中国銀聯(ユニオンペイ)カードを持つべき理由・メリット

中国銀聯ユニオンペイのクレジットカードとは?

中国発のクレジットカードの国際ブランドです


「中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)ユニオンペイ」という言葉を知っていますか? 恐らく日本国内では多くの人があまり聞き馴染みがない銀行名だと答えるかもしれません。
しかし、これからは覚えておいた方がよさそうです。[中国銀聯]は実はクレジットカードの会社名。いま急速に加盟店が増えている中国発の国際ブランドなのです

中国銀聯ユニオンペイのメリット

メリット①中国国内で圧倒的シェアを保つ国際ブランド


クレジットカードの国際ブランドといえば、VISAやMasterCard、JCB、AMEX、ダイナースクラブが5大国際ブランドとして知られていますが、これに6番目のクレジットカードの国際ブランドともいうべき勢いで伸びているのが「中国銀聯(ユニオンペイ)」です。
ちなみに、中国銀聯ユニオンペイを略してCUPといいます。加盟店は中国の大都市から地方都市まで、約760万店(2013年12月末時点)。現在、CUPは中国はもちろんのこと日本などのアジア諸国やヨーロッパなどで急速に拡大しています。
日本では三井住友銀聯カード、三菱UFJニコス銀聯カードなどが中国銀聯(ユニオンペイ)と提携してクレジットカードを発行しています。

メリット②中国国内で生活するなら1枚は欲しいクレジットカード

中国銀聯(ユニオンペイ)の中国内でのシェアは圧倒的。中国に長期間住んだり、大陸で安定的にビジネスを行う上では必須のクレジットカードとなっています。日本のJCB同様、お膝元の中国では最もメジャーで加盟店数も多い国際ブランドとなっています。
中国政府の意向と13億人という中華人民共和国の人口を背景に、現在約42億枚(2013年12月末時点)発行されている事実上、世界最大のクレジットカード会社です。
しかも中国銀聯(ユニオンペイ)は、中国国内で最もよく使われるカードとしてだけでなく、世界最大規模のオンライン決済システムを運営するクレジットカード会社として、全世界規模で勢力を拡大しています。
その背景にはやはり中国の経済発展が大きく関わっているのです。

メリット③全世界で中国人に利用されているクレジットカード

中国銀聯(ユニオンペイ)=CUPの歴史はまだ浅く、誕生したのは今から12年前です。
これだけ歴史が浅いにも関わらず、すでに中国国内ではVISAやMasterCardといった国際ブランドのNo.1とNo.2を凌ぐほどだと言われています。中国人観光客がいるところ中国銀聯(ユニオンペイ)あり、ということから、必然的に全世界規模でCUPの加盟店が増えていく結果となっています。

中国人観光客と共に加盟店数もどんどん増加中

日本のバブル経済のときもそうでしたが、国内の景気が上がればどんどん海外へと進出していくのが流れです。
特に中国人旅行者の数も以前とは比べ物にならないほど多くなり、その恩恵をあずかろうと日本各地でも中国人観光客の誘致を進めています。
日本を訪れた中国人観光客は膨大なお金を落としていってくれるので観光地も潤うわけですが、中国人の利用するクレジットカードのほとんどがCUPなわけです。

日本国内での加盟店も量販店を中心に増えています

景気アップのための方策とはいえ日本人としては若干悲しい部分もありますが、それでも中国人観光客によって国内の観光地が潤っているのもまた事実ですから、これからも、CUPを取扱うお店は増加していくと見込まれています。
これは日本だけにとどまらず、世界各地で同様の現象が起こると思われます。
特に、外交的にも中国に接近している韓国などでは、爆発的に加盟店が増えていくかもしれません。

中国銀聯(ユニオンペイ)のデメリット

デメリット①日本では持つ意味がないクレジットカード

中国銀聯(ユニオンペイ)のクレジットカードは中国国内では必須アイテムですが、日本で持つ必要はまったくありません。他の国際ブランドのクレジットカードの方が特典の面でも利便性の面でも、加盟店数の上でもすべて上回っています。
入会特典もありませんし、持つ必要もないので、普通の日本の方は敢えて持つ必要はまったく無いといえるでしょう。中国銀聯(ユニオンペイ)が必要なのは中国国内で活動する方だけです。

デメリット②クレジットカードのようなデビットカード

中国銀聯(ユニオンペイ)が日本で発行しているクレジットカードは、通常のクレジットカードと同じクレジット払いです。しかし中国人観光客などが利用している中国銀聯(ユニオンペイ)カードは、実はクレジットカードではありません。中国人観光客は主にデビットカードとして中国銀聯(ユニオンペイ)カードを利用しています。つまり銀行口座から直接引き落として買い物をしているだけなのです。
これは中国政府による人民元の現金持出制限(一人当たり5,000USドル相当額)のため。現金を持ち出せないために、中国銀聯のデビットカードで、直接銀行引き落としで買い物しているのです。
そのため発行枚数が40億枚となり、加盟点数が1,000万店を超えても、クレジットカードとしては依然、5大国際ブランドとは肩を並べられていません。

中国銀聯(ユニオンペイ)のまとめ

中国滞在者向け!中国で生活するなら欲しいクレジットカード

日本国内にいるだけであれば中国銀聯(ユニオンペイ)のクレジットカードを持っていなくてもまったく問題ありません。しかしビジネスや観光などで中国へ行くのであれば、CUPは必須アイテムとも言えます。
中国国内であれば、中国銀聯(ユニオンペイ)カード一枚持っているだけで不自由しないとも言えます。
海外といえばVISAやMasterCardだという認識は、中国に限っては通用しないわけです。
中国国内でCUP以外の国際ブランドを利用すると、嫌悪感を露わにするお店も多くあるということも知っておいた方がいいでしょう。
そこには国際ブランドの加盟手数料などの問題があるようなのですが、本来であれば利用者にとっては関係のない話でもあります。
しかし、スムーズで楽しい旅行などを考慮すれば、やはりCUPを一枚持って行く方がおススメです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP