クレジットカード枚数を減らすメリット

カード複数

枚数が多いとクレジットカードは危険?

クレジットカードというのは、なぜか何枚も持っているという人も多いのではないでしょうか。しかし、クレジットカードは基本的に2枚か3枚あれば十分なのです。自分の用途に合わせて持つことも大切ですが、何枚も持っていたのではムダでしかない場合もあります。

利用するクレジットカードは2~3枚で十分

クレジットカード利用という点にだけに限れば、枚数はそれほど多く要りません。海外旅行へ頻繁に行くという人や、これから海外旅行を計画しているという人はVISAとマスターカードの2枚があれば十分でしょう。

海外旅行が日常的だという場合には、この2枚に加えてAMEXなども持ち併せていた方がお得ですが、そうでなければVISAとマスターカードだけで問題ありません。

目的を絞って厳選されたカードを利用しましょう

クレジットカードというのは、様々なシーンで勧められるものです。たまたま買い物にいったお店でポイントが貯まるからと言われて作ってしまったり、年会費無料などと言われて惹かれてしまったり様々な理由で手持ちのカードが増えていくものです。

しかし、良く考えれば、多くのカードを持つことで利用が分散されてしまえば、貯まるポイントも少ないですし、ポイントがなかなかたまらないばかりに、ポイントの有効期限を過ぎてしまうこともあります。

おすすめはメインとサブの2枚持ち

枚数を絞ることでポイントを集中して貯められることにもなります。例えば、普段のお買い物に使用するカードとガソリン専用のカードなどというように、メインとサブを持っているだけの方がはるかに有効です。

海外旅行やネット通販、目的別で持つ時も把握はしっかりと

もちろん海外旅行専用でアメリカン・エキスプレス・カードを持っていたり、オンライン不正利用対策でネットショッピング保証付きのクレジットカードを利用するなども賢い利用法です。そのため複数枚のクレジットカードを持っていること自体がデメリットであるということではありません。

しかし管理が煩雑になったり、ムダが多くなるということは確かです。今あるカードのメリットなどを把握し、どれがもっともお得なカードなのかを知って絞り込むことはとても効率的であり、「大人な持ち方」なのです。

トラブル時にわかる枚数の多いデメリット

また、カード枚数が多いといざ盗難などに遭った際、とても面倒なことになります。盗難や紛失などの際には、利用を停止するためにカード会社に連絡する必要がありますが、管理するカードが多ければそれだけ多くの連絡をしなければなりません。

また、滅多に使用しないようなカードであれば、紛失や盗難事態にそもそも気付かない恐れもあります。

使わないクレジットカードは不正利用されても気付きにくい

仕舞い込んでいたクレジットカードが不正利用されても、そもそも契約したことさえ忘れていることも多いのです。一方、カードが1枚や2枚であれば管理もしやすいです。さらに、何枚もカードを持っていると、それだけで年会費などがかさんでしまうことにもなりかねません。頻繁に使用するカードであればともかく、滅多に使用しないのに年会費だけ支払っているというのもムダでしかありません。

目的外のクレジットカードは解約しましょう

クレジットカードは、どういった目的で持つのかという自覚をしっかりと持っておくことが大切です。どういったカードを持っていればもっとも有効に使えるのかなどをはっきりさせておくべきなのです。

ポイントが目的であれば、還元率の高いカードを選ぶべきですし、旅行を目標にしているのであればマイルの貯まりやすいカードを選ぶ、買い物の現金値引きがあるなら、それ以外のカードは解約する、など状況に合ったカードを使用するのが賢明な方法なのです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP