マイル活用法・まとめ ~航空券が一番得、2番目は電子マネー・各種ポイント~

マイルの活用方法・まとめ

マイルの活用方法は、

  • 航空券
  • 電子マネー・ポイント

の二択と思ってください。その他の選択肢もたくさんありますが、

  • その他は損である
  • 一応「もらったマイル」だから、マイナスになったわけではないが、
  • それでも「できるだけ高い価値」に交換した方がいい

ということです。当たり前ですね。で、「1マイルの価値」が、

  • 一番高くなる…航空券
  • 2番目に高い…電子マネー

となるのです。電子マネーは「1万マイル」からしか交換できないというのがデメリットですが…。

(つまり、大体「100万円分」くらい、買い物しないといけないんですよね)

JALマイルの使い道・一覧

JALマイルの使い道

【出典】https://www.jal.co.jp/jmb/index03.html

JALマイルの使い道を一覧にすると、下のようになります。

 フライト・ツアー

  • JAL国内線
  • JAL国際線
  • 提携各社航空券
  • JALツアー
  • JALクーポン

 アップグレード

  • 国際線アップグレード
  • 国内線 クラスJ アップグレード

 提携ポイント・商品

  • WAON
  • その他の電子マネー・ポイント(Suicaなど)
  • JALギフト
  • JALミニマイル(日常生活で使えるクーポン)

 チャリティ・マイル

  • JALチャリティ
  • JALスポーツイベント

「eJALポイント」への交換は損?

eJALポイント

【出典】http://www.jal.co.jp/jmb/ejalpoint/

JALマイルは「eJALポイント」に交換することもできます。しかし、これは損です。理由は、

  • マイルなら「2円分」の価値がある
  • eJALポイントでは「1.5円」分になってしまう

ということ。

  • JALマイルそのままで、
  • 「特典航空券」(マイルで買える券)を買うと、
  • 円換算で、大体「1マイル…1.5円~2.5円」程度の価値がある

  • 一方「eJALポイント」は「1.5円」で固定される
  • そして「航空券」以外にも使えるかと言ったら、
  • 「ツアー」に使えるだけである

ということ。つまり、両者の違いは、

  • マイル…航空券
  • eJALポイント…航空券・ツアー

で、それぞれ使えるということです。

(マイルは「WAONに交換」など、他にもいろいろ使い道があります。ただ得する使い道は、航空券だけという意味です)

どういう人が、eJALポイントを使うべき?

eJALポイントを使うべき人は、

  • 「ツアー」もポイントで買いたい人
  • (たくさんマイルが貯まっていたら、その方がいいかも)

  • マイルが「失効」しそうな人
  • (eJALポイントに交換すると、期限が1年延びる)

  • 少ないマイルでも、交換できる
  • 「3000マイル」からOK

  • 3000マイルは、円換算で「6000円」なので、
  • どんなチケットも買うことはできない

…ということです。まとめると、

  • ①…「ツアー」も買いたい
  • ②…「失効」しそう
  • ③…「少ない」けど交換したい

ということですね。これらの人だったら、確かにeJALポイントに変えた方がいいです。(仕事が忙しくて、旅行に行けないということはよくあるでしょうからね)

JALの1マイルは、何円の価値があるのか

下のサイトさんを参考に、「航空券に交換した」場合の、価値をまとめます。

  • ANA/JALの1マイルは2円の価値がある
  • http://creditcard123.net/mile/kiso08.html

以下「それぞれのチケット」を買う時、「1マイルが、これだけの価値になった」というものです。

 国内線

  • 東京―大阪…1.52円
  • 東京―沖縄…2.04円
  • 東京―札幌…1.83円
  • 東京―名古屋…2.22円
  • 名古屋―沖縄…1.64円

 国際線

  • 東京―ソウル…2.62円
  • 東京―シンガポール…1.88円
  • 東京―ハワイ…2.61円
  • 東京―ロサンゼルス…2.33円
  • 東京―パリ…2.14円

…という風です。「国内・海外」を両方平均すると「大体、1マイル2円」というのがわかるでしょう。

国内・海外を分けて書くと、

  • 国内線…1.8円~2円
  • 国際線…2円~2.4円

程度の価値があるといえます。(時期によっても変動するので、あくまで目安ですが)

上のデータの補足

これは「一応の補足」なので、読み飛ばしていただいてOKです。

  • 座席…エコノミークラス
  • シーズン…JALなので関係なし(ANAは3シーズンに分かれる)
  • タイプ…先取割引タイプA(1ヶ月前に購入)

ちなみに、「エコノミークラス」だったので「1マイル2円」でしたが、

  • ビジネスクラス…7円程度
  • ファーストクラス…14円程度

と、グレードが上がるほど、価値が膨れ上がっていきます(代わりに、自分の出費も多くなるんですけどね)。

で、このように、

  • JALマイルは本来「1マイル2円」の価値があるので、
  • 「1マイル1.5円」の「eJALポイント」と交換するのは、損

  • ただし、先に書いた「3通り」のケース
  • ①…ツアー希望
  • ②…期限間近
  • ③…少ないけど交換したい

という場合は、eJALポイントに交換するメリットがあります。

電子マネーなら、JALマイルは「1マイル1円」で交換可

電子マネー

【出典】https://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner/

電子マネーや、コンビニなどのポイントだと、JALの1マイルは「1円」で交換できるようになっています。「1マイル1円」で交換できる電子マネーやお店を一覧にすると、下の通りです。

(ファミリーマートは、正確には「1万円で、1万500円」と、少し有利です)

 電子マネー

  • WAON
  • Ponta
  • Suica

 メジャーなポイント

  • Amazon
  • ドコモ(dポイント)

 コンビニ

  • ファミリーマート
  • ローソン

 飲食・レジャー

  • モスバーガー
  • 劇団四季
  • USJ(ユニーバサル・スタジオ・ジャパン)
  • JALシネマ
  • 飛鳥クルーズ

 百貨店・ショッピング

  • こども商品券
  • 東急ポイント
  • 小田急ポイント
  • エムアイポイント(三越伊勢丹)
  • マツモトキヨシ
  • ビックカメラ
  • リンベル・スマートギフト

 交通系

  • 近鉄「Kips」
  • PiTaPaポイント
  • JMB伊予鉄特典
  • nimocaポイント
  • JR「JQポイント」

主なものだけ抜き出すと?

  • Amazon
  • dポイント
  • ファミマ
  • ローソン
  • WAON
  • Suica
  • Ponta

…という所でしょう。これらは、誰でも使えます。Amazonは高齢者の方々などは使えないかも知れませんが、それ以外は、ほぼ誰でも使えるはずです。(使ったことがない、というだけで)

旅行の予定がなければ、電子マネーに

上のように、

  • どれに交換しても、誰でも使える
  • 還元率も悪くない

ということで、JALマイルをどうするか迷ったら、とりあえず、どれか電子マネーにと思っておけばいいでしょう。

  • 航空券の方が、確かに2倍以上になるし、
  • eJALポイントでも「1.5倍」にはなるけど、

  • 人間の「いつか使うかも」は、大抵使わない
  • 「鮮度が良いうち」に、何でも使い切る方がいい

ということです。これは私の経験から何となくいえます(多分、多くの人が実感しているでしょう)。

  • 「いつか使う」という「完璧なタイミング」を待つより、
  • 「60点~80点」で、今すぐ決着する

という方が、大体いい結果に終わるものです。実際、上に書いた通り「電子マネー」の交換は、別に悪い分ではありませんですからね。確実にすぐ使える方で、気持ちよく決着するのもありでしょう。

(すぐに決着するメリットは「処理する情報が少なくなる=脳の負担が減る、ということもあります)

JALマイルで、一番得な電子マネーは「WAON」

WAON

【出典】https://www.jal.co.jp/jmb/index03.html

上の電子マネーの中でも、一番お得なのは「WAON」です。画像のように、Suicaなどを片隅に追いやって、WAONのわんちゃんだけ、一人大きな態度をとっています。

WAON交換

【出典】https://www.jal.co.jp/jalmile/card/waon/mile_waon.html

で、どう得なのかが書かれているのが、上のページです。簡単に書くと、

  • 期間限定で「1万マイル→1万1000円」になる
  • ↑(1000円お得)

  • 一部の会員は「1万マイル→1万2000円」になる
  • ↑(2000円お得)

ということです。「一部会員」というのは、

  • JMB FLYONステイタス
  • JALグローバルクラブ

です。WAONの特典のために、無理にこれらに入る必要はありませんが、すでに入っている方は、WAONがお得…ということですね。

WAONポイントの受け取り方

WAONのポイントの受け取り方は、2通りです。

  • 空港やコンビニの、端末でダウンロード
  • モバイルアプリで、ダウンロード

という風です。持っているWAONのタイプによって違い、

  • WAONカード…コンビニ・空港
  • モバイルWAON…アプリ

という風になっています。簡単なのはアプリの方ですね。

(私、スマホも携帯も使わない人間なのですが、最近スマホがないと、喫煙者ばりに肩身が狭くなってきたな…と感じています。笑)

コンビニは、下の2ヶ所で受け取れます。

  • ファミリーマート…Famiポート
  • イオン…WAONステーション

(イオンはコンビニではなかったですね)

WAONステーションは空港にもありますが「マイルを獲得してすぐ、WAONに交換する」ことはできません。「翌々日から」となっています。この点は注意してください。

「JALギフト」に交換してはいけない

JALも、マイルを「ギフト」に交換することができます。これは損なのでやめましょう。

JALギフト

【出典】https://www.jal.co.jp/jalmile/use/ippin/

↑これがJALのギフトのトップページです。JALらしく、高級感があって良いですね。空港の香水売り場のようです。

で、試しに「リカー」の所を見てみましょう。

JALギフトワイン

「1万マイル」…つまり「1万円」のギフトです。これを「普通に買ったら」いくらするのか、試しに一番左のセットでチェックしてみましょう。

  • 「6本で1万円」なら、
  • 「1本1650円」はしないといけない

ということですね。で、セットを提供している「エノテカ」の本家を見てみると、

エノテカ

【出典】https://www.enoteca.co.jp/item/detail/3576545613B4

このように、カデ・ドック・メルロは「1200円」でした。仮に全部がこの値段だとすると、

  • 6本で「7200円」なので、
  • 例のギフトは「2800円」損する

ということになります。さらに画像を見ると「3本で、20%オフ」となっています。ということは、6本でも20%オフです。(3本セット×2ですからね)

となると、

  • 7200円の20%オフで、
  • 約5800円になる

  • つまりJALギフトの「1万円」のセットは、
  • 実は「5800円」の価値しかない

ということです。

実は、どこのマイルでも同じ

勘違いしないでいただきたいですが、これは「JALのギフトがケチ」というわけではありません。

  • クレジットカードのポイント・マイルを、
  • 商品・ギフトに交換する時は、
  • 「半額の価値」という相場になっている

ということです。なので、半額でなくて「1万円→5800円」だったJALは、むしろ良い方なんですね。

JALでもどこでも「商品に交換」は良くない

ここで書きたかったのは、

  • JALだろうとANAだろうと、
  • ポイント・マイルを「商品」に交換するのは、おすすめできない

ということです。「どうしてもワインが欲しい」という人だったら、なおのこと、

  • 電子マネーやAmazonポイントに交換して、
  • 他の買い物をそれらでして、お金を浮かせ、
  • 浮いたお金で、エノテカから、直接ワインを買う

という風にすべきです。その方が「2倍多く飲める」わけですからね。

ちなみに、エノテカの上のワインの場合は、「直接Amazon・楽天から買う」ことはできませんでした。できますが、送料を考えると、エノテカの方が得です。

ということで、「電子マネーに交換して、そのマネーで買う」わけではないのですが、家計簿全体を見れば、似たようなものです。

(ちなみに、こうやって「手順」が多くなればなるほど、人間はそれを「やりたくなくなる」そうです。だから、震災の後の東電の「被害者への補償」は、申請手続きを、できるだけ複雑にしていたそうです。まあ、そんなものですよね)

ANAのマイルの活用法

ANAマイルの活用法も、JALマイルと同じです。

  • 「航空券」がベスト
  • その次が「電子マネー」

  • 航空券はあくまで「飛行機に乗る予定が、もともとある」時のみ
  • 無理して乗っても、トータルでは損をすることになる

  • しかし、電子マネーは「1万マイル」からしか交換できない
  • つまり、累計「100万円」程度、ANAカードを使う必要がある

  • マイルの期限は3年なので、
  • 1年あたり「30万円」程度利用していれば、
  • 3年間でギリギリ、電子マネーに交換できる

…という風です。もちろん、年間もっと使っていれば、もっと早く電子マネーと交換できます。

ただ、何にしても二番目にお得な電子マネーで、これだけの労力がかかるので、基本的には「マイルの活用方法は、航空券を買うこと」と思っておいた方がいいでしょう。

ANAマイルの使い道・一覧

ANAマイルの使い道

【出典】http://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/
航空券

まず、一番のメインである航空券です。

  • ANA国内線
  • ANA国際線
  • バニラエア航空券
  • 提携各社航空券

日本のLCCがバニラエアしかありませんが、これは、

  • 日本のLCCは、独自のマイルを持っていたり、
  • クレジットカードも発行しているから

という理由です。ジェットスターなどはマイルを持っていませんが、JALと提携している…などですね。

ということで、他社との提携については、ANAの場合「海外の航空会社」の方が多くなっています。

(もちろん、国内については普通にANAに乗ればいいので、まったく問題ないでしょうが)

航空券オプション

続いて、航空券に関するオプションです。座席のクオリティをアップグレードしたり、預けられる荷物の量を増やしたりする…というものです。

  • ANA国際線アップグレード
  • スターアライアンス・アップグレード
  • ANA国際線・超過手荷物
  • ANA SKYコイン
  • ↑(ANAの航空券やツアー)

ANA SKYコインについては、

  • ツアーにも使える、というのがマイルとの違い
  • あと「少ないマイル」でも、コインに変えることができる

というのがメリットです。代わりに、

  • マイルでそのまま使う時よりも、価値が落ちる
  • 3年の有効期限内に、もっと貯められるなら、
  • ANA SKYコインに変えず、マイルのまま保有する方がいい

ということです。何かに交換した分、すり減っていくというのは、外貨でもなんでも当然ですからね。

旅行関連

「旅行関連」の使い道を一覧にすると下の通りです。

  • ホテル
  • レストラン
  • 空港施設
  • レンタカー
  • 空港アクセス(送迎など)

もちろん、ホテル・レストランは「旅行以外」の場面でもOKでしょう。デートなどですね。

ちなみに、「レストラン」の顔ぶれはすごいです。さすがANAの特典だけあって、ゴージャスな高級レストランが並んでいます。ざっと一覧にすると、

  • ザ・ペニンシュラ東京
  • シャングリラホテル東京
  • セントレジスホテル大阪
  • ウェスティンナゴヤキャッスル
  • グランド・ハイアット福岡
  • INTERSECT BY LEXUS-TOKYO
  • プリンスホテルズ&リゾーツ
  • メルセデス・ベンツ・コネクション
  • ザ・リッツ・カールトン
  • ジョエル・ロプション
  • ダイヤモンドダイニング

と言ったものです。高級車系のレストランで、

  • レクサス
  • ベンツ

がありますね。ベンツは空港にもカフェを出しています。羽田空港の「メルセデス・ミー」などですね。

日常の買い物

「日常のショッピング」の用途を一覧にすると、

  • 自動車・車検・カー用品
  • 書籍・CDなど
  • 住宅
  • 美容・健康
  • イベント・レジャー
  • 支援・寄付

となります。「住宅」はマンションの購入で「10万マイル…10万円分」として利用できます。

10万マイルだったら、ビジネスクラスにしたら70万円分くらいの価値なので、個人的にはビジネスクラスのチケットにした方がいいと思います。マンションを買うくらいの所得がある人だったら、ビジネスクラスで旅行することもあると思うので…。

(また、マンションに10万マイルを充当しなければいけないくらい現金がないなら、マンションを買わない方がいいですしね)

JAL・ANA以外でも、マイルはあるのか?

JAL・ANA以外の航空会社(中堅・LCC)でも、マイルがあります。

  • ANA・JALと提携しているものなら、
  • ANA・JALのマイルが使えるので、
  • マイルの使い道の一つになる
  • ↑(航空券なので、還元率も良好)

  • それぞれのLCC・航空会社が出しているマイルは、
  • 外部では使えないか
  • 使えても不便なので、
  • あくまでそれぞれの会社の航空券を買う時のみ、使うべき

…となります。たとえば「AIR DO」のマイルだったら、AIR DOの便を買うなら、10%程度の高還元率となります。(というより、他のものは買えないのですが)

ということで「どこか、特定のLCC・航空会社を使い倒している」という人だったら、ANA・JAL以外のこれらのマイルが、役立つこともあるでしょう。少数派だとは思いますが、以下これらの航空会社・LCCのマイルについて一覧にします。

 独自のマイル・クレジットカードがある

  • AIR DO
  • ソラシドエア
  • スターフライヤー

 独自マイルあり

  • 春秋航空

 JALマイルと提携

  • ジェットスター
  • FDA(フジドリーム・エアラインズ)*共同便のみ

 ANAマイルと提携

  • バニラエア

という風になっています。以下、それぞれ詳しく説明します。

バニラエアは、マイルがない

バニラエア

【出典】http://www.vanilla-air.com/jp/

バニラエアには、マイルはありません。しかし、

  • ANAのマイルと提携しているので、
  • ANAマイルを持っている人は、
  • それを使ってバニラエアの航空券を買える

という風になっています。

 参考ページ

  • バニラエア「Q.マイレージの制度はありますか?」
  • http://www.vanilla-air.com/jp/support/faq/booking/015

ジェットスターも、マイルはない

ジェットスター

【出典】http://www.jetstar.com/

ジェットスターも、マイルはありません。しかし、こちらは「JAL」と提携しています。

  • JALマイルを「使う」こともできるし、
  • ジェットスターを使った人が「JALマイル」を「貯める」こともできる

という風です。マイルの還元率ですが、大体「1マイル2円」なので、JAL・ANA本体のものと同程度です。

どんな人にメリットがあるのか?

これは「JALほど、高級な便でなくてもいい」という人ですね。

  • お金がないので、安くしたい
  • お金はあるが、どうせ短時間なので安くていい
  • むしろ、ジェットスターに一度乗ってみたい

というような理由ですね。必ずしもJALがジェットスターより、常に良いとは限りません。

あくまで私の主観ですが、国内線は、

  • 機内で仕事をする
  • 寝る

という目的がなければ「LCCで全然OK」と思います。

  • どうせ1時間半しか乗らない
  • 「名古屋―岐阜」ですら、特急で1時間はかかる
  • つまり国内線は「ただの電車」に等しい

ということです。電車だったら、誰でも「指定席」さえあれば十分でしょう。なので、「仕事・寝る」などの予定?が無ければ、「LCCの普通のシートでOK」と思います。

 参考ページ

  • JAL「提携社特典航空券…ジェットスター」
  • https://www.jal.co.jp/jalmile/use/partner_air/partner/gk/

Peach(ピーチ)なら、デルタ航空のマイルが貯まる

Peach

【出典】http://www.flypeach.com/

Peach(ピーチ)もマイルは提供していません。そして、JAL・ANAとも提携していません。しかし、

  • デルタ航空と、期間限定で提携している
  • Peachだけではなく、日本全部のエアラインと、デルタが提携するもの

  • 「ニッポン 500 マイル・キャンペーン」というもので、
  • 2017年3月31日まで
  • ↑(何度か延長されているので、今後も延長の可能性あり)

  • Peachでもどこでも、日本の航空会社を使うと、
  • デルタ航空のマイルが「500マイル」たまる
  • 金額換算で、大体「1000円前後」(エコノミーの場合)

ということです。ちなみに、「デルタ航空」はアメリカの航空会社なので、アメリカに行く人は使いやすそうです。(真逆のアフリカになると、多分便がないですね)

デルタ航空のマイルキャンペーン

ついでに、このデルタ航空のマイルキャンペーンについても、補足しておきましょう。というのは、

  • 「Peach マイル」と検索しても、
  • Peachの公式サイトもヒットしないし、
  • デルタ航空のサイトもヒットしない

  • 個人のサイトでこの「キャンペーン」がヒットするが、
  • 個人サイトでは情報源として信ぴょう性が乏しい

ということで、公式サイトから引用します。

デルタ航空

画像の黄色で塗った部分ですが、

すべての日本国内線で、1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルをご獲得いただけます。

「すべての日本国内線」と書かれています。

JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スカイマークなど日本国内線であれば、航空会社、路線、クラスは問いません!

「航空会社」を問わないということは、PeachでもOKということです。できれば、ページ内に「Peach・バニラエア」とか、具体的な社名を全部書いてもらえたら嬉しかったんですけどね(笑)。社名は書かれていないです。

多分、後々ページを更新しなくていいように…ということでしょう。LCCは「スカイマークの経営危機」を見てもわかるように、突然なくなる可能性もありますからね。(にしても、そのくらいの更新の手間は、ウェブの人間からしたら「朝の洗顔」くらいの難易度だと思うのですが…)

  • デルタ航空「ニッポン500マイル・キャンペーン」
  • http://ja.delta.com/content/www/en_US/skymiles/earn-miles/earn-miles-with-partners/airlines/japan-500-bonus-miles-campaign.html

(URL長いです…。笑)

 参考

デルタ航空のクレジットカード・一覧

AIR DOは、「DOマイル」がある

AIR DO(エア・ドゥ)

【出典】http://www.airdo.jp/

AIR DO(エア・ドゥ)は、LCCにしては珍しくマイルがあります。「DOマイル」というものです。

で、このDOマイルは、

  • 「AIR DOの航空券」にしか使えないが、
  • 代わりに「還元率10%」近くある

  • つまり「2万円」の航空券を買ったら、
  • 次のフライトで「2000円」得する

で、これをANAと比較するとどうかというと、

  • ANAは、大体「2%」くらいの還元率
  • 「東京―札幌」だと「500マイル」もらえるのが基本で、
  • この区間は大体「2万円」はする

  • 500マイルは、ANAのエコノミーに使うと、
  • 大体「1000円」の価値である

  • つまり、ANAは「2万円」のフライトで、
  • 大体「1000円」もらえる
  • つまり、還元率は「5%」程度

ということで、両者の還元率を比較すると、

  • AIR DO…10%
  • ANA…5%

ということで「AIR DOの還元率の方が高い」となるわけですね。

ただし、AIR DOの航空券にしか使えない

ただ、これはよく考えると当たり前なのです。というのは、ANAのマイルと違い、AIR DOのマイルは「AIR DOの航空券しか買えない」ため。こういう制限つきだったら、

  • タカシマヤカード・ゴールド…高島屋のみ、還元率10%
  • …マルイのみ、常時10%割引
  • dカード…ドコモの通話料金で、常に還元率10%

という風です。こうやって「1社だけ」に利用先を絞れば「10%還元」は、クレジットカードの世界ではよくあることなんですね。(AIR DOはクレカではないですが)

ANAは電子マネーに交換できる

で、ANAの方は電子マネーにも交換できます。この点で、AIR DOのマイルより断然有利なんですね。というのは、

  • 次の航空券が10%割り引かれるにしても、
  • 残りの「9割」は払わないといけない

  • 「次も飛行機に乗る理由・予定」がある人ならいいが、
  • ない人だったら「このためにわざわざ」飛行機に乗っても、意味がない

  • 一方、ANAは「電子マネー」に交換すれば、
  • コンビニ・スーパーなどで、普通に買い物できる
  • この時の還元率も「1マイル…1円」で、特に不利ではない

ということで、総合的に、ANAの方が有利なんですね。AIR DOの「DOマイル」で得するのは、「AIR DOを使い倒す人」です。(札幌―東京をしょっちゅう行き来するような方ですかね。サッポロビールの社員さんとか)

*「札幌」というのは、AIR DOは「北海道」のエアラインだからです。

スカイマークも、デルタ航空のマイルと連携

スカイマーク

【出典】http://www.skymark.co.jp/

スカイマークは、デルタ航空のマイル「スカイマイル」と提携しています。

  • スカイマークを利用して、デルタ航空のマイルが貯まることはないが、
  • デルタ航空のマイルを、スカイマークで使うことはできる

ということですね。要するに「片方だけ」の提携です。

Peachのキャンペーンとの違い

先に紹介した、Peach(ピーチ)などでも「デルタ航空のマイルが貯まる」というキャンペーン。あれとの違いは、

  • Peachなどの場合は、
  • Peachなどを使うと、
  • 「デルタのマイル」が「貯まる」

  • 「貯まる」のはもちろん嬉しいが、
  • 「すでにデルタ航空のマイルを持っている」人が、
  • Peachなどのフライトに、それを「使う」ことはできない

ということです。一方、スカイマークの方が、

  • スカイマークを利用しても、
  • 「デルタのポイント」が貯まるわけではないが、

  • 「すでに、デルタのポイント」を持っている人は、
  • それを使って、スカイマークに乗ることができる

ということです。要は、それぞれ逆ということですね。

ちなみに、Peachなどに適用される「500マイルキャンペーン」は、スカイマークも対象です。なので、この期間中は、スカイマークの利用でも「デルタのポイントが貯まる」ということですね。(通常は、たまらないというだけで)

 参考ページ

  • デルタ航空「スカイマーク特典旅行 よくあるご質問」
  • http://ja.delta.com/content/www/en_US/support/faqs/skymiles/skymark-airlines-award-travel-faqs.html

ソラシドエアは、マイルもクレカもある

ソラシドエア

【出典】https://www.solaseedair.jp/

ソラシドエアは、マイルもクレジットカードも発行しています。

  • マイルは、ソラシドエアの航空券のみ使える
  • クレジットカードの還元率は0.5%で、平均的なカード
  • ソラシドエアを使い倒す人ならお得

という風になっています。

最短「7回」登場で、「片道無料」

ソラシドエアのマイルのわかりやすい点は、最短7回乗れば、片道無料という基準が示されている点ですね。「最短」とついているので「7回乗れば必ず」というわけではありませんが、「まあ、8回か9回乗れば、どの路線でも無料になるんだろう」というのは、何となくわかります。

ソラシドエアマイル

【出典】https://www.solaseedair.jp/smileclub/

JAL・ANAのマイルでも、期間限定・区間限定でいいので、こういう「わかりやすいシステム」を導入するのもいいかも知れませんね。JAL・ANAのマイルだともう「人々の生活に根付いている」ので、やらなくてもいいかも知れませんが、その他のLCCだったら、こういう「わかりやすさ」で売っていくというのは、ありではないかと。

(だからソラシドエアもやっているのだと思いますが)

マイルって、とにかくわかりにくいんですよね。クレジットカードのポイントもわかりづらいですが、マイルはそれに「輪をかけて」わかりにくいです(笑)。

同じ航空会社の、同じマイル数でも、「どの便を使うか」によって、1マイルの価値が変わりますからね。大体、

  • エコノミー…1マイル2円
  • ビジネス…1マイル7円
  • ファースト…1マイル14円

という基準はありますが。それでも金額の計算をしないといけないので「何回乗れば、1回無料」の、カフェのスタンプカードみたいなシステムの方が、わかりやすくていいと思います。

スターフライヤーは、航空券以外でもマイルが使える

スターフライヤー

【出典】http://www.starflyer.jp/inboard/?gnavibtn05

スターフライヤーも、ソラシドエア同様、

  • マイルもある
  • クレジットカードも発行している

という風です。ソラシドエアより、スターフライヤーの方が優れていて、

  • 「搭乗」以外でもマイルを貯めることができるし、
  • 「航空券」以外にもマイルが使える

という風になっています。つまり、ANA・JALに、やや近いシステムということです。

JAL・ANAには及ばないが…

当たり前ですが、JAL・ANAにはやはり遠く及びません。「貯める」方については、

  • スターフライヤーカードが、
  • VISA・Master・JCBの3通りあるので、
  • 日常の買い物で、マイルが貯められる
  • 還元率も「0.5%」と悪くない(普通)

という風です。ただ、「使う」方がやはりANA・JALよりも不利で、

  • スターフライヤーの航空券か、
  • 井筒屋ポイントのみ

となっています。井筒屋(いづつや)というのは「北九州の百貨店」で、5店舗あります。

なので、スターフライヤーのポイントの利用は、

  • 北九州に住んでいて、
  • 井筒屋をよく使う人なら意味があるけど、
  • あとは使えない

ということですね。もちろん、航空券でスターフライヤーをよく使う…というなら、東京や大阪の人でもOKです。

もちろん、スターフライヤーは中堅の航空会社としてはかなり良い部類なのですが、それでもやはり、こうして「マイルの使い道」を比較すると、ANA・JALがいかに便利なのか、あらためて実感します。

(ANA・JALだけ見ていると、彼らが当たり前のように感じられるんですけどね。中堅の航空会社を見ると、当たり前でないことがよくわかります)

 参考ページ

  • スターフライヤー「マイルを貯める」
  • http://www.starflyer.jp/mileage/getmile/life.html

  • スターフライヤー「マイルを使う(ポイントに交換)」
  • http://www.starflyer.jp/mileage/usemile/point.html

  • 井筒屋公式サイト
  • http://www.izutsuya.co.jp/

FDA(フジドリーム・エアライン)は、JALマイルが使える

FDA(フジドリーム・エアライン)

【出典】http://www.fujidream.co.jp/

FDA(フジドリーム・エアライン)は、独自のマイルやクレジットカードは持っていません。しかし、JALマイルと提携しているので、JALマイルが使えます。

 参考ページ

  • JAL「フジドリームエアラインズとのコードシェア便について」
  • http://www.jal.co.jp/dom/route/codeshare/fda/

JALマイルをFDAで使う時の注意点は、

  • FDAすべての便で利用できるわけではない
  • あくまで「コードシェア便」だけである
  • つまり、JALとFDAが「共同運行」しているもののみ

ということです。ちなみに「コードシェア」(共同運行)とは何かというと、

  • JALが確保している路線・飛行機で、
  • FDAがスタッフなどを提供して、飛行機を飛ばす

というもの。何のためにこれをやるのかというと、

  • JALは「路線・飛行機を貸すだけ」で、人員を割かなくていい
  • FDAは、新たに「路線」を確保する必要がない(人員を出すだけ)

ということです。簡単に書くとFDAが、JALの下請けをやっているようなものです。

下請けというと響きが悪いですが、

  • 最近人気のヒカキンさんは「Youtubeの下請け」だし、
  • 芸能人は全員「事務所・テレビ局の下請け」だし、
  • 大リーガーも、みんな「球団の下請け」だし、
  • 球団はむしろ「親会社」の下請けだし、
  • 漫画家もみんな「出版社の下請け」だし、

こうして書くと「人気の職業ほど、むしろ下請けじゃね?」ということも言えるわけです。なので、別に下請けは悪くないんですね。取り分が少なくなるだけで。

…と、コードシェア便の説明になりましたが、要するに、

  • FDAすべてで、JALマイルが使えるわけではなく、
  • あくまでコードシェア便だけである

ということです。先に書いた「ジェットスター」だったら、すべてJALマイルが使えるので、この点では、

  • ジェットスターの方が、
  • FDA(フジドリーム・エアラインズ)よりも便利

ということです(JALとの提携に関しては)。

春秋航空(スプリングジャパン)もマイルがあるが…

春秋航空(スプリングジャパン)

【出典】http://jp.ch.com

春秋航空(スプリングジャパン)もマイルがあります。マイルの使い道は、

  • 春秋航空の航空券
  • スプリングモールでの商品の購入

…となっていますが、「スプリングモール」というのが、どこにあるのかわかりません(検索しても出ないので、会員限定なのか、中国語なのか…)。

 参考ページ

  • スプリングパス Q&A
  • http://jp.ch.com/PassIntroduce/FAQ5

また、日本語ページをおそらく中国人の方が書いていて、少々読みづらいです。中国人の方にしてはものすごい日本語力ですが、やはり、

  • 「正しい日本語」が話せても、
  • 「読みやすい日本語」にするには、さらに高い壁がある

というのを感じました。要は「日本人のほとんどが、池上彰のような説明はできない」というのと同じですね。

春秋航空をヘビーローテーションする人(中国方面によく行く人)だったら、春秋航空のマイルも意味があると思います。しかし、そうでない方だったら、普通にJAL・ANAのマイルを貯めた方がいいですね。

(当たり前といえば当たり前ですが…)

マイルは、飛行機に乗る人のためのものである

JAL・ANA、それぞれの部分でも書きましたが、、マイルの活用方法は、

  • 商品と交換…損
  • 電子マネー…レートはいいが、1万マイルからなので厳しい

となります。その他の「イベント」とかは正直使わない人が多いはずなので、航空券以外では、上の2つの選択肢になるわけですね。で、

  • 商品…損
  • 電子マネー…難しい

ということで、現実的に一番得するのは航空券を買うことなのです。「マイル=距離」という名前を見ても、やはり「旅行するためのもの」なんですね。(出張でもいいですが)

ということで、

  • 「マイルを貯める」という行為は、
  • あくまで「飛行機に乗る」人がやるもの
  • それ以外の人が貯めても、意味は無い

というのを、まず「基本」と考えてください。さらに言うなら「お金を貯める」基本は、

  • 「稼ぐ&使わない」ことであって、
  • その他のマイルなどは、すべてオプション

ということも、抑えておいてください。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP