国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイルのお得な使い方を紹介!航空券以外は損する?

飛行機内

マイルのお得な使い方を紹介!

マイルは、航空券に交換できるポイントとして知られていますが、他にもクーポンや商品券に交換できたり、電子マネーのチャージに使ったりすることもできます。
ただし、何と交換するにしても、やはり気になるのはレートではないでしょうか。
マイルは交換先によってレートが変わってくるので、一番高いものと交換するのが理想です。だからといって使うのを渋っていると有効期限が切れて失効してしまった、ということにもなりかねないので、お得な使い方をしっかり学んでおきましょう。

一番オトクなのはやはり航空券

マイレージはマイルを貯めるためのプログラムですから、やはり一番オトクなのは航空券に交換することです。
ポイントの場合は還元率がはっきり明記されていますし、ショッピングなどでポイント消費をするときは等価交換になるので、どれだけ得をするのかも分かりやすいです。
しかし、マイルの場合はフライトによって積算率が変わりますし、航空券と交換する場合は平均1万マイルが必要になるため、100ポイント貯めれば消費できるポイントと違ってお得感が感じられないかもしれません。

ですが、マイルであれば東京と韓国の往復で12,000マイル、ハワイとの往復でも35,000マイルで交換できます。
往復航空券の購入金額から必要マイル数を割ると1マイルの価値が出ますが、ほとんどの場合1マイルの価値は1円以上になるのです。
たとえば、韓国の往復航空券は25,000円ほどですから1マイルは2円、ハワイの往復航空券も10万円近くかかるので1マイルは約3円になります。
ポイントは1Pにつき1円ですが、航空券に交換すれば1マイルが2円から3円となるのでかなりお得です。

また、航空会社によっては通常よりも少ないマイル数で購入できる特典航空券もあります。
特典航空券は利用期間が決まっていたり、Webサイトからしか予約できなかったり、多少制限はありますが、さらに高レートで交換できます。

最近は、交換先が増えているので、航空券よりもお得になるものがあるのでは、と思うかもしれませんが、行きたい場所のマイル数が貯まったら航空券に交換するのがもっとも得をする方法です。

次点で他のポイントに交換するのがお得

航空券と交換できるほどマイルが貯まっていない、交換してもマイルが残ってしまうという場合は、ポイントに交換するのがおすすめです。

利用しているマイレージプログラムによってポイント交換先は異なりますが、ポイントであれば100P単位でショッピングや飲食に使えるのでとても便利です。
普段の生活の中で消費できますから、有効期限を気にする必要もありません。

もし、ポイント交換先に迷ってしまう、もしくはポイントを使わないという場合はTOKYUポイントをおすすめします。
TOKYUポイントは東急グループが発行しているカードで貯まるポイントシステムです。
東急グループはANAやJALと提携しているので、マイルとTOKYUポイントを相互交換できるのです。
TOKYUポイントからマイルに交換する場合は1,000ポイントで750マイルとなりますが、マイルからポイントへの交換であれば等価交換となるのでとてもお得です。

ポイントを使わない場合は、再度マイルに交換することもできるので、使わないまま有効期限が切れてしまうということもありません。
また、TOKYUポイントのままでも特典航空券を購入できますから、貯めたポイントと合算させて航空券に交換することも可能というように自由度が高いので、ポイント交換先はTOKYUポイントにしておきましょう。

ホテルやレストランクーポンもおすすめ

マイレージを行なっている航空会社の多くは、ホテルやレストランと提携しています。
ですので、ポイントだと利用しづらいという方は、ホテルやレストランのクーポンに交換するといいでしょう。

航空会社と提携しているところはハイグレードなホテル有名なお店ばかりなので、記念日や特別なデート、旅行などのイベントで活用するのがおすすめです。
必要なマイル数はホテルやお店によって違いますが、ポイントと同じレートが一般的で、たとえば2,000マイルで2,000円分のクーポン券と交換できます。

ただし、交換レートはポイントと同じですが、マイルとポイントの還元率が違う場合は損をしてしまうこともあるため、航空券に交換するほどマイルが貯まっていないときに利用するのがベストです。

商品交換はamazonや通販と比べると損するケースも

マイルは、商品交換をすることもできます。
たとえばJALマイルであれば「JALとっておきの逸品」というWebサイトで、日用雑貨やファッションアイテム、グルメ、インテリアアイテムなどと交換できます。
ANAマイルは、「ANAショッピング A-style」というWebサイトで、オリジナル商品や生活家電、グルメ&ワイン、ファッション、トラベルグッズなどとの交換が可能です。

取り扱っている商品はメーカーやブランドものですし、人気商品がたくさん揃っているので、サイトをチェックするだけでも楽しめます。
ただし、掲載されている商品の価格はオープン価格となるため、商品によってはディスカウント価格で販売しているAmazonなどの通販サイトと比べると割高です。
そのため、通販サイトで安く買える商品と交換すると損をしてしまうので注意してください。

マイルをフライトでお得に使う方法

マイルは、航空券の購入に充てるのがもっともお得な使い方ですが、さらにお得に使う方法があります。
マイルというのは、フライト関連で使うことを想定して提供しているサービスなので、航空券に交換できない分はクーポンや商品と交換するよりもフライトで使うことをおすすめします。
ここでは、フライトでお得に使う方法を紹介していきます。

国際線の座席アップグレード で優雅な旅を楽しむ!

あまり知られていませんが、実はマイルを国際線の座席のアップグレードに使うことができます。
1度に2ランクアップさせるのはできないものの、アップグレード可能な航空券であれば、エコノミークラスをプレミアムエコノミーに、ビジネスクラスをファーストクラスにというように1ランクアップできます。

必要なマイルは、航空会社や区間の距離、アップグレードする座席の種類によって違いますが、ANAの例を見てみましょう。

座席アップグレードに必要なマイル数
1区間(片道)の距離 エコノミーからプレミアムエコノミー プレミアムエコノミーからビジネスクラス ビジネスクラスからファーストクラス
0~2,000 9,000マイル 12,000マイル 20,000マイル
2,001~3,500 15,000マイル 18,000マイル 30,000マイル
3,501~4,500 15,000マイル 20,000マイル 35,000マイル
4,501~5,500 20,000マイル 25,000マイル 40,000マイル
5,501以上 20,000マイル 28,000マイル 45,000マイル

このように、最低9,000マイルあればエコノミークラスからプレミアムエコノミー(航空会社によってはビジネスクラス)へのアップグレードが可能です。
区間が短ければ、たった20,000マイルでファーストクラスにアップグレードできます。

現金で支払うとなると「もったいない」という感覚になってしまいますが、マイルであれば気軽に使えるので、快適かつ優雅な空の旅をお得に楽しめます。
ただし、特典航空券やパッケージツアー、優待割引航空券などアップグレード対象外の航空券もあるので、必ず事前にチェックしておきましょう。

特典航空券でさらにお得に!

マイレージプログラムに加入していると、特典航空券に交換することができます。
特典航空券というのは、一般販売の誰でも購入できる航空券と違って、マイルでしか交換できません。
利用する区間や時期、また航空会社によって必要なマイル数は変わります。

たとえばANAの場合は、ローシーズン・レギュラーシーズン・ハイシーズンの3つの時期に区分されていて、ローシーズンは通常よりも少ないマイル数で、ハイシーズンは少し多めのマイル数が必要となります。
座席は、国内線の場合は普通席のみの予約で、国際線は全席予約対象となっています。
ただし、片道のみの利用は不可となっていたり、必要最低マイル数が決まっていたりするなど利用条件が決まっているので、しっかりチェックしておきましょう。

JALでは、区間により必要なマイル数が異なるだけでなく、普通席とクラスJなど席によってもマイル数が変わるシステムになっています。
JALは片道だけでも予約可能ですが、最低マイル数は7,500マイル、往復は15,000マイルという決まりがあるので、手持ちのマイル数をきちんと確認しておきましょう。
予約対象は全席となっていて、座席のグレードが上がるとその分マイルも多く必要になりますが、JALカード割引との併用が可能なのでうまく活用すればハイグレードな旅を気軽に楽しめます。

また、ANAでもJALでも、マイル保有者が申し込めば配偶者や子供なども特典航空券を利用できますから、家族旅行もお得になるのでぜひ利用してみましょう。

国際線超過手荷物料金もマイルで払える!

手荷物の個数が増えてしまった、お土産を買いすぎて重量超過してしまったというときにもマイルを使うことができます。
超過手荷物料金は現金で支払う者というイメージがあるかもしれませんが、国際線であればマイルで支払えるのです。
加入しているマイレージカードの航空会社の運航便かつ便名に限られますが、就航している全空港で、乗り継ぎがある場合でもANAやJALなどのマイルを利用できます。

必要なマイル数は個数や超過重量によって変わりますが、JALの必要マイル数を一例に挙げると、個数超過の場合は10,000マイルから、超過重量は6,000マイルからとなっています。
現金で支払う料金と必要マイルに大きな差はありませんが、期限切れ間近や中途半端に余っているマイルがある場合は超過料金の支払いに使ってしまうといいでしょう。

マイルがお得に貯まるおすすめのカード

マイレージプログラムの内容は航空会社によって異なりますし、マイルの還元率や特典も違うので、どんなカードを選ぶかによって貯まりやすさも変わってきます。
自分がよく利用する航空会社を選ぶのは基本ですが、提携しているクレジットカードのスペックも重要です。
といっても、マイルを貯められる機能が付いたクレジットカードはたくさんあるので、どれを選べばいいか迷ってしまうという方も多いでしょう。
そこで、マイルがお得に貯まるおすすめカードを紹介するので、カード選びの参考にしてください。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスの象徴となるローマ兵士の券面ではなく尾翼が描かれているANAとの提携クレジットカードです。
アメックスといえば、持っているだけでステイタスが得られるカードとして有名ですが、このカードはANAのマイルをより貯めやすく、さらに特典を充実させているのが特徴です。

マイルは貯めにくい、というイメージがあるかもしれませんが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードはそのイメージをくつがえしてくれる一枚です。

ANAグループの利用でマイル還元率がアップ!

ポイントの通常加算レートは100円=1Pですが、ANAグループで利用すると1.5倍、ANAグループ便に搭乗すると区間ごとの割り増し10%ボーナスマイルプレゼントなどこのカードで決済するだけでポイントがどんどん貯まります。
また、ANAグルメマイル参加店でカード決済をすれば、通常のポイントに加え、ANAマイレージクラブのマイルが100円につき2マイル積算されます。

一般のカードは、ポイントをマイルに交換するとレートが下がりますが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードのポイント移行コースに登録すれば等価交換になります。つまり、1,000Pであれば1,000マイルとなるので、効率よくマイルを貯められるのです。

ポイント移行コースを活用すれば交換レートがアップ!

ポイント移行コースは年間6,600円の会費がかかりますが、ポイント交換レートがアップしたり有効期限が無期限なったりする特典が付いてきます。
さらに入会時に1,000マイルプレゼント、カードを継続する時にも1,000ポイントのボーナスマイルがもらえる、家族とマイルが合算できるなど、マイルを貯めやすいシステムが整っています。

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイル還元率1.0%以上!無期限で貯まるアメックスカード
マイル付与率1.0%!ANA系列店なら100円で1.5マイル!

詳細を見る

JAL suica CLUB-Aゴールドカード
 JAL suica CLUB-Aゴールドカード

JAL suica CLUB-Aゴールドカード

JAL suica CLUB-Aゴールドカードは、JAL CLUB-Aゴールドカードとビュー・Suicaカードのゴールドサービスを併せた上位カードです。
年会費は20,900円と少し高めですが、その分豪華な特典がたくさん付帯されるのが特徴です。

東京駅構内のビューゴールドラウンジの利用や国内の主要空港ラウンジ、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが無料、空港手荷物サービス優待などゴールドカードならではのVIP感を味わえるのは、このカードの大きな魅力です。

マイルの還元率やボーナスマイルなど特典が盛りだくさん!

JAL suica CLUB-AゴールドカードはVIP感を味わうだけでなく、マイルが貯まりやすいプログラムもしっかり用意されています。
JALグループのフライトやショッピングでは100円につき1マイルという高還元率、搭乗後とのボーナスマイルはプラス25%、マイルが2倍貯まるJALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費が無料、JALホテルでは1泊200~2,000マイルが貯まるなど、マイルを貯めたい人にとって嬉しいサービスが充実しています。

また、入会時初搭乗ボーナスで5,000ポイント、さらに1年間の利用累計額が100万円以上であれば2年目以降も5,000ポイントがもらえるのも、ゴールドカードならではの特典です。

空の旅も陸の旅もお得に楽しめる!

他にも、JR東日本グループ提携施設での優待サービスやETCカード年会費無料、Suicaのチャージや切符・定期券の購入でJREポイントが貯まるなど空の旅だけではなく陸の旅もお得になるサービスが満載なので、いろいろなスタイルで旅行を楽しみながらマイルを貯めたいという方には最適のカードと言えるでしょう。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード (JCB)

陸でも空でも使い倒せる!JALマイルとJREポイントが貯まる
JALマイルとJREポイントが高還元率で貯まる

詳細を見る

JAL 普通カード

 JAL 普通カード

JAL 普通カード
できるだけコストをかけずにマイルを貯めたいという方におすすめなのが、JAL普通カードです。
JAL普通カードは年会費2,200円ですが、入会後は1年間無料となっているので、まったくコストがかけずJALカードや提携しているアメリカン・エキスプレスのサービスが受けられます。

旅がお得になるサービスが充実している

JALカードでは、空港店舗や免税店、機内販売の割引、JALビジネスきっぷでマイルが100%貯まる、JALパックの割引などのサービスがあります。
アメリカン・エキスプレスでは、空港ラウンジ無料や世界8,000以上のホテル、レストランで最大70%の割引などのサービスがあるので、お得に旅行を楽しめるのがメリットです。

リーズナブルな年会費でもマイルが貯まりやすい!

マイルに関しても、入会後初搭乗で1,000マイル、毎年初回搭乗ボーナスで1,000マイル、搭乗ごとのマイルがボーナスでプラス10%の特典が付いてきます。
もちろん、普段のショッピングでも200円で1マイルもらえますし、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会すれば100円で1マイル、JALカード特約店を利用すれば100円で2マイルがもらえます。

今なら、最大12,100マイルがもらえるキャンペーン(※)も行なっているので、とりあえずマイルが貯まるカードを作りたいという方は、早めのお申し込みがおすすめです。
(※)キャンペーンは2021年6月31日申し込み分まで適用

JAL普通カード(アメリカン・エキスプレス・カード)

主要空港ラウンジ無料!海外旅行保険は家族特約付き!
コスパ最強のアメックスカード!半額の年会費で正規の特典とサービス

詳細を見る

まとめ|マイルをお得に使って空の旅を快適に楽しもう!

マイルの積算率や交換レートはポイントよりも複雑なので、どういった使い方が一番お得なのか分かりづらいかもしれません。
そのため、間違った使い方をしてしまうと、せっかく貯めたマイルが無駄遣いになることもあります。
結論を言うと、マイルは航空券などフライトに使うのがもっともお得なので、おすすめカードを活用して上手にマイルを貯めて快適な空の旅を楽しんでください。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points