電子マネーチャージ活用法 ~税金の支払いでもポイントが貯まる~

クレジットカードの電子マネーチャージ

電子マネーとは「nanaco・楽天Edy・Suica」などのことです。普通、これらのカードには「現金」でチャージをします。

(たとえばSuicaだったら、JRの券売機などでチャージをしますね)

そして、このチャージを現金ではなく、クレジットカードでするという方法があります。なぜクレジットカードでチャージするといいのか、そのメリットを説明します。

電子マネーチャージのメリット

これは「チャージするだけでポイント・マイルが貯まる」ということ。チャージの手数料はかかっていないので、「完全にお得」なのです。

電子マネーにチャージするというのは「お金を買う」ようなものですからね。「100円で、100円を買った」のに「ポイント・マイルが付いてきた」…ということです。完全に「錬金術」のようなものですね。

その電子マネーを使うと、さらにポイントが貯まる

この錬金術には続きがあり、今度「チャージした電子マネーで、買い物をする」のです。たとえば「セブンイレブンで、nanacoを使って買い物する」としましょう。

そうすると、「nanacoポイントが、1%還元される」んですね。それに加えて、チャージの時でも、クレジットカードの方で1%還元されているので、下のようになるのです。

  • クレジットカードのチャージ時点…1%還元
  • nanacoでの買い物時点…1%還元

これで合計「2%の還元」になるわけですね。チャージの時1%還元されるかどうかは、そのクレジットカードの還元率にもよります。ただ、このようなクレジットカードは多くあり、これを「ポイントの二重取り」と呼びます。

税金の支払いでも、ポイントが貯まる

税金の支払いでは、クレジットカードは使えません。しかし、電子マネーなら、唯一nanacoが使えます。そして、これでnanacoのポイントをためることができるかですが…。

普通だと、できません。「税金の支払いで、nanacoのポイントはつかない」のです。しかし、「クレジットカードからnanacoにチャージする時点では、ポイントが付く」ので、これによって「税金の支払いでも、間接的にnanacoポイントを貯めることができる」というわけです。

nanacoチャージでポイントが貯まるカード

nanacoへのチャージは、どのクレジットカードでもポイントが還元されるわけではありません。nanacoチャージでポイントがつくのは、下の一覧のクレジットカードになります。

  • リクルートカード
  • Yahoo!JAPANカード
  • 楽天カード
  • 楽天プレミアムカード
  • P-one Wiz
リクルートカードは「改悪」されたが…

リクルートカードについては、いくつか種類がある中で「リクルートカードプラス」については、2016年9月から「nanacoチャージでは、ポイントがつかない」となりました。これまではnanacoチャージで2%の還元率だったのが、0%になったということで、nanacoショックなどと呼ばれています。(クレジットカード業界では)

プラスではない「普通のリクルートカード」では、まだnanacoチャージで還元されるようになっています。

nanacoチャージの還元率

上で一覧にしたクレジットカードの、nanacoチャージでの還元率も合わせて比較しましょう。

  • リクルートカード…1.2%
  • 楽天カード…1.0%
  • 楽天プレミアムカード…1.0%
  • Yahoo!JAPANカード…1.0%
  • P-one Wiz…0.5%

こうして見ると、リクルートカードプラスの改悪はあったとはいえ、やはりリクルートカードが、今でもnanacoチャージの還元率では一番お得…ということがわかります。

自営業・個人事業主には大きなメリット

この「税金のnanacoでの支払いによってポイントを貯める」というのは、自分で納税する必要がある、個人事業主・会社経営者・自営業・法人代表者などの職業・属性の方々にとって、特にメリットとなります。

というのは、この方法は、サラリーマンのように「自分で納税しない人」には使えないテクニックだからです。逆に、自営業・個人事業主などの方々は「自分で納税しないといけない」ので、その納税の時に、この方法が使えるわけですね。

こう書くとサラリーマンが不利なようですが、そうとも限りません。言うまでもないことですが、下のような理由です。

  • そもそも、個人事業主・自営業は不安定である
  • クレジットカードの審査すら通らないことが多い
  • よほど稼いでいる人でなければ、1%還元されてもたかが知れている

ということです。一番重要なのは最後の「稼いでいなければ、還元されたもたかが知れている」ということ。私も個人事業主なのでこれは痛感していますが、自営業・個人事業主の方々は、こういう小さいことに神経を使うより、本業に専念して、圧倒的に稼ぐ方がいいのです。

もちろんこういう裏技を追求したり勉強したりするのは、知的好奇心が刺激されるし、クレジットカード業界の仕組みもわかるので、面白いものです。なので、「お金が年間数万円還元される趣味」と思えばいいものですが、これを本気で「お金のため」にやっているとしたら、それはちょっと「非合理的」という気もします。

(お金が好きなようで、実はそれほど好きでもない。お金のことをわかっていないということですね)

Suicaのチャージなら、ビューカードがお得

当たり前ですが、Suicaのチャージでマイル・ポイントをためたいなら、Suicaを管理しているJR東日本が出す「ビューカード」(Suicaカード)がおすすめです。

ビューカードでSuicaにチャージする時の還元率は「1.5%」です。普通のチャージのときではなく「オートチャージ」という「残高が少なくなったら、自動的にクレジットカードからチャージするシステム」での還元率になりますが、これを設定するだけなので、実質「1.5%の還元率」と言っていいでしょう。

オートチャージだと、還元率が高くなる理由

なぜオートチャージだと高還元率になるのか。理由は「どんどん使ってもらえる」からです。自分でチャージしなくても常に残高がある状態だと、利用者はSuicaの残高を気にせずに、ガンガン買い物します。普通のチャージで「今日はSuicaの残高が足りない」という時には諦めたかもしれない買い物も「ついつい、買ってしまう」わけです。

そのため、ビューカードの売上も、Suicaの利用実績も両方伸びるわけですね。JR東日本としては非常にいい展開なので、そうしたオートチャージに対しては高還元率を設定してくれるのです。

(リボ払い専用のクレジットカードだと、還元率が高くなるというのも同じ理由です)

WAONのクレジットカードチャージ

WAONへのチャージは、少々還元率が低く、一番高いクレジットカード(イオンカードなど)でも「0.5%」となっています。そして「WAONで買い物した時」の還元率も「0.5%」なので、二重取りをしても、WAONの還元率は「1.0%」となります。

なので、二重取りで「2%以上」になるnanacoと比較すると、旨味は半分になります。しかし「特にイオンモールでよく買い物する人なら、WAON&イオンカードの組み合わせが便利」なので、活用するメリットは大きいでしょう。

イオンカードの「セレクト」を選ぶ

イオンカードにも複数の種類がありますが、WAONへのチャージでポイントが貯まるのは、イオンカードセレクトだけとなっています。つまり、普通のイオンカードではダメなんですね。

(例えばイオンカードSuicaだと、WAONはスイカのライバルなので、ポイントをつけてはいけないわけです)

ということで、WAONのクレジットカードチャージをお得にしたいのであれば、イオンカードセレクトを発行するようにしましょう。

電子マネーチャージは「改悪」が進む

途中で「nanacoの、リクルートカードプラスの改悪」について書きましたが、こういう「還元率の改悪」は、あちこちのクレジットカードで起きています。他に有名なものでは「漢方スタイルクラブカード」などがありますね。

なぜ改悪が起きるのか?

これは電子マネーチャージの活用法が、ネットで共有されるようになったからです。以前はせいぜい雑誌にしか載っていなかったので、知っている人は限られていたのです。

「そういう方法があるらしい」ということは知っていても、たとえばWAONの「イオンカードでは還元されないが、イオンカードセレクトならOK」というような「細かい情報」は、みんな知らなかったのです。しかし、それがネット上で事細かに比較・研究できるようになったんですね。

当然ですが、電子マネーチャージの還元分は「クレジットカード会社が負担している」わけです。ただの錬金術で、お金が増えていくわけはありませんからね。

となると、クレジットカード会社にとってはこれは負担なのです。あまり広まっていなかった頃は「顧客サービス」として大目に見ていたでしょうが、これだけ拡散されてしまうと「経営の圧迫」になってしまうわけですね。

この流れは、今後もしばらく続くでしょう。どれだけネット上で共有されても、クレジットカード会社にとって痛くないレベルまで、すべての還元率が下がった段階で、落ち着いて収束…という流れになるはずです。

「おいしい話」などない

これはクレジットカードに限らず、投資でもビジネスでもすべてに言えることですが、「おいしい話」など、どこにもないのです。あっても一時的なものであり、すぐに消滅します。(おいしければ、皆が集まってきてその価値が薄れるのは、当たり前だからです)

また、還元率のメリットを受けるには「たくさん買い物する」必要がありますが、「その買い物は、本当に必要なのか?」という大前提から考えるべきです。当然ですが、「100万円買い物して、2万円還元された」としても、その買い物が不要だったら「98万円損している」わけです。

もちろん「本当に必要な買い物」「ポイント・マイルの還元がなくても買うようなもの」だったら、「2万円が空から降ってきた」ようなものです。そういう場合は、クレジットカードの還元は非常にいいものでしょう。

個人的には、クレジットカードや電子マネーについては、趣味で調べるならいいですが、お金のためにやるべきではないと思っています。途中でも書いた通り「普通に自分の本業に専念して稼ぐ」方が、よほどお金を手元に残せるからです。

「節税」も同じ

これは節税でも同じです。結局節税に裏技などなく、「自分の仕事を知り尽くして、高確率でお金が戻ってくる所につぎ込む」しかないわけです。その読みを外さないためには、ひたすら仕事をするしかないのです。

大変なようですが、そうして自分が努力している間に、キリギリスのような怠惰な同業者が没落して、自分がますます有利になる…と想像すれば(少々性格が悪いですが)それなりに嬉しいのではないでしょうか。

(努力した人が報われるのだから、これはいい社会です。キリギリスが落ちることの正しさは、旧ソ連や昔の中国が証明してくれているわけです)

クレジットカードの還元率にしても、電子マネーチャージの活用法にしても、最終的には「自分の利益」のためにやるわけです。ならば利益とは何か?という、一番の問いと向き合わなければいけません。そして「私の利益は、これである」と決まったら、それを「最大」にすることを考えるべきです。その手段が電子マネーチャージだったらそれでいいのですが、多分違うでしょう。古今東西、電子マネーチャージの活用でお金持ちになった人など、いないのです。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
入会キャンペーン
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP