国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

JALカードショッピングマイルプレミアムの損益分岐点やメリットを解説!

JALカード ショッピングマイル・プレミアムのイメージ画像

「JALカード」には、JALカードショッピングマイル・プレミアムという付帯サービスがあります。通常のショッピング利用に比べて、マイル還元率が2倍にアップするというお得なサービスです。

ただし、JALカードショッピングマイル・プレミアムは有料のオプションサービスとなっている上に、付帯させてもOKなカードと付帯させなくてもよいカードとがあります。

ここでは、そんなJALカードショッピングマイル・プレミアムについて、その特徴やメリット・デメリットについて詳細に解説してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

JALカードショッピングマイル・プレミアムとは?

加入するだけでマイル還元率が2倍になる

JALカードショッピングマイル・プレミアムは、通常のショッピング利用で「JALカード」のマイル還元率が2倍になるオプションサービスです。オプションとして付帯させるかどうかはユーザーの判断にもよりますが、効率的にJALマイルを貯めることのできるお得なサービスです。

JAL普通カード

JAL CLUB-Aゴールドカード』以上のステータスカードには自動付帯されているサービスです。そのため、オプション付帯させるかどうかの対象となるのは、『JAL普通カード』か『JAL CLUB-Aカード』といった一般カードです。

JAL普通カード』や『JAL CLUB-Aカード』の場合、基本となるマイル還元率は0.5%(200円で1マイル)ですので、クレジットカードのポイント還元率としては非常に平凡な還元率となっていますが、JALカードショッピングマイル・プレミアムであれば還元率はいつでも2倍の1.0%(100円で1マイル)にUPできます。

賢くJALマイルを貯める上でも欠かせない必須のオプションサービスなのです。

JAL CLUB EST会員はJALカードショッピングマイル・プレミアムが自動付帯!

JAL CLUB EST JAL・JCB普通カードの券面画像

ちなみに学生向けの『JALカードnavi』に関してはJALカードショッピングマイル・プレミアムの付帯はありませんが、付帯させているのと同等のマイル還元率となっています。

さらに、『JAL CLUB EST』の会員になっている場合も自動付帯されています。

別途年会費が必要!

ただし、JALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させる場合には別途年会費が必要になります。年会費は3,000円+税です。

JAL普通カード』であれば年会費が2,000円+税(初年度無料)ですので、JALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させると5,000円+税、『JAL CLUB-Aカード』なら年会費が10,000円+税なので、合計で13,000円+税となります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムのメリット

日常のショッピングでマイル還元率が2倍になるから陸マイラーに必須

「JALカード」のメリットは、毎日のショッピングで利用するだけで直接マイルが貯められる点です。クレジットカードのポイントプログラムそのものがマイレージプログラムなので、貯めたポイントがそのままマイルになります。

もちろん、マイルはフライトでも貯まりますが、一般の人であればフライトもそう頻繁に利用するものでもありませんので、「JALカード」のように日常のショッピングでもマイルを貯められるのはとても効率的な方法です。

しかもJALカードショッピングマイル・プレミアムに加入していれば還元率2倍の1.0%でマイルが貯まります。陸マイラーならなおさらのこと、効果的にマイルを貯める上でも必須のサービスとなります。

JAL特約店での利用ならさらにお得になる

「JALカード」は、全国50,000店以上もあるJALカード特約店で利用するとポイント還元率が2倍になります。ですが、JALカード特約店になっていないお店で利用した場合は通常の還元率(0.5%)となります。

しかし、JALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させてJALカード特約店を利用すると、2倍×2倍で4倍(2.0%)のポイント還元率になります。

JAL普通カード』でJALカード特約店を利用した場合で、JALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させている場合とさせていない場合との違いを比較すると、以下のようになります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムを
付帯させていない場合
ポイント還元率0.5%
JALカード特約店の利用で還元率1.0%
JALカードショッピングマイル・プレミアムを
付帯させている場合
ポイント還元率1.0%
JALカード特約店の利用で還元率2.0%

JALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させてJALカード特約店を利用すれば還元率は脅威の2.0%です。

JALカード特約店には、ENEOSやファミリーマート、ロイヤルホスト、ノジマ、イオンなどを始め、百貨店やスーパー、レンタカー会社などなど、日常でも利用機会のあるお店が目白押しですので、意識的な利用を心掛ければ常に高還元率での利用が可能になります。

入会時でも後からでも付帯できる

JALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させるかどうかは、「JALカード」の入会時に決めなければならないわけではありません。

後付けで付帯させることもできますので、「JALカード」の利用頻度を見極めつつ決めるのもおすすめです。

オンラインで追加すればその日からJALカードショッピングマイル・プレミアムが付帯される

さらに、すでに「JALカード」が発行済みでJALカードショッピングマイル・プレミアムを後から付帯させる場合は、公式サイトからのオンライン入会を利用するとその日から利用可能になります。

オンラインでの追加方法は、「JALカード」の会員専用オンラインサービス「MyJALCARD」から手続きできます。クレジットカードの年会費の1年間の期間と、JALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費の期間がずれるので、その点にご注意ください。

JALカードショッピングマイル・プレミアムの損益分岐点を解説

最低でも年間30万円以上がボーダーライン

JALカードショッピングマイル・プレミアムの損益分岐点は、1マイルをいくらに換算するかで変わってきます。ではマイルを現金に換算するといくらになるのかというと、1マイルでおよそ1円~2円と言われています。仮に1マイル=2円であれば損益分岐点は1,500マイルが基準になります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムは100円ごとに1マイル付与ですから、1,500マイルなら15万円超の年間利用額があれば元が取れます。逆に、1マイル=1円であれば、3,000マイルが損益分岐点の基準になり、30万円の年間利用額が必要です。

マイルを、特典航空券へ交換するのか、e JALポイントへ交換するのか、それとも国際線のアップグレードに利用するのかなどによって1マイルあたりの価値が変わりますが、それでも最低1円基準が妥当なラインですので、レートがそれより下がることはまずありません。

少なくとも、「JALカード」の利用額は、年間30万円以上を最低基準に設定しておけば間違いない計算です。

1ヶ月あたり25,000円程度ということになります。逆に年間利用額が30万円を下回るようであれば、JALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させる必要はありません。

陸マイラーならショッピングマイル・プレミアムを付帯させておいた方が絶対お得!

JALカードショッピングマイル・プレミアムの損益分岐点を見てもお分かりのように、「JALカード」のショッピング利用額が1ヶ月25,000円を超えるならJALカードショッピングマイル・プレミアムの加入をおすすめします。

スーパーやコンビニなどでの利用に加えて、スマホや固定電話、プロバイダなどの通信料、光熱費、ガソリン代や保険料などをすべて「JALカード」へ集約すれば、JALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費分など簡単に元が取れてしまいます。陸マイラーなら、絶対お得にマイルが貯まります。

JALカードショッピングマイル・プレミアムのデメリット

カード年会費の他に別途3,000円+税がかかる

JALカードショッピングマイル・プレミアムのデメリットで真っ先に挙げられるのは、やはりカード年会費のほかに3,000円+税が必要となる点です。維持費という観点から見ると、決して低くはない数字です。

3,000円+税という年会費が発生してしまうということは、ショッピング利用でもこの元を取らなければ逆に損をしてしまうことになります。

年間どのくらい利用すれば得をすることになるのか(損益分岐点)については、後述します。

CLUB-Aカードでショッピングマイル・プレミアムを付帯させるならゴールドカードがおすすめ

jalclubagold_master200

年会費10,000円+税の『JAL CLUB-Aカード』にJALカードショッピングマイル・プレミアムを付帯させると、年会費は合計で13,000円+税です。

その上位カードである『JAL CLUB-Aゴールドカード』は年会費が16,000円+税で、JALカードショッピングマイル・プレミアムが自動付帯されています。

一見すると、『JAL CLUB-Aカード』の方がお得なイメージを抱きますが、『JAL CLUB-Aゴールドカード』には空港ラウンジサービスなどゴールドステータス基準のサービスが付帯しますし、旅行傷害保険も『JAL CLUB-Aカード』より充実しています。たった3,000円の差額であれば、お得度は『JAL CLUB-Aゴールドカード』の方が断然上です。

JAL CLUB-Aゴールドカード

フライトマイルもショッピングマイルも貯まるゴールドカード
陸マイラーも大満足!ショッピングマイルプレミアムは100円で1マイル!

詳細を見る

JALカードショッピングマイル・プレミアムのまとめ

「JALカード」のJALカードショッピングマイル・プレミアムについてご紹介してきましたが、年間数百円の維持費ならともかく、3,000円ともなると一瞬加入をためらってしまいますよね?

しかし、ここでご紹介してきたように、年間30万円程度の利用で元が取れるサービスですし、陸マイラーとして効率よくJALマイルを貯めるのであれば、絶対に加入すべきです。

ましてや、通常のショッピングだけでなく、JALカード特約店を利用することでさらにマイル獲得ペースを上げることもできますから、陸マイラーであれば注目するに値するオプションサービスとなっています。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points