クレジットカード裏面の署名サインはとても重要

サイン

クレジットカードの署名(サイン)は確実にしておこう

クレジットカードが手元に届いたら最初にやらなければいけないことがあります。カードの裏側には必ず「ご署名」と書かれた欄がありますが、そこに本人の直筆でかならずサインをしなければならないことになっています。

なぜわざわざカードの裏に名前を書かなければならないのか疑問を抱く人も多いと思いますが、その第一の理由としては本人確認のために必要なものだからです。

サイン無しのクレジットカードは実はとっても危険

クレジットカードでお買い物をすると、必ずサインを求められます。このサインの筆跡とクレジットカード裏面の筆跡が同じかどうかを確認するのに必要となるものです。

とはいえ、サインする文字がカードの裏面の署名と寸分違わずぴったり同じということはまずありえません。それに、お店でもサインの文字と署名の文字をジッと見比べているわけではありません。そのため、この理由は、あくまでも気休め程度という感じが否めません。

では、なぜサインが必要となるのでしょう? それはサインで使用者の責任を明確にするためです。

裏面のサインは利用者の責任を明確にするためにある

クレジットカードは社会的信用と信頼の証しです。

利用者は言わばツケでモノやサービスを買うわけですから、その責任は明確にしなければなりません。私の責任で使っていますよ、だからサインしているんですよ、というわけです。

しかし実際問題、カード裏面に署名をしていないという人も多くいることも事実です。自分の字が汚かったり、海外で使うときに日本語の漢字と、アルファベットのローマ字どっちが良いのかわからず、面倒くさくてついそのままにしているケースがたくさんあります。

カードに署名をしていないとトラブルになったときが大変

しかし、サイン忘れをそのままにしている人はいざトラブルになったときに大きく損をすることになります。責任を明確にしないで権利を行使すれば、使用者責任を問われるからです。

面倒くさいからとカード裏面の署名をしなくてもいいのかというとそうではありません。カード裏面の署名がないと被るデメリットもたくさんあります。

サイン無しで被るデメリットは大きい

サイン無しだと使えないこともある

もしカード裏面の署名が無かった場合、お店でのお買い物ができない場合があります。このケースは海外旅行で多いです。サインレスの決済でも、裏面のサインは絶対に必要です。

というのも、クレジットカードというのは、文字通り、個人の信用(クレジット)そのものを表すツールです。日本ではあまり浸透していないかもしれませんが、欧米ではクレジットカードというのは個人の信用性を現すステータス、となっています。

サインがなければ支払いを拒まれてしまうこともあります

署名がないだけでお買い物ができないというのは欧米では当たり前のことなのです。

「このカードは自分という一個人のステータスであり、この署名が自分の信用性の証です」という意味で、署名は大事なものなのです。

サイン無しだと補償の対象外になることも

また、権利を保証する本人の裏書きが無ければ、使用したときの責任が問えません。仮に署名をしていない自分のクレジットカードが不正に利用されたりした場合、損害補償を受けることもできなくなります。

利用規約を遵守していないので補償も出来ない

その署名そのものが本人であることを証明するものである以上、署名のないクレジットカードでは、本人確認が出来ないということになります。カード番号や暗証番号などが申込み本人のものであり、身分証明書でも本人であることが確認できたとしても、署名がなければ補償は受けられないことになっています。

そもそもカード裏面の署名とういうのは、カード会社の利用規約にも書かれています。

署名をしていない=責任を負う自覚が無い=本人の分に過ぎたツール

署名をしていないということは「責任を負う自覚が無い」ことを意味します。社会人のステータスとして持つべきものでもありますから持つならば相応の責任が生じます。サインはその最低限の義務です。その意味では「利用規約すら読んでいない愚かな人」というレッテルすら貼られかねません。

クレジットカードを持つということは「大人の証」。たしなみを学んだ「紳士の証」・「淑女の証」なのです。ということで、利用前に確実にサインだけはしておきましょう。

サインは筆跡や漢字/ローマ字にこだわる必要はなし

カード裏面の署名の文字には特に決まりはありません。

漢字でもローマ字でもカタカナでも構いません。名前だけでももちろん構いませんし、ニックネームでも構いません。名字だけ、下の名前だけ、イニシャルだけでも良いのです。

サインは読めないぐらいでも通用する!

海外でもサインに自信が無い人は多いようです。でも、サインは実は読めなくても良いぐらいなのです。アメリカのオバマ大統領が2期目を努めたとき、財務長官に指名したジェイコブ・ルー大統領首席補佐官はぐるぐるの落書きのようなサインをしていました。

ジェイコブ・ルー大統領首席補佐官のサイン実際見てみると、丸をぐるぐるしただけのボールペン売り場の試し書きにしか見えません。しかしこれでもアメリカの公式文書にこのサインをしていたし、実際に通用していたのです。

サインの偽造は犯罪なのでカード会社がきちんと補償してくれます

サインの偽造うんぬんはそれほど重要ではありません。犯罪に巻き込まれた場合はきちんとカード会社が補償してくれるからです。そのため偽造を心配するよりも、きちんと補償を受けられるかどうかを心配しましょう。

もちろんお買い物時のサインも署名と同じ文字で書く必要がありますから、普段書き慣れている文字で署名する方が無難ではあります。ちなみに筆者は漢字で署名しています。

とにかく重要なのはクレジットカードにサインがしてあること

ローマ字や漢字などにこだわるよりも、クレジットカードにサインがしてあることが重要なのです。

もしあなたのクレジットカードの署名欄にサインがしてないのなら、いますぐサインを書き込んで下さい。いざというとき後悔しても遅いです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
限定入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金の支払いでお得なクレジットカード比較
クレジットカードを還元率で比較! 高還元カードの選び方
クレジットカードは無料でも高還元率!選ぶべき年会費無料カード
銀行系クレジットカード比較!ステータスとメリットで選ぶ
「審査」重視派
審査に通りやすいクレジットカード比較
即日発行もできる!スピード審査のおすすめクレジットカード比較
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
クレジットカードをANAマイルで比較!最強ANAカードの選び方
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
ANAカード限定!特性別おすすめANAカード
「ステータス」重視派
ステータスで選ぶゴールドカード比較
海外ステータス最強!クレジットカード比較
空港ラウンジで選ぶ!格安ゴールドカード比較
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶ!年会費無料のクレジットカード比較
海外旅行保険+付帯条件で選ぶ!ゴールドカード比較
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリン割引で安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代がステータスで選ぶクレジットカード比較
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較
50代シニアのためのステータスカード比較
20代のための若者限定クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!学生専用クレジットカード比較
「学生」重視派
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生向け!最初の一枚に最適なクレジットカード比較!
ポイント還元率で選ぶ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
ポイント還元で選ぶ法人向けクレジットカード比較
年会費が1年まるまる免除される法人カード比較
マイル換算率で選ぶ法人カード比較
「お買い物」重視派
楽天市場でお得なクレジットカード比較
AMAZONでお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2016 Agoora.inc.

TOP