国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

初めてのクレジットカードの作り方!キャンペーンサイト経由がおすすめ!学生や未成年も作れる

インターネットを使った初めてのクレジットカード申し込み

学生さんや未成年の方で、初めてクレジットカードを作る方のためにクレジットカードの作り方を解説します。

初めてクレジットカードを作る方に最適なカードの選び方も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にして最適な一枚を作ってください!

初心者におすすめのクレジットカードの作り方

クレジットカードの作り方はインターネットで申し込むのが基本!一番お得で確実です

インターネットでの申し込み風景クレジットカードの作り方は、申し込み方法別に大きく分けると、インターネット・店頭・郵送(銀行窓口)の3種類ですが、現在はインターネットで申し込みをするのが一般的です。

クレジットカードの作り方はとても簡単ですが、初めて作る方はあらかじめ準備が必要になりますので、以下のポイントを確認しておきましょう。

クレジットカードはインターネットで申し込むのが早くてお得で確実!

クレジットカードの作り方で一番おすすめなのはインターネットで申し込みする方法です。店頭郵送(銀行窓口)で申込するよりもじっくり選びやすく、お得なキャンペーンを実施していたり、ポイント還元率が高いなどのメリットが多いです。

むしろお得なクレジットカードはインターネット限定で募集をしているのがほとんど。人件費がかからない分、キャンペーンにお金を回せるからです。

それをわかってか、初めてクレジットカードを作る方のほとんどはインターネット経由で申し込みをする人が圧倒的に多く、みなさん上手に活用しています。

身分証明書と銀行口座(代金の引き落とし用)を用意しよう

身分証明書を用意しましょう

日本ではあまり馴染みのない使い方かもしれませんが、海外ではクレジットカードは身分証明書代わりとして活用されており、宿泊施設などはクレジットカードを提示しないと利用できない場合もあるほど信頼性の高いものです。

そのため、クレジットカードを作る際には申込者本人であることを証明するための身分証明書が必要になります。必要な身分証明書の種類はこちらを参考にしてください。

もう一つ準備しておかなければいけないのは、クレジットカードの利用代金が引き落としされる銀行口座です。

クレジットカード決済した代金はすぐに銀行口座から引き落としされるのではなく、締め日までのご利用額がまとめて銀行口座から引き落としされる仕組みになっており、クレジットカード会社によって締め日と支払日は異なります。

三井住友カードの場合は、毎月15日締め・翌月10日支払日になります(一部カードは月末締め・翌月26日支払いにも変更できます)。【例】1月16日から2月15日までにクレジットカード決済した代金はまとめて、3月10日に指定した銀行口座から引き落としされます。

支払日までにきちんと銀行口座に入金しておけるように、給料振込に使っている銀行口座などを指定することをおすすめします。

もしこれから銀行口座を開設しなければいけない方は、利便性の良い三井住友銀行などのインターネットバンキング対応銀行を選ぶことをおすすめします。三井住友銀行はスマホアプリから本人確認書類をスマホで撮影・アップロードするだけで口座開設手続きが完了し、わざわざ店頭に行かなくても良いので便利です。

初めて持つなら三井住友VISAカードがおすすめ

三井住友カード デビュープラスの券面画像

インターネットで申込できるクレジットカードは数え切れないほどの種類があり、正直なところどれを選んだら良いのか迷ってしまいますが、初めてのクレジットカードにおすすめなのは三井住友カードです!

三井住友カードは、三井住友銀行などが属する三井住友ファイナンシャルグループ(SMBCグループ)に属しているグループ会社が発行しているクレジットカードなので、信頼性が高くてクレジットカード会員数も日本国内でトップクラスを誇ります。

抜群のステータス性を誇り、充実した付帯サービスが用意されていること、セキュリティ体制がしっかり整っており安心して所有できるなどのメリットが多いことから、初めてクレジットカードを所有する方におすすめです。

三井住友カードは初めてクレジットカードを作る方に最適なカードや、クレジットカードを上手に活用しているとワンランク上のゴールドカードや、最高峰クラスのプラチナなど将来的なさらにステータス性の高いカードを目指せるメリットもあります。

初めて作る方におすすめのキャンペーン中クレジットカード3選

VISAカードで一番人気!キャンペーンも熱い!

三井住友カード デビュープラス

年会費無料で還元率1.0%!学生・新社会人におすすめ!
年会費は実質無料でポイント還元率2倍のお得なクレジットカード

詳細を見る

楽天カードはVISA,Master,JCB,AMEXも選べる

楽天カード

還元率1%の高還元率カード!学生や専業主婦も審査に通る
いつでもどこでも還元率1%で楽天ポイントが貯まる!楽天市場は3%の高い還元率

詳細を見る

JCBカードで最もお得!WEB限定でAmazon最強

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

Amazonでポイント最大12倍!常に還元率1%以上で年会費無料
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

詳細を見る

クレジットカードを作るのに必要な物は身分証明書と銀行口座

クレジットカードを作るときに必要なものは、身分証明書と銀行口座です。クレジットカード会社によって異なる場合もありますが、ここでは三井住友カードを例にして紹介します。

身分証明書(本人確認書類)は2種類必要!

以前は身分証明書として提出する書類は1種類でも良かったのですが、2020年4月より法改正(犯罪による収益の移転防止に関する法律)に伴い本人確認書類は2種類必要になりました。

▼現住所が記載されている本人確認書類のコピーを以下より2種類提出
・運転免許証または経歴証明書
・パスポート
・健康保険証
・発行日から6ヶ月以内の住民票または印鑑登録証明書
・マイナンバーカード
 
▼上記の本人確認書類のうち現住所が記載されているのが1種類しかない場合、以下のような現住所が記載された領収書のコピーも1種類提出
・電気やガス、水道など公共料金の領収書(同居家族名義でもOK)
・社会保険料の領収書
・税金の領収書または納税証明書
 
▼現住所が記載されている本人確認書類がない場合は以下を提出
・運転免許証など現住所ではない住所が記載された本人確認書類のコピー1種類
・領収書などのコピーを2種類

たとえば、本人確認書類として運転免許証と健康保険証を所有しているとします。
運転免許証と健康保険証にそれぞれ現住所Aが記載されていれば、それぞれのコピーを提出するだけでOKです。

運転免許証は現住所Aだけど健康保険証には旧住所Bが記載されている場合は、運転免許証のコピーと現住所Aが記載されている公共料金などの領収書コピーを提出します。

運転免許証と健康保険証にそれぞれ旧住所Bが記載されている場合は、どちらかの本人確認書類のコピーと領収書のコピーを2種類提出することになります。

ネット銀行の口座があるとインターネット申込もスムーズ!

クレジットカードのご利用代金が引き落としされる銀行口座も申込時に必要です。すでに銀行口座を開設している場合はその口座を指定しても良いのですが、ネット銀行の口座だとクレジットカードのお申し込みがスムーズになるメリットがあります。

クレジットカード会社によって対象になる対象銀行は異なりますが、三井住友カードの場合はインターネット上で手続きが完了して銀行印の押印手続きも必要ない「らくらく発行」の対象になる銀行が多いです。

・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・ソニー銀行
・住信SBIネット銀行
・イオン銀行
・地方銀行の一部

これらの対象銀行口座をお持ちの場合は、クレジットカードをインターネットで申し込みするとスムーズに銀行口座をお支払い口座として設定できるので、3営業日以内にクレジットカードが発行されます。

らくらく発行の対象外となる銀行口座を引き落とし口座として指定する場合は、インターネットでお申し込み後に「お支払い口座届」が郵送されます。必要事項を記載して銀行届け印を捺印して返送しなければいけないので、クレジットカード発行まで少し時間がかかってしまいます。

また、未成年者がお申し込みする場合には親権者の同意書も必要です。インターネット申込後に郵送される書類に記載して返送・手続きが完了後にクレジットカードが発行されます。

三井住友VISAカードをインターネットで申し込んでみよう!

三井住友VISAカードは日本で1番人気のVISAカード!初心者にもおすすめ

三井住友VISAクラシックカードインターネットで申し込みできるクレジットカードの中でも抜群の人気を誇り付帯サービスも充実している三井住友VISAカードに入会するまでの流れを紹介します。

三井住友カードはライフスタイルや用途に応じてさまざまなカードがラインナップされているので、あなたに最適な一枚を選んで申し込みしましょう!

以下のカードはインターネット申込で最短翌営業日発行可能です。

インターネットでクレジットカード申し込みをする流れ

インターネット申込の流れは以下のとおりです。

  1. 申込サイトで必要事項を入力
  2. お支払い口座の設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 自宅にカードが到着

①の必要事項には、氏名や住所、勤務先・学校などの情報を入力します。三井住友カードはVISAかMasterCardを選択できますので、こちらを参考にしてお好みの国際ブランドを選んでください。

三井住友カードの場合は③の入会審査とカード発行までが最短翌営業日で、④のカード到着まで約1週間となります。

なお、お支払い口座をインターネットでお支払い口座に設定できない金融機関だった場合や、未成年者の場合は保護者の同意書が必要になり別途郵送で書類を発送しなければならないので、カード到着までは最短でも約2週間前後必要になります。

初めてのクレジットカード審査をクリアしよう

クレジットカード審査

クレジットカードの申込をすると、申込時に記入した情報をもとにして返済能力がある人物なのかを判断する入会審査が行われます。

審査時にチェックされるのが個人信用情報機関に蓄積されているカードの利用履歴などのデータが蓄積された信用情報です。過去に支払い遅延を引き起こしていた場合には信用情報にしっかり記録が残されているため、状況によっては返済能力がない人物とみなされて審査で不利になるケースもあります。

ただし、初めてクレジットカードを作る方は信用情報に記録が存在していないため、申込時に記載した内容で判断されるので正しい内容を記載する必要があります。なお、申込者が未成年の場合は保護者の信用情報もチェックして判断されます。

クレジットカード会社や申し込みする人の属性(学生とか女性とか社会人とか)によって審査基準が変わってきますので、自分に最適なクレジットカードを選ぶのがおすすめです(例:大学生→学生専用カード)。

学生は学生カード、社会人は一般カードがおすすめされる理由

たとえばゴールドカードの三井住友カード ゴールドや、プラチナカードの三井住友カード プラチナは一定のクレジットカード利用履歴や年収などの条件を満たさなければ入会できません。

そのため、初めてクレジットカードを作る方には審査基準のハードルが高すぎると言えます。

同じ年収でも落とされる場合がありますので、こちらで紹介した属性に合った入会しやすいカードでクレジットカードの利用履歴を重ねて、再度ワンランク上のカードに申し込みしてみることをおすすめします。

▼クレジットカードの入会審査について詳しくはこちらの記事でも紹介しているので参考にしてください。

クレジットカードが届いたら使ってみよう!

入会審査に通過すると約1週間程度で自宅にカードが書留などで届きます。カードが届いたら裏面に名前を記入して、早速活用してみましょう。(*裏面に名前を記載しておかないと、紛失時に補償を受けられなくなる場合があります)

  • 今まで現金払いだったお支払いをクレジットカード払いにする
  • ネット通販もクレジットカード払いにする
  • 公共料金や携帯電話料金などの支払いをクレジットカード払いに指定する

日本ではクレジットカード払いに対応しているお店がとても多く、三井住友カードで選択できるVISAやMasterCardはクレジットカード払いに対応しているならほぼ利用できます。

三井住友カードに付帯している電子マネー「iD」も加盟店が多く、スマートフォンのApple PayGoogle Payにクレジットカードを登録しておけばスマートフォンでも簡単に決済できるようになり便利です。

クレジットカード払いにする場合は、一回払いや分割払い(お支払い回数を指定します)、ボーナス払いなどのお支払い方法を会計時に伝えてください。

三井住友カードはクレジットカードでお支払いした金額に応じてポイントが還元されますので、ぜひ公共料金や携帯電話料金など今まで現金払いにしていたものは、クレジットカード払いに変更しましょう。

使いすぎが心配になる方は、随時ご利用状況を確認できるクレジットカード会員専用サイトを確認してください。三井住友カードはVpassアプリがありますので、スマートフォンに入れておくと便利です。

初めての方におすすめのクレジットカードの作り方まとめ

クレジットカードはネット経由で作ろう!必要な物は身分証明書と銀行口座!初めてはVISAがおすすめ

初めての方におすすめのクレジットカードの作り方を解説してきました。まとめると、

  1. 初めてでもカード会社の公式サイト/キャンペーンサイト経由で作るのがおすすめ
  2. 必要書類は身分証明書、引き落とし用の銀行口座も必要
  3. 初めて作るなら三井住友VISAカードが間違いない

とおすすめの作り方、作るために必要な物、最初におさえておきたいクレジットカードの3つを紹介しました。

もちろん三井住友VISAカードで無くても、どんなクレジットカードを初めて作っても構いません。ただ長く使うとなると定評のある三井住友カードはおすすめです。

属性別に学生カードや女性専用カード、富裕層向けのカードまでラインナップが揃っています。

これからクレジットカードを発行される方は、ぜひ参考にしてみてください。