国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

JALカードツアープレミアムとは?損益分岐点やメリットなどを紹介

JALカード ツアープレミアムのイメージ画像

JALカード ツアープレミアムは、対象割引運賃であっても、100%のフライトマイルを獲得できるお得な付帯サービス。JMB旅プラスにも自動入会となるので、対象ツアーに参加すればツアーマイルの獲得も可能です。

そんなJALカード ツアープレミアムは有料のサービスとなっており、「JALカード」の年会費のほかに別途JALカード ツアープレミアムの年会費も必要となります。そんなJALカード ツアープレミアムの特徴やメリットを中心に、詳細をご紹介していきます。

JALカードツアープレミアムとは?

加入すれば対象割引運賃のフライトマイルが100%になる

JALカード ツアープレミアムとは、対象割引運賃(パッケージツアーや先得割引など)でJAL便に搭乗しても、通常のフライトマイルにJALカード ツアープレミアムのボーナスマイルが加算されることで、実質的にフライトマイルを100%にできるサービスです。

年会費こそ必要となる有料サービスですが、空マイラーなら必見のおすすめサービスとなっています。

年会費+2,000円がかかる

ただし、JALカード ツアープレミアムにはクレジットカードのほかに別途年会費が必要になります。つまり、有料の付帯サービスなのです。年会費は2,000円+税なので、特に高額というわけはありません。

しかし、JALカード ツアープレミアムはフライトでお得をするサービスなので、せっかく付帯させてもフライトを利用する頻度が少なければ年会費の分だけ無駄になってしまう恐れもあります。

JALカードnaviならツアープレミアムが無料

jalcf_n_master200

ちなみに、学生向けの『JALカードnavi』利用者であれば、JALカード ツアープレミアムへ加入しておいて損はありません。

JALカードnavi』の会員は、在学中ずっとJALカード ツアープレミアムの年会費を無料で利用することができるからです。せっかく無料なのですから、どうせなら申し込んでおいた方がお得です。

JALカード ツアープレミアムは、「JALカード」会員となっている本人および家族会員が申し込めますが、法人会員の登録は不可です。

また、JALマイレージバンク(JMB)と提携しているクレジットカードであっても、『TOKYU CARD ClubQ JMBカード』や『イオンJMBカード』といった、発行元がJALではない提携カードについても、JALカード ツアープレミアムへの加入はできません。

損益分岐点は1マイル2円相当なら年間2160マイル必要

分岐点

では、年間2,000円の維持費がかかるJALカード ツアープレミアムの損益分岐点はどのくらいなのでしょうか? まず、1マイルはおよそ2円程度の価値があります。ただし、ギフト券などへ交換してしまうと1マイルあたり1円くらいの価値になります。

1マイル2円相当ですから、1,000マイル分フライトをすれば2,000円の元が取れますし、1マイル1円なら2,000マイル分のフライトで年間維持費をペイできます。

例えば上海やソウルくらいの近場であれば1往復で元が取れますし、1マイル=1円でもシンガポールやホノルルへ旅行すれば1往復で元が取れます。

国内線であれば、東京~札幌間を積算率50%で利用した場合は通常で獲得できるマイルが255マイル。1マイル2円なら単純計算で年に4回搭乗すれば元が取れます。東京~大阪といった近場でも、通常140マイルですから、年に7回程度の搭乗で元が取れます。

JALカードツアープレミアムの対象となる割引運賃について解説

JALカード ツアープレミアムは、対象割引運賃でフライトマイルが100%になるサービスですが、そもそも「対象割引運賃」とは一体何のことかよく分かりませんよね?

国際線の通常フライトマイル エコノミークラス(予約クラスL・S・E・N・O・G・R):50%
エコノミークラス(予約クラスH・K・M)-70%
ビジネスクラス(予約クラスI):70%
国内線の通常フライトマイル パッケージツアーに適用される個人包括旅行割引運賃:50%
「先得割引」、「スーパー先得」、「ウルトラ先得」、「乗継割引28」:75%

以上がJALカード ツアープレミアムの対象割引運賃です。

要は予約することで通常より割引となるサービスですね。上記の割引運賃のサービスが、JALカード ツアープレミアムの対象となるわけです。

フライトマイルについて

通常、搭乗によるマイル付与は、フライトマイルとボーナスマイルを合わせたマイルが加算されます。JALであれば、どこからどこまで移動するのかによって付与されるマイル数が異なります。つまり、距離によってマイルが計算されています。

「マイル」とは距離の単位のことで、メートル法を基本としている日本では馴染みがありませんが、ヤード・ポンド法を使用しているアメリカなどでは非常に馴染みのある言葉になっています。ちなみに、1マイルの距離は約1.6kmです。

そして、移動した距離(マイル)が「区間基本マイル」と呼ばれます。例えば、成田~ハワイ・ホノルルであれば片道およそ6,500kmなので、ざっくりとマイルに換算すれば約4,000マイルほどです。この4,000マイルが区間基本マイルとなります(JALのマイル表によると正確には3,831マイル)。

ただ区間基本マイルの半分ぐらいしかもらえない

しかし、この区間基本マイルをそっくりそのままもらえるわけではありません。マイルの計算には運賃が大きく関係し、運賃によってあらかじめ決められた積算率からマイルが算出されます。

「積算率」という小難しい言葉が出てきましたが、そんなに考える必要はありません。要は運賃が高いか安いかによって、定められているパーセンテージが異なるわけです。当然、運賃が高ければパーセンテージが高く、運賃が安ければパーセンテージも低くなります。

付与されるマイルは、「区間基本マイル×運賃の積算率」です。国際線の運賃積算率は先の表を見ていただければわかりますが、エコノミークラスで概ね50%ほど、ビジネスクラスですと70%です。

仮にエコノミークラスでホノルルまで行った場合、「3,831マイル×50%」となり、片道で1,916マイル(往復で3,831マイル)が付与マイルとなります。これがいわゆる「フライトマイル」と呼ばれるものです。積算率50%なら、往復でも片道分しか付与されない計算です。

ボーナスマイルについて

ただし、もらえるマイルはそれだけではありません。フライトマイル以外にもボーナスマイルというものも加わります。ボーナスマイルの割合は、持っている「JALカード」によって異なります。

ボーナスマイルの割合 JALカードの種類
10% ・JAL普通カード
・JALカードnavi
25% ・JAL CLUB-Aカード
・JAL CLUB-Aゴールドカード
・JALダイナースカード
・JALプラチナカード

ボーナスマイルは、フライトマイルに準じて計算されます。上で述べた成田~ホノルルの例で言えば、フライトマイルが1,915マイルですから、『JAL普通カード』であれば「1,916×10%」となります。

片道192マイル(往復384マイル)がボーナスマイルとして加算されるので合計で片道2,108マイル(往復4,216マイル)、『JAL CLUB-Aカード』であれば、「1,916×25%」で、片道479マイル(往復958マイル)がボーナスとして加算されますので、合計で片道2,395マイル(往復4,790マイル)が付与されます。

JMB旅プラスのJAL海外ツアーマイルも加算される!

さらに、JALカード ツアープレミアムへ加入するとJMB旅プラスの会員になれますので、ジャルパックの企画する対象のツアーに参加すればJAL海外ツアーマイルが500マイル加算されます。

それに先のカードごとに付与されるボーナスマイルも加わるわけですが、ボーナスマイルの場合は、エコノミークラスであれば積算率50%の状態での計算となりますので、もらえるボーナスマイルの値は変わりません。

JALカードツアープレミアムのメリット

対象割引運賃なら加入しているだけで100%の区間マイルゲット

飛行機で家族旅行

ご説明してきましたように、JALカード ツアープレミアムへ加入すれば、区間マイルが100%になります。加入しないのと加入したのでは、付与されるマイルにも大きな差が出ます。

積算率70%であれば+30%、積算率50%であれば+50%のボーナスが加算されるため、それなりのフライトを利用するのであれば、加入しておいても絶対に損はありません。

ボーナスマイルに加えてさらにお得にマイルが貯まる

国際線のエコノミークラスや国内線のJALパッケージツアーなどであれば、積算率50%ですので、往復でも片道分の区間マイルしかもらえません。

ですが、JALカード ツアープレミアムへ加入しておけば、+50%のJALカード ツアープレミアムボーナスが加わり、海外であればJMB旅プラスのツアーを利用することで500マイルも加算されます。お得にマイルが貯まるからこそ、付帯必須のサービスとなっているのです。

学生専用のJALカードnaviなら在学中は無料で付帯できる

しかも、学生専用に発行されている『JALカードnavi』なら、在学中はJALカード ツアープレミアムの年会費が無料です。

これほどお得なサービスを無料付帯させることができるのは大きな魅力です。

JALカードnavi(JAL学生カード) JCB/VISA/MasterCard

JAL学生カードはマイル還元率1%!フライトマイルも100%!
ショッピングマイルプレミアムが無料で自動付帯!100円で1マイルが貯まる!

詳細を見る

JALカードツアープレミアムのデメリット

カード年会費の他にツアープレミアムの年会費も必要

JALカード ツアープレミアムは、まずフライトを利用するという大前提があってこそ得をする付帯サービスです。

年に何度かフライトを利用するなら加入すべきサービスであることは間違いありませんが、ほとんどフライトは利用せずにショッピングなどを中心にマイルを貯める陸マイラーの場合は、JALカード ツアープレミアムを付帯させてもあまり意味はなく、年2,000円という維持だけが無駄になります。

家族会員でも料金が発生する

JALカード ツアープレミアムの加入は家族カードでもOKです。本人会員さえ加入していれば家族カードの年会費が無料になるのではという淡い期待も抱いてしまいますが、実際には、本人会員と家族会員それぞれに年会費(2,000円+税)がかかります。

JALカード ツアープレミアムのまとめ

オプションサービスとして、加入には年間維持費の必要なJALカード ツアープレミアムですが、フライトを利用するならやはり加入しておくべきお得なサービスです。年間1,000マイルを目安に獲得できる環境であるなら、間違いなく加入しておいて損はありません。

旅行が好きな人、あるいはビジネスでフライトを利用する機会の多い人なら絶対にハズレのない素晴らしい付帯サービスですので、「JALカード」へ入会する際はJALカード ツアープレミアムへの登録も忘れずに行っておきましょう。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points