クレジットカードの審査基準と落ちる理由

審査落ち

クレジットカードの審査で見られるのは「信用性」

クレジットカードに申し込む際には、必ず審査があります。審査も無しにクレジットカードを発行してくれるカード会社は存在しません。この審査に関する疑問点として、なぜ審査に落ちるのか、どこを基準として申込者の評価を下しているのか知りたいという人も多いことでしょう。

信用性=本人の返済能力-返済不能の可能性

札束を数える男性会社員「信用性」を抜きにしてはクレジットカードの審査は語れません。では信用性とは一体なんなのでしょうか。

審査においてもっとも重点的に審査されるのが、返済能力です。年収はいくらか、収入は安定しているか、勤続年数は何年か、年齢に見合った収入はあるか――などが重視されます。

安定した収入というのは説明しなくても分かると思いますが、収入が安定していなければ返済にも支障が来すと判断されます。また、勤続年数が短かったりというのも、転職を繰り返す人という判断を下されてしまいます。

返済能力を見る上でこれらは重要な項目となります。

逃げたり、返済不能になる可能性も審査されている

念願のマイホームを購入した男性次に重視されるのが居住場所が安定していることです。

持ち家か貸家か、居住年数は長いか短いかなどを知るのが目的となります。これは、いざ返済が滞ったときに夜逃げなどしないかどうかを図る上での基準となるものです。

貸家で、しかも居住年数が短い場合は、転居を繰り返すという人と判断され、審査に不利となります。

審査に落ちるのは返済する意志がないと疑われたから?

てへぺろでミスを誤魔化す女性最後に重視されるのが、返済する意志、本人のキャラクターです。いくら収入があってもきちんと代金を払ってくれなければ、意味がありません。クレジットカードを使い続けてくれるのは良いのですが、それもきちんと取り立てられるのが前置です。

クレジットカードを使って物を買ってしまった。返したいけどお金が無い、の次に、お金があるけど返さない、のは問題です。信用性が疑われるからです。審査で落ちる人はこれら信用性に問題があることがほとんど。審査では主に以上のようなことが重要視されています。

他社からの借入状況を見るのはキャッシング審査と同じ

キャッシングリボこれらの項目から得た情報を元に、さらに細かい審査へと進んでいきます。それは、職種であり所属企業の規模であったり、家族の構成、そして年齢などです。勤務先の規模は大きいか、役職はあるかなどを基準に項目ごとの点数を付けていきます。

スコアリングと呼ばれるこの審査を得て、今度は信用情報機関への照会へと進みます。

信用度はスコアリングで数値化されている

テストのイラスト「100点の答案」これは、審査の中で一番大事なポイントとなる部分でもあります。現在他社からの借り入れはあるか、過去に支払いの遅延や滞納などはないかなどすべて分かってしまいます。

従って、申し込みの段階で嘘の申し込みをしてもここですべて明らかになってしまいます。

これらの状況を見て、カードを発行するに値するとみなされれば「審査を通過した」ということになります。審査が通らない人は、これらの基準のどこかが厳しく、ひっかかってしまっているのです。

審査に落ちる理由は年収以外にもあります

審査結果を見て審査落ちを知り落ち込む男性審査に落ちてしまう人、常に通らない人というのは、間違いなく自分でも審査に通らない理由に心当たりがあるはずです。申し込み時には正直に申告し、マイナス材料を作らないことが大切です。

また、審査に落ちたからと言って何度も違うカード会社に申し込みをしても審査には通りません。申し込みをして信用情報機関に照会したという履歴が数か月間は残されてしまうので、「あちこちに申込みしまくっている=お金にルーズ」という判断を下され、ますます信用性を落としてしまいかねません。

まずは自分が審査に通らなかった理由を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

審査に通らない人の特徴
  • 勤続年数が短く収入も低い
  • 借家で居住年数が少ない
  • キャッシングなどの借り入れ件数や借り入れ額が多い
  • 借り入れ状況などの申告で嘘をついた
  • 過去に、滞納や債務整理などの金融事故を起こしている
  • 申告に嘘や虚偽事実がある

pose_lose_boy174希望のクレジットカードに申し込みし、まさかの「審査落ち」という結果になってしまう人は意外といるものです。クレジットカードの審査は、会社によって厳しさは異なるものの、審査する上で見ているポイントはほとんど変わりません。

そこで今回は、一度審査に落ちてしまった人が、次回審査に通るためのポイントを解説いたします。しっかりと対策をとり、希望のクレジットカードを手に入れられるようにしましょう。

クレジットカードの審査基準とは? 思わぬ理由で審査に落ちることも!

シルクハットを被った紳士クレジットカードの審査に落ちた人の中には、勤務先や年収、持ち家の有無などの属性が全く問題ない人がいます。それなのに、審査のポイントを押さえられていなかったからという理由で落ちてしまう人もいます。なので、属性だけではなく、様々な情報を総合的に判断していると言えます。

クレジットカードの審査に落ちてしまったときに真っ先に考えるのは、「希望のクレジットカードに自分の条件が合わなかった」ということだと思いますが、実はそれ以外にも審査に落ちてしまう原因は考えられます。ここでは、審査で一般的に見られている項目について、簡単に解説いたします。

クレジットカードの審査で主に見ているのは「3C」と呼ばれる項目

審査で重要とされる項目として、「3C」が挙げられます。3Cとは、簡単に解説するとそれぞれ次のことを指しています。

  1. Capacity(返済能力)
  2. Character(性格)
  3. Capital(資産)
1.Capacity(返済能力)

Capacity(返済能力)は、審査する内容のなかでも最も重要な基準です。

この項目では、申し込み時に申請される「年齢」や「職業」、「勤続年数」、「勤務先」などから、クレジットカード利用時にきちんと返済ができるだけの能力があるかをチェックしています。

クレジットカードの種類によっては、この返済能力の基準が厳しく、ある程度年収が多くないと審査落ちしてしまうケースもあります。

2.Character(性格)

クレジットカード会社が審査時にCharacter(性格)を見る際には、信用情報機関に登録されている「クレジット・ヒストリー(クレヒス)」を確認します。

クレヒスには、過去のローンの申し込み・返済履歴や、クレジットカードの支払い状況、クレジットカードの申し込み状況など、お金を借りる・返すことに関係する履歴が登録されています。

この履歴をチェックすれば、過去に大きな金融事故(自己破産など)を起こしていないか、きちんとお金を返す性格かを見極められるということですね。返済する意志を確認するための審査基準です。

3.Capital(資産)

資産といっても、一般的に項目では「住居」に関する項目をチェックしていることが多いと言えます。持っている資産の質は返済能力を審査する上で重要な基準となります。

持ち家に住んでいれば「いざという時の担保」として認識されるので審査に有利にはたらきますが、賃貸暮らしであってもマイナスにはなりませんのでご安心ください。

また、持ち家に住んでいるからといって、それだけが原因で審査の通るケースはありません。

クレジットカードの審査に一度落ちても、次で審査に通るチャンスはある

審査を行う上でクレヒスは必ず確認されますが、クレヒスにはクレジットカードの申し込みを行い、否決されたという履歴まで、この履歴は約半年間残ります。

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと、他社のクレジットカード審査に落ちるということは何か問題があるのでは、と警戒されて他のカードでも審査に落とされてしまうケースもあります。

クレジットヒストリー(信用履歴)には審査に通った、審査に落ちた事も記録される

クレジットカードの落とし穴に落ちた人しかしあくまで他社は他社、と審査に影響を及ぼさず、発行に至るケースももちろん存在します。ですので、たとえ一度審査に落ちたことがあっても、クレジットカード発行をあきらめる必要はありません。

ただし、A社のクレジットカードに申し込み、審査落ちしてからすぐにまたA社のクレジットカードに申し込んだ場合、審査落ちした原因が解消されていなければまた落とされてしまう可能性は高いと言えます。

クレジットカードの審査に落ちる理由4つ

クレジットカードの申込みを審査する女性クレジットカードの審査に落ちてしまった時、すぐに努力だけでは変えられない「支払い能力」に問題ありと判断されてしまうほかに、意外な理由が原因となっていることもあります。

クレジットカードの審査に落ちてしまう属性以外の理由は、「書類の不備」や「学生不可なのに学生の身分で申し込みをしてしまった」などのケアレスミスのほかに、主に次の4つが考えられます。

  1. 信用情報に「キズ」がついている
  2. クレジットカードを複数所持している
  3. キャッシングで他社から借り入れている
  4. 一度に複数のクレジットカードに申し込みしている

1.クレヒスに「キズ」がついている

日本に3つある「信用情報機関」が管理するクレヒスには、クレジットカードの利用や、ローンなどの信用取引に関する情報が記録されています。

クレヒスにキズがついている状態、とは、簡単に言うと、ローンやクレジットカードなどの「支払い」をきちんとできなかった履歴が残っている状態です。

金融事故を起こしたら、最長10年間クレジットカードは作れない!

ブラックリスト借金の支払いを長期延滞した、自己破産などの債務整理をした、などのいわゆる「金融事故」を起こすと、クレヒスには「異動」という表記でしっかりと記録されてしまいます。

記録の保管期間は信用情報機関や金融事故の種類にもよりますが、最長はJBAの「10年間」です。
銀行系などの審査の厳しいクレジットカードはJBAの情報も照会しますので、金融事故を起こした際は最長10年、短くても5年間、クレジットカード発行は難しいでしょう。

異動情報が消えた後も、クレジットカード発行が難しい場合も

クレジットカードの支払いで頭を抱える女性異動情報が消えてクレヒスのキズがなくなっても、クレジットカード発行が難しいこともあります。

その理由は、金融事故を起こすと基本的にはその後お金を借りることは難しくなるため、異動情報が消えた後のクレヒスには、信用情報を確認できる履歴が残っていない状態になるからです。

今やクレジットカードは多くの人が当たり前に利用している時代ですので、「履歴が何もない」というのも「もしや、金融事故を起こしたのでは」と疑われ、審査が厳しくなる傾向があります。

特に、30代後半などある程度の年齢以上になると、審査がより通りにくくなるでしょう。

それでも、クレヒスに異動情報がなければ発行してくれる可能性の高い「アコムACマスターカード」のようなクレジットカードもありますので、上手に見つけて申し込みをしてみましょう。

2.クレジットカードを複数所持している

クレジットカードを複数所持している方は多いと思いますが、場合によってはそれが原因で新たなクレジットカードを作れないこともあります。

クレジットカードの審査が行われる時には、クレジットカード会社は必ず「与信枠」という枠を定め、その範囲内で「利用限度額」を設定してクレジットカードを発行します。

クレジットカードの利用限度額は複数枚の合計です

与信枠とは、この人にはこの金額まで信用してお金を貸すことができる、という金額の枠のことです。与信枠は他社のクレジットカードの利用限度額も合算して考えられるため、既に所持しているクレジットカードの利用限度額の合計が、審査中のクレジットカード会社が定める「与信枠」を上回っていれば、当然発行は難しくなります。

そういった理由から、クレジットカードを無意味に複数枚所持していると、審査に落ちてしまいやすくなります。

3.キャッシングで他社からお金を借り入れている

キャッシングなどを含め、年間に返済しなくてはいけない金額が「年収の3分の1」を目安として、これを超えていると、審査に落とされやすくなってしまいます。

クレジットカードの利用可能枠はキャッシングの限度額と連動している

クレジットカードで借金まみれに一般的に無理なく返済できる金額の上限が年収の3分の1と言われているため、他社から借りている金額がそれを上回ってしまうと、それ以上お金を貸すのは危ないと判断されてしまうので、もしクレジットカードの審査に落とされてしまったら、一度借入額を見直してみましょう。

4.短期間に複数のクレジットカードに申し込みしている

「ダメ」のポーズをする男性短期間に複数のクレジットカードに申し込みをしてしまうと、申し込みのタイミングによっては、そのことが原因で審査に落とされてしまうことがあります。

クレジットカードの申し込み履歴もクレヒスには登録されてしまいますので、審査時にクレヒスを照会して「他社への複数同時申し込み」が発覚してしまうと、「お金に困っている」、「一度にクレジットカードを作り、借り逃げする」という可能性を考えられてしまうからです。

どうしてもクレジットカードが欲しい時こそ、複数に申し込むのではなく、自信のある1枚に絞った方がよいと言えます。

クレジットカードの審査に通るための効果的な対策4つ

クレジットカード審査に落ちてしまった時に考えられる理由を開設いたしましたので、ここからは実際にクレジットカードを発行するためにできる「対策」を4つご紹介いたします。

  1. クレジットカードは1枚ずつ申し込みをする
  2. 使わないクレジットカードは解約する
  3. 良いクレヒス(信用履歴)作りを行う
  4. 審査の甘いカードに申し込む

1.クレジットカードは1枚ずつ申し込みをする

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由として、「複数のカードの同時申し込み」がありますが、もし全開の申し込み時に心当たりがある場合は、次の申し込みは複数ではなく、心に決めたクレジットカード1枚だけに絞って申し込みすることがおすすめです。

1枚ずつ時間を空けて申し込めば審査に通る可能性は上がる

ほっと安心する男性1枚ずつ申し込みをすることで、「発行後はきちんと使ってくれるだろう」という信用度が高まり、複数同時よりも発行されやすくなります。

できれば、前回落ちた時の履歴が残っていない「半年後」以降がよいですが、審査の甘いクレジットカードであれば過去の申し込みに関係なく発行してくれるケースもありますので、一概に不利になるとは言えません。

2.使わないクレジットカードは解約する

先述の通り、クレジットカードを多数所持していると、それだけで審査時の「与信枠」を圧迫してしまい、新しくクレジットカードを発行できなくなることもあります。

この対処法として最も効果的なのは、「不要なクレジットカードは解約してしまう」ことです。

不要なクレジットカードは解約するか、利用限度額を下げる

クレジットカード会社のオペレーターもし、何らかの都合で解約が難しい場合は、クレジットカード会社に連絡して利用限度額の引き下げや、キャッシング枠を無くすといった方法でもよいでしょう。

クレジットカードの裏にはカード会社のカードデスクの電話番号が書いてあります。平日はもちろん、休日も受け付けているところは多いです。朝9時頃から夕方5時頃まで電話すればスムーズに対応してもらえます。

3.良いクレヒス(信用履歴)作りを行う

いくら支払い能力に問題がないといっても、クレヒス(クレジットヒストリー:信用履歴)が悪い、つまり借りたお金をまともに返済していない人にはクレジットカードは発行されません。

ですので、どんなクレジットカードに申し込むとしても、まずは良いクレヒス作りが大切です。そのためには、現在所持しているクレジットカードや、携帯電話などの支払いをきちんと行なっていくことが大切です。

消費者金融系のクレジットカードでも良いクレヒスは作れる

アコムACマスターカードもしもクレジットカードを持っていなかったならば、『アコムACマスターカード』(年会費無料/還元無し)などの消費者金融系のクレジットカードで良いので申し込みましょう。少額でも利用してきちんと支払いをすることで、クレジットヒストリーは良くなります。

もし、金融事故を起こし、履歴が全て消えた状態であれば、まずは審査の甘いキャッシングサービスを利用しましょう。消費者金融での借り入れや返済でもクレヒスは作れます。その後でクレジットカードを作り、コツコツ利用して良いクレヒスを作りましょう。

4.審査の甘いクレジットカードに申し込む

最も確実で簡単な「クレジットカードの審査に通る」対策は、そもそも審査が甘めなクレジットカードに申し込むという方法です。同じ条件のまま申し込み、A社では審査が厳しく通らなかったが、B社では問題なく通る、ということも少なくありません。

おすすめは流通系と消費者金融系クレジットカード

楽天カード審査の甘いクレジットカードとしておすすめなのは、『楽天カード』(年会費無料/還元率1.0%:100円で1ポイント)などの「流通系」クレジットカードや、『アコムACマスターカード』(年会費無料/還元無し)などの「消費者金融系」クレジットカードです。

特に、流通系クレジットカードはポイントが貯まりやすいものも多く、主婦層などもターゲットにしているため、収入面でもあまり厳しい審査をされないことがあり、おすすめです。

特集記事で具体的に審査に通りやすいクレジットカードも紹介していますので、下記をご覧ください。

クレヒス(信用履歴)を磨いてクレジットカードの審査に再チャレンジ!

クレジットカードの審査は、どこを見られているのか、というポイントを理解していなければ対策することもできません。今回ご紹介した審査落ちする理由や対策は、どれも知っておいて損のない内容ばかりですので、ぜひ活用してください。

クレヒスを磨けば、クレジットカードの審査に一度落ちた人でも必ず通る!

ピースサインの女性もし、ステータス性の高い「審査の厳しい」クレジットカードに一度落ち、再チャレンジしたいと考えているのであれば、まずは「クレヒス」を磨いていくことが有効です。

支払い能力などの属性はすぐに変えることはできませんが、「優良なカード利用者」という履歴を残していくことで、確実に審査は有利にはたらきますので、まずは自信をもって申し込みできる1枚を発行し、コツコツ使って本命に再チャレンジしてみましょう。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

「お得」重視派
公共料金・携帯料金の支払いでお得なクレジットカード比較
高還元率カード比較!ポイントがお得に貯まるおすすめクレジットカード
年会費無料カード比較!おすすめの年会費永年無料クレジットカード
ゴールドカードをお得度で比較!年会費が安いおすすめゴールドカード
「審査」重視派
審査に通りやすい?審査基準で選んだおすすめクレジットカード比較
クレジットカードを即日発行で比較!審査が早いおすすめクレジットカード
専業主婦におすすめのクレジットカード比較
フリーター・アルバイト・パートでも作れるクレジットカード比較
「マイル」重視派
ANAカード比較!ANAマイルをお得に貯めるおすすめクレジットカード
最強マイルカード比較!航空会社別マイルが貯まるクレジットカードランキング
クレジットカードをJALマイルで比較!最強JALカードの選び方
DELTA(デルタ)スカイマイルが貯まるクレジットカード比較
「ステータス」重視派
国内最強ゴールドカード比較!ステータスで選ぶクレジットカード
海外最強ステータスカード比較!世界で通用するプレミアムクレジットカード
銀行系クレジットカード比較!メリットと審査で選ぶおすすめ銀行系カード
「海外旅行」重視派
空港ラウンジが無料で利用できるクレジットカード比較
海外旅行保険で選ぶクレジットカード比較!おすすめの年会費無料カード
海外旅行保険自動付帯のゴールドカード比較!おすすめのクレジットカード
海外旅行保険+特典で選ぶ!アメリカン・エキスプレス・カード比較
「自動車」重視派
ガソリンカード=ガソリン代が安くなるクレジットカード比較
高速道路でお得!高還元率ETCカード比較
ETCカードで高速道路料金がお得!NEXCOカード比較
「年齢・属性」重視派
30代におすすめのクレジットカード比較!大人のステータス&ゴールドカード
40代が恥ずかしくないクレジットカード比較!かっこいいステータスカード
50代の申込み制プラチナカード比較!おすすめステータスカードランキング
18歳のための初めてのクレジットカード比較!はじめての20代にもおすすめ
新社会人におすすめのクレジットカード比較!20代のヤングゴールドカード
「学生」重視派
学生クレジットカードの審査比較!大学生や専門学生が審査落ちしにくいクレカ
学生のための海外旅行傷害保険付きクレジットカード比較
マイルを貯める学生クレジットカード比較
大学生・専門学生限定!おすすめ学生クレジットカード比較
「法人カード」比較特集
法人カードを【ポイント還元率】で比較!おすすめ法人クレジットカード
【マイル還元率】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
【年会費無料】で選ぶ法人カード!おすすめ法人クレジットカード比較
「お買い物」重視派
アマゾンでお得なクレジットカード比較!おすすめのAmazonカード
楽天市場でお得なクレジットカード比較
楽天Edy付きクレジットカード比較
ビックカメラの買い物で得するクレジットカード
「デザイン」重視派
ディズニーデザインで選ぶクレジットカード比較!JCBの人気ディズニーカード
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP