VプリカギフトとVプリカの違いとは?メリットは更なる匿名性と安全性!

Vプリカギフトカードのイメージ

「気になるオンラインショップがあるけれど、クレジットカードを登録するのが不安……」そんな時に心強い味方になってくれるのがVプリカギフトです。

Vプリカギフトはコンビニで買える匿名性の高いプリペイドカード! Visa対応であればオンラインゲームでもインターネット通販でも使える、個人情報不要のプリペイドカードです。安心、簡単、確実な支払手段であり、多くのユーザーが使用しています。

クレジットカードの使用が危なそうに見えるサイトがあったら、ぜひ使ってみてください。1度使うとその便利さがよくわかります。

Vプリカギフトとは?

Vプリカギフトは「個人情報を渡さずにインターネットで買い物ができるVISAギフトカード」

VプリカギフトのイメージVプリカギフトは、インターネット専用のVISAプリペイドカードのギフトカードです。大手クレジットカード会社のライフカード株式会社が発行しています。

Vプリカギフトを販売場所(主にコンビニの陳列棚)で購入し、簡単な購入手続きを済ませると、その金額の分だけVISA対応のオンラインショプで買い物ができる、という仕組みになっています。

「追加購入が必要なプリペイドカードより1度登録するだけでOKのクレジットカードのほうが便利なのでは?」と思われるかもしれませんが、Vプリカギフトはクレジットカードとは全く違う使い方をします。利用する場所や目的が違うのです。

Vプリカギフトは手軽!安全!内緒にできる!

VプリカギフトはVisaクレジットカードと比べると、以下のような点で優れており、匿名性や安全性の点で利用価値は十分にあります。

Vプリカギフトの主なメリット
  • 発行審査が不要なので早い!
  • 個人情報が不要なので安心!
  • コンビニやディスカウントストアで買えるので簡単!
  • プレゼントにも使えるのでハッピー!

上記のような特徴があるため、海外サイトやアダルトサイトなどの利用が不安なサイトや、1回使ったらもう二度と使わないようなオンラインショップでも安心して使用できます

もちろん、Amazonや楽天市場のような一定の信頼があるオンラインショップでも問題なく使えますし、贈り物としても喜ばれます。

VプリカギフトとVプリカの違いは?

Vプリカギフトはアカウント不要でとにかく手軽!Vプリカはよりお得でクレジットカードに近い!

Vプリカギフトとよく似たサービスにVプリカがあります。どちらもライフカードが発行するVisa対応のプリペイドカードという点で似ていますが、両者には以下のような違いがあります。

VプリカギフトとVプリカの違い
Vプリカギフト Vプリカ
アカウント 不要 必要
購入場所 コンビニなど オンラインショップ、コンビニなど
金額(券種) 3000円、5000円の2種類のみ 500円~3万円まで多数あり
購入時手数料  3000円券種が250円、5000円券種が290円 オンラインショップなら200円、コンビニなどではもう少し高い
残高の合算 できない できる
年齢制限 なし あり(18歳以上)

Vプリカギフトの最大のメリットは、アカウントの開設が必要ないことです。Vプリカを使う場合はアカウントの開設をしなければならないので手間がかかる上、ある程度の個人情報をライフカード株式会社に渡す必要があります。

一方で、Vプリカギフトは個人情報を全く渡す必要はありません。さらに全国のコンビニやディスカウントストアで購入できるので入手も簡単です。

Vプリカギフトのメリットは完全な匿名性!その分デメリットもある

「しー」っと口に人差し指を当てて、内緒のポーズをしてる女性Vプリカギフトはアカウントの開設すら不要です。年齢制限もなく、18歳未満でも買えます。完全な匿名性がメリットです

一方で休眠カード維持費がかかる、券種が少ないなどのデメリットもないわけではありません。Vプリカギフトはオンラインでは購入できなかったり、券種が少なかったり、残高が合算できなかったりと言ったようなデメリットもあります。

残高が余ってしまった場合、Vプリカ用のアカウントを開設すれば合算できますが、Vプリカギフト単体では合算できないので注意が必要です。

Vプリカギフトのメリットとデメリット
メリット デメリット
・完全な匿名性
・アカウントの開設が不要
・18歳以下も買える
・コンビニでしか買えない
・購入できる金額が限られる
・残高が合算できない

Vプリカギフトはどこで買える?

Vプリカギフトカードはコンビニで誰でも買えます

Vプリカギフトは、全国のコンビニやディスカウントストア、書店などで購入可能です。具体的には、以下の店舗で購入可能です。なお、一部取扱いのない店舗もありますので、不安な場合は購入する前に電話などで確認しておくと良いでしょう(リンクから店舗一覧が確認できます)。

上記の店に行ったら、まずは陳列棚にあるVプリカギフトをレジで購入します。前述の通り券種は3000円と5000円の2種類ですので、好きな方を選んでください。

Vプリカギフトカードの裏のカード番号を読み込みましょう

次に、Vプリカギフトとそれを貼り付けてある台紙を切り離し、Vプリカギフトの裏側にある「ここをコインなどで軽く削ってください」などと書かれている部分を削ります。そこに認証番号とカード番号が書いてありますので、他人に見られない場所で削ってください。

番号が出てきたら、Vプリカギフトの裏側に記載されているQRコードを読み込むか、URLをブラウザに入力するかして、Vプリカサイトの情報確認画面にアクセスします。

情報確認画面の指示通りに認証番号をカード番号下4桁を入力すれば登録が完了しますので、あとは通常のクレジットカードと同じように使えます。

Vプリカギフトは利用前に入手して早めに使い切ることが大切

オンラインショップで支払い方法に「VISAカード」を選択し、先ほど削った部分に書かれている16桁の番号を入力すればOKです。

カード番号はVプリカサイトにも記録されますが、セキュリティのため番号の一部が隠されることがありますので、支払のタイミングまでVプリカカードは取っておきましょう。紛失する可能性も考えると、なるべく購入したらすぐに使い切ってしまうことをおすすめします。

Vプリカギフトの残高が余ったらどうする?

Vプリカ用のアカウントを開設すればあまったVプリカギフトの残額を合算できる

Vプリカギフトの残高が余ってしまった場合、Vプリカ用のアカウントを開設すれば、そちらに合算することが出来ます。Vプリカ公式サイト(URL:http://vpc.lifecard.co.jp/index.html)に登録します。リンク先の「アカウント開設(無料)」をクリックし、指示に従って登録を勧めていきましょう。

Vプリカのアカウント開設にはSMS認証/電話認証が必要

なお、アカウント開設にはSMS認証/電話認証のどちらか一方を行う必要があります。携帯電話を持っている場合は両方から選べますが、固定電話しかない場合は強制的に電話認証となります。

なお、Vプリカギフトはその名前の通り、ギフト(贈り物)として家族や友人に贈ることができます。前述した方法で実際にVプリカギフトを購入し、手渡しするだけです(かつては個人間でもメールで贈れたようなのですが、現在その機能はなくなってしまったみたいです)。

Vプリカギフトのトラブル!すぐに解決する方法は?

「Vプリカを登録しようとしたら、エラーメッセージが出て正しく登録されない」。このような時は慌てず騒がず、以下の対処法を試してみてください。

登録画面で「このカードは使用できません」と表示された

カード番号や認証番号などが正しく入力できていないと、このようなメッセージが表示されてしまいます。もう一度カードを良く見て、正しく入力できているか確認しましょう。何度見ても正しく入力できているにもかかわらず上記のエラーメッセージが表示される場合は、ライフカード株式会社までお問い合わせください。

お問い合わせ:http://vpc.lifecard.co.jp/contact/

何もしていないのに残高が減っていた

Vプリカギフトはカードを最後に使った日から3ヶ月以上経つと、休眠カードとみなされ、休眠カード維持費として毎月125円が徴収されてしまいます。これは残高が0になるまで続きます。カードを再び使えばリセットされ、3ヶ月は休眠カード維持費が徴収されなくなります。せっかく買ったVプリカギフトの残高がこんな形で消費されるのはもったいないので、早いうちに使い切ることを意識しましょう。

Vプリカをどうしてもオンラインで買いたい

通常、Vプリカは実店舗でしか買えませんが、ときどき行われているLife CARDのキャンペーンに参加すれば、オンラインショップでも買えるようになります。たとえばAKB48オリジナルデザインのVプリカギフトなどが購入できます。どんなキャンペーンが行われるかはわかりませんが、どんなデザインで構わないという方はこのような機械を利用して購入しましょう。

法人向けVプリカギフトとは?

顧客向けのノベルティグッズ/ギフトカードとしてVプリカギフトが購入できる

法人向けVプリカギフトは、文字通り法人に向けたVプリカギフトです。ビジネスを拡大させるためのキャンペーン・ノベルティグッズとして、Vプリカカードを顧客に配布できます。メールで送信できる「コードタイプ」と券面を発行する「カードタイプ」があるため、実施するキャンペーンの内容に応じて使い分けられます。

キャンペーン内容に合わせてメールと実物のカードと種類が選べる

コードタイプの場合は発行に手間や費用がかからず、カードタイプの場合はオリジナル券面を発行することによって高いブランディング効果を得られます。金額は1円単位で自由に発行できるため(最大10万円)、景品表示法に柔軟に対応できます。過去には不動産情報サイトのオウチーノやブランド品買取サイトのグリーリユースで採用されたことがあります。

Vプリカギフトまとめ

VプリカギフトはVプリカよりも更に匿名性が高い!用途に応じて使い分けよう

今回の記事をおさらいしましょう。

  • Vプリカギフトはアカウント開設不要で使えるプリペイドカード
  • 個人情報が不要なので利用が不安なサイトでの支払手段に向いている
  • Visa対応のオンラインショップならどこでも使用可能
  • 全国のコンビニ、ディスカウントストアなどで簡単に購入できる
  • 余った残高はVプリカのアカウントへ移行できる
  • 3ヶ月以上使用しないと休眠カード維持費が取られるので、利用はお早めに

Vプリカギフトは、Vプリカと比べてさらに匿名性が高く、安心して使える決済手段です。コンビニやディスカウントストアなどで簡単に買えるのも嬉しいところです。クレジットカードを登録するのが怖いという場合は、ぜひ使ってみてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP