国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

Apple Pay、クイックペイは海外でも使える!海外対応クレカや使い方を紹介

Mastercard®コンタクトレスのトップ画像

Apple PayはiPhoneやApple Watchを専用端末にかざすだけでOKのコンタクトレス決済サービスです。日本国内のApple PayはSuicaへの対応もあり、ローカライズされた特殊なものになっています。

しかし、日本のマスターカード、JCB、アメックスのクレジットカードを登録したApple Payなら海外で問題なく使えます。日本で登録した高還元率のクレジットカードでそのままスマホ決済ができます。

日本で登録したApple Pay、クイックペイは海外でも使える!

以前は海外で使えなかった

少し前までApple Payは現地で発行したクレジットカードを登録していなければ使うことができませんでした。つまり、旅行者が気軽に利用できるものではなかったのです。

Apple Payで簡単、安全にお支払いできます現在のApple Payは、日本で登録したApple Pay、そしてQUICPayも海外で問題なく使えます。日本で手に入れたクレジットカードが海外でも使えるように、日本でクレジットカードを登録したApple Payもそのまま海外で使えるのです。

ただし当然のことながら「Suica」だけを登録しているApple Payは使用できません。日本独自の電子マネーだからです。Apple PayのWalletでも、海外と共通のクレジットカードだけが使えるのです。

ただし今でもVISAカードは使えない

ただし一つ注意点があります。VISAのクレジットカードを取り込んだApple Payは日本国内でしか使えません!

海外でApple Payが使えるのは、Wallet内のマスターカード、アメックス、JCBカード、ダイナースクラブのクレジットカードだけです。

これは、MasterCardやJCB、アメリカン・エキスプレス・カードなどの「クレジットカード」が、Apple Payのコンタクトレス決済に対応しているからです。

日本のApple Payが海外でも使えるクレジットカードブランド

  • マスターカード
  • JCBカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード

後で判別法をお教えしますが、これらの国際ブランドのクレジットカードでも一部のカードはWalletへの追加やApple Payでの利用ができません

世界中どこでもApple Payで支払いできるかチェックしましょう。

ダイナースクラブカードは2020年からApple Payに対応

ダイナースクラブカードがApple Payに登場のイメージ

ダイナースクラブカードはApple Payに限らず、長い間、電子マネーには未対応でした。スマホではなくクレジットカードを提示するという昔ながらの支払い方法での支払いしかできなかったのです。。

しかし、2020年についに初めて電子マネーに対応しました。ダイナースクラブカードは2020年4月から、Apple Payに登録できるようになりました。Androidは未対応ですが、Apple Payを搭載したiPhoneやApple Watchで使えるようになりました。

海外でApple Pay、クイックペイに対応しているおすすめカード

マスターカードで高還元率のdカード

dカード

コンビニ最強カード!年会費無料で1%の高還元率!
ローソンやファミリーマートで最大2%お得!年会費永年無料!

詳細を見る

Apple Payでもポイント2倍JCBカード

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

Amazonは常時2%の還元率!常に還元率1%以上で年会費無料
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

詳細を見る

海外利用でおすすめのアメックス

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

玄人好みのアメックス!ゴールドカード級の優待特典!
最初のアメックスとして最適!ビル・ゲイツも使ってる定番のグリーン

詳細を見る

海外でのApple Pay、QUICPayの使い方

お会計時に「Apple Pay」「QUICPay」と言えば大体通じる

Apple Payで簡単、安全にお支払いできます海外でApple Payを使う場合にはレジで「Apple Pay」と言えばたいていは通じます。より正確に「コンタクトレス」と伝えるのも良いでしょう。

ただ言葉だけだと店員さんがわからないかも知れませんから、「Apple Pay」と言った上でiPhoneなどを出して実際に払うふりをすれば完璧です。ボディランゲージ最強です。

日本よりもスムーズにApple Payでの支払いができる国も少なくありません。決済はiPhoneをリーダーにかざすのみでOK、サインや暗証番号入力はもちろん不要です。

Apple Payが使用可能な国のリスト(2021年現在)

  • アジア:中国、日本、シンガポール、香港、台湾
  • 北米:アメリカ、カナダ
  • 南米:ブラジル
  • ヨーロッパ:モナコ、ポーランド、ジャージー島、マン島、ガンジー、バチカン、ウクライナ、イギリス、スイス、スウェーデン、スペイン、サンマリノ、ロシア、イタリア、アイルランド、フランス、フィンランド、デンマーク
  • オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド
  • 中東:アラブ首長国連邦

自分のApple Payが海外で使えるか判断する方法

WALLET内にブランドロゴがあれば海外でApple Payが使える

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのデバイスアカウント番号表示画面

もし、登録したカードが海外でのApple Pay支払いに対応しているかどうか不安な時は、Walletアプリで確認することもできます。

登録カードの右下に表示される「i」ボタンを押し、デバイスアカウント番号の欄に「MasterCard」「American Express」「JCB」という文字と共に番号が出ていれば問題ありません

海外でもそのままApple Payでスマホ払い(コンタクトレス決済)ができます。

ダイナースクラブカードのApplePayも国内・海外のMasterCardのお店で使える

Mastercard®コンタクトレスマーク一方でダイナースクラブカードは少し特殊です。ダイナースクラブカードは「Mastercard®コンタクトレスマークのある海外の店舗で利用できる」仕様だからです。

マスターカードマークを出すわけにはいかないので、国内用のQUICPay(クイックペイ)のマークしかありません。

海外でもApple Payが使えるクレジットカードとコンタクトレス決済

  • マスターカード「Mastercardコンタクトレス」
  • JCBカード「JCB Contactless」
  • アメリカン・エキスプレス・カード「American Express Contactless」
  • ダイナースクラブカード「ダイナースクラブ コンタクトレス(タッチ決済)」

これらの国際ブランド名が出てくるクレジットカードは、海外仕様の非接触IC型決済サービス=コンタクトレス決済に対応したクレジットカードなので海外でもApple Payが使えます

海外で日本のApple Pay、QUICPayがそのまま使える理由

Apple Payは日本国内と海外で支払いシステムが違う

Mastercardカードのコンタクトレス決済のイメージ

Master Cardコンタクトレスのロゴイメージ「i」ボタンでの確認で「Master Card」と表示された場合、海外ならばマスターカードの「Mastercardコンタクトレス」で支払いが行われます。

一方、日本では日本独自仕様の「QUICPay(クイックペイ)」で支払いが行われます。

  • 国内のApple Pay支払い…QUICPay/iDなどの日本独自の電子マネー払い
  • 海外のApple Pay支払い…MasterCard/JCB/AMEXなどのクレジットカード払い

国内/海外で2つの支払い方法が使えるので、デバイスアカウント番号にも2つの番号が表示されるのです。

マスターカードやJCB、アメックスでも提携カードはApple Payが利用できなかったりする

Apple Payはマスターカードのクレジットカードが最も対応枚数が多いのですが、アメリカン・エキスプレス・カードなどの提携カードだとそもそもApple Payで使えない=Walletに取り込めないものも多いです。

そのクレジットカードがApple Payで使えるかどうかは、利用者の口コミを見たり、実際にクレジットカード会社に問い合わせるのが確実です。

というのも、同じ国際ブランドやクレジットカード会社でも対応が異なるからです。

海外でApple Pay、クイックペイが使えるクレジットカード

マスターカードのdカードなら海外でもApple Pay

dカード

コンビニ最強カード!年会費無料で1%の高還元率!
ローソンやファミリーマートで最大2%お得!年会費永年無料!

詳細を見る

ダイナースクラブカードも海外対応!Apple Payで

ダイナースクラブカード

アメックスを凌ぐステータス!プラチナマスターカードも付帯
プラチナマスターカードと2枚持ち!アメリカンエキスプレスカードを凌ぐ品格&利便性

詳細を見る

JCBカードも海外OK!Apple Payでもポイント2倍

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

Amazonは常時2%の還元率!常に還元率1%以上で年会費無料
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

詳細を見る

アメックスもApple Payで海外スマホ払いが可能

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

玄人好みのアメックス!ゴールドカード級の優待特典!
最初のアメックスとして最適!ビル・ゲイツも使ってる定番のグリーン

詳細を見る

ブランドの名前が出てこないカードは海外でApple Payが使えない

SMBCカードのデバイスアカウント番号

ただし、単なるデバイスアカウント番号しか表示されないようならば、海外では利用できません。日本国内でのみ利用できるサービスとなります。今一度登録するクレジットカードを見直すようにしてください。

下はWalletに取り込んだ三井住友VISAカードのSMBCカード(キャッシュカード一体型クレジットカード)のWallet画面です。

残念ながらVISAブランドだったので、Apple Payに取り込めたのにデバイスアカウント番号しか出てきませんでした。これでは海外では使えません

日本でのApple Payは特殊な立ち位置

Apple Pay(Wallet)にSuicaが追加されます。日本でのApple Payは、Suica、iD、QuickPayと提携し、これらの各加盟店で使えるようになっています。SuicaまたはiDかQuickPayを登録したクレジットカードを登録すれば、Apple Payによる決済ができるようになっているのです。

日本国内の仕様に特化した「日本版Apple Pay」になっているといっても過言ではありません。

とくにSuicaはiPhone上部に直接かざして残高情報を読み取って登録するようになっていて、登録後はSuicaのカードは使えなくなるなど、他のクレジットカードにはない特殊性があります。また、カード型のSuicaを持っていなくても、Suica番号を発行するだけでApple Payに登録することも可能です。

日本でApple Payを使う時の注意点

マスターカードのロゴとApple Payのロゴ仮にApple PayにSuicaだけを登録したとすると、利用できるのはSuica加盟店のみになります。iDやQUICPayでも同様ですが、そもそも自分のクレジットカードがどちらに対応したものなのか知らない人も多いかもしれません。

なぜなら、どちらに対応するかはカード会社が自動的に決めているからです。

もし、クレジットカードを登録してApple Payを使うならば、カード会社にiDとQUICPayのどちらに対応しているのか聞いておくようにしましょう。

現段階ではiDのみQUICPayのみに対応というお店も結構あるので、できればそれぞれに対応しているクレジットカードを複数登録しておけば安心です。

Apple PayでSuicaを使うならSuicaアプリも必要

iPhoneのSuicaならチャージ(入金)残高が少なくなっても 改札機にタッチして入出場するだけで オートチャージ可能Apple PayにSuicaを登録すると、駅の販売機でチャージすることができなくなります。クレジットカードなどでチャージしなければいけませんが、Apple Payに登録したクレカでは不可能です。

SuicaアプリならばVISAカードでのチャージができるようになるので、必ずインストールしておくようにしましょう。

国内でのApple Payの支払い方法

実際に国内でApple Payで支払いをする際には「Apple Payで」とだけ告げてもスタッフは対応できません。必ず、Suica、iD、QUICPayのどれで支払うのか伝えるようにしましょう。

Suicaは一部自動販売機などを除いてWalletアプリを立ち上げる必要はありません。iPhoneをリーダーにかざせば支払いが完了します。一方、iDやQUICPayではWalletアプリを起動し、指紋認証または顔認証をした後にiPhoneをリーダーにかざすという流れです。

Apple Pay、クイックペイは海外でも使えるまとめ

以上のように、日本国内でのApple Payサービスは特殊な状況にあります。しかし、ポイントやマイルをためるのに何ら不都合はないので、どんどん使うようにしてみてはいかがでしょうか。

かつて、Apple Payは自国で発行されたクレジットカードしか紐付けることができませんでした。

しかし、今ではどの国のクレジットカードであってもMasterCardコンタクトレスのような非接触IC技術に対応してさえいれば、問題なくApple Payを利用することができます。日本のクレジットカードを登録したApple Payを海外で使うこともできるというわけです。

ただ現段階ではApple Payが使えない国もあります。もし、海外旅行先などでApple Payを利用したいならば、事前に調べておくようにしましょう。

海外でApple Pay、クイックペイが使えるおすすめカード

マスターカードで高還元率のdカード

dカード

コンビニ最強カード!年会費無料で1%の高還元率!
ローソンやファミリーマートで最大2%お得!年会費永年無料!

詳細を見る

Apple Payでもポイント2倍JCBカード

JCB CARD W/W plus L 【JCB ORIGINAL SERIES】

Amazonは常時2%の還元率!常に還元率1%以上で年会費無料
年会費無料でポイント2倍!WEB入会限定/39歳までが申し込める新しいJCBカード

詳細を見る

海外利用でおすすめのアメックス

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

玄人好みのアメックス!ゴールドカード級の優待特典!
最初のアメックスとして最適!ビル・ゲイツも使ってる定番のグリーン

詳細を見る

ダイナースクラブカードも海外対応!Apple Payで

ダイナースクラブカード

アメックスを凌ぐステータス!プラチナマスターカードも付帯
プラチナマスターカードと2枚持ち!アメリカンエキスプレスカードを凌ぐ品格&利便性

詳細を見る

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points