ヤングゴールドカード ~安い年会費でコスパが最高!20才から持てるクレジットカード~

ヤングゴールドカードとは

ヤングゴールドカードは「若者向けのゴールドカード」のことです。「20代限定」という年齢条件があることもあれば「22才から申し込み可能」というように「下限の年齢が、普通のゴールドカードよりゆるくなっている」というものもあります。

ヤングゴールドカードのメリット・長所は、数千円の安い年会費で、普通のゴールドカードとほぼ同等の特典・サービスを利用できるということ。このコストパフォーマンスの良さから、20代を過ぎてもそのまま使い続けるという方も見えます(20代限定でないヤングゴールドカードの場合)。

ヤングゴールドカードのメリット

ヤングゴールドカードのメリットは、箇条書きすると下のようになります。

  • 年会費が安い(普通のゴールドカードより断然安い)
  • ほぼゴールドカード並の特典を受けられる
  • 20代でも、ゴールドフェイスのクレジットカードを持てる

そして、「ゴールドカード並の特徴・メリット」とは何かというと、下のようなものです。

  • ポイント・マイルの還元率のアップ
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 国内旅行・海外旅行の傷害保険の金額が増える
  • 不正利用などのショッピングカード保険も充実
  • トラベルデスクを海外でも利用できる

これらのメリット・長所は、当然そのヤングゴールドカードによっても内容が違います。例えばオリコカード i GOLDの場合は、空港ラウンジは利用できない代わりに、ロードサービスなど他の特典が優れています。

そのように、どのヤングゴールドカードでも一長一短、あるいは抜きん出ているサービスがあるので、それらの特徴を比較して、自分のライフスタイルに一番合ったものを選ぶべきでしょう。

ヤングゴールドカードのデメリット

ヤングゴールドカードのデメリットは、一覧にすると下のようになります。

  • 年会費がかかる(一般カードならかからない)
  • 年齢制限がある(ものが多い)
  • カードによっては、一部の特典がない

一応このように書いたものの、そもそも「ヤングゴールドカードである以上、年齢制限があるのは当たり前」なので、これはデメリットとは言わないかも知れません。

(サッカーのデメリットは足を使えないこと、と言っているようなものです)

「カードによっては、一部のサービスがない」というのも、「全てのヤングゴールドカードが同じサービスだったら意味がない」ので、これも悪いことではないでしょう。

そう考えると、年会費の元を、そのヤングゴールドカードの特典によって回収できるのかという点が、唯一の焦点になります。「回収できる・元が取れる」と判断した人は、ヤングゴールドカードを持つのがいいでしょう。

以下、特に人気のあるヤングゴールドカードを3つ紹介し、それらのメリット・デメリットや特徴をまとめていきます。

オリコカード i GOLD

ヤングゴールドカードの中でも、特に年会費が安く、コストパフォーマンスに優れた一枚が、オリコの発行する「オリコカード i GOLD」です。オリコカード i GOLDのメリット・長所は、下のようになります。

  • 年会費が3000円+税と、非常に安い
  • 電子マネーは、iDとQUICPayが付帯している
  • 海外旅行傷害保険が、2000万円まで自動付帯する
  • ロードサービスなどのサポートが充実

他にも多数のメリットがありますが、以下、これらのメリットについて解説していきます。

年会費が3000円と、最安レベル

ヤングゴールドカードは年会費が安いものが多いですが、その中でも特にオリコカード i GOLDの年会費「3000円」は、最安の部類になります。そのため、ゴールドカードの特典には興味があるけど、年会費が高いのはいやだという方にとって、最適な一枚となるでしょう。

年会費が安い分、サポートや特典も大したことがないと思われるかも知れませんが、オリコカード i GOLDはそのようなデメリットもありません。「この年会費で、これだけの特典がついていいのか」というくらい、サポートが充実しています。

iDとQUICPayが付帯

オリコカード i GOLDに付帯している電子マネーは、iDとQUICPayです。電子マネーの便利さは、すでに利用している方ならよくわかるでしょう。レジでわざわざ小銭を探す必要もないし、財布が小銭でいっぱいになることもないし、何より大きな財布を持ち歩く必要がない…ということで、いい事づくしです。

デメリットは、本当に特にありません。強いて言うなら「今いくら入っているのか、覚えていないとわからない」ということくらいです。(これもチャージのマシンがある場所だったら、それで残高照会ができますが)

電子マネーは1種類だけだと対応していないレジや店舗があって使えないということがありますが、QUICPay・iDというように2種類に対応していると、かなり幅広い店舗で使うことができます。

(少なくとも、コンビニやスーパー、その他大手の小売店などは、この2種類の電子マネーで大半をカバーできます)

2000万円まで、海外旅行傷害保険が付く

オリコカード i GOLDの海外旅行傷害保険は、「最高2000万円まで」となっています。通常の社会人の方々が持つゴールドカードに比べたら少々金額は小さくなりますが、それでも20代の若者にとっては、2000万円の海外旅行傷害保険があったら十分でしょう。

現地で大怪我したとしても、これだけの医療費がかかるということはそうそうないはずです。また、そもそもそのような大怪我をしたら、お金がいくら補償されたとしても、完治するまでに時間がかかるなど、その後の生活に支障が出ます。なので「2000万円を超える事故など、そもそも起こさないようにする」のが鉄則であり、この金額で完全に十分…と言っていいはずです。

「ゴールドカード・ロードサービス」を受けられる

オリコのゴールドカードには「ゴールドカード・ロードサービス」という特典がありますが、オリコカード i GOLDでも、それと同じサポートを受けることができます。

ロードサービスは、自動車を運転している方なら、一度は使ったことがあるでしょう。間違ってバッテリーが上がってしまった時や、タイヤがパンクしてしまった時、あるいは鍵を入れたまま施錠してしまった…というような時に、JAFなどに助けてもらえるサービスのことですね。

オリコの「ゴールドカード・ロードサービス」では、こうした基本的なロードサービスに加えて、レッカーの無料サービスなど、かなり特殊なケースにも対応しています。このような手厚い補償を、わずか3000円の年会費で受けられるというのは、少々申し訳ないくらい大きなメリットでしょう。

(もちろん、これもやはりそもそも自動車のトラブルを起こさないのがベスとなのですが…)

世界51都市の「オリコトラベルデスク」

オリコは世界51都市に「オリコトラベルデスク」という、海外旅行や海外生活のアシストサービスを設けています。そのため、世界の主要都市・国のどこに行っても、現地の観光や生活を、オリコのスタッフさんにフォローしてもらうことができます。

具体的には、オリコトラベルデスクで下のようなサービスを受けることが可能です。

  • レストラン・ホテルの予約
  • 病院や医師の案内・紹介
  • 観光スポットの紹介・道案内

特に初めて海外旅行に行く方や、不慣れな国・地域に出向く方などは、こうした海外アシストサービスがあると、非常に心強いでしょう。海外旅行が好きな20代の方にとっては特に、有意義なサービスです。

パッケージツアーの割引が効く

オリコはクレジットカード会社ですが、自社で観光旅行のパッケージも提供しています。国内旅行・海外旅行の両方です。

こうしたオリコのパッケージ旅行をする時、オリコカード i GOLDの利用者であれば「パッケージツアー割引サービス」を利用することができます。通常よりも3%~8%割引されるというもので、たとえば「10万円」の旅行だったら、最大で「8000円」も安くなるわけです。これは旅行好きな方であれば、利用しない手はないというくらいのサービスでしょう。

もちろん、オリコが提供するパッケージの中に行きたい観光スポットがあれば…という条件ですが、オリコが扱うパッケージツアーはかなり多いので、その点は特に問題ありません。特定の場所に強いこだわりがある方でなければ、「どっか旅行行きたいね」という感じの方であれば、行きたいツアーがきっと見つかるかと思います。

Master Card ゴールドトラベルサービスを利用できる

Master Card ゴールドトラベルサービスというのは、オリコカードではなく「Master Card」が提供しているサービスです。つまり「うちの決済サービスを利用してくれてありがとう」という感謝として、オリコでも三井住友でも、マスターカードの国際ブランドがついているクレジットカードの会員に、トラベルサービスを提供している…というわけですね。

具体的にどのようなサービスがあるかというと、下のようなものです。

  • 国内の高級ホテル・高級旅館に宿泊できる
  • 150のゴルフコースを優待価格で利用可能
  • 海外ホテルを9%割引で利用できる
  • 「ホテル&航空券」の料金を、2500円割引できる(国内・海外とも)
  • 空港クロークが10%割引(1箱につき)
  • 海外用携帯電話・Wi-Fiを、半額でレンタル可能
  • 帰国時の手荷物を、500円で自宅に宅配してくれる

このように、海外旅行や国内旅行で「こんなサービスがあったらいいな」というものが、一通り揃っています。特に海外のホテルの「9%割引」は大きいですね。2人で4万円のホテルだったら、約4000円安く宿泊できるということです。4000円あればホテルのディナーのフルコースも食べられますからね。

その他、Master Card ゴールドトラベルサービスの詳細は、下の公式サイトをご覧ください。

  • Master Card ゴールドトラベルサービス
  • http://www1.mastercard.co.jp/content/moments/japan/ja/campaigns/goldtravel.html

オリコカード i GOLDのデメリット・短所は?

ここまでは、オリコカード i GOLDのメリット・長所について書いてきました。デメリット・短所は少ないですが、補足として書いておきましょう。

  • 他のヤングゴールドカードより、ややステータスが低い
  • マスターカード限定である
  • 空港ラウンジ特典はない

ステータスについては、オリコカードは基本的に「実用性・コストパフォーマンス」を重視しているので、オリコカードを利用しようと思っている時点で、その利用者の方もそんなに重視していないでしょう。

また、マスターカード限定という点も「VISAが欲しいなら、他のクレジットカードにすればいい」というだけなので、デメリットというほどではありません。「VISA・Master・JCB・AMEX、すべての国際ブランドに対応」なんていうクレジットカードはありませんからね。

空港ラウンジについては、普通のゴールドカードなら特典としてついているのですが、それがカットされています。この点のみ通常のゴールドカードと比較すると少々デメリットと言えるかも知れません。

しかし、これについても「空港のカフェの方が、その国の空港の雰囲気が味わえていい」という方も多いでしょう。特に若いうちは国際空港自体の経験が少ないでしょうから、普通のカフェで十分楽しめるはずです。

(個人的には、ラウンジよりも断然そちらの方がにぎやかで楽しいと思います。若者も多いですし)

このように、デメリット・短所でそれほど大きなものはないので、ヤングゴールドカードの中でも、コストパフォーマンスを重視する方にとっては、オリコカード i GOLDは特におすすめといえます。

JCB GOLD EXTAGE(エクステージ)

オリコカード i GOLDはMaster Cardのヤングゴールドカードですが、JCBのヤングゴールドカードだったら、「JCB GOLD EXTAGE」がおすすめ。JCBが直接発行する「プロパーカード」です。

20才~29才の「20代限定のゴールドカード」で、年会費は3000円と、格安になっています。利用できる期間は5年間で、それを超えたら自動的に普通の「JCBゴールド」になります。(年会費が1万円と、高くなります)

もし年会費が高くなるのが嫌であれば、5年間の期限が切れる直前に解約するといいでしょう。2000円の解約金はかかりますが、5年間で受け取れるメリットや特典を考えれば、ほとんどないも同然のお金です。

以下、JCB GOLD EXTAGEのメリット・長所をまとめていきます。

ヤングゴールドカードだが、空港ラウンジ特典がある

先ほど紹介した「オリコカード i GOLD」では、同じ「年会費3000円」でも、空港ラウンジの特典がありませんでした。しかし、このJCB GOLD EXTAGEにはついています。

  • 国内主要空港
  • ハワイ・ホノルル国際空港

これらの空港ラウンジが無料で利用できるようになっています。ラウンジではドリンクが無料で、新聞や雑誌なども読めるようになっています。こうした空間でエグゼクティブの世界を体験することは、仕事の商談などでも相手に良いオーラを感じさせることにつながり、ビジネスのプラスにもなるでしょう。

また、特に20代の前半では、女性とのデートでもこうした場所に連れていける男性は少ないので、そうした点でも差別化を図ることができます。年会費3000円でそのようなメリットがあれば、コストパフォーマンスは抜群と言えるでしょう。

(本来、1万円の年会費が必要な特典ですからね)

海外旅行の傷害保険は、最高5000万円

これも先ほどのオリコカード i GOLDとの比較になりますが、オリコの海外旅行傷害保険は「2000万円」でした。しかし、JCB GOLD EXTAGEは「5000万円」と、金額が圧倒的に大きくなっています。

もちろん、オリコカード i GOLDの方で書いた通りそもそも、そんなトラブルに遭わないようにするのが一番いいというのは確かなので、個人的にはオリコカード i GOLDがJCB GOLD EXTAGEに劣るとは思いません。しかし「個人的な事情で、海外旅行傷害保険はできるだけたくさん欲しい」という方もいるでしょう。

20代だとどういうケースがあるかは正直わかりませんが(だからこそ、クレジットカード会社の側もこれだけ高額の設定をしているのでしょうが)、何はともあれ必要性がある方にとっては、大きなメリットになるはずです。

(何しろ、コストとなる年会費は3000円ですから)

普通のエクステージにはない、国内旅行の特典も

JCBのエクステージカードというのは「20代限定」のカードです。ここで取り上げているのは、その「ゴールド」です。「JCB GOLD EXTAGE」ですね。

ゴールドでない、普通のエクステージの方だと、「国内旅行傷害保険」は付帯しません。海外旅行のみです。しかし、ゴールドの方だと、国内旅行でも最大5000万円の傷害保険が付帯するというメリットがあります。

そのため、国内旅行にもよく行く&高額な買い物をするという方の場合は特に、普通のエクステージよりも、JCB GOLD EXTAGEに入会した方がいいでしょう。

不正利用やショッピングの保険も万全

クレジットカードを利用していて怖いのは、インターネット決済などでの不正利用ですが、これもしっかり補償されています。こうしたショッピングに関するトラブルには「ショッピングガード保険」が適用されますが、この金額は「最高200万円」となっています。

200万円あれば、ほとんどの不正利用の被害もカバーできるはずですし、ネットショッピングも安心して利用することができるでしょう。

JCB一般カードより、還元率が高い

普通のJCBカード(一般カード)は、「年間50万円以上利用すると、還元率が0.6%になる」という設定です。しかし、JCB GOLD EXTAGEは「20万円」利用するだけで「0.75%」になるという条件です。つまり、

  • 利用金額の条件もゆるい
  • 還元率もさらに高くなる

というように「二重にお得」になっているわけですね。そのため、クレジットカードを使った買い物が多い方、Oki Dokiポイントをお得に貯めたいという方にもおすすめです。

(Oki Dokiポイントというのは、JCBカードの利用で貯まるポイントのことです)

JCB GOLD EXTAGEのデメリット

JCB GOLD EXTAGEのデメリット・短所は、始めにも書いた通り「5年間しか利用できない」ということ。つまり20才で入会したら、25才までしか利用できないということですね。

もしそのまま継続して利用したいのであれば、1万円というやや高い年会費を払って、通常のJCBゴールドに移行することになります。特典の内容はほぼ変わらないので「コストパフォーマンスが悪くなる」と感じる方も多いでしょう。

もちろん、それでも十分なコストパフォーマンスですし、さらにこの上のプラチナ・ブラックなどを目指すのであれば、JCBゴールドは避けては通れません。

しかし、そのような上位カードに興味がなく、年会費1万円は高いと思う方は、5年の有効期限が切れる直前に、JCB GOLD EXTAGEを解約するのがいいでしょう。

この点のみ注意しておけば、JCB GOLD EXTAGEのデメリット・短所というのは特にない…と言ってもいいでしょう。

SuMi TRUST CLUB エリートカード

SuMi TRUST CLUB エリートカードは、三井住友トラストクラブが発行するヤングゴールドカードです。正確にはヤングゴールドカードと決まっているわけではありませんが、22才で年収200万円から持つことができ、年会費も安いという点で、ヤングゴールドカードとして扱われることが多いです。

しかし、先のJCB GOLD EXTAGEのように「20代限定」という年齢条件があるわけではありません。そして、年会費が安く特徴・メリットが充実しているということで、年配の方でもこのSuMi TRUST CLUB エリートカードを愛用している方は多くいます。

見た目も完全に普通のSuMi TRUST CLUBのゴールドカードと同じであり、「GOLD」「ELITE」という文字が違うだけです。クレジットカードの知識がある方でない限り、まず気づきません。このような外見の良さも大きなメリットといえます。

0.8%以上の高還元率

SuMi TRUST CLUBのクレジットカードには「SuMi TRUST CLUB リワードポイント」という独自のポイントがつきます。JCBでいう「Oki Dokiポイント」と同じですね。

そして、SuMi TRUST CLUB エリートカードこのリワードポイントの還元率が非常に高く、通常の利用でも0.8%、リボ払いだったら1.2%という高還元率になっています。クレジットカードで「高還元率」と言われるのは「1%」からですから、「リボ払いで1.2%」というこの還元率が、かなり高いものであることはわかるでしょう。

先に書いたJCB GOLD EXTAGEの場合は「年間で20万円以上利用する」という条件つきで、それでも「0.75%」でした。しかし、SuMi TRUST CLUB エリートカードではそのような利用金額の条件なしで「0.8%~1.2%」という高還元率になっているんですね。還元率に関しては、大幅に有利なクレジットカードといえます。

旅行傷害保険は、最高3000万円まで

SuMi TRUST CLUB エリートカードの旅行傷害保険は、国内旅行・海外旅行の両方で「最高3000万円」となっています。これは先ほどのJCB GOLD EXTAGEの「5000万円」と比較すると、やや少額になっています。オリコカード i GOLDの「2000万円」よりは1000万円多いですね。

実際、これだけ高額の旅行傷害保険を利用する機会というのはめったにないのですが「万が一何かあった時でも安心」という安心感は、何物にも代えがたい…という方もいるでしょう。特に治安の悪い国や地域に旅行する時は、こうした旅行傷害保険の金額の多さは、メリットになるはずです。

金額だけで見ればJCB GOLD EXTAGEの方が上ですが、その他の面で総合的にメリットを感じて、さらに「3000万円あれば十分」と思う方は、SuMi TRUST CLUB エリートカードを選ぶのがいいでしょう。

空港ラウンジサービスも付帯

これはJCB GOLD EXTAGEと同じですが、空港ラウンジサービスも付帯しています。国内主要空港と、インチョン(ソウル)やホノルルなどの海外の主だった空港のラウンジが、無料で利用できます。

ラウンジサービスの内容もJCBとほぼ同じで、フリードリンクを飲むことができ、ゆったりしたソファでくつろぐことができます。特にプライベートの旅行ではなく、ビジネスで移動する時などは、しっかり疲れをとって仕事のパフォーマンスを上げるためにも、こうしたラウンジサービスが役立つでしょう。

SuMi TRUST CLUB エリートカードのデメリット

ヤングゴールドカードは基本的に「若者限定で、優遇されているクレジットカード」なので、デメリット・短所は探すのが難しいです。SuMi TRUST CLUB エリートカードについても、デメリットは特にありません。

強いて言うなら、あまり買い物もせず、旅行にも行かない人の場合は、普通の年会費無料のクレジットカードで十分というくらいでしょう。ここまで書いてきた「還元率」や「旅行傷害保険」などのメリットは、

  • 沢山買い物をする人
  • 国内旅行・海外旅行によく行く人

これらの方々にとってのみ、役立つメリットですからね。両方しない人の場合は、特にメリットにならないわけです。

しかし、クレジットカードならコンビニの支払いもできますし(と言うより、小銭を使うより断然便利ですし)、そうした日常の買い物もすべてこのカードに集中させたら、これまでポイント・マイルの還元に興味がなかった方でも、その威力を痛感するはずです。どちらかというと「クレジットカードを活用しないというライフスタイル」の方にデメリットがあると考えるべきで、「使わないと年会費の元がとれない」というのは、さほどのデメリットではないでしょう。

(その年会費だって、3000円という少額ですし)

ネットの不正利用が保護されないのが難点

唯一、やや大きいデメリットを上げるとしたら、インターネットの不正利用に対して補償がきかない…ということでしょう。これは、先に書いたJCB GOLD EXTAGEも含めて、ヤングゴールドカードは大体カバーしているものなので、これが付帯していないというのは、今の時代やや厳しいかも知れません。

そのため、特にネットショッピングを頻繁にするという方の場合は、不正利用の保証もついているヤングゴールドカードを選んだ方がいいとも言えます。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP