル還元率で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
Amazonでおすすめのクレジットカード比較!カード払いでポイントを貯める
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
JCBのディズニーカード比較!ディズニーデザインで選ぶクレジットカード
クレジットカードをデザインで比較!かっこいい&おしゃれなカードランキング
可愛いクレジットカード比較!かわいいキャラクターカードのランキング
「電車」重視派
おすすめビューカード比較!Suicaにオートチャージできるクレジットカード
おすすめパスモカード比較!PASMOにオートチャージできるクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP