nanacoチャージならセブンカード・プラスがおすすめの理由!nanacoとの利便性も比較!

nanacoとセブンカードプラスの組み合わせのイメージ

電子マネー「nanaco」といえば、セブンイレブンなどでお得な電子マネーとして人気です。セブンカード・プラスはそんな電子マネーnanacoと組み合わせて使える最強クレジットカードです!

nanacoには「nanacoクレジットチャージ」に登録済のクレジットカードから手軽にチャージすることが可能です。しかもクレジットカードによってはチャージ分もポイントを獲得することが可能で、クレジットカードとも相性の良い電子マネーとしても人気です。

しかし、2020年3月12日以降からは、nanacoにチャージ可能なクレジットカードは『セブンカード・プラス』など、株式会社セブンカード・サービス発行のクレジットカードだけに限定されました。

「じゃ、これまでOKだったクレジットカードではもうnanacoチャージできないの?」など、この仕様変更に伴って生じる様々な疑問について詳細を解説していきます。

nanacoのクレジットカードチャージが仕様変更

2020年3月からnanacoクレジットチャージに新規登録できるのはセブンカード・サービス発行のカードのみ!

セブンカード・プラス

nanacoへのチャージは、これまで様々なクレジットカードが対応してきましたが、2020年3月12日以降からは『セブンカード・プラス』や『セブンカード・プラス(ゴールド)』など、セブンカード・サービスが発行するクレジットカードだけに限定されました。そのため、2020年3月12日以降は、セブンカード・サービスが発行するクレジットカード以外はnanacoクレジットチャージに登録することができなくなりました。もちろん、高い還元率でnanacoへチャージ可能だった他のクレジットカードも新規登録できなくなりました。

仕様変更以前にnanacoクレジットチャージに登録済なら継続して利用OK!

ただし、セブンカード・サービス発行のクレジットカード以外でnanacoクレジットカードチャージに登録できなくなるのは2020年3月12日以降ですので、2020年3月11日以前にnanacoクレジットカードチャージに登録してあるクレジットカードについては引き続きチャージすることが可能で、これまで通りに利用OKです。

クレジットカードチャージ以外の方法は従来通り!店頭やセブン銀行ATMなどでチャージOK

nanacoチャージの仕様が変更されたのはクレジットチャージだけです。現金チャージの方法に変更はありません。

現金でnanacoチャージする方法
店頭でチャージ セブンイレブンのレジで店員にチャージの旨を伝えて希望のチャージ額を支払い、nanacoカードやnanacoアプリをレジにかざして終了
セブン銀行ATMでチャージ セブン銀行ATMの画面指示に従って操作すればOK
nanacoチャージ機でチャージ 画面に表示される案内に従って操作すればチャージ可能
外貨でチャージ ポケットチェンジ端末(空港や駅に設置されている外貨両替サービス端末)に外貨硬貨や紙幣を入れてチャージ可能

現金チャージの場合は、以上のような選択肢があります。

nanacoチャージでお得なのはセブンカードプラスだけ!

nanacoチャージでお得なクレジットカードの選び方

nanacoのクレジットチャージ仕様変更でお得にチャージできるのはセブンカード・プラスしか選択肢がない

nanacoクレジットチャージ

これまでも、nanacoチャージでお得なクレジットカードなどについては、様々な場所で紹介されてきていましたが、これからは『セブンカード・プラス』や『セブンカード・プラス(ゴールド)』などのセブンカード・サービス発行のクレジットカード以外は選べなくなりました。

  • セブンカード
  • セブンカード(ゴールド)
  • セブンカード・プラス
  • セブンカード・プラス(ゴールド)

nanacoクレジットチャージに対応できるのは、以上のカードのみです。

このうち、『セブンカード』についてはすでに新規募集が停止されていますし、『セブンカード・プラス(ゴールド)』はインビテーションがなければ入会することができません。そのため、これからnanacoチャージの目的でクレジットカードを選ぶ場合は、『セブンカード・プラス』しか選択肢がないことになります。

すでにnanacoのクレジットチャージへ登録してあるクレジットカードなら更新や紛失による再発行でも継続利用可能!

nanacoクレジットチャージ_ワンポイント解説

ただし、先述しましたように、2020年3月11日以前にnanacoクレジットチャージに登録済のクレジットカード(セブンカードやセブンカード・プラス以外のクレジットカード)に関しては、引き続いてnanacoチャージを利用することが可能です。

一部では、「すでにnanacoクレジットチャージに登録してあるクレジットカードでも、カードの有効期限を迎えて更新する際には、nanacoクレジットチャージへ登録することができなくなる」という情報がありますが、それは誤りなので注意してください。

すでにnanacoクレジットチャージに登録済のクレジットカードの場合、有効期限を迎えてもカード情報を更新すれば引き続きnanacoチャージが可能ですし、紛失などに伴って再発行した場合でも問題なくnanacoクレジットチャージが利用できますので安心してください。

nanacoチャージがポイント対象外になるクレジットカードが続出

nanacoチャージは今後はセブンカード・プラスのみに一本化される可能性も否めず

このところ、各クレジットカードでnanacoチャージに対する変更が目立ってきています。例えば、以下のような例が挙げられます。

リクルートカードプラス 還元率2.0%の超高還元率で人気だったが2016年にnanacoチャージはポイント付与対象外
※リクルートカードプラスも現在は新規募集を停止
リクルートカード nanacoほかモバイルSuicaなどの電子マネーチャージで付与されるポイントが月30,000円までという制限が設けられる(全ての電子マネーチャージの総額)
Yahoo!JAPANカード nanacoチャージのポイント還元率1.0%から0.5%へと変更後、現在ではポイント付与対象外
ライフカード nanacoチャージのポイント還元率0.25%という変更を経て、現在ではポイント付与対象外
P-one Wiz 還元率1.5%でnanacoチャージ用のカードとしても人気があったが現在ではポイント付与対象外
楽天カード 還元率1.0%でnanacoチャージが可能だったが、現在ではポイント付与対象外

nanacoチャージでも還元率1.2%という高還元率で人気の『リクルートカード』では、nanacoを含む電子マネーで30,000円までのチャージ分しかポイント付与の対象にならなくなりました。nanacoやモバイルSuicaなど各電子マネーへのチャージ総額が月30,000円を超える分はポイントが付与されなくなったわけです。

また、nanacoチャージでも還元率1.0%だった『Yahoo!JAPANカード』に至っては、nanacoチャージで還元率0.5%という改悪を経て、現在ではポイント付与の対象外となってしまっていますし、ライフカード(JCB)でもポイント付与率が下げられたあとにポイント付与停止、その他、『楽天カード(JCB)』などもポイント付与対象外となってしまいました。

現在nanacoクレジットチャージでポイントが付与されているカードもいずれはポイント付与対象外となる可能性も否定できず

sevev_card_plus

各クレジットカードでnanacoチャージに対する変更が続いている上に、2020年3月12日以降は『セブンカード・プラス』しかnanacoクレジットチャージに登録できなくなってしまっていることを考えると、今後はnanacoチャージでお得になるクレジットカードが『セブンカード・プラス』だけに一本化されていくのかもしれないといった推測も決してオーバーではないでしょう。

現在、『リクルートカード』や『JMBローソンPontaカードVisa』といったnanacoクレジットチャージが可能なカードを所持していてクレジットチャージを利用している方は、今後の動向にも注目しておいた方がよさそうです。

セブンカード・プラスとnanacoではどっちがお得?

セブンカード・プラスはセブンイレブンやイトーヨーカドーで還元率1.0%!nanacoチャージ+利用でも1.0%

sevev_card_plus

ご存知のように、『セブンカード・プラス』はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどで還元率1.0%という高還元率カードです。獲得できるポイントプログラムはnanacoポイントで、貯めたnanacoポイントを電子マネーnanacoへのチャージに利用できる便利なポイントプログラムです。

nanacoチャージでは還元率が0.5%に下がってしまうものの、nanacoでの支払いで0.5%のポイントが貯まるので、チャージ+nanaco決済を組み合わせることで還元率が1.0%になります。

ただし、『セブンカード・プラス』の還元率が1.0%になるのはセブン&アイグループだけです。その他の通常ショッピングでは還元率が0.5%となるので、平凡なクレジットカードへと成り下がってしまいます。セブン&アイグループの利用頻度が低かったり、ほとんどnanacoを利用しない人が所有してもメリットがないカードです。

セブンカード・プラス+アプリのセブンマイルで還元率1.5%!

セブンマイル

セブン&アイグループなら、アプリの利用で「セブンマイル」が貯まります。200ごとに1マイルが貯まるので、還元率は0.5%です。セブンイレブンやイトーヨーカドーほか、ロフト、アカチャンホンポ、西武・そごうの各スマホアプリで表示されるバーコードをショッピング時に読み取ってもらえばセブンマイルを獲得できます。また、セブンネットショッピングやイトーヨーカドーネットスーパーなどを利用できる「オムニ7」を利用することでもセブンマイルが獲得可能です。

各店舗のセブンマイル獲得方法
セブンイレブン レジにてセブン-イレブンアプリの会員コード画面を提示する
※7iDの会員情報に登録してあるnanacoカードやnanacoモバイル(Androidのみ)での支払いならアプリの提示不要でセブンマイルが貯まる
イトーヨーカドー レジにてイトーヨーカドーアプリの会員コードを提示する
※7iDの会員情報に登録してあるnanacoカードやnanacoモバイル(Androidのみ)での支払いならアプリの提示不要でセブンマイルが貯まる
ロフト レジにてロフトアプリのアプリIDを提示する
アカチャンホンポ レジにて7iDでログインしたアカチャンホンポアプリのポイントカード画面を提示する
西武・そごう レジにて西武・そごうアプリの会員コード画面を提示する

各店舗で獲得したセブンマイルは50マイル単位でnanacoポイントに交換できます。『セブンカード・プラス』の還元率が1.0%ですから、上記リアル店舗でアプリを提示して『セブンカード・プラス』で決済すれば合計で1.5%の還元率となりお得です。

nanacoは基本還元率0.5%!税金の支払いでもポイントをゲットできるお得な電子マネー!現金で税金を支払うよりお得

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでnanacoを利用すると200円ごとに1ポイントが貯まります。還元率にすると0.5%ということになるので、単純に還元率だけで比較すればnanaco単独で利用するよりも、『セブンカード・プラス』で決済した方がお得です。また、上述のとおり『セブンカード・プラス』からnanacoにチャージすると0.5%のポイントも獲得できるので、いずれにしてもnanaco単独より『セブンカード・プラス』を絡めた方がお得感は高めです。

ただし、nanacoならセブンイレブンで税金などの支払いなどにも利用できるのがメリットです。税金などの支払いではnanacoポイントはまりませんが、事前に『セブンカード・プラス』でチャージしておけばチャージ分のポイントを獲得できますので、nanacoでの税金支払いなら還元率0.5%でポイントを獲得できる計算です。税金の支払いでポイント還元を受けられるのがnanacoの最大のメリットであり、現金で納付するよりもはるかにお得です。

nanacoのメリットは税金の支払いにも利用できること!逆にデメリットもあるので注意

nanaco_card

nanacoのチャージ限度額は50,000万円までです。しかし、センターお預かり分としてさらに50,000円を預けておけるので、合計10万円分をチャージしておけます。つまり、nanaco1枚で10万円以内までの税金を支払えます。仮に90,000円分の税金を支払ったとすると、450ポイントが還元される計算です。

ただし、nanacoの場合は1回のクレジットチャージでは30,000円までしかチャージできません。しかもチャージ可能なのは1日に1回までなので、50,000円チャージするためには2日間に分けなければならないというデメリットがあります。

そしてnanacoの場合、ただチャージしただけでは電子マネーとして使えません。チャージが完了した段階ではセンターお預かりとなっているので、レジで残高確認をお願いするか、セブン銀行ATMを利用して自分で残高確認をする必要があります。この残高確認の作業が完了すると、ようやく、「センターお預かり分」からnanacoの残高に移行されるシステムになっています。

さらに、また2日間に分けてnanacoに50,000円チャージすれば、その分はセンターお預かり分になるので、nanaco残高+センターお預かり分で合計10万円をnanacoへ入金しておくことができるわけです。当然ながら50,000円を使ってしまえば残高はゼロになりますが、また残高確認をすればセンターお預かり分が残高に反映されて、そのまま決済に利用できるわけです。手順をまとめておきますと、

手順1 5万円のチャージを2回(2日)に分けて行う
※1度に3万円まで(1日1回)しかクレジットチャージできないため
手順2 セブン銀行ATMもしくはレジにてnanacoの残高確認をする
※これでセンターお預かり分からnanaco残高に反映される
手順3 再度「手順1」と同じように5万円を2回(2日)に分けてチャージする
※このセンターお預かり分5万円と「手順1」でチャージした残高5万円を合わせて10万円になる

以上のようになります。「チャージ→センターお預かり分→残高確認」という工程を経なければnanacoの残高に反映されないことと、nanacoに10万円分を入金するのに正味4日かかる点がデメリットとなります。

デメリットよりもメリットの方が秀逸!最大13万円×5も可能なので高額な税金も支払える!

ちなみに、『セブンカード・プラス(nanaco一体型)』ならnanacoへのオートチャージが可能です。オートチャージでは最大で30,000円のチャージが可能なので、上述の10万円を加えれば13万円以内の税金を支払える計算です。

しかもnanacoは、セブンイレブンでなら1回の支払いにnanacoを5枚まで利用できます、つまり、13万円を超えてしまうような高額な税金でもカバーできてしまう秀逸なメリットを持ち合わせています。

セブン&アイグループではセブンカード・プラス!その他はセブンカード・プラスでチャージしたnanacoで支払うのがお得

sevev_card_plus

以上のことから考えますと、イトーヨーカドーやセブンイレブンでの利用なら『セブンカード・プラス』で支払い、同時にアプリの提示でセブンマイルを獲得する方法がもっともお得な利用方法となり、お得度ならnanacoよりも『セブンカード・プラス』に分があります。

ただし、セブンイレブンでの税金や公共料金支払いなどの際はnanacoが大活躍します。これらはクレジットカードでは支払いできませんがnanacoなら支払いできますし、『セブンカード・プラス』でチャージ(還元率0.5%)しておけば税金や公共料金等の支払いでも実質的なポイント還元を受けているのと同じなので非常にお得です。このように、上手な使い分けをすることで両者の特徴を活かせます。

セブン&アイグループ各店のアプリとnanacoの連携方法

セブン-イレブンアプリやイトーヨーカドーアプリとnanacoを連携させておくと便利

先にご説明しましたが、『セブンカード・プラス』はセブン&アイグループ各店のアプリと組み合わせることで還元率が1.5%にアップします。内訳をおさらいしておきますと、

  • セブンカード・プラスで支払うと還元率1.0%
  • アプリ提示でセブンマイルが0.5%の還元率で貯まる

以上のような内容です。

ただし、先に挙げた「各店舗のセブンマイル獲得方法」の表にも記載しましたが、セブン-イレブンアプリとイトーヨーカドーアプリの場合は、アプリと連携させて紐づけたnanacoで支払えはアプリを提示しなくてもセブンマイルを獲得できます。わざわざアプリを提示する必要がないので手間もかからずお得です。

この場合でも、実質的な還元率は1.5%になります。

  • セブンカード・プラスからnanacoにチャージして還元率0.5%
  • nanacoで支払って還元率0.5%
  • セブンマイルが還元率0.5%で付与される

以上のように、セブン-イレブンアプリやイトーヨーカドーアプリなら、アプリとnanacoを連携させておくだけで『セブンカード・プラス』で支払う場合の還元率と変わらずに利用できます。しかもアプリの提示が不要な分だけ、『セブンカード・プラス』よりも手間がかからないメリットがあります。

では、セブン-イレブンアプリやイトーヨーカドーアプリとnanacoを連携させる具体的な方法についてご紹介します。

セブン-イレブンアプリとnanacoを連携させる方法

nanacoとアプリの連携には、「アプリとnanacoカードの連携」と「アプリとセブンカード・プラス(nanaco一体型)の連携」がありますが、いずれも「nanacoとアプリを連携させる」ということに違いはありません。

手順1:メニューを開く セブン-イレブンアプリを起動し、画面左上の三本線をタップしてメニューを開く
手順2:7iD会員情報を開く メニューの最上部にある「7iD会員情報」をタップして開く
手順3:nanaco番号の登録 「7iD会員情報」ページ下部にある「nanacoを登録する」をタップして、登録したいnanaco番号を入力する
※nanaco番号はnanacoカードの裏面下部に記載
手順4:7桁の番号を入力 「nanacoカードをお持ちの方」をタップ(モバイルnanacoは「nanacoカードをお持ちでなく、パスワードをお持ちの方」をタップ)して、nanacoカードの裏面にある7桁の番号を入力して「次へ」をタップ(モバイルnanacoはnanacoパスワードを入力)
手順5:登録の完了 「登録する」をタップして登録完了

操作自体は決して難しくありません。手元にnanacoカードを用意しておけば簡単に完了します。

尚、『セブンカード・プラス(nanaco一体型)』の場合は、アプリと連携したnanaco払いでのみアプリの提示が不要になります。『セブンカード・プラス』でのクレジット払いを選択した場合や現金払いの場合はアプリを提示しないとセブンマイルが付与されないので注意してください。

イトーヨーカドーアプリとnanacoを連携させる方法

次に、イトーヨーカドーアプリとnanacoを連携させる操作方法についてご紹介します。

手順1:メニューを開く イトーヨーカドーアプリを起動し、画面左上の三本線をタップしてメニューを開く
手順2:7iD会員情報を開く メニュー下部にある「7iD会員情報変更」をタップして開く
手順3:nanaco番号の登録 メニュー下部にある「nanaco番号の登録変更」をタップするとnanaco番号の入力画面に切り替わるので、nanaco番号を入力して「nanacoカードをお持ちの方」をタップする(モバイルnanacoの場合は、「nanacoカードをお持ちでなく、パスワードをお持ちの方」をタップ)
手順4:7桁の番号を入力 nanacoカードの裏面にある7桁の番号を入力(モバイルnanacoの場合はnanacoパスワードを入力)して「次へ」をタップ
手順5:登録の完了 内容を確認して「登録する」をタップして登録完了

こちらもセブン-イレブンアプリと同様に、nanacoの連携で難しく点は一切ありません。

また、イトーヨーカドーアプリの場合もセブン-イレブンアプリと同様に、『セブンカード・プラス(nanaco一体型)』を利用する際はアプリと連携したnanaco払いでのみアプリの提示が不要になります。クレジット払いや現金払いではアプリの提示をしないとセブンマイルが付与されませんので注意してください。

まとめ|nanacoをお得に使うならセブンカード・プラス一択!

今後nanacoのクレジットチャージに新規登録するならセブンカード・プラス以外は選べない

nanacoのクレジットチャージについての仕様変更を中心にご紹介してきました。仕様変更に伴う主な要点をまとめておきますと、

要点1 2020年3月12日以降はnanacoクレジットチャージに新規登録できるのはセブンカード・サービス発行のカードのみになった
要点2 2020年3月11日以前にnanacoクレジットチャージに登録済のカードについては引き続き利用OK
要点3 セブンカード・サービス発行のカード(セブンカード・プラスなど)以外のカードであっても、2020年3月11日以前にnanacoクレジットチャージへすでに登録済であれば、カード更新時や紛失による再発行時でもそのままカード情報を更新してnanacoクレジットチャージの利用が可能

以上の3点となります。

その他、『セブンカード・プラス』とnanacoを、それぞれお得に使いこなす方法などについてもご紹介しました。

クレジットチャージについての仕様変更こそあったものの、税金でも実質的なポイント還元が受けられるというnanacoの最大のメリットは引き続き享受できます。これからnanacoの活用を検討される方は、ぜひ『セブンカード・プラス』への入会も合わせて検討してみましょう。

ランキング
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2020 Agoora.inc.

TOP