クレジットカードのマイルとマイルカード

クレジットカードの利用でお得にマイルを貯められるクレジットカードがマイルカード。マイルが直接貯まるマイルカードから航空会社のマイレージプログラムにお得に交換できるクレジットカードまで種類も様々。航空会社の会員証も兼ねているので飛行機に乗るとフライトマイルにボーナスマイルも貯められます。

着陸するJALの飛行機

マイルを貯めるなら還元率or交換率が高いマイルカードを手に入れよう!

クレジットカードの利用でお得にマイルを貯められるのがマイルカード!マイルが直接貯められるクレジットカードから、お得にマイレージプログラムと交換できるクレジットカードまで、マイルカードの種類は様々です。各航空会社ごとに自社のマイレージプログラムの会員証を兼ねたクレジットカードを発行しています。貯めたいマイルが決まっているなら、その航空会社のマイルカードを手に入れましょう。

マイル還元率&交換率の高いクレジットカードの選び方

マイルカードを選ぶときは単純な還元率だけでなく、ポイントからマイルへの交換率もしっかり確認しなければいけません。ポイントを商品に交換するのではなく、マイルカードはマイレージプログラムに交換することが決まっています。マイルが直接、貯まるJALカードなどならば気にしなくても良いのですが、ポイントからマイルに交換するANAカードなどではチェックが必要です。

マイルカードはマイルがお得に貯まるクレジットカード!

クレジットカード会社独自のポイント以外にもマイルがお得に貯まるクレジットカードが存在しています。クレジットカードの利用に応じてマイルを貯めることができます。出張や旅行で飛行機を利用する機会が多い方は、マイルが貯まりやすい「マイルカード」を優先的に選ぶことをおすすめします。

マイルは航空会社ごとに違います!

そもそもマイルとは、航空会社が提供しているポイントサービスのようなものです。飛行機に搭乗したお客様に対し、距離に応じてマイルが付与される仕組みでマイレージサービスと呼ばれています。

マイレージサービスは世界各国に存在している航空会社によって異なるため、マイルを貯める場合は注意が必要です。日本の航空会社では全日本空輸(ANA)が「ANAマイレージクラブ」、日本航空(JAL)は「JALマイレージバンク」として提供しています。用途に応じて貯めやすいマイレージサービスを選ぶことも大事なポイントです。

国内外を問わず複数の航空会社が連携している「アライアンス」が共通している場合、マイルを貯めたりサービスを利用できるメリットもあります。利用する機会が多い航空会社をピックアップして、同じアライアンスに属しているものを選ぶのもおすすめです。

マイルカードの種類!マイルが直接貯まる?ポイントをお得に交換する?

効率良くマイルが貯まるクレジットカードを比較してみると、直接マイルが貯まるものと、ポイントをマイルに交換できるものが存在しています。

カードの利用額に応じて自動的にマイルが貯まる

マイルカードは飛行機に搭乗した時だけでなく、お買い物のお支払い時にマイルカードを使用した場合でもマイルが自動的に付与されるものがあります。マイル還元率は200円につき1マイル(0.5%)などまちまちですが、別途年会費を支払うことで100円につき1マイル(1.0%)などにマイル還元率がアップするカードも存在しています。

この場合注意したいのが、マイレージサービスによっては有効期限が設定されているという点です。有効期限内で目標にしていたマイルに達しなかったため、頑張って貯めていたマイルが流れてしまう場合があるのでマイレージサービスの有効期限を確認しておくことをおすすめします。

クレジットカードのポイントをマイルに交換する

クレジットカード独自のポイントを、マイルに交換する方法もあります。カードのご利用額に応じて貯まったポイントの交換先としてマイルを選択するだけでOKです。クレジットカードのポイントサービスも有効期限が設定されている場合は例外ですが、有効期限がない場合は好きなタイミングでマイルに交換できるので便利です。

もちろん普段のお買い物でもポイントがどんどん貯まっていきます。ポイント還元率が高いクレジットカードなら、マイルに交換する際もお得になります。カードによってはボーナスポイントが付与されたり、定期的にキャンペーンを実施して通常よりもポイントが貯まりやすくなる場合もあります。上手にポイントを貯めながらマイルへの交換も視野に入れられるのが大きなメリットです。

ポイントを交換する場合は交換手数料に注意!

クレジットカードの利用額に応じて貯めたポイントをマイルに交換する場合に注意したいのが、交換手数料です。貯めたポイントを手数料無料でマイルに移行できる場合もありますが、別途交換手数料が発生する場合もあります。交換手数料は年間6千円から8千円前後必要になるカードも存在しています。あらかじめ交換手数料の有無を確認しておくことも必要です。

交換手数料と合わせて確認しておきたいのが交換比率です。クレジットカードのポイントサービスは様々な商品やサービスに交換できるようになっていますが、マイルへの移行についてはクレジットカード会社によって交換比率が異なるので注意が必要です。

例えば1万ポイントを所有している場合で確認してみましょう。

クレジットカード会社 ギフト券に交換した場合 マイルに移行した場合
A社 1万円分 (1ポイント=1円分) 1万マイル (1ポイント=1マイル)
B社 1万円分 (1ポイント=1円分) 5,000マイル (2ポイント=1マイル)
C社 1万円分 (1ポイント=1円分) 1,000マイル (5ポイント=1マイル)

上記の例では、どのクレジットカード会社でもギフト券に交換した場合は1ポイントあたり1円分の価値があるのに対し、マイルに移行した場合は1ポイントあたりの価値がかなり違います。ポイントをマイルに移行するつもりの場合は、できるだけ交換比率が高いものを選ぶことが大切です。交換手数料の有無も確認しながら、最も効率良くマイルに移行できるクレジットカードを選びましょう。

マイル還元率の高いクレジットカードの選び方

積極的にマイルを貯めたいと考えている場合は、できるだけマイル還元率の高いクレジットカードをピックアップして選ぶことをおすすめします。複数のクレジットカードをピックアップすると、年会費無料と有料のカードがあります。

年会費無料・有料、どちらのカードを選ぶべき?

年会費無料と有料のクレジットカードをマイル還元率で比較してみると、年会費有料のクレジットカードは還元率が高いです。でも、年会費分と貯めるマイルを天秤にかけた場合、年会費無料の方がお得なのではないか?それとも、マイル還元率の高さを重視して年会費有料を選ぶべきなのかと迷うものです。

クレジットカードをどのような用途で使うのかは個人差もありますが、普段のお買い物はもちろん、携帯電話料金や公共料金など銀行口座から自動引き落としされているものを全てクレジットカード払いにして、メインカードとして所有するのであれば、マイル還元率の高い年会費有料のクレジットカードを選んだ方がお得になる場合が多いです。メインカードは別に所有していて、マイルを貯める目的だけで所有するのであれば年会費無料の方がお得になるでしょう。

年会費有料カードでも、ご利用状況に応じて年会費無料になる場合もあるので、年会費有料・無料を問わずに色々なクレジットカードを比較検討してみることをおすすめします。

マイル高還元率クレジットカードがおすすめな人

マイルの還元率が高いクレジットカードをおすすめしたい人はこちらです。

  • 積極的にマイルを貯めている人
  • ポイントよりもマイルだけを重視して貯めたい
  • マイル以外にも貯めたポイントを交換したい人

マイルの還元率が高いクレジットカードは、還元率以外にもマイルへの交換手数料や交換比率を考慮し、年会費有料と無料のどちらを選ぶべきかをよく考えて検討することをおすすめします。ポイントとマイル、どちらを重視して貯めたいのかも考慮すると、あなたにとって最適な一枚を選べるでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP