国内最大級399枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ライフカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

ライフカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

ライフカードを比較

ライフカード<年会費無料>

誕生月はポイント3倍!1.5%還元!信販系で審査が通りやすい
誕生月はポイント還元率1.5%!条件クリアで翌年度はポイント2倍!還元率1.0%!

詳細を見る

学生専用ライフカード

海外のお買い物は5%を還元!海外旅行傷害保険も自動付帯
海外でのお買い物は5%を現金でキャッシュバック!年会費無料の最強学生カード

詳細を見る

ライフカードゴールド

最高1億円の旅行保険+家族特約+空港ラウンジ
最高1億円の海外・国内旅行保険が家族特約付きで自動付帯!

詳細を見る

ライフカードCh(有料)

独自の審査基準!審査に不安がある人向けのライフカード!
独自審査で審査ハードルが低い!過去に延滞等があっても申し込める

詳細を見る

ライフカードとは?

審査が優しく作りやすい!カード難民のためのクレジットカード

「ライフカード」は、株式会社アイフルの子会社であるライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。「ライフカード」を発行していた旧株式会社ライフは、2011年に消費者金融系のアイフルの子会社となりました。そのため現在では元々の信販系ではなく、消費者金融系のクレジットカード会社となり、キャッシング方面が強化されています。

ライフカードの種類

プロパーカードは10種類!提携カードも豊富

「ライフカード」は多くのラインナップがあり、プロパーの「ライフカード<年会費無料>」の他にも、ゴールドカードの「ライフカードゴールド」、保険付きの「ライフカード<旅行傷害保険付き>」、リボ払い専用の「ライフカード Stylish」などがあります。

学生専用ライフカードは5%還元!海外旅行で絶対お得!

特に特に海外旅行傷害保険が自動付帯し、海外利用分に対する5%キャッシュバック特典が付いた「学生専用ライフカード」は人気の学生カードとして知られています。JCB、VISA、マスターカードの3大国際ブランドを多くのカードで揃えており、法人カードを含めてカードのラインナップは40種類ほどにのぼります。

ライフカードの審査

ファイナンス系カードなので審査が緩く持ちやすい!

「ライフカード」はアイフル傘下に入る前から審査基準が甘い傾向にありましたが、現在でもその入会審査の基準は厳しくないことで知られています。現在は入会審査の保障会社もアイフルが行うようになったため、審査が比較的緩く、クレジットカード作りを目指す方の基準カードの1つとなっています。実際、審査はそれほど厳しくなく、主婦の方でも気軽に申込むことができます。

ポイントプログラム「LIFEサンクスプレゼント」

100円ごとに0.1ポイントが貯まる! 取りこぼしなし!

「ライフカード」のポイントプログラムは、「LIFEサンクスプレゼント」です。クレジットカード利用で、1,000円毎に1ポイントの「LIFEサンクスポイント」が貯まります。1ポイント=5円相当ですので、基本還元率は0.5%となります。しかも無駄なくポイントが貯まるように、100円毎に0.1ポイントで計算されます。

誕生月ポイント5倍! 初年度は常にポイント1.5倍!

ライフカードは初年度はポイント1.5倍になります(還元率0.75%)。さらに誕生日のある月はポイントが5倍になることで知られています(還元率2.5%)。年会費無料でありながら、特別な条件もなく還元率2.5%以上となる一般カードはなかなかありません。
また、年間のカード利用金額が50万円を超えると翌年度のポイントが1.5倍(還元率0.75%)、150万円を超えると2倍になります(還元率1.0%)。公共料金をカード払いすることも可能ですので、年間50万円を超えることは十分に可能です。

ポイントはANAマイルとの交換がおすすめ!手数料無料!

貯まったライフカードの「LIFEサンクスポイント」は、VプリカやAmazonギフト券、JCBギフトカードなどの電子マネーや他社ポイントサービス、ANAマイルなどに交換することができます。
特にANAマイルへの交換は1ポイント=3マイルと高レートであり、誕生月なら1,000円=15マイルになります(移行手数料無料)。カードショッピングでマイルを貯めたい方は、普段はANAカードを使い、誕生日月だけライフカードでお買物すると、効率よくマイルを貯めることができます。

ライフカードのデメリット

「nanaco⇒税金支払い」目的で持つ理由が無くなりました!

「ライフカード」は誕生月にnanacoでまとめて税金を支払う方法で、最大3.0%の高還元が受けられるクレジットカードとして人気でした。しかしこのnanacoのクレジットチャージ分のサンクスポイント条件は2014年12月3日までで廃止されました。
2014年12月4日からライフカードではクレジットカードチャージした場合のポイントも半減、0.5%還元ではなく、0.25%還元となりました。また誕生月ポイント・ステージポイント・新規入会キャンペーンポイントでのボーナスポイントもnanacoチャージでは一切付かなくなりました。

税金目的のサブカードとしての魅力は無くなりました

そのため、誕生月が4月で税金支払いをJCBライフカード⇒nanacoで行っていた方達にとっては非常に厳しい改定となりました。税金支払いようのサブカードとしてのライフカードのメリットは激減しています。nanaco税金支払いでは皆さんいまや「漢方スタイルクラブカード」に移行しています。ご注意ください。