クレジットカードのWEB明細とは?カード利用代金はクレジットカードアプリでもチェック!

三井住友カードの「WEB明細書TOP」イメージ

クレジットカードアプリを利用する意義の一つに、カード利用代金を簡単に確認できることがあります。ポイント還元率や年会費無料で人気のクレジットカードに限って言えば、いまや紙の明細書はほとんど無くなりました。クレジットカード業界の流れは確実にWEB明細&クレジットカードアプリなのです!

なぜWEB明細が主流になったのか? なぜクレジットカードアプリの活用が求められているのか? 実際のトラブル事例の紹介も含めて徹底解説します。

クレジットカードの利用代金はWEB明細書でチェック!

なぜいまクレジットカードアプリが注目されているのか?クレカアプリと利用明細の関係

特に新しく誕生したクレジットカードの場合、最近ではオンライン明細というスタイルが当たり前になりました。

ひと昔前ならカード会社から郵送で利用明細書が送られてくるのが当たり前でしたが、最近ではWeb上の会員サイトで、ユーザー自身がオンライン明細をチェックできるようになっています。

PCが無いユーザーもスマホアプリで簡単にチェックできます

vpassアプリの画面サンプルしかし、会員サイトへ足を運ぶのが面倒だという人も実は意外と多いもの。わざわざIDやパスワードなどを入力してログインしなければならない煩わしさから、会員サイトの利用自体を敬遠する人も少なくありません。利用明細すらチェックする習慣がなくなってきているわけです。

そこでクレジットカードアプリの存在意義がクローズアップされるのです。実際、以前と比べてスマホ利用者が激増したことで、三井住友カードが提供する公式スマートフォンアプリ「Vpassアプリ」のように、PCとほとんど同じ取引や確認をスマホでできるものが増えています。

クレジットカードユーザーは利用明細を見ない!クレカアプリは利用明細チェックの習慣化を促す最適ツール

カード会社から郵送されてくる利用明細の場合、手元ですぐに確認できるのがちょっとしたメリットでした。しかしオンライン明細の場合、わざわざWebサイトへログインしなければならない手間を挟むため、それ自体を面倒くさいと感じてしまいます。紙の利用明細書ならサッと見ることができたのに、それができないオンライン明細は敬遠される――。便利なはずのオンライン明細なのに、実に皮肉な状況が生まれていたわけです。

しかし、スマホアプリの登場によってそうした煩わしさが解消されます。スマホアプリならオートログイン機能ですぐに利用明細を開くことができますから、紙の利用明細書と同じようにサッと見ることができるようになります。多くの場合、TOPページからチェックできるようになっており、利用明細のチェックを習慣化するのに最適なツールとして活用できます。

クレジットカードの利用明細書が重要なわけ

実際あった事件簿!カード利用明細書をチェックしていなかったから起きてしまった悲劇とは!?

ショック・イメージクレジットカードアプリの存在意義とか、利用明細書のチェックを習慣化するとか、何をそんなに大げさなことを言ってるんだ! と、いう意見もあるでしょう。ですが、利用明細書のチェックをしていなかったことが原因で悲劇を招いてしまった事例があるのです。

その悲劇というのは、「クレジットカードの支払い方法が自動的にリボ払いになるように設定されていて、それに気付かず利用し続けた結果リボ払い残高が膨らんでしまい、利用限度額がオーバーとなってしまった――。」というもの。

当の本人としてはカード会社を責めたくもなるでしょうが、まあ、実際には利用明細書のチェックを怠っていた本人がいけないわけです。そんなことすら気付かずに利用してたのか! という驚きもありますが、レアケースではあるものの、実際の事例としてそういうことが本当にあったわけです。

アプリがあって良かった!利用明細チェックを怠ると大変なトラブルに巻き込まれることもある!

上の事例は実際にあったケースではありますがあくまでもレアケース。でも、利用者本人の過失はあるものの、オンライン明細の問題点を見事に突いている事例でもあるわけです。紙の明細書が当たり前だった時代は、利用明細書を半ば強制的に見るような環境ができていました。

利用明細書のチェックはそんなにめんどくさい!?

カードの使いすぎや借金にまみれているような人は開封することもなく破棄してしまうようなこともあるかもしれませんが、そうでない限りは届いた利用明細書を開封して目を通すことくらいは誰でもします。しかし、オンライン明細の場合、ヘタをするとカード発行から一度もチェックせずにいるというケースもあるのです。

WEB明細vs紙の利用明細書!どっちが良い?

紙の利用明細とオンライン明細はやっぱり違う!

虫眼鏡でチェックする女性先にも述べましたが、クレジットカードの所持枚数は人によって異なります。2枚・3枚といった複数枚持ちも当たり前の時代で、中には10枚以上所持している人も少なくありません。カード発行会社が違えばオンライン明細をチェックできる会員サイトだって異なりますので、いちいちログインIDやパスワードを記憶したりしておくのも面倒です。

どこかにメモしておくにしてもログイン時にわざわざそれを確認しなければならなくなるような状況では誰も利用することはないでしょう。利用明細書チェックの手軽さで言えば、便利なはずのオンライン明細よりも、アナログな紙の利用明細書の方が遥かに便利なのです。

オンライン明細が嫌なら紙の明細書発行もOK?

もちろん、オンライン明細が嫌なら紙の明細書も発行してもらえます。ただし、その場合もカード会社によって対応は異なります。オンライン明細を印刷しろというカード会社もありますし、カード会社に紙の明細書を発行してほしいという希望を伝えれば発行してもらえるところもあります。

主なクレジットカードで利用明細を郵送してもらう方法
クレジットカード 利用明細書を郵送で受け取る方法
AMEX オンライン明細書サービスに登録しなければ郵送で受け取れる
ダイナースクラブ eステートメントを解除すればOK
JCB MyJチェックを解除すればOK
三井住友カード Web明細書サービスを解除すればOK
三菱UFJニコス WEB明細チェックに登録しなければ従来どおり郵送
イオンカード Web明細を解除すればOK
オリコカード eオリコサービスから「郵送再開する」をチェックすればOK
ライフカード 「ご利用代金E-mail送付サービス」を解除すればOK
セゾンカード Web明細を解除すればOK
dカード 利用明細書の発行・郵送を申し込めばOK
au WALLETクレジットカード 明細書送付を希望すればOK
楽天カード 明細書送付はナシ(オンライン明細から印刷)

最近ではクレジットカードの入会もWebサイトからカンタンにできてしまいますが、Webサイトから入会すると自動的にオンライン明細に登録されてしまうこともあります。その場合は、カード発行後に会員サイトからオンライン明細を解除する必要があります。中には、楽天カードのようにオンライン明細のみしか利用できないところもあるので注意です。

なぜクレジットカード会社ごとに対応が異なるのが解せない!

ただし、オンライン明細(Web明細)を解除してしまうと損をするケースもあります。オンライン明細に登録することで年会費優遇やポイント付与といった特典が適用されるクレジットカードもありますので、その場合はオンライン明細を解除してしまうとそうした特典を受けることができません。

カード会社としてはコスト削減効果の大きいオンライン明細を推奨!

パソコンとスマホでやりとりする自営業の方クレジットカードの利用明細などは毎日毎日チェックするようなものではありませんから、会員サイトへの訪問にしたってその頻度も圧倒的に少ないわけです。「いえ、私はInstagramやFacebookと同じくらい、常日頃から利用明細もチェックしてます!」などという人はまずいませんしね。利用明細のチェックが生活の一部なっているなんてことはまずないわけです。

オンライン明細は紙の明細書を発行する手間もコストもかかりませんので、発行するカード会社にはメリットが大きいかもしれませんが、ユーザーからしたら必ずしもメリットがあるとは限りません。ゴミの減量化という効果もあるかもしれませんが、郵送されてくる利用明細書だけで一家のゴミが大量に溢れてしまうわけでもないですし、ちゃんとミックスペーパーとして分別すればトイレットペーパーやティッシュペーパーなどにリサイクルもされますしね。

カード会社とユーザーのギャップを埋めるのがアプリの存在!

まあ、ゴミやリサイクルといった環境問題はともかくとして、滅多に覗くことのないオンライン明細ですから、いかにそれを覗けるようにするかが問題なわけです。覗くか覗かないかは、確かにユーザー側の心掛けという一面も大きいわけですが、それでもやっぱりオンライン明細の利便性は低いと言わざるを得ません。

コスト削減のためにぜひオンライン明細を利用してほしいカード会社と、頻繁にログインをしてオンライン明細をチェックするのは煩わしいと考えるユーザー。両者のそんなギャップを埋めるのに最適なのが、実はクレジットカードアプリなのです。アプリをタップするだけでカンタンに利用明細をチェックできるのですから、いちいちWebサイトへログインしたりなどといったこれまでのような煩わしさを一切感じることなく、ストレスフリーでチェックできるのがメリットです。

カード利用明細のチェックは習慣化必須!不正利用だって早めに対策をすれば被害も最小限に抑えられる!

クレジットカードアプリを利用することで利用明細のチェック頻度が増えれば、少なくとも先にご紹介したような「気付いたら自動リボになっていた!」などという”凡ミス”は防げます。さらに、利用明細チェックが習慣化すれば、不正利用された場合にもすぐに気付けるので早めに対応することもできます。

最近ではクレジットカード会社の方でも不正利用に目を光らせてはいますがそれも完璧ではありません。そこはユーザー側でもしっかりとクレジットカードの管理を行う義務があるわけです。そうした義務を怠っていて不正利用されてしまったりすると被害を補償してもらえないこともあります。クレジットカードを管理するための最低限の努力として、利用明細のチェックくらいはしっかりと行っておくべきなのです。

クレジットカードアプリはセキュリティ問題に注意!

クレジットカード情報は非常に重要!まずはトラブル無しの公式アプリを利用しよう!

スマホアプリをインストールする際に気になるのがセキュリティ問題。誰もが知る有名アプリならさほど心配する必要はありませんが、馴染みのないアプリであればそれが本当に安全なアプリなのかわかりにくいものですよね。そんな場合には以下の2点に注意してみましょう。

  • 公式アプリや有名アプリを使う
  • それでも心配ならスマホのセキュリティソフトにもこだわってみる
公式アプリや有名家計簿アプリなら安心度が高い

実際、クレジットカードアプリでこれまでに大きなトラブルがあったということはありません。少なくとも、クレジットカード会社の運営する公式アプリや、家計簿アプリとして有名なアプリであればほぼほぼ安心して問題ありません。

セキュリティ面が不安ならスマホにインストールするセキュリティソフトにもこだわろう

また、そもそもアプリをインストールするスマホ自体のセキュリティにも注意を向けておきましょう。スマホのセキュリティが脆弱ではどんなに信用性の高いクレジットカードアプリをインストールしても危険です。

無料セキュリティソフトでも一定の効果はありますが、それでもやはり有料セキュリティソフトには及びません。スマホをウィルスなどから守るためにも、しっかりとしたウィルスソフトを導入しておきましょう。

クレジットカードアプリの注意点とデメリット!

無名アプリよりも有名アプリを選ぼう!無料アプリには意外な落とし穴も!

クレジットカードアプリを使いましょう! 注意すべき点もデメリットもありません! と、言いたいところですが、残念ながら注意点もデメリットもあります。とはいうものの、それほど大げさなデメリットではありません。使用端末やアプリ提供元の信頼性に由来するデメリットだけです。

逆を言えば、使用端末も問題なく、アプリの提供元さえ信頼できるなら、デメリットらしいデメリットはありません。では、そんな注意点とデメリットについて以下解説していきましょう。

クレジットカードアプリのほとんどは推奨環境がスマホ!タブレットでは使えないかも!?

アプリには推奨環境というものがあります。つまり、推奨環境でない場合はアプリが正常に作動しない可能性があるということです。クレジットカードアプリのほとんどは、推奨環境がスマホのみとなっており、タブレットは推奨環境に含まれていないケースがほとんどです。

スマホをサクサク快適に利用するために余計なアプリをインストールしたくないという人もいますし、そのために敢えてタブレット端末も併用しているという人もいます。そんな場合、タブレットにクレジットカードアプリをインストールしても正常に動作しない可能性もあるわけです。

2010年~2016年の通信機器別世帯保有率
通信機器名 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
スマートフォン 9.7% 29.3% 49.5% 62.6% 64.2% 72.0% 71.8%
タブレット 7.2% 8.5% 15.3% 21.9% 26.3% 33.3% 34.4%
ケータイ・PHS 93.2% 94.5% 94.5% 94.8% 94.6% 95.8% 94.7%
パソコン 83.4% 77.4% 75.8% 81.7% 78.0% 76.8% 73.0%
固定電話 85.8% 83.8% 79.3% 79.1% 75.7% 75.6% 72.2%
FAX 43.8% 45.0% 41.5% 46.4% 41.8% 42.0% 38.1%
ネット接続可能な家庭用ゲーム機 23.3% 24.5% 29.5% 38.3% 33.0% 33.7% 31.4%
(参照:総務省 通信利用動向調査)

2010年以降、スマホやタブレットの保有率が著しくアップしています。タブレットはスマホほどの保有台数ではありませんが、機種変更の際にショップで勧められてなんとなく契約してしまう人もいます。1人1台ではなくても、1世帯に1台以上の割合で普及してきています。つまり、スマホとタブレットを併用する世帯が増えてきているわけです。

にもかかわらず、クレジットカードアプリのほとんどがタブレットでは非推奨環境となってしまっています。クレジットカードアプリを活用するのは主婦が多いでしょうし、主婦といえば料理サイトや献立サイトなどを見たりすることもありますので、スマホよりも大画面で見られるタブレットの利用頻度は比較的高めです。

クレジットカードアプリを運営・展開するのであれば、主婦層もターゲットに入っているはず。というか、それは当然でなければならないので、推奨環境もスマホだけでなくタブレットにも対応させた方がもっと需要が伸びるかも? しれませんね。

無料アプリの落とし穴は詐欺アプリ!詐欺に引っ掛からないために注意すべきポイント

とにかくどこにでも悪い輩は存在するもので、詐欺アプリによる被害というものもあります。以前に流行ったワンクリック詐欺と同じような手口がアプリでも行われています。タップしたらいきなり高額な費用を請求された! なんてこともありますし、毎月課金が継続されてしまうアプリもあります。

とにかく、そんな詐欺アプリに騙されてしまっては元も子もありませんので、無料アプリのインストールには十分に注意しておきましょう。とはいえ、Google PlayやApp Storeからのダウンロードであれば安全性もしっかりチェックされているのでそれほど心配しなくても大丈夫です。こうした公式ストア以外の場所からインストールしたりするのはやめましょう。

  • Google PlayやApp Storeなど公式ストアからダウンロードする
  • 信頼性の高い提供元からダウンロードする
  • OSのアップデートは必ず行っておくこと
  • セキュリティソフトもなるべく信頼性の高いものを

少なくとも、クレジットカードアプリであればカード会社が提供している公式のアプリであれば問題ありません。必ず公式ストアからカード会社公式のアプリをダウンロードするようにしてくださいね。

クレジットカードアプリ&WEB明細まとめ

クレジットカードアプリ&WEB明細は既に業界標準!うまく活用しよう!

いまやスマホユーザー1人につき20個を超えるアプリをインストールしていると言われている時代。それだけアプリの利便性や必要性の高さが伺えますよね。そんな数あるスマホアプリの中でも、近年では家計簿アプリと呼ばれる支出管理アプリの需要が高まっています。スマホ1台で家計管理ができる利便性はもとより、口座や電子マネー、クレジットカードなどまで一括で管理できてしまう機能性が消費者にウケているようです。

意外と侮れないクレカアプリの存在意義!使えて当たり前に!

今の時代、クレジットカードの所持枚数も1人あたり2枚・3枚が当たり前の時代となってきていますし、電子マネーなどを利用する人の割合も増加していますので、これまでのように支出のすべてを現金で賄う時代ではなくなりました。加えてクレジットカードや電子マネーをスマホと連動させたスマホ決済も当たり前の時代となっているので、家計や支出までスマホアプリで管理してしまった方が効率も良かったりするわけですね。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP