クレジットカード年会費を払うのは損?得?~有料カードのメリット・まとめ~

クレジットカード年会費

年会費有料のクレジットカードのメリットは?

まず、年会費が有料のクレジットカードのメリットを一覧にすると、下のようになります。

  • 各種のサービスが充実している
  • 年会費の高いクレジットカードはステータスがある

ということです。つまり、「サービス・ステータス」の2つのメリットがある…ということですね。

どのようなサービスが良くなるのか?

年会費が有料のクレジットカードで、どのようなサービスが良くなるのか。一覧にすると、

  • 還元率…ポイント・マイルなど
  • 補償…ショッピング保険・海外旅行補償など
  • 買い物…特定のレストラン・ホテルなどの割引
  • 相談系…コンシェルジュサービス・健康管理のアドバイスなど
  • 空港系…ラウンジ・宅配サービスの利用など

…というものです。他にも細かいサービスはいろいろありますが、大別すると、大体この5種類になります(分け方は人によって多少違いますが)。

すべての人にメリットがあるのは「還元率」

「還元率」で決める時は、「年間いくらのショッピングをしたら、年会費の元が取れるのか」という基準で決めましょう。これだったら「満足度」などというあやふやなものが入らず「絶対に確かな選択の基準」になるからです。

で、例えば「年会費1万円」のクレジットカードを発行するとしましょう。その場合、還元率ごとに、下のような金額を使えば、元が取れることになります。

  • 還元率0.5%…年間「200万円」
  • 還元率1.0%…年間「100万円」

ということ。当然ですが、普通の人であれば「年間100万円」の買い物は、確実にします。全部をショッピングですることはなくても、

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 税金類

などの支払いもすべて入れたら、ほぼ誰でも100万円はオーバーするでしょう。

いくら買い物をしたら、年会費の元が取れるか?

ということは、

  • 年会費が「1万円」のカードでも、
  • 還元率が「1.0%」あって、
  • そのカードに「大部分の買い物を集中」させれば、
  • それで元は取れる

…ということなんですね。ちなみに、上に書いたすべての出費を集中させると、日本人の平均で大体「年間150万円」は行きます。なので「100万円を集中させる」ということは、比較的簡単だと思ってください。

還元率1%以上のクレジットカード・一覧

「還元率1%」の計算例を出したので、実際に還元率が1%になっているクレジットカードを一覧にしてみましょう。

カード名 還元率
ポケットカード P-one Wiz 1.5~2.5%
リクルートカード 1.2~2.0%
漢方スタイルクラブカード 1.5%
レックスカードライト 1.25~1.75%
Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) 1.0~2.0%
楽天カード 1.0%
Yahoo!JAPANカード 1.0%
ライフカード 0.5~2.5%

ざっと一覧にすると、このようになります。「漢方スタイルクラブカード」などは少々マイナーかも知れませんが、

などはメジャーです。こうした「一般的なクレジットカード」でも、十分「1%以上の高還元率」になっているわけですね。なので「還元率1%以上」のクレジットカードを持つというのは、特別難しいことではないのです。

しかも、年会費はほぼ無料

先に書いた計算では「年会費1万円」で、「年間100万円」利用しないと元が取れない…という試算をしました。しかし、実際には、上で一覧にした「還元率1%以上」のクレジットカードたちは、「ほとんど、年会費が無料」なんですね。

なので、先の計算では「年会費で消えていた1万円」は「まるまる、自分の利益」になるのです。実際、それぞれの年会費がどうなるのか、次項では上で一覧にしたクレジットカードの年会費をまとめます。

楽天カードの概要

楽天カード

楽天カードの詳細情報はこちら

年会費 無料※ETCカード有料 500円+税/年
ポイント還元率 1.0%
審査難易度 ランクG 超初心者クラス
発行期間 最短5営業日
Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の概要

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の詳細情報はこちら

年会費 無料※ETCカード有料 500円+税/年
ポイント還元率 1.0%~3.0%
審査難易度 ランクF 初心者クラス
発行期間 約2週間

各クレジットカードの年会費・一覧

先に書いたクレジットカードの中でメジャーなものを「年会費の安い順」にピックアップして並べると、下のようになります。

カード名 還元率 年会費
ポケットカード P-one Wiz 1.5~2.5% 無料
Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント) 1.0~2.0% 無料
ライフカード 0.5~2.5% 無料
楽天カード 1% 無料
Yahoo!JAPANカード 1% 無料

見ての通り「ほとんど無料」というのがわかるでしょう。つまり、これらのクレジットカードで「年間100万円」のショッピングをしたら、「毎年1万円得する」ということなんですね(大体の計算で)

年会費無料のクレジットカードは単純に得をする

年会費無料でも十分、高還元のクレジットカードは存在します。「還元率」だけに注目する場合、「別に年会費が有料のクレジットカードにする必要はない」ということです。

ということは、「年会費が有料のクレジットカード」にこだわる理由があるとしたら、それは「他のサービス」になるわけですね。というわけで「還元率」以外のメリットは、どういう人にとって意味があるのか、ということをまとめていきます。

グレートな「特典」に踊らされすぎないように!

上に書いたメリットの中で、全ての人にメリットがあるのは、やはり「ポイント・マイルの還元率」。当然ですが「使った分だけ、実際に現金に匹敵する価値が返ってくる」からです。

その他のメリットについては、

  • 使わない人には関係ない
  • もしくは「サービスを受けるために、あえて出費する矛盾」

を犯す可能性があります。たとえば「海外旅行に行く必要はなかった」のに、「空港のサービスを受けたくて、あえて行ってしまった」というようなケースですね。

もっと多いのは、

  • 指定のレストランの特別コースを注文すると、
  • 2名の内、1名が無料になるサービス(『ダイナースクラブカード』の「エグゼクティブ・ダイニング」)

ダイナースクラブカード「エグゼクティブ・ダイニング」です。これは「ぜひデートで使いたい」と思う人が多いでしょう。実際、『ダイナースクラブカード』を申し込む方の多くは、利用されていると思います。

しかし、そう思うがゆえに「本来必要だった回数以上に、高級レストランで食事をしてしまった」ということも多いのです。

ダイナースクラブカードの概要

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの詳細情報はこちら

年会費 22,000円+税
ポイント還元率 0.4%
審査難易度 ランクS プラチナクラス
審査の日数 最短3営業日

特典に踊らされず、特典を使いこなそう!

もちろん、これはこれでいい経験です。そうした「本物」に触れることによって「経験値」は蓄積されていくでしょう。なので「それに本当に価値を感じて」いるならいいのです。要は、

  • 特典に「踊らされる」のではなく、
  • 自分に「本当に必要な」特典を選んでいるか

ということですね。そうした判断で選ぶなら、「還元率」以外の特典にも価値があります。そして、そうした特典を必要としていない人にとっても「還元率」だったら、確実にメリットがある、ということです。

なので「年会費有料」のクレジットカードを比較する時は、基本的には「ポイント・マイルの還元率」で決めるのが一番なんですね。

還元率以外の、クレジットカードの特典

再度まとめると、還元率以外では下のような特典があります。

  • ショッピング・旅行の保険
  • 買い物の割引・優待
  • 空港の各種サービス
  • コンシェルジュサービス

というものです。以下、これらの内容を簡単にまとめていきます。

ショッピング・旅行の保険&補償

これは、簡単に書くと下のような内容です。

  • ショッピング保険…カードの不正利用などの損害を、一定の金額まで補償
  • 海外旅行保険…海外での盗難などの被害を、一定の金額まで補償

…というものです。要は、どちらも「トラブルがあった時の補償」ということですね。で、これにどれだけの価値を感じるかは、人それぞれです。私の経験からいうと、

  • カードを不正利用されることは、めったにない
  • 海外のトラブルは、カード会社を頼るより、自分を頼った方がいい

といえます。特に海外でのトラブルについては、海外生活でいろいろ経験があるので、これについて詳しく書きます。

海外のトラブルは勉強料! 自己責任と思った方が成長する

私は「治安が悪い」と言われるいくつかの国で生活してきました。カンボジア・インド・南アフリカなどです。それらの国で詐欺にあったり、いろいろものを盗まれたり、暴力被害を受けそうになったりしたこともありますが、これらはすべて、とてもいい経験になっています。

中にはクレジットカードの補償を申請できるものもあったかも知れませんが、別にしなくてよかったと思います。というのは、これらのダメージによって、自分の危機管理能力は、圧倒的に伸びたからです(前が低かったのですが)。

これは、哲学者のショーペンハウアーも、下のような名言で語っています。

「唯一正しく使われた金は『騙し取られた金』である。これだけは、確実にその人の実りになっている」

たとえば「大学の学費」だと「あれだけのお金を払って、一体何を学んだんだろう」という人は多いでしょう。(その恨みが、奨学金に向けられているわけですが)

しかし、たとえばこれが「数百万円を騙し取られた」のだったら「嫌でも学ぶ」はずです。学ばない方が無理でしょう。トラウマとなるくらい、その人に強烈な教訓を残すはずです。

補償よりも何のために行動するのか、きちんと考えましょう

なので、あくまでバックパッカー的な価値観かも知れませんが、「補償を頼って海外に行くことには、あまり意味が無い」ような気もします。なにより深刻なトラブルに遭わないことが大事なので、危機管理能力を高めましょう。この辺は個人の価値観にもよるので、なんとも言えないのですが、

  • 海外旅行の目的が、
  • 「学ぶ」ことにしても「感動する」ことにしても、
  • 変な補償なんて、ない方がいい

というのが、私の考え方です。多分、バックパッカーは全員こう言うでしょう。

もちろん、特に女性などは「しっかりした補償を用意していった方がいい」ということもあるかも知れません。なので、あくまで1つの考え方ですが、

  • 海外旅行の補償にこだわる前に、
  • 「何のために海外に行くのか」

ということも、よく考えた方がいいでしょう。(と言うより、何をする時にも「何のためにそれをするのか」は、常に考えるべきでしょう)

三井住友VISAクラシックカードA(自動付帯保険付き)の概要

三井住友VISAクラシックカードA(自動付帯保険付き)

三井住友VISAクラシックカードA(自動付帯保険付き)の詳細情報はこちら

年会費 初年度無料※2年目以降1,500円+税で条件により無料
ポイント還元率 0.4%~1.0%
審査難易度 ランクB 上級クラス
発行期間 最短3営業日

買い物の割引・優待

これは「ポイント・マイルの還元」とも似ているのですが、違いは「特定の場所での買い物だけ、適用される」ということです。(買い物というのは、もちろん「サービス」も含みます)

たとえば、百貨店のマルイが発行する「エポスカード」だったら、マルイのセールの時に「10%オフ」となります(「マルコとマルオの7日間」というセール期間です)。

わかりやすいのは店舗で10%オフ!などの割引特典

それ以外でも、エポスカードがあると「ロイヤルホストが、常に10%オフ」など、あらゆる場所で「常に優待価格が適用される」というメリットがあります。ポイント・マイルのように「どこでも使える」通貨のようなものではありませんが、こうした特定の商店・サービスをよく使う人にとっては、現金に等しい価値があるわけですね。

たとえば私の場合「スターバックスだけで、月間3万円程度使う」ので、もしスタバの「10%オフ」というクレジットカードがあったら、それは確実にメリットがあります。年間で「3万6000円分得する」ということですからね。

このように「特定の場所で、毎月かなり買い物することがわかっている・決まっている」という人だと、「その場所・商店に関する特典」から「逆算」して、クレジットカードを探す…というのもありです。

エポスカードの概要

エポスカード

エポスカードの詳細情報はこちら

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.5%
審査難易度 ランクF 初心者クラス
発行期間 最短即日

空港の各種サービスを受けられる

クレジットカードのサービスといったら「空港」を連想するくらい「空港のラウンジサービス」というのは、多くのクレジットカードが競って充実させている特典。たとえば下のようなものがあります。

  • 会員専用のラウンジが無料で利用できる
  • 荷物の宅配サービスが無料か、格安で使える
  • 冬季など「コート預かりサービス」が使える
  • 海外用Wi-Fiなどのアイテムを、無料か格安でレンタルできる

…というようなものです。こうした空港系のサービスは、特に「JALなどの航空会社が提供するクレジットカード」だと、当然有利になります。たとえば、普通のクレジットカードだと「ラウンジが使える」だけなのが、航空系だと「シャワー室まで完備」というようなものですね。

この辺りの内容は、クレジットカードによって(あるいはグレードによって)千差万別ですが、「よく海外旅行・国内旅行に行く」という人にとっては、重要な要素でしょう。

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA)の概要

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA)

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA)の詳細情報はこちら

年会費 16,000円+税
ポイント還元率 1.0%~2.0%
審査難易度 ランクD 中級クラス
発行期間 約4週間

「空港ラウンジ」には、金銭的価値だけでなく「満足感」がある

よく国際線を使う私の経験から言うと「一人で旅行する分」には、こうした空港ラウンジサービスなどは、特に必要を感じません。普通に空港のカフェなどに入ればいいし、ホテルなども個別にとればいいからです。

ただ、誰かと一緒に旅行する時(特に男性が女性を連れて旅行する時)は、「VIPしか入れないラウンジを使える」というのが、相手の女性にとって大きな満足感につながることが多いです。アメックスはその点をきちんとわきまえていて、一般カードの『アメックス・グリーン』でも、同伴者1名まで無料で利用できます。

同伴者もご利用無料!空港ラウンジはビジネスに集中する空間を提供

空港の会員専用ラウンジというのは、そのグレードやカード会社にもよるのですが、「一般のフロアを見下ろせる、高い位置」にあることがあり、そこのラウンジにいるだけで、優越感を感じられるという人もたくさんいます。

そうした価値観に対しては賛否両論あるでしょうが、そうした経済力のある人たちがいてこそ、クレジットカードのサービスも空港のサービスも成り立つので、これは当然良いことです(それで威張ったりしなければ)。

また静かにビジネスに集中できる空間を提供してくれるので、ビジネス利用者からすれば、落ち着いて集中できる環境を求めて、空港ラウンジを選択する人も多いと思います。

なので、特にこうした「特別な満足感」を、旅行の同行者の方に感じてもらいたい…という方は、空港のラウンジサービスを重視して、クレジットカードを選ぶ…というのもいいでしょう。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)の概要

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)の詳細情報はこちら

年会費 12,000円
空港ラウンジ 国内28空港、海外2空港。同行者1名無料
審査難易度 ランクC 一般クラス
審査の日数 3週間以上
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの概要

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの詳細情報はこちら

年会費 26,000円
空港ラウンジ 国内28空港、海外2空港。同行者1名無料
審査難易度 ランクC 一般クラス
審査の日数 3週間以上

年会費が高額なクレジットカード・一覧

ここまで書いてきた通り「年会費が無料」(あるいは格安)のクレジットカードでも、還元率や特典などのメリットは、十分にハイレベルなものになっています。有料のクレジットカードにするにしても、「リクルートカードプラス」など、年会費数千円レベルのもので、十分でしょう。

しかし、それでも世の中には「年会費10万円以上」という、別格のクレジットカードも存在しています。まず、それらのクレジットカードを年会費とともに、一覧にします。

カード名 年会費
アメックスセンチュリオン 35万円
ダイナースプレミアム 13万円
アメックスプラチナ 13万円
SBIワールドカード 15万円
JCB the Class 5万円
三井住友カードプラチナ 5万円
スルガ銀行 SURUGA VISA インフィニットカード 12万円
ダイナースレギュラーカード 2万2000円
シティプラチナカード 3万5000円
アメックスゴールド 2万9000円

特に圧倒的なのは「アメックスセンチュリオン」ですね。「アメックスのブラックカード」のことですが、「ダイナースプレミアム」と比較しても「3倍近い」高額の年会費となっています。

知っている人も多いでしょうが、アメックスセンチュリオンは持とうとして持てるクレジットカードではありません。「戦車すら買える」という都市伝説があるくらいで、推定で「プラチナの段階で、年間1000万円以上決済している人」しか持てない…と言われています。

(ちなみに、あるマネー系メディアの体験談では「3000万円の外国車を一括で買った瞬間、インビテーションが来た」という話があります)

ということで、アメックスセンチュリオンは多くの人にとって「生涯無縁」のクレジットカードでしょう。この辺になると「完全に別格の富裕層」としての存在価値を示す、ただそれだけのために「年会費有料」になっているといえます。

サービスや還元率は、特に変わりない

アメックスセンチュリオンなどのクレジットカードは、確かに「ラウンジサービス」「コンシェルジュサービス」なども充実しています。しかし、それだけで「35万円の年会費」を払う価値があるかというと、(人にもよりますが)おそらくないでしょう。というのは「毎回お金を払って、普通にサービスを買えばいい」からです。

空港ラウンジのサービスもそうですし、特に「コンシェルジュ」に至っては、今のスマートフォン全盛時代「普通に自分で検索した方がいい」わけです。なので、単純に「サービスの内容」だけ見たら、これだけの高額な年会費を払うメリットは、あまりないわけですね。

ブラックカードを使っても、特に尊敬はされない

これらの高額なカード(ブラックカード・プラチナカード)を持ちたがる理由として、多く人が考えているのは、

  • 決済する時、店員さんや周囲から尊敬される
  • (男性なら)女性にモテる

…という理由があるでしょう。しかし、実際にブラックカードを持っていて、ひんぱんに使っている方の体験談を読むと「どうも、あまり意味はない」ようです。理由は、

  • 一般の店員は、ブラックカードの価値を知らない
  • 価値を知っている高級ホテルのフロントなどは、ブラックカードが当たり前なので、特に驚かない

ということです。鋭い人は「じゃあ、その高級ホテルで普通のクレジットカードを出したら、恥ずかしいのでは?」と思われるかも知れません。しかし、それも特にないんですね。というのは、

  • そもそも「高級ホテルに入れる時点」で、「ある程度金持ち」というのはわかっている
  • また、高級ホテルやレストランのスタッフは、絶対にお客さんに恥をかかせないよう、訓練されている

ということです。つまり「実は、普通のホテルより、高級ホテルの方がお客さんは恥をかかない」わけです。もちろん、ある程度いい身なりをしなければいけない、などのことはありますが、そうした点が重要なのであって「クレジットカードのステータスは、特に意味がない」わけですね。

(アメックスセンチュリオンなどのブラックカードを目指していた方には、少々衝撃かも知れませんが…。ちなみに、私もその一人です)

では、ブラックカードを何のために持つのか

では、これらのブラックカードには、持つ価値はないのか―。これは、あります。簡単に言うと「ビジネスで、相手の信頼を得るため」もしくは「相手を牽制するため」に持つ…というのが一番でしょう。これで「しっかり稼いでいる」ということを商談相手に見せつけて「交渉を有利に運ぶ」ということですね。

ビジネスでは、こういう駆け引きが必要な場面が結構あります。最近はネット系を中心に、こういう駆け引きなしでも、(実力さえあれば)割とのほほんと稼げる業界も増えてきました。しかし、いわゆる「リアルビジネス」の世界では、こういう「見えない戦い」もかなり重要でしょう。

そうした場面で「相手を圧倒する」ために、アメックスセンチュリオンなどを持つ価値はあります。そもそもアメックスカードのデザインが兵士の姿(ローマ帝国の「百人隊長」)なのも、こういう「経済力で武装する」というニュアンスが、暗に込められているのではないかと思います。

(単純に格好いいというだけだったら、アメリカなのだし「自由の女神」とかでも良かったはずですからね)

*余談ですが「センチュリオン」というのは、ローマの百人隊長「ケントゥリオ」が英語読みになったものです。

「モテるため」にブラックカードを持つのも、意味はない

実は、私もこの目的でアメックスセンチュリオンが欲しいと思っていたのですが…(笑)。「女性にモテるため」という目的でブラックカード・プラチナカードを持つのは、やはり体験者の方々からすると「意味が無い」ようです。理由は、

  • 多くの女性は、プラチナカードやブラックカードの価値を知らない
  • 知っているのは「ビジネスで成功した女性」か、
  • キャバクラ嬢など「水商売の世界の女性」で、
  • もしくは「男性を、経済力で判断する」女性である

…ということ。つまり「ビジネスで成功した女性」はいいのですが、それ以外の女性だと「ただのATMだと思われて、搾取される」ということです。搾取はされなくても、あくまで「経済力」が愛されているだけであって「自分が愛されている訳ではない」ということですね。

「だからどうした。顔でも何でも、所詮人間は『条件』の塊だろう」と言ったら、確かにその通りです。ホリエモンが言うとおり、

  • 「カネ目当て」がいけないなら、
  • 「運動神経目当て」とか、
  • 「人格目当て」とか、
  • そういうのはどうなるわけ?

…ということです。「人格はいんじゃね?」と思う人もいるかも知れませんが、これだって「親に愛されて育った人」と「虐待を受けて育った人」では「人格」(と人が呼ぶもの)に、どうしても差が出るのです。

こうして見ると、ホリエモンの言うとおり「結局、何で人を判断するにしても、ただの差別」なのだから、別に「お金目当てで愛されるのも、悪くはない」ということです。「確信犯的に、そうするなら」ということですね。

どんなクレジットカードを持つかは「生き方」の問題である

結局、どんなクレジットカードを持つかというのは「その人の生き方そのもの」なのです。ここまで書いてきた通り、「ハイステータスのクレジットカード」を持つとしたら、

  • ビジネス相手に力を見せつける、とか
  • 「経済力があるからこそ、愛される」人生を送るとか、
  • 「力がすべての人生」を送る

…ということになるんですね。実際、そういう価値観の人でなければ、アメックスセンチュリオンを持つほどの高額所得者にはなれないでしょう。つまり、大げさな言い方をすると、アメックスセンチュリオンのようなクレジットカードを持つということは、「私はこういう道を選んだ」という「生き方の、意思表示」なのです。

(ヒトラーの伝記ではありませんが「わが闘争」を、カードで示すということですね)

で、「そんな戦いに価値を感じない」という人は「実利」だけを重視して、リクルートカードなどの「年会費無料でも、メリットが多いカード」を選べばいいのです。

そして、こういうことに一切興味を持たず「とりあえず、決済できればいい」という感覚で、クレジットカードを選んでいる人もいるでしょう。何にしても、これらの選択一つ一つに「その人の人生・性格」がよく現れるのです。

これはクレジットカードだけでなく、

  • 食べるもの
  • 服装
  • 友達

など、あらゆるものの選び方で、言えることです。人生の指針がしっかりしている人は、クレジットカードを選ぶにしても、他の何を選ぶにしても「常に後悔のない選択」ができるわけですね。

(正確には、人間は必ず少しは後悔するのですが、それを人のせいにしなくて済むような選択です)

ということで、年会費が有料のクレジットカードを持つか、それとも無料のカードにするかは、最終的には「生き方の問題に関わる」ということも、意識してみてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP