日本のApple Payは海外でもそのまま使えます!対応するクレジットカードはマスターカード、JCB、アメックス!

Mastercard®コンタクトレスのトップ画像

Apple PayはiPhoneやApple Watchを専用端末にかざすだけでOKのコンタクトレス決済サービスです。日本国内のApple PayはSuicaへの対応もあり、ローカライズされた特殊なものになっています。

しかし、ご安心ください。日本のマスターカード、JCB、アメックスのクレジットカードを登録したApple Payなら海外で問題なく使えます。国内でも海外でもApple Payを積極的に活用すれば、ハワイでも台湾でも両替は不要!日本で登録した高還元率のクレジットカードでそのままスマホ決済ができちゃいます。

日本で登録したApple Payは海外でも使える?

以前は日本のApplePayは海外で使えませんでした!しかし、今は問題なく海外で使えます

MastercardコンタクトレスとAppleWATCHの組み合わせ日本のApple Pay事情は特殊であるということがわかりました。そうなると気になるのが「日本で登録したApple Payを海外でも使えるのか?」という点です。海外旅行や出張の際にもApple Payでの支払いは可能なのでしょうか?

少し前までApple Payは現地で発行したクレジットカードを登録していなければ使うことができませんでした。つまり、旅行者が気軽に利用できるものではなかったのです。

日本のクレジットカードは海外でそのまま使える!同じく日本のApple Payも海外でそのまま使える!

Apple Payで簡単、安全にお支払いできます現在のApple Payは、日本で登録したApple Payも海外で問題なく使えます。日本で手に入れたクレジットカードが海外でも使えるように、日本でクレジットカードを登録したApple Payもそのまま海外で使えるのです。

ただし当然のことながら「Suica」だけを登録しているApple Payは使用できません。日本独自の電子マネーだからです。Apple PayのWalletでも、海外と共通のクレジットカードだけが使えるのです。

ただしVISAは使えない!一部使えないApple Payのクレジットカードがあります!

×印を出す会社員ただし一つ注意点があります。VISAのクレジットカードを取り込んだApple Payは日本国内でしか使えません!海外でApple Payが使えるのは、Wallet内のマスターカード、アメックス、JCBカードのクレジットカードだけです。

これは、MasterCardやJCB、アメリカン・エキスプレス・カードなどの「クレジットカード」が、Apple Payのコンタクトレス決済に対応しているからです。

日本のApple Payが海外でも使えるクレジットカードブランド
  • マスターカード
  • JCBカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード

後で判別法をお教えしますが、これらの国際ブランドのクレジットカードでも一部のカードはWalletへの追加やApple Payでの利用ができません。世界中どこでもApple Payで支払いできるかチェックしましょう。

間違いなく海外でApple Payが使えるクレジットカード3選

マスターカードのdカードなら海外でもApple Pay

JCBカードも海外OK!Apple Payでもポイント2倍

アメックスもApple Payで海外スマホ払いが可能

海外でのApple Payの使い方

海外でApple Payを実際にどう使う?お会計時に「Apple Pay」と言えばたいてい通じます

Apple Payで簡単、安全にお支払いできます海外でApple Payを使う場合にはレジで「Apple Pay」と言えばたいていは通じます。より正確に「コンタクトレス」と伝えるのも良いでしょう。ただ言葉だけだと店員さんがわからないかも知れませんから、「Apple Pay」と言った上でiPhoneなどを出して実際に払うふりをすれば完璧です。ボディランゲージ最強です。

日本よりもスムーズにApple Payでの支払いができる国も少なくありません。決済はiPhoneをリーダーにかざすのみでOK、サインや暗証番号入力はもちろん不要です。

Apple Payが使用可能な国のリスト(2018年12月現在)
  • アジア:中国、日本、シンガポール、香港、台湾
  • 北米:アメリカ、カナダ
  • 南米:ブラジル
  • ヨーロッパ:モナコ、ポーランド、ジャージー島、マン島、ガンジー、バチカン、ウクライナ、イギリス、スイス、スウェーデン、スペイン、サンマリノ、ロシア、イタリア、アイルランド、フランス、フィンランド、デンマーク
  • オセアニア:オーストラリア、ニュージーランド
  • 中東:アラブ首長国連邦

私のApple Payは海外で使える?クレジットカードの判別法

WALLET内のクレジットカードにブランドロゴがあれば海外でApple Payが使えます!まずは確認!

Apple Payで出ているMastercardコンタクトレスのマークもし、登録したカードが海外でのApple Pay支払いに対応しているかどうか不安な時は、Walletアプリで確認することもできます。

登録カードの右下に表示される「i」ボタンを押し、デバイスアカウント番号の欄に「MasterCard」「American Express」「JCB」という文字と共に番号が出ていれば問題ありません。海外でもそのままApple Payでスマホ払い(コンタクトレス決済)ができます。

Walletに「MasterCard」「American Express」「JCB」と書いてあればそのまま使えます!

下記は日本のアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを登録したWalletの管理画面。デバイスアカウント番号の欄に「American Express」と書かれています。このApple Payなら海外でそのまま使えます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのデバイスアカウント番号表示画面

海外でもApple Payが使えるクレジットカードとコンタクトレス決済
  • マスターカード「Mastercardコンタクトレス」
  • JCBカード「JCB Contactless」
  • アメリカン・エキスプレス・カード「American Express Contactless」

これらの国際ブランド名が出てくるクレジットカードは、海外仕様の非接触IC型決済サービス=コンタクトレス決済に対応したクレジットカードなので海外でもApple Payが使えます

海外で日本のApple Payがそのまま使える理由

Apple Payの肝であるMasterCard/JCB/AMEXのコンタクトレス決済とは?

Mastercardカードのコンタクトレス決済のイメージ
代表的なコンタクトレス決済であるMasterCardコンタクトレスを例に取ると、MasterCardコンタクトレスとは、MasterCardが開発した非接触IC技術のことです。MasterCardコンタクトレス搭載のクレジットカードは、どこかにWi-Fiアイコンに似た非接触対応マークが付いているのが目印になります。

MasterCardコンタクトレスは世界68カ国、300万店舗以上で利用可能です。中にはApple Pay未対応の国も含まれていますが、いずれにせよ、世界中のスーパー、ドラッグストア、レストラン、ホテル、ファーストフード、タクシーなどで利用できることに変わりはありません。

Apple Payは日本国内と海外で支払いシステムが違う

Master Cardコンタクトレスのロゴイメージ「i」ボタンでの確認で「Master Card」と表示された場合、海外ならばマスターカードの「Mastercardコンタクトレス」で支払いが行われます。一方、日本では日本独自仕様の「QUICPay(クイックペイ)」で支払いが行われます。

  • 国内のApple Pay支払い…QUICPay/iDなどの日本独自の電子マネー払い
  • 海外のApple Pay支払い…MasterCard/JCB/AMEXなどのクレジットカード払い

国内/海外で2つの支払い方法が使えるので、デバイスアカウント番号にも2つの番号が表示されるのです。

マスターカードやJCB、アメックスでも提携カードはApple Payが利用できなかったりする

注意をしてくれる犬のおまわりさんApple Payはマスターカードのクレジットカードが最も対応枚数が多いのですが、アメリカン・エキスプレス・カードなどの提携カードだとそもそもApple Payで使えない=Walletに取り込めないものも多いです。

また、ダイナースクラブカードはApple Payに対応していません。さらに、現時点ではVISAは独自のコンタクトレス決済の普及を目指しているため、VISAの文字が表示されることはあり得ません。

国際ブランドの名前が出てこないクレジットカードは海外でApple Payが使えません!VISAに注意

デバイスアカウント番号のみが表示されたiPhoneの画面ただし、単なるデバイスアカウント番号しか表示されないようならば、海外では利用できません。日本国内でのみ利用できるサービスとなります。今一度登録するクレジットカードを見直すようにしてください。

下はWalletに取り込んだ三井住友VISAカードのSMBCカード(キャッシュカード一体型クレジットカード)のWallet画面です。残念ながらVISAブランドだったので、Apple Payに取り込めたのにデバイスアカウント番号しか出てきませんでした。これでは海外では使えません

SMBCカードのデバイスアカウント番号

日本でのApple Payは特殊なもの?

日本国内でのモバイル決済サービスといえば、Suica、iD、QUICPay(クイックペイ)という独自のコンタクトレス決済システムが主流です。そのような状況下でApple Payはどのような位置づけになっているのでしょうか。

まさに「日本版Apple Pay」と化している

Apple Pay(Wallet)にSuicaが追加されます。日本でのApple Payは、Suica、iD、QuickPayと提携し、これらの各加盟店で使えるようになっています。SuicaまたはiDかQuickPayを登録したクレジットカードを登録すれば、Apple Payによる決済ができるようになっているのです。

日本国内の仕様に特化した「日本版Apple Pay」になっているといっても過言ではありません。

とくにSuicaはiPhone上部に直接かざして残高情報を読み取って登録するようになっていて、登録後はSuicaのカードは使えなくなるなど、他のクレジットカードにはない特殊性があります。また、カード型のSuicaを持っていなくても、Suica番号を発行するだけでApple Payに登録することも可能です。

日本でApple Payを使う時の注意点

マスターカードのロゴとApple Payのロゴ仮にApple PayにSuicaだけを登録したとすると、利用できるのはSuica加盟店のみになります。iDやQUICPayでも同様ですが、そもそも自分のクレジットカードがどちらに対応したものなのか知らない人も多いかもしれません。なぜなら、どちらに対応するかはカード会社が自動的に決めているからです。

もし、クレジットカードを登録してApple Payを使うならば、カード会社にiDとQUICPayのどちらに対応しているのか聞いておくようにしましょう。現段階ではiDのみQUICPayのみに対応というお店も結構あるので、できればそれぞれに対応しているクレジットカードを複数登録しておけば安心です。

Apple PayでSuicaを使うならSuicaアプリも必携

iPhoneのSuicaならチャージ(入金)残高が少なくなっても 改札機にタッチして入出場するだけで オートチャージ可能Apple PayにSuicaを登録すると、駅の販売機でチャージすることができなくなります。クレジットカードなどでチャージしなければいけませんが、Apple Payに登録したクレカでは不可能です。SuicaアプリならばVISAカードでのチャージができるようになるので、必ずインストールしておくようにしましょう。

国内でのApple Payの支払いはどのようにする?

実際に国内でApple Payで支払いをする際には「Apple Payで」とだけ告げてもスタッフは対応できません。必ず、Suica、iD、QUICPayのどれで支払うのか伝えるようにしましょう。

Suicaは一部自動販売機などを除いてWalletアプリを立ち上げる必要はありません。iPhoneをリーダーにかざせば支払いが完了します。一方、iDやQUICPayではWalletアプリを起動し、指紋認証または顔認証をした後にiPhoneをリーダーにかざすという流れです。

Apple Payってどんなサービス?

最近、◯◯ペイという、さまざまなスマホ決済システムが新聞記事やネットなどで話題になっています。魅力的なサービスが数ある中で、とくに注目したいのがApple Payです。iPhoneユーザーならばぜひ活用したいApple Payとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

Apple Payは2015年にスタートしたスマホ決済サービス!iPhoneでお支払い!

会計時に「クイックペイで支払います」と伝えてかざすだけで支払い完了。Apple Payは2015年に誕生した電子マネーサービスです。iPhoneはもちろん、iPadやApple Watchなどを専用端末にかざすだけでOKの、サイン・暗証番号入力不要なコンタクトレス決済ができることが特長です。

そんなApple Payは2015年秋にスタートしました。クレジットカードだけではなくデビットカードと紐付けて使うこともできます。Walletという専用アプリで管理しますが、少額でも利用するごとにメールが届くので安心です。

使いやすさが魅力のApple Pay

Apple Payを使い始めるには、Walletアプリを立ち上げて、対応しているクレジットカードまたはデビットカードの登録を済ませましょう。スマホのカメラで撮影するか、カード番号を入力するかどちらかでクレジットカードとの紐付けは完了です。

もし、クレジットカードの登録が上手く行けば、カードの券面がWalletに表示されるようになります。カード会社によっては電話をかけるなど、もう一段階アクションが必要な場合もあるので注意してください。

Apple Payのメリットは手軽で安全にスマホ払いができること!

スマホの画面を見せる人のイラストApplePayを使うメリットはセキュリティの高さといっても過言ではありません。Apple Payはクレジットカードと紐付けて使用することになりますが、実際のカード番号とは違うデバイスアカウント番号というものが割り振られます。

つまり、Apple Payはクレジットカードにさらにもう一段階、ガードがかけられている状態です。これまで「クレジットカードは万が一の不正使用が怖い」と、考えていた人にもおすすめできるApple Payといえます。

Apple Payのデメリットは使えないクレジットカードがあること!

電話で泣いている男性Mastercardなど多種多様なクレジットカードと紐付けて使えるApple Payですが、じつはVISAカードを利用することはできません。年々、Apple Payに対応するクレジットカードが増えているにもかかわらず、VISAだけは距離を置いている状態が続いているのです。

また、ダイナースクラブカードはApple Payに限らず電子マネーには未対応です。スマホではなくクレジットカードを提示するという昔ながらの支払い方法での支払いしかできません。

三井住友VISAカードや楽天VISAカードはApple Payに対応している?

三井住友VISAカード、楽天VISAカードなどはApple Payに登録することができます。じつはこれはVISAだからではなく楽天カードや三井住友カードというカード会社がApple Payに対応しているからです。

ただし、三井住友VISAカードカードや楽天VISAカードの場合はSuicaにチャージできません。また、ネットショッピングの支払いにも使えないので気をつけましょう。

Apple Payならばどんどんポイントがたまる?

「Apple Payを使うようになって、クレジットカードのポイントがたまりやすくなった」という人もいます。いったいなぜ、そのようなことが起きるのでしょうか。

Apple Payならば少額決済も堂々とクレカ支払いできる!

American Express with Apple Payのイメージ

たとえば、コンビニで100円、200円のものを購入する際にクレジットカードはなかなか出しにくいものです。まして、それがアメックスなどのステイタスカードともなればなおさら……。しかし、ステイタスカードほどポイント還元率も良く、100円で1ポイント以上がつくこともめずらしくありません。本当は、どんな小額決済でもカード払いにしたいところです。

そんな時こそ役に立つのがApple Payです。Apple Payならば、たとえどんなステイタスカードを紐付けていたとしても、外からはわかりません。「アメックスで100円の買い物」も堂々とできますし「塵も積もれば山となる」方式でどんどんポイントもたまるわけです。

Apple Pay支払いは追加マイル対象外になる!クレジットカードの特典までは取り込めない

日本国内でApple Payを使う場合、QUICPayでの支払いとなることも少なくありません。ここで問題となるのが、ANAアメックスカードをApple Payに登録していたとしても「QUICPayでの支払い」と認識されると、追加マイル対象外になってしまうという点です。

たとえば、通常ならばセブンイレブンでANAアメックスカードを使った場合、200円につき1マイルが追加されます。しかし、Apple Payで支払いをするとQUICPay決済となり、追加マイル対象外となってしまうのです。

Apple Payではクレジットカードの一部の特典が使えない!

もし、ポイントやマイルを賢く貯めたいならば、Apple Payとクレジットカード払いを賢く使い分けることをおすすめします。Apple Payならばコンビニでの少額決済の他、クレジットカード未対応の牛丼チェーン店や自動販売機などでもコツコツとポイントをためることができます。

セブンイレブンやローソンをはじめ、コンビニではクレジットカードや電子マネーを使い分けるのがおすすめです。お得な使い方は下記を参考にして下さい。

Apple Payとクレジットカード支払いを賢く使い分ける!

一方、セブンイレブンのようにANAアメックスカードに追加マイルサービスを提供している店舗では、クレジットカードを使うようにしましょう。このように、Apple Payとクレジットカードの二刀流で、メキメキとポイントやマイルをためてみてはいかがでしょうか。

登録カードに注意したいApple Pay

Apple Payではひとつのデバイスにつき最大で8枚までのカードを登録できます。どれをメインカードにするか選択できるので、ポイント還元率、マイル加算率が一番良いカードを登録するようにしましょう。

日本のApple Payは海外でもそのまま使えるまとめ

海外でも日本のApple Payはそのまま使える!JCBやマスターカード、アメックスがおすすめ

以上のように、日本国内でのApple Payサービスは特殊な状況にあります。しかし、ポイントやマイルをためるのに何ら不都合はないので、どんどん使うようにしてみてはいかがでしょうか。

かつて、Apple Payは自国で発行されたクレジットカードしか紐付けることができませんでした。しかし、今ではどの国のクレジットカードであってもMasterCardコンタクトレスのような非接触IC技術に対応してさえいれば、問題なくApple Payを利用することができます。日本のクレジットカードを登録したApple Payを海外で使うこともできるというわけです。

注意!VISAやダイナースカード、一部の提携カードは使えません!

しかし、現段階ではApple Payが使えない国もあります。もし、海外旅行先などでApple Payを利用したいならば、事前に調べておくようにしたいところです。

Apple Payの良いところは、どんな少額決済でも堂々と使えるところです。じつはステイタスカードと紐付けていたとしても、外からはうかがい知ることができません。日本でも海外でも、あらゆるシーンでApple Payで決済をして、コツコツとポイントをためてみてはいかがでしょうか。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP