クレジットカードを作れる人の条件は?職業・属性・保有枚数などのまとめ

okですよー!

クレジットカードを作れる人の条件は?

クレジットカードを作れる人の条件で、特に重要なポイントをまとめると、

  • フリーター・アルバイト・パートの人々は作れる
  • ブラックリスト入りしている人は、作れない
  • 保有枚数が(年収に対して)多すぎなければ、作れる
  • 消費者金融などの借入件数が少なければ、作れる
  • プロパーカード・銀行系より「流通系」が作りやすい

…となっています。以下、詳しくまとめていきます。また作れない人の条件は下記の関連記事をご確認下さい。

パート/アルバイト/フリーターでもクレジットカードは作れる

これは消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングでも同じなのですが、「パート・アルバイト・フリーター」などの非正規雇用の方々でも、問題なくクレジットカードは作れます。

要は「自分の収入があればいい」ということなので、たとえ非正規雇用であっても、クレジットカードを作るための条件は、十分整っているのです。

もちろん、「会社員・OL・公務員の方々と比較すると、やや不利になる」という点は否めません。「ギリギリの当落線上」という時には、フリーター・アルバイト・パートという職業・属性によって審査落ちする…ということもあるでしょう。

また、審査に通っても、

  • ショッピング枠・キャッシング枠が小さくなる
  • ショッピング枠はついても、キャッシング枠がつかない

というようなこともあり得ます(私もショッピング枠だけです)。という風に「少し不利になる部分」はありますが「審査通過自体は、問題なくできる」と考えて下さい。

ブラックリスト入りしてなければクレジットカードは作れる

そのクレジットカードの審査基準にもよりますが、基本的に「ブラックリスト入りしていない人」は、大体クレジットカードは作れます。(無職・無収入など、特殊な条件は除外しますが…)

クレジットカードの審査で言う「ブラックリスト」というのは、

  • 重度の遅延・延滞
  • 強制解約・退会
  • 債務整理
  • 代位弁済

などの「事故情報・異動情報」が、自分の個人信用情報に記録されている…ということ。こうした返済トラブルの履歴がある人の場合、、クレジットカードを作ることは、基本的にできません。

しかし、このような問題がある履歴がない場合、審査に通りやすいクレジットカードであれば、大体発行することができます。

クレジットカードの保有枚数が多くなければ、作れる

当然ですが、クレジットカードの保有枚数がすでにかなりある人…というのは、審査通過が難しくなります。言うまでもなく「カード破産するリスク」があるからです。

クレジットカード会社もビジネスなので、別に一人ひとりの人生を気にしているわけではありませんが、「破産されると、回収できなくて金銭的な被害が出る」し、「クレジットカード自体の評判も悪くなるので、避けたい」わけですね。

(もちろん、社会的な意義を考えての理由もありますが、綺麗事で動いていない分、かえって利用者が破産しないよう、配慮してくれるということです)

ということで、クレジットカードの現時点の保有枚数が少ない人であれば、ショッピングやキャッシングをしすぎて破産する…という危険が少なくなります。なので、このような方であれば、新しいクレジットカードを作りやすくなります。

どのくらいの枚数までは、OKなのか?

これは、まったく何とも言えません。下のような条件によって変わるからです。

  • それぞれのクレジットカードの限度額
  • その人の年収・職業
  • これまでのクレジットヒストリー(個人信用情報)
  • そのクレジットカードのステータス
  • そのクレカの「ポイント・マイルの還元率」
  • そのカード会社の、その時々の経営状況

…というものです。これらはほんの一例に過ぎず、要は「ありとあらゆる条件を考慮して、OKならOK、ダメならダメ」ということです。「一概には、保有枚数の基準は言えない」ということですね。

(これは、銀行カードローンや消費者金融などの審査基準でも言えることです)

「3枚~4枚」なら、審査に通ることが多い

現時点の保有枚数が「3枚~4枚」程度の人であれば、クレジットカードの審査は通ることが多いです。根拠をまとめると、

  • 日本人の平均保有枚数が、大体3枚~4枚である
  • クレジットカードより高金利な「消費者金融」でも、
  • 「3件規制」というルールがあり「3件まではOK」となっている

ということです。消費者金融の場合「4件目」からは借入不可となるのですが、クレジットカードの方が低金利なので「4件目まではOK」となる可能性が高い、ということです。

(あくまで、その人の年収・職業など、総合的な信用度によりますが)

で、さらにクレジットカードの場合、

  • 利用者が増えると、加盟店も増えて、
  • そのクレジットカードの利便性が高まる

…というメリット(カード会社にとって)があるので、「消費者金融よりはかなり審査に通りやすい」と考えていいでしょう。つまり、

  • 消費者金融だったら、
  • 「一人借り手が増えても、他の借り手には関係ない」けど、
  • クレジットカードだったら、他の利用者にも関係ある

…ということです。クレジットカードの方が「加盟店」という要素がある分「利用者どうしのつながりがある」わけですね。(つながりと言っても、一人ひとりの利用者は、もちろんまったく意識していないのですが)

というような消費者金融の審査基準との比較からしても「現時点の保有枚数が、3枚~4枚」という人であれば、新しいクレジットカードは、大体作れる…と考えてください。

消費者金融などの借り入れが少なければ作れる

また、これも基本中の基本ですが、

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン
  • 分割払い
  • 自動車ローン

…といった「他での借り入れ」が少なければ少ないほど、クレジットカードの審査も通りやすくなります。この理由は言うまでもないでしょう。要は「他社借入が少なければ、破産のリスクも少ない」ということですね。

実際、審査に通るかどかだけを気にするのではなく、「実際に、自分がそのクレジットカードで返済していけるかどうか」を考えても「他社借入は少ない方がいい」という結論になるはずです。

クレジットカード会社は、敵ではない

クレジットカードや消費者金融、銀行カードローンなどの審査について情報をまとめていると、実に多くの人が「これらの業者・銀行を、敵のように思っている」ということを、実感します。(もちろん、そうでない方の方が多いのは知っていますが…)

確かに、私もクレジットカードの強制解約になり、あと数年はありとあらゆる借入審査に通らないので、気持ちはわかります。しかし、基本的にはこうしたクレジット会社やキャッシング業者というのは、「利用者の敵ではない」のです。

先に書いた通り「消費者金融などの借り入れが少ない方がいい」というのは、「返済する本人にとって」重要なことなんですね。もちろん、貸し倒れになってほしくない業者・銀行の側にとっても重要なことですが、「一番重要なのは、借りる本人」なのです。

審査落ちはむしろ良いこと。落ちるのは当然の理由がある

なので、そういう条件をクリアしていない時「審査落ちするのは、むしろ良いこと」なんですね。借りられなければ借りられないで、日払いのアルバイトなどで資金調達する…という方法も考えるでしょうから(窮すれば通ず、ということわざ通りです)。

経済や投資の世界にも「みんなの言うことは、大体正しい」という格言があります。これとも似ていますが「クレジットカード会社の言うことは、大体正しい」と思ってください。

(別に、クレジット会社に従順に従えという意味ではなく「自分の経済的な状況を、客観視した方がいい」ということです)

流通系のクレジットカードやハウスカードは作りやすい

クレジットカードには、大別して「3通り」の種類があります。

  • プロパーカード(JCBなどのブランド本体が発行する)
  • 銀行系カード(三井住友銀行などの銀行が発行する)
  • 流通系カード(西友、イオンなどの小売店が発行する)

…というものです。そして、この中で、

  • プロパーカード
  • 銀行系カード

は、やや審査が厳しくなっているのですが、この2つに比較すると「流通系クレジットカードは、かなり発行しやすく」なっています。その理由を説明します。

流通系クレジットカードが作りやすい理由

セゾンカードインターナショナル券面画像簡単に言うと、流通系クレジットカードは「利息以外でも、利益が出せる」ということ。たとえば「セゾンカード」が発行する『セゾンカードインターナショナル』(年会費無料/還元率0.5%:1,000円で1ポイント=5円相当)というクレジットカードについて書くと、

  • セゾンカウンターや西友の店頭で「すぐに発行」できれば、
  • 現時点で「お金がない」という人でも、
  • 「クレジットカードを発行して買う」という行動に出やすい
  • つまり、セゾンカードがクレジットカードを発行すればするほど、
  • 「小売店舗での販売」という本業で、利益が出せる

…ということです。で、こうして本業で利益を出しつつ「クレジットカードの利息・手数料」によっても儲けることができるわけですね。西友やイオンのような「小売店舗/スーパーマーケットチェーン」がクレジットカードを発行すると、このように「二度美味しい」のです。

自社でお金を使って欲しいから、ハウスカードが発行される

ということは、多少審査基準が柔軟になる…というのは当然のことでしょう。こう書くと、一部の「嫌儲」の人たちは「企業の汚いマーケティング」などというかも知れませんが、それは間違っています。

  • こういうシステムがあるから、
  • ありとあらゆる買い物が、カード一枚でできるようになり、
  • スーパーマーケットやコンビニなどの販売店舗も儲かるので、
  • ありとあらゆる製品が安く買えるようになる

…ということです。嫌儲の人たちは勘違いしていますが、「世の中に経済がなかったら、一杯の焼きそばを作るにも、奇跡を起こす必要がある」という経済の鉄則を、よく知った方がいいでしょう。

(そして「社会貢献がしたいから」という理由でNPOに就職しようとしている学生も、その辺をよく考えた方がいいでしょう)

特に「ハウスカード」は審査に通りやすい

流通系クレジットカードの中でも、特に「ハウスカード」と呼ばれるものは、圧倒的に審査に通りやすくなっています。普通の流通系クレジットカードとハウスカードの違いは、

  • 流通系クレジットカード…どこでも使える
  • ハウスカード…その商店・企業でしか使えない

というもの。「これは、審査に通りやすくて当たり前」と誰でも思うでしょう。

ハウスカードで最も有名なクレジットカードはエポスカード!

エポスカード券面画像ハウスカードで一番有名なのは、マルイが発行する「エポスカード」のハウスカードです。間違えてはいけないのは、クレジットカードの「エポスカード(VISA)」ではなく「エポスカード(ハウスカード)」だということです。

「エポスカード(ハウスカード)」は、基本的にマルイでしか使えないので、破産のリスクが極めて低くなります。(マルイの買い物だけで破産する方が、逆に難しいですからね。悪用されるリスクも低くなりますし)

そして、マルイからしたら「破産のリスクが少ない、優良顧客」である上に「自分の所で、ガンガン買い物してもらえる」ということです。

  • 「マルイでしか使えない」上に、
  • 「マルイでのポイントの還元率が高い」となれば、

自然とマルイでのショッピングが増える…というのは言うまでもないでしょう。そして、そうなれば先に書いた通り「商品の販売によって、マルイが利益を出せる」ということなので、当然審査に通りやすくなるわけです。

ハウスカードの発行方法ですが、「エポスカード(ハウスカード)」だけの審査というものはなく、通常通り「エポスカード(VISA)」に申し込んで、落ちたらハウスカードになる、ようです。

勤続年数が長い人は、審査に通りやすい

これもクレジットカードの審査だけではなく、消費者金融・銀行カードローンなどの審査でも共通すること。同じ年収・同じ職業でも「勤続年数が長い」という人は、審査に通りやすくなっています。

理由は大体想像がつくと思いますが、

  • 簡単にクビにならない
  • 自分でも、やめないことが多い
  • 一つの職場に長く勤務する人は、大体まじめである
  • 職場によっては、勤続年数が長いほど昇給が見込める

…ということです。以下、詳しくまとめていきます。

「クビにならない」は最重要

クレジットカードの審査でも、キャッシングの審査でも「クビにならない」というのは、一番重要なことです。当然ですが、働いている限り、多少の延滞・滞納はあっても、人間は大体返済できるからです。

「いや、働いてても破産する人はいるぞ」と思われるかも知れませんし、確かにそういう人もいます。しかし、そうした方の「トドメの一撃」となるのは、大体、

  • リストラ
  • 自主退職
  • 給与の不払い

などです。『闇金ウシジマくん』などを読んでいても「破産は時間の問題」だった人が、これらの「トドメの一撃」によって、破産する…ということが多いんですね。

ということで、クレジットカードの審査で職業・属性を見る時も「クビにならない」ということはもっとも重視されるのです。だから「公務員は圧倒的に有利」なんですね。

(大学生の多くが公務員になりたがる理由も「クビにならない」ということでしょう)

勤続年数が長い人は自分からも退職しないことが多い

また、勤続年数が長い人は、「クビにならない」だけではなく「自ら退職することも少ない」という傾向があるわけですね。これは日常生活の感覚でも、何となく納得できるでしょう。

これは、前向きな理由と、やや後ろ向きな理由の2通りがあります。前向きな理由としては、

  • その仕事や職場が好きである
  • 仕事や職場は何でもいいが、何かを続けることが好きである
  • どちらも好きではないが、ただ単純に精神力が強い

…という風です。どの理由しても、これらの場合「前向きな理由によって、その人は今後も仕事を続ける可能性が高い」といえます。逆に後ろ向きな理由では、

  • 本当は辞めたいが、他に仕事が見つからない
  • 他の仕事も一応見つかるレベルの人だが、転職を面倒くさがっている

…というようなものです。最近の日本では、こういう方が増えてしまったかも知れません。(こうした方と、仕事が楽しくて仕方ない…という人の二極化が進んでいる気がします。激しい格差社会になりつつありますからね)

…と、このような、

  • 前向きな理由にしても、
  • 後ろ向きな理由にしても、

「勤続年数が長い」ということは、それだけで「自分から退職する可能性も低い」…と言えるわけですね。クレジット会社にとって一番のリスクである「利用者が無職になる」という状態が、防ぎやすいわけです。

なので、この点でも「勤続年数が長い」人はクレジットカードを作りやすいわけですね。

一つの職場に居続ける人は、大体まじめである

これも一般生活の感覚で実感できるでしょう。もちろん「ただ怠惰で、新しい仕事を探すのをサボっている」ということもあるかも知れません(アメリカ人だと、逆にこういう考え方をすることが多いようですが)

しかし、少なくとも日本の文化では「一つの職場に居続ける方が真面目」と思われているし、事実そういう人が多いです。

この辺を、キャッシング業者やクレジットカード会社は、「感覚」ではなく「統計」で判断しています。つまり「何となく真面目そう」ではなく、

  • 過去40年間の統計で、
  • 勤続年数が3年以上だった人の「貸し倒れの率」は、
  • 3年未満の人と比較して、23%低かった

…というような統計ですね(数字はもちろん、たとえばのものです)。

「40年も取っているのか?」と思われるかも知れませんが、アコムなどの大手の消費者金融が創業したのは1960年代なので、もう余裕で「50年」経過しているんですね。

その時代はまだ「自動審査」は始まっていませんでしたが、一応、各年度の「貸し倒れの率」等のデータは、社内で残っているはずです。なので、パソコンが普及してからそれらを統計にかけたら、上のような活用の仕方は、中学生でもできるわけですね。

ということで、消費者金融でもクレジットカード会社でも、こうした「40年~50年レベルの統計データ」を持っているわけです。そうした統計からも「勤続年数が長い人は、大体真面目である」ということが、判断できるわけです。

職場によっては、昇給が見込みやすい

今の日本ではだいぶ変化しましたが、その人の勤務先・職場によっては「勤続年数が長いというだけで、今後の昇給の見込みがある」という点も指摘できます。一番わかりやすい例は「公務員」でしょう。

公務員だったら、今の日本でも「勤務し続けるだけ」で、徐々に昇給していきますからね(昇給の幅は、成果報酬で仕事をしている方々からしたら、微々たるものだとは思いますが)。

で、クレジットカード会社というのは特にこうした「将来性」を重視します。消費者金融などと比較して「長く付き合っていく」ことが多いからですね。

クレジットカードの審査では、将来性も重要

『ナニワ金融道』で、主人公の灰原に向かって、帝国金融の社長が、こういう場面があります。

「ええか、灰原。わしらの仕事は焼畑農業や。森を焼く。畑を作る。また焼く。その繰り返しや。長く付き合える客に融資したかったら、ベンチャー投資家にでもなればええ」

事実、灰原は肉欲棒太郎のような「起業家」に対して融資したかったのですが、何はともあれ、消費者金融ではこのような「一度付き合って終わり」というパターンが多いんですね。

これは別に、消費者金融というビジネスが悪い、ということではありません。というのは、消費者金融は医療でいうと「手術」とか「西洋薬」のようなものだからです。つまり、

  • 「緊急」の時は必要だが、
  • できればそういう状態は、ない方がいい
  • ピンチを切り抜けた後は、ひたすら「予防」に務めた方がいい

…ということです。これに異論を挟む人はいないでしょう。

一方、クレジットカードというのは全く別のビジネスです。「キャッシング」の機能はともかく、「ショッピング」の機能に関しては、基本的に「一生涯使う」ものです。

なので、クレジットカード会社にとって「その申込者の将来性」は非常に重要なのです。なので、上に書いたような「今後の昇給が見込める人」というのは、「ぜひともお付き合いしたい」わけですね。

現時点でのクレジットスコアが少々足りないなと思っても「とりあえず、低い限度額から付き合いを始めよう」という判断になりやすいのです。(もちろん、そのクレジット会社の審査基準にもよりますが)

…というように「勤続年数が長い」と有利になる理由を書いてきましたが、これらは「別に、クレジットカードの審査を受けなくても、自分の生活にとっても重要」なことです。今の日本は、昔よりも転職に対していいイメージが強くなりましたが、それでもまだ「勤続年数が長いほど有利」な部分はあります。

なので、そのような「自分の経済状況を有利にする」ためにも、役立つことだと考えてください(もちろん、転職や起業をした方が有利な時は、ぜひそうすべきでしょう)。

まとめ「普通の生活」をしていれば、大体通る

以上、クレジットカードを作れる人の条件をまとめてきました。総合的に一言でいうと「普通の生活をしている人なら、大体作れる」ということ。普通の生活の定義は、

  • 多重債務・借入超過ではない
  • 何らかの仕事をしている(アルバイト・パートでもOK)
  • クレジットカードを作りすぎていない
  • ブラックリスト入りしていない

…というようなものですね。特に流通系のクレジットカードだったら、ここまで書いてきた通り、「消費者金融や銀行カードローンよりも発行しやすい所もある」ということで、クレジットカードを作ることは、決して難しいことではありません。

なので、あまり難しく考えず、自分のクレジットスコアが低いと実感している方は、まずエポスカードなどのハウスカードから始めてみる…というのもいいでしょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP