国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

iPhoneでおすすめの電子マネーは?お得になる使い方も紹介!

電子マネーをお得に使う女子高生のイメージ

iPhoneで電子マネーとの組み合わせがお得なクレジットカード3選

交通系電子マネーSuica×iPhonegでお得

「ビュー・スイカ」カード

還元率最大1.5%のビューカード!実質年会費無料で定期券付き
Suica利用でポイント還元率1.5%!オートチャージでポイント3倍!

詳細を見る

iD×iPhone(Apple Pay)でお得

dカード

コンビニ最強カード!年会費無料で1%の高還元率!
ローソンやファミリーマートで最大2%お得!年会費永年無料!

詳細を見る

楽天edy×iPhoneで使うとお得

楽天カード

還元率1%の高還元率カード!学生や専業主婦も審査に通る
いつでもどこでも還元率1%で楽天ポイントが貯まる!楽天市場は3%の高い還元率

詳細を見る

iPhoneでおすすめの電子マネーはSuica!

Suicaを、Apple Payで。さあ次のスイスイへ

iPhoneでおすすめの電子マネーとしては間違いなくSuicaでしょう。

モバイルSuicaならスマホでカンタンにチャージすることができるので、時間と場所を選ばずチャージできるのが魅力です。カードタイプのSuicaはビューカードでしかチャージできませんが、モバイルSuicaならその他のクレジットカードからもチャージできます。

還元率1.5%の最強の電子マネーになる

さらにSuicaの場合、『「ビュー・スイカ」カード』などで知られるビューカードと組み合わせれば高還元率で利用することができます。

Suicaへのチャージや定期券の購入で利用すると還元率1.5%という高還元率で利用できます。iPhoneの電子マネーで選ぶなら、現状ではSuica一択といってもいいくらいです。

次点で楽天edyもお得でおすすめ

楽天Edyが使えるお店を探すイメージ

楽天Edyのロゴマーク流通系電子マネーで圧倒的な発行枚数を誇っているのが楽天の発行する楽天Edyです。8,000万枚を超える発行枚数は、追随するWAONやnanacoを大きく引き離しています。

ちなみにWAONがおよそ4,000万枚、nanacoがおよそ3,000万枚なので、楽天Edyの発行枚数がいかに圧倒的なのかおわかりいただけるでしょう。

ちなみにWAONとnanacoは同じ時期(2007年4月)にスタートしましたが、もともとイオンにはクレジットカード会社がグループとして存在していいたこと、そしてイオンのある地域一体でWAONの普及を図ったことによる成果です。

楽天Edyの場合はすでにSuicaの登場前から「Edy」という名前で展開されており、Suicaの登場とともにそれに便乗して駅や園周辺で一気に利用が拡大してきたという背景があります。

現在では楽天スーパーポイントを使ってチャージできるという利便性もあいまって、利用者が急増しました。

流通系電子マネーは特定店舗で圧倒的にお得

QUICPayをはじめよう!ピッとかざしてお買い物。

流通系電子マネーの特徴は、その発行元で活用することで高還元率な利用が可能という点です。楽天Edyなら楽天市場など楽天グループで、WAONならイオンで、nanacoならセブンイレブンやイトーヨーカドーで活用度が高まりますし。特に楽天Edyは実店舗の加盟店数も約40万店舗と、他の流通系電子マネーの倍以上です。利用シーンの広さは群を抜いています。

ただし、流通系電子マネーの場合、その発行会社のサービスを利用しない人にとっては活用度が低いです。イオンやイオングループのお店が近くにない人にとってはWAONを持っていても意味がありませんし、セブンイレブンやイトーヨーカドーの利用回数が非常に少ない人がnanacoを持っていても活用する意味はほぼありません。

また地域によっても強い弱いが在り、たとえば沖縄では楽天Edyが最強でした。他の電子マネーが全く使えない状況でも、楽天Edyだけは受け付けてくれました。

クレジットカード系電子マネーは利便性がは高いがお得度はそれなり

Google PayのQUICPayは会計時に「クイックペイで支払います」と伝えてかざすだけその反面、クレジットカード系の電子マネーは比較的利便性が高めです。クレジットカード系の電子マネーには、iDとQUICPayがあります。

これらは発行や利用にクレジットカード会社が大きく関わっていることから、「クレジットカード系」と呼ばれます。

QUICPayはJCBが主体となって運営され、iDはNTT ドコモが主体となって三井住友カードなどが提携してクレジットカードに搭載し、展開されました。

現状、発行枚数に関してはQUICPayよりもiDの方が圧倒的な普及率をみせています。

iDの発行枚数が約2,000万枚に迫る勢いなのに対し、QUICPayは約400万枚ほどです。ただし、加盟店数ではほぼ同じなので基本的な使い勝手は変わりません。

こうしたクレジットカード系電子マネーはSuicaや流通系の電子マネーと比べると還元率が低いので、iPhoneでお得に電子マネーを使いたい方にはあまりおすすめできません。

iPhoneなら電子マネーApple Payを活用するのもおすすめ

Apple Payなら、電子マネーのiDで。

iPhoneのSuicaならチャージ(入金)残高が少なくなっても 改札機にタッチして入出場するだけで オートチャージ可能現在日本政府が推し進めているキャッシュレス決済の拡大においてスマホ決済は非常に大きな役割を期待されています。

そんなスマホ決済の代表格が、Apple Payやおサイフケータイといったスマホ決済アプリの存在です。

Android利用者であれば、以前からおサイフケータイの活用度が非常に高いですし、ちょっと使い勝手が悪かったAndroid PayもGoogle Payとしてリニューアルされて使い勝手が格段にアップしてきています。

また、iPhoneもiPhone7以降の機種においてApple Payの利用が可能になり、SuicaほかQUICPayやiDも利用できるようになっています。

Apple Payの場合、利用できるのが交通系電子マネーのSuicaとクレジットカード系電子マネーのQUICPayおよびiDとなっていますので、先にご紹介したベストな組み合わせで利用することができます。

iPhoneでおすすめの電子マネーまとめ

Apple Payに登録された複数のクレジットカードの画面

電子マネー戦国時代ともなりつつある現在、消費者としては「いかにシンプルかつ便利に使いこなすか?」が問われています。

すべての電子マネーを持ったとしても、それらすべてを効率的に使いこなすのは難しいです。先述したようにイオンをほとんど使わないのにWAONを持っていたり、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどが近くにないのにnanacoを持っていても活用度は下がります。

それなら加盟店数が多く、事前チャージ不要で手間のかからないクレジットカード系のようなタイプがおすすめできます。

Suicaなどの交通系電子マネーを組み合わせて利用することで日常のほんとどのシーンを電子マネーで決済してしまうことができ、さらに効率的です。

iPhoneで電子マネーとの組み合わせがお得なクレジットカード3選

交通系電子マネーSuica×iPhonegでお得

「ビュー・スイカ」カード

還元率最大1.5%のビューカード!実質年会費無料で定期券付き
Suica利用でポイント還元率1.5%!オートチャージでポイント3倍!

詳細を見る

iD×iPhone(Apple Pay)でお得

dカード

コンビニ最強カード!年会費無料で1%の高還元率!
ローソンやファミリーマートで最大2%お得!年会費永年無料!

詳細を見る

楽天edy×iPhoneで使うとお得

楽天カード

還元率1%の高還元率カード!学生や専業主婦も審査に通る
いつでもどこでも還元率1%で楽天ポイントが貯まる!楽天市場は3%の高い還元率

詳細を見る

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points