国内最大級372枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

WAONチャージでお得な方法、クレジットカード2種類を紹介!

電子マネー WAON [ワオン]をチャージ(入金)するイメージ

WAONにチャージする方法で一番お得な方法を紹介。イオンカードセレクトとJALカード+JMB WAONの2つを主軸に紹介しています。イ

オンカードセレクトはWAONポイント、JALカードの方はマイルを貯めたい方にオススメ、といった趣旨です。

WAONチャージでお得な方法を紹介!

クレジットカードでのオートチャージがお得でお手軽!

WAONオートチャージイメージ

クレジットカードがおすすめな理由にオートチャージが可能であることがあります。

一応説明しますと、オートチャージとはその名の通り自動でチャージしてくれる機能のこと。WAON内の残高が指定金額以下になると、指定した金額をその場でチャージしてくれる、といった内容です。なのでチャージが不要になるので、最も楽なのです。

クレジット・オートチャージがおすすめ理由はもう1つあり、チャージ時にクレジットカードのポイントが付与される為です。

しかし、どのクレジットカードもポイントがつくわけではないので注意しましょう。WAONへのチャージの場合、ポイント付与対象になるクレジットカードは2つしかありません。

イオンカードセレクトと、JALカード+JMB WAONです。

イオンカードセレクトとJALカード+JMB WAONのみがお得にポイント還元

WAONチャージ時にポイント付与対象になるクレジットカードは上記の2つです。イオンカードセレクトは『イオンカード』と見た目がよく似ているので注意しましょう。

JALカードはイオンカードシリーズではありませんが、JMB(JALマイレージバンク)WAONという電子マネーを経由することでチャージ時にポイント還元対象になります。

JMB WAONはクレジットカードではなく、JALとWAONが提携したWAONカードです。WAONポイントなどは貯まらず、直接JALマイルが貯まります。一方イオンカードセレクトは通常はときめきポイントが貯まるカードですが、WAONへのチャージでポイントを得る場合はWAONポイントが直接貯まります。

おすすめなのはイオンカードセレクト

イオンカードセレクト

JALカードはマイルしか貯まりません。WAONポイントなどにも交換できますが損になってしまうのでショッピングマイルを貯めるカード専用とするのが良いです。

そうなると一般的な使い方としてはイオンカードセレクトがおすすめです。一番楽にポイント運用が可能で、最も還元率も高いのでほぼ一択といっも過言ではないでしょう。

注意点としてはキャッシュカード一体型なので、イオン銀行口座を開設する必要があることです。

ときめきポイントではなく、電子マネーWAONにチャージして利用するWAONポイントが貯まる点です。イオングループや系列店で使うことが前提となりますが、イオンカードに申し込む方はほぼ問題ないでしょう。

することさえ気にならなければイオンカードセレクトを選べば間違い無いです。

JALマイルを貯めるならJALカード+JMB WAONがお得

JALカード+JMB WAON

マイルよりは普通に現金的に使えるWAONポイントの方が一般的、という趣旨ではイオンカードセレクトの方がオススメとしましたが、JALマイルを貯めている・使うあてがあるという方はJALカードの方がお得です。

ショッピングマイルプレミアムに加入していれば200円につき3マイル! 1マイル=2円の価値と言われているので、金額に直せば約6円程のメリットがあります。なので還元率3%程度と考えることが出来ます。

WAONチャージでポイントが貯まるクレジットカード3選

クレジットカードチャージでポイントが貯まる

イオンカードセレクト(キャッシュカードWAON一体型)

イオン銀行キャッシュカードとWAON一体型クレジットカード
イオン銀行キャッシュカード+電子マネーWAON+イオンカードクレジットカード

詳細を見る

JALカードのWAONチャージでマイルを貯める

JAL普通カード

ショッピングマイルプレミアムで還元率1%!100円=1マイル
国際ブランドはVISA!マスターカード、日本人観光客に人気のJCBが選べます。

詳細を見る

最初から100円=1マイル!モバイルWAONもOK

JAL CLUB-Aゴールドカード

フライトマイルもショッピングマイルも貯まるゴールドカード
陸マイラーも大満足!ショッピングマイルプレミアムは100円で1マイル!

詳細を見る

イオンカードセレクトのWAONチャージのメリット

二重取りによる高還元

やはりこの点が一番大きいと思います。イオンカードシリーズの中で二重取り出来るのがこのカードだけなので一番高還元率です。

とは言っても他のイオンカードシリーズとの差はWAONチャージ時に付与される分、つまり+0.5%だけですので、もしときめきポイントを使いたいなどの理由があるのなら他のカードも選択肢としてはありです。

『最低交換ポイント』などがない

最低交換ポイントがないことでポイントが無駄になりにくくなり、有効期限も気にならなくなります。

ときめきポイントは何かに交換して使いますが、WAONポイントに交換する場合も含め大体の場合が最低1000ポイントから交換可能で、以後500ポイント刻みで交換出来るような仕組みになっています。

つまり999ポイント貯まっている状態で有効期限がきてしまうと折角貯めても全部無駄になってしまいます。イオンカードセレクトはWAONポイントを直接貯める事が出来るのでこのあたりの心配がありません。

イオンカードセレクトのデメリット

1マイル=2円相当と考えるならJALカード+JMB WAONの方がお得!

jmb_waon

マイルは使い道によって1マイルの価値が大きく変わってしまうので明確な数字は出ませんが、1マイルあたり一般的には2~3円と言われています。

仮に2円で計算しても、200円につき2マイルたまるので200円につき4円、還元率に直すと2.0%と考える事ができます。ショッピングマイルプレミアムに加入していれば3.0%にもなります。

勿論マイルなので普段のお買い物で使うようなもではありませんが、マイルの使い道さえ確保していればJALカードの方がお得です。

WAON加盟店以外ではお得じゃない

今更ですがイオングループをあまり使わない人にはおすすめ出来ません。WAONポイントはイオングループ界隈でしか使えませんし、イオングループ以外でのショッピングでは基本還元率の0.5%になってしまいます。

また、WAONポイントはWAONにチャージして電子マネーWAONとして使うことになるので、必然的に用途がWAON加盟店に限られてしまいます。

Suicaやdポイントなどに交換するつもりの人は注意

イオンカードセレクトはときめきポイントも貯められるカードなので、他の提携ポイントに交換することも出来ます。しかしSuicaに交換したりdポイントなど、他のポイントに交換する際はイオンカードシリーズの中でも専用のクレジットカードを選択する必要があります。

例えばSuicaに交換する場合はイオンカードセレクトは不可能で、イオンカードSuicaにしか出来ません。もし他のポイントに交換するつもりであれば、そのポイントの交換が何に対応しているか事前に確認しておきましょう。

JALカードのJMB WAONチャージのメリット

200円で最大3マイルも貯まる

JALカード+JMB WAONは、チャージ時に200円につき1マイル、WAONでの支払い時には100円につき1マイル貯まります。

年会費3240円のショッピングマイルプレミアムに加入すればWAONへのチャージを含むクレジット利用時のマイル付与が倍になります。

つまり最大で200円につき3マイルが貯まるので200円につき約6円、還元率換算で3.0%になるかなり高還元のカードです。年間約1000~1500マイルでショッピングマイルプレミアムの年会費分の元を取れる計算になります。

JALカード+JMB WAONのデメリット

マイル不要なら最初からイオンカードセレクトのほうがお得

JALマイルはWAONポイントに交換することが出来ます。10000マイル=11000WAONポイントのレートです。マイルの元の価値を考えると普通にマイルとして使った方がお得なので、極力マイルとして使ってしまいましょう。

WAONポイントに交換するなら交換の手間などを考えて最初からイオンカードセレクトにしてしまった方が楽です。WAONポイントに交換する場合はショッピングマイルプレミアムに加入している状態でやっとイオンカードセレクトに追いつくので、年会費を考えると損をしてしまいます。

WAONチャージでお得な方法、クレジットカードまとめ

  • クレジットカード+オートチャージがお得
  • WAONポイントを使うならイオンカードセレクト
  • JALマイルを使うならJALカード+JMB WAON

イオンでお買い物をよくする人、WAONを使っている人は間違いなくオススメできる二枚です。

あとはキャッシュバックのような用途としてWAONポイントを使っていくのか、それともJALマイルを貯めたいのかでどちらを選ぶかが決まってきます。

マイルを貯めている場合はそちらの方がお得なので、JALカード+JMB WAONの方がオススメ。しかしショッピングマイルプレミアムがいつ終わるのかわからないことなども考えて選ぶようにしましょう。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points